初心者ためのレンタルサーバー選択基準

近年では、レンタルサーバー事業の参入障壁が下がったため、レンタルサーバーを提供する会社が多数誕生しました。
そのため、ネットビジネスを始めたての人にとって、どのサーバーを選択していいか非常にわかりにくい状況となっています。

このページでは、ブログ運営やアフィリエイト、2chまとめサイトの運営等、個人で利用することを想定してレンタルサーバーの選択基準を紹介しています。

エックスサーバー、さくらインターネット、ロリポップの3つから、サーバーを利用する目的に応じてプランを選んでおけば、損することはありません。
レンタルサーバーやそのプランを選ぶ上で基準となるものには、以下のようなチェック項目があります。

・アクセスが集中した時に落ちないか?
・セキュリティ、サポートは信頼できるか?
・複数のサイトを運営できるか?
・プログラムは安定して動かすことが出来るか?
・データベース(MySQL)、PHP、CGI、SSIが使えるかどうか
・転送量制限があるかどうか、転送量超過による課金があるかどうか
・マルチドメインが使えるかどうか、CMSを使う場合はMySQLが複数使えるかどうか
・サポートに電話対応があるかどうか、SSLが使えるかどうか

初心者の場合には、「ウェブサイト作成補助ツール(CMS)を使えるかどうか」が特に重要です。

あとは、各々のレンタルサーバーの独自のサービスや、快適性を調べるために、スペックやクチコミを見て決めていきます。
基本的に、さくらインターネットやロリポップ!、エックスサーバーのような、信頼性のある大手優良サーバーを選んでおけば損することはありません。

 

アクセスが集中した時に落ちないか?

サーバーには転送量というのがあるのですが、これは一度のアクセスにどれだけサーバーが耐えてくれるか?を表す指標となります。

これが少ないと503エラーとなり、ユーザーがたくさん来ているのに肝心のサイトが表示されないという事態が起こります。
サイトというのは何が切っ掛けで注目されるかわかりません。そんな時にアクセスエラーを起こすと、機会損失です。

 

セキュリティ、サポートは信頼できるか?

近年、DDosなど様々な攻撃がサイトに行われています。サイトがハッキングされると内容が改竄されたり、違うページが表示されたりします。また、人為的なミスでもサイトデータが全て消えてしまういうトラブルも過去にはあります。
利用するサーバーの過去のトラブル歴やサポートの信頼度はとても重要です。

 

複数のサイトを運営できるか?

通常のサーバーは1つ借りると複数のサイトを運営することが出来ます。

ただ中には1つだけというのもあります。月額500円だけど1つだけなのか月額1000円だけど50サイトくらい作れるのか?というのは長い目で見るととても重要な点です。目先の安さだけに惑わされないようにしましょう。

 

プログラムは安定して動かすことが出来るか?

特にWordPressの場合はPHPプログラムを使用するのでサイトが確実に動くことが大事です。
サーバーによってはバージョンや設定が違うせいで思わぬ不具合に出会うことがあります。具体的にはプラグインが上手く動かない、動作が遅いなどです。
ただ「WordPressが使える」というだけでなく、確実に気持ち良く動くサーバーを選びましょう。

 

サイトの目的別のオススメレンタルサービスプラン

(1)ワードプレスやムーバブルタイプといったサイト作成補助ツール(CMS)を使う
(2)アクセス数の多いサイトを運営する
(3)複数のサイトを運営する
(4)企業サイトやネットショップを運営する

 

ワードプレスなどのツールを使う場合(初心者向け)

ワードプレスなどの補助ツール(CMS)を使う場合、MySQLというデータベースが必要になります。ですのでMySQLが使用できるサーバープランを選択します。
HTMLやCSSを自分で書けるようになるのが望ましいですが、時間が十分に取れない方や、ご年配の方など、手書きはきついという方もいますので、そういう方はワードプレスに対応した、MySQLの使えるサーバープランを選んで下さい。

HTMLとCSSを手書きで行う人は、最格安のサーバープランを選べます。
さくらインターネットのライトプランは月額125円、ロリポップ!のコロリポプランは月額105円で、有名なレンタルサーバーの中でもこの2つは最安価となっています。

HTML手書き派の初心者は、この2つから選ぶといいでしょう。CMS派は、MySQL、PHP、CGI、SSIが使えるかどうかを確認します。
ライトプラン、コロリポプランでは、CMSやMySQLが使えませんので、上位プランや別のレンタルサーバーを選んでいきます。

さくらインターネットのスタンダードプランは月額500円、ロリポップ!のロリポプランは月額263円ですが、この2つの上位プランなら、CMS、MySQL、PHP、CGI、SSIが使えますので、ワードプレスやムーバブルタイプを使ったサイト作成が可能です。

安定性と転送量で選ぶならさくらインターネットのスタンダードプランを、料金と機能性で選ぶならロリポップ!のロリポプランを選ぶといいでしょう。

<はじめてサーバーを契約する人へのオススメ>

さくらインターネット ロリポップ!
ワードプレスを使わない
(最安価プラン) ライトプラン
(月額125円) コロリポプラン
(月額105円)
ワードプレスを使う
(上位プラン) スタンダードプラン
(月額500円) ロリポプラン
(月額263円)

ウェブサイト作成の初心者の場合、レンタルサーバーや独自ドメインを契約して、自サイトの存続を安定させることが目的のはずです。
ですからとりあえずは、レンタルサーバーはこの4つのプランから選ぶといいでしょう。

自サイトへのアクセス数が多くなると、転送量の問題などがでてきますが、プランやサーバーはいつでも変えることができますので、そのときになったら対処すれば良いです。

エックスサーバー(月額最低1050円)などのように、本格的なレンタルサーバーは、初心者にとっては契約料金が高いものばかりですので、あまりウェブサイトを使って稼げていない初心者には、オススメできません。

ただし、CMSを使う場合(特にWordPress)はサーバー移動の際、データベースの移行に手間を取ります。
ですのでそれが面倒という方や、お金に余裕のある人は、最初からエックスサーバーで契約しておくといいでしょう。

 

アクセス数の多いサイトを運営する場合

自サイトのアクセス数が多くなってくると、使用しているサーバーやプランの変更が必要になってきます。
レンタルサーバーには、それぞれデータの転送量に上限があります。

転送量は自サイトへの一日のアクセス数に比例して、上昇していきます。
一日の自サイトの転送量は、契約したレンタルサーバーの管理画面で調べることが可能です。
どのサーバーでも、1日に最低1GBまでなら転送量を許容しており、これを超えないアクセス数であれば、問題ありません。
転送量は、自サイトのアクセス数が、1日5000以上になってから警戒すべき要素と考えてください。

ワードプレスや動画コンテンツを使うことで、自サイトに動的なページや重いページが多くなっている場合には、そのぶん転送量も多くなります。

制限を超える転送量になった場合、ウェブサイトが表示されなくなったり、表示が遅くなったりなどの障害がありますので、使っているサーバーやプランを変えることで、はやめに対処する必要があります。

転送量を無制限と表記しているサーバーでも、実際には制限が存在していますので注意です。

またレンタルサーバーには、「転送量超過による課金」というシステムもあり、課金があるかどうかの有無を確かめることも大切です。制限を上回る転送量に達したとき、追加料金を支払うことになります。
現在は著名なレンタルサーバーであれば、転送量課金のシステムはほとんどありません。

転送量の許容量で言うならさくらインターネットが抜群です。

<主要レンタルサーバーの1日の許容転送量>
ロリポップ! さくらインターネット
コロリポプラン 1GB ライトプラン 40GB
ロリポプラン 5GB スタンダードプラン 80GB
チカッパプラン 10GB プレミアムプラン 120GB
エックスサーバー ビジネスプラン 160GB
X10プラン 50GB ビジネスプロプラン 200GB
X20プラン 70GB
X30プラン 80GB

同じ料金くらいのプランであるライトプランとコロリポプランでも、それぞれ40GB、1GBとかけはなれており、レンタルサーバーによって、データ転送量の許容量にはひらきがあることがわかります。

ウェブサイト作成初心者の方でも、将来的に自サイトのアクセス数が、大きくなることを見込んでいるのなら、契約するサーバーには、さくらインターネットやエックスサーバーがオススメです。

 

複数のサイトを運営する場合

複数のウェブサイトを作る人は、マルチドメインの機能があるかをチェックしましょう。
通常のサーバーの契約では、ひとつの独自ドメイン(ウェブサイト)ごとに、ひとつのサーバーを契約しないといけません。

マルチドメインはひとつのサーバー契約で、ドメインを複数管理することのできるシステムであり、複数ウェブサイトを作る人にとってはお金の節約になります。また複数ウェブサイトを作り、かつワードプレス等のCMSを使う人は、マルチドメイン機能以外にも、使えるMySQLの数に注意します。
ひとつのMySQLに複数のCMSをインストールすることは一応可能ですが、その方法では、ウェブサイトの表示に支障をきたす可能性が大です。
基本的には、ひとつのMySQLにひとつのCMSをインストール、という形にしていきます。

<エックスサーバー・X10プラン(月額1050円)>
マルチドメイン MySQL 転送量 容量
無制限 30個まで 1日50Gまで 最大100GB

<ロリポップ!・チカッパプラン(月額525円)>
マルチドメイン MySQL 転送量 容量
100個まで 30個まで 1日10Gまで 最大60GB

マルチドメインとMySQLの量については、エックスサーバーとロリポップ!が優れています。

ロリポップ!のチカッパプランでも、ある程度の転送量には耐えますが、ワードプレス(CMS)をフルに使って、複数のウェブサイトでアフィリエイトを展開する、という場合には、エックスサーバーがオススメになってきます。

またエックスサーバーはバックアップ機能が充実しているので、万一サーバー上のデータが消失した場合に備えて、面倒なデータベースのバックアップを自分でとっておく必要がない、というのも魅力です。

 

(4)ネットショップを運営する場合

法人のビジネスサイトやネットショップを運営する、という場合には、なにかトラブルが発生したとき、すぐに対応のできる有人の電話サポートが必須となります。

電話サポートのあるレンタルサーバーは少々契約料金が高くなりますが、どの法人サイト・ECサイトでも当たり前に備えているシステムなので、保険料と思って契約する方が安全です。

セキュリティを考えれば、SSLが使えるかどうかも重要です。
SSLには高いコストとサーバー証明書が必要になる独自SSLと、簡単に利用できる共有SSLがあります。
大規模なネットショップ運営では、個人情報保護のためにも、確実に独自SSLを使うべきです。

簡単にフォームや掲示板などを使う程度なら、共有SSLで御の字です。また、ウェブサイトの訪問者は文章や写真よりも、実際に商品を試している動画を見ることで商品のことを理解します。

ですので、しっかりとしたビジネスサイトを作る場合、動画や音楽などのコンテンツを多用することが基本になります。
そうした場合はサーバーの負荷も大きくなりますので、性能の高いサーバー(専用サーバー等)の使用をオススメします。

ネットショップを作る場合、使用するサーバーは、ネットショップ用CMSであるEC-CUBEが簡単にインストールできる、エックスサーバーがオススメです。
法人のビジネスサイトなら、エックスサーバー系列で上位のビジネス用サーバーとなっている、シックスコアがオススメになります。

それぞれ有人の電話サポート、SSLが使えますし、その他転送量や容量などのスペックについても、申し分ありません。
ちなみにネットショップについては、レンタルサーバーとネットショップのシステムを、オールインワンであわせた、カラーミーショップというサービスもあります。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です