2chまとめサイトの記事ジャンルの選び方

基本的にはみんなが興味を惹かれるジャンルでまとめサイトを作ることを意識します。

そこさえしっかり抑えて記事を増やしていけば、相互RSS経由で訪問者が訪れて、PVは自然と増えます。

ジャンルを選定する際に守るべきこと

・スレッドの勢いがあるジャンルをまとめる
・新しいスレッドをまとめる

ジャンルに勢いがないものを選ぶと、記事を作成するのに十分なレスが集まりません。最初はなんとか作成できても、後々まで記事を作成し続けるのは難しいです。

また、過去の記事をまとめてもアクセスは望めません。なぜなら、まとめサイトを見にくる人は、新しい情報などの鮮度の高い刺激を求めている場合が多いためです。言い換えると、最新の話題に乗っかりたいということです。
自分が面白いと感じたからといって、過去の記事をまとめるのは避けましょう。

これらは、2ちゃんねる全板・勢いランキングを見れば、勢いのあるスレを簡単に見分けることができます。

 

具体的なテーマの決め方

まとめサイトの記事は大きく分けると以下のようなジャンルに分類されます。
初めのうちは、これらの中からジャンルを選んでいくことになります。

テーマ
ニュース系主にニュース速報版など、タイムリーな記事が多い
VIP系電車男などで有名になったVIP版系列。ネタが豊富である
芸能系AKB48、ももクロ、芸能裏情報などが多い
スポーツ系野球、サッカーといったジャンルもあればオリンピックのようなイベントも含まれる
アニメ・マンガ 系ワンピース、HUNTERxHUNTER。ネタバレや感想などが多い
ゲーム系ゲーム攻略や、一つのゲーム特化型「パズドラ」など
IT系ハッカーニュース、ガジェットなど最新技術に関する記事が多い
海外系海外の時事ニュースや海外から見た日本などの記事が多い
科学・学問系古代歴史から宇宙まで幅広い科学の記事が多い
オカルト系 主に怖い話の巣窟である。
生活系グルメ、ファッション、恋愛などがこのジャンルに価する
趣味系釣り、車など
その他

大手サイトをいくつものジャンルを取り扱っていますが、小規模サイトのうちは、手広いジャンルに広げると印象が薄くなりやすく、大手サイトと内容がかぶりやすいので、アクセスも集まりません。まずは、特定のジャンルを強化してから、他のジャンルに移りましょう。

上記のジャンルは、まだ広すぎるので、さらに絞ることをオススメします。

 

ジャンルを細分化する

これが儲かるまとめサイトの作り方の鉄板です。

もしも、ニュースのまとめであれば、
・科学系ニュースのまとめ
・外交関係ニュースのまとめ
・鉄道系ニュースのまとめ

など、更に細かいジャンルでまとめサイトを作りましょう。ライバルが減るということもありますし、コアなファンを獲得しやすく、定期的な報酬に結びつきやすくなります。

さらに、新しく出てきたジャンルをいち早くジャンルにする、という方法も有効です。

例えば、スマホが出てからは、スマホゲームの話題、特に「パズドラ」や「モンスト」関連の話題が多数を占めました。
新しいジャンルが生まれたなと感じたら、早速まとめサイトを作りましょう。
とくにこの手法は、ゲームやマンガ、芸能などで効果的です。

 

自分の作業時間を意識する

あなたの記事作成に当てれる時間などを考慮して記事を作成しましょう。

芸能系やスポーツの最新ニュースを記事にする場合は、速報性が大事になります。
例えば、『AKBの誰々の〇〇写真が流出』や『大物俳優〇〇の不倫発覚』といった記事の場合、アクセスがあるのはその日が最も多く、それ以降は検索数ががた落ちになります。ですので、記事にするのが速ければ速いほど多くのアクセスを稼げる反面、記事にするのが遅ければ、アクセスはほとんど稼げません。

もし、あなたが1日の時間の多くをまとめサイトの記事作成に使えない場合は、速報系の記事を作ってアクセスを狙うのは諦めたほうがいいでしょう。これは、他に仕事をしていない専業の人や、記事の外注を依頼できる人向けの方法です。

週末などに記事を作成する、副業の方は、速報性ではなく、スレ自体の注目度や面白さで勝負できる記事を作成するのがいいでしょう。
よくあるのは「〇〇した結果」のような体験談や「〇〇において先進国の中で日本は最下位」のようなデータ付きの調査結果などです。

 

キーワードのリサーチの仕方

・GoogleトレンドやYahoo!リアルタイム検索を利用する
・Googleキーワードプランナーを使う
・大手まとめサイトを参考にする

Googleで検索されたキーワードのボリュームを調べることが出来ます。
思いついたキーワードが実際に検索されているか、決めたジャンルの中で何が検索されているか、といったことがわかりますのでぜひ活用して下さい。

ここで検索が多いキーワードは一般に興味のあるジャンルなので、自分と世間の興味が意外に違っていたりすることに気づかされます。
自分が興味があるキーワードではなく、検索ボリュームが多いキーワードをジャンルとしてまとめサイトを作るのが賢い作り方です。

まずは、「○○ まとめ」「○○ 2ch」で検索して、キーワードを探してみましょう。

 

季節ごとのイベントを把握しておく

この方法は特化型ブログでもトレンドアフィリエイトでも大変有効な手段です。

基本的に人の行動パターンというのは繰り返されます。検索についても同じことがいえます。どういうことかというと、過去に検索需要があったキーワードは、現在も繰り返される可能性が高いです。

春で言えば、選抜高校野球で〇〇高校のチアリーダーが可愛い、

例えば、「2015年ハロウィン」と検索されたキーワードは、2016年にも同じように検索されると予想できます。
2015年に需要が多かったキーワードが2016年にも上位表示できればアクセスは集まります!

つまり、過去のキーワードを調べれば、今年の戦略がわかります。
サジェストキーワードや虫眼鏡キーワードにはGoogle(グーグル)とYahoo!(ヤフー)を使いましょう。

 

記事タイトルを厳選する

記事タイトルというのは非常に重要です。これでアクセスされるかされないかがほぼ決まります。

固定ファンがつく前のまとめサイトは、アンテナサイトからのアクセスが多くを占めます。このアンテナサイトには自分がまとめたスレの記事タイトルしか表示されません。つまり、訪問者は記事タイトルのみで判断し、サイトを見るのか決めるという事になります。

ですので、まず記事タイトルで目を引かないと、アクセスを増やす事が難しいのです。

大手サイトのまとめた記事タイトルを参考にして、ノウハウを学んでいきましょう。一つのサイトではなく、いくつかの大手サイトを見ることをオススメします。記事タイトルに工夫がされていることがわかるでしょう。

よく分からない方は「w」をたくさんつけたり、自分がクリックしたくなったタイトルをマネする事から始めましょう。

 

なまはむ
記事が参考になった方はフォローしてくださると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください