NAVERまとめの攻略法・コツ

NAVERまとめで稼ぐには、閲覧数すなわちアクセス数を稼げる記事を作成する必要があるため、
稼ぐための記事作成のノウハウやコツは、ブログや2chまとめサイトで稼ぐ方法と似ている部分も多いです。

また、SEO対策に関しても考慮する方がよいので、アフィリエイトでの稼ぎ方と共通する部分もあります。
以下の記事も参考になるかと思いますので、NAVERまとめで稼ぎたい方は、こちらの記事もよかったらご覧下さい。

稼げる額はアフィリエイトには及びませんが、NAVERまとめで稼ぐ方法はそこまでのネットスキルを必要としないので、少しのお小遣いを欲しい人にはお薦めです。2017年現在では、1万ページビューで500円ぐらいの副収入になります。100万ページビューで5万円です。

稼げるNAVERまとめ記事を作るのノウハウ

・PVを一番稼ぎやすいのは芸能ニュース、ゴシップ
・芸能ニュースを扱う時は、対象に気をつける(特にジャニーズ関連)
・とにかく記事作成の数をこなす
・コンテンツのアイテムを豊富にする
・記事にオリジナリティーを加える
・複数のソース(情報源)からのたくさんの情報をアイテムにつめる
・コンテンツを定期的に拡充する
・自分が得意なジャンルへのこだわりを捨てる
・長期間見られるような記事の作成を心がける
・おすすめの人気トピックに即して作る
・引用文の量よりも自分の文章の量を上回らせる
・広告表示制限まとめによる報酬低下を防ぐため、アダルト記事は作らない
・トピック機能から自分の興味関心分野のまとめ記事を分析する
・ツイッターのトレンド、ハッシュタグやGoogleトレンドなどで流行をチェックする
・まとめブックマークレットを利用して、ネタの出し入れをスムーズにする
・説得力を増強するなら、各記事にツイッターのツイートを10件ほど引用する
・画像は必ず載せる(特にファーストビュー)

◆芸能ニュース、ゴシップ

PVを稼ぐためにオススメは、人気のある(激戦区)のジャンルです。
芸能ネタはメディア露出もあることからアクセスを生み出してくれます。

女優や俳優、芸人などの芸能ニュースをテーマに、熱愛や破局やスキャンダルをまとめます。
例えば、恋多き女優を1人に絞った歴代の彼氏まとめを作成した場合、ドラマや映画の話題、熱愛報道があるたびにアクセスが集まります。

◆芸能ニュースを扱う時は、対象に気をつける(特にジャニーズ関連)

芸能ニュースを扱う際、一点注意すべきなのは、NAVERまとめは、広告媒体ということです。
つまり、広告主がいて、その報酬の一部がまとめ製作者に還元される仕組みです。
TV番組で、CMスポンサーをないがしろにすることは業界のタブーであるのと同様に、NAVERまとめにおいても広告主の意向はとても大きな影響をもたらします。
広告主にとって、芸能人のスキャンダルが不都合な時は、その関連記事が削除されることがあります。
芸能事務所の力の強さも影響するため、特にジャニーズ関連のネタの扱いには注意しましょう。

規約にも記載されていますが、例えばセクシャルな写真(水着でも)はアダルト扱いになったりします。アダルト扱いになると報酬ががくっと下がります。
そして、芸能人を対象としたスキャンダルネタのまとめは、広告主への自主的な配慮なのかはうかがい知ることができませんが、連絡や通知はなく、ある日突然、運営によって非表示にされます。

◆とにかく記事作成の数をこなす

どんなものでも、量産、というのは単純にして、王道の手段ですね。
まとめも例外でなく、まず根底を支えるべく、大量に作る必要があります。

一ページあたりの閲覧数はそれほど多くなくても、ページの絶対量が多ければ、
それだけ総閲覧数は増えますし、その中の一つが爆発的に閲覧される記事も出てきます。

◆コンテンツのアイテムを豊富にする

まとめ作りには、リンク、画像、動画、引用、Twitter、テキスト、見出し、という項目が選べます。
これを、例えば引用のみで作るとオリジナリティーが薄く、画像や動画ばかりでは、文字要素が少なくSEO的に不利、テキストのみではおもしろみが小さくリピーターが獲得しづらい、などあまり使う項目を偏らせると、息の長いまとめは作れません。うまく各項目が混じるように作っていくとよいです。

◆質重視

その年の注目コンテンツ、とか直近に起こったニュースまとめなどを作り、ホットな話題でNAVERからの誘導を強化する。
および、検索エンジンでもその関連から人が流入してくるように作る。
この場合、短期集中になるので、長期的な視野では、自身の得意なジャンルで他の人が及ばないような詳しいまとめを作る(例:オウムの飼い方まとめ等も)、
ライバルが少ないため、NAVERのカテゴリ内での上位や、検索での上位が期待でき、中長期での収益が期待できます。

◆記事にオリジナリティーを加える

情報のまとめ、という内容と矛盾するようですが、注意点としては、まとめそのものにはある程度オリジナリティーを持たせなくてはいけない、ということです。以前の注意点で、よいまとめを発見して、それらのまとめへのリンクばかり掲載して、まとめのまとめを作る、という手法が一時期流行りましたが、NAVERから公的に、それらは無意味なので止めるように告知され、ポイントの評価が下がったり、カテゴリで表示される基準から外されたりしました。

◆コンテンツを定期的に拡充する

作ったまとめがいくら優秀でも、更新もなく真新しい情報が無い場合、繰り返し訪れる人は減っていきます。新規の人はたまに訪れても、お気に入りしてくれたり。たまにでよいのでコンテンツは追加する方がよいです。特に時事系のまとめの場合、ある程度興味を引ける追加情報を入れないとすぐにすたれてしまいます。

◆自分が得意なジャンルへのこだわりを捨てる

自分が得意とする分野は、熱意も知識もあるため記事作成に取り掛かりやすく作成も容易です。
だからと言って、自分の得意とするジャンルで安易に記事を作成してもPVにはつながりません。

なぜなら、読み手にとって興味が持てない、または価値がない記事になりがちなためです。
他の人に話したり自慢できたり、ネタにできるか?という観点を忘れないようにしましょう。

◆競合調査。成果を上げている人は何をしているのか?

上位のキュレーターを見つけては、どんなテーマでどれくらいのまとめを作っているか、何が人気かを調査しては自分なりに勝てる方法を探していました。
大きく分けて3パターンの攻め方を見つけました。
・数とスピードで攻めるスピードタイプ。事件や炎上など、旬な話題について素早くまとめをつくる
・テーマを絞った専門まとめタイプ。テーマに即した内容を丁寧に解説しているまとめ
・継続的(毎日)更新するニュースタイプ。
まずは試してみないとわからないので、全タイプ自分なりに実践してみました。

◆当時人気の写真まとめをてがける

簡単にいうと画像検索をかけて、いいものをじゃんじゃんまとめる。このタイプは、やっぱりアイドルネタは多いですね。
ある小動物(犬やネコなどメジャーではなく)のかわいい写真をあつめたまとめ、これがいい手応えでした。
私の60個のまとめの中で、Facebookのいいね!が398個つき、もっとも拡散されたまとめになりました。

「名言」をテーマに
例えば、心が弱った時に元気になれる名言とか、素晴らしい経営者に学ぶリーダーシップの名言などです。
このジャンルはPVを稼ぐという意味で爆発力はありませんが、まとめの中で定期的にお気に入りされています。
残念ながら、PVを稼げるかというと、爆発力はありません。でも精神的な報酬は大きいです(自己満足)。

◆時事ネタを手がける

何かのニュースや事件を見つけたら、即効でまとめに上げる。これはスピード勝負。
例えば、電車が止まったらTwitterなどの情報(遅れる、困る、◯◯線は◯◯すぎるなどなど)を織り交ぜ、1つのまとめにするというものです。
自分がまとめをつくろうと材料を集めている段階で、数件同じまとめが上がってきてしまうんです。
しかも、そのまとめの旬は短く、その瞬間に注目を浴びなければ埋もれていく運命にあるんです。
私は一度作ったものが資産として、時間を超えて読み手の参考になり、その見返りとして報酬を長い時間もたらしてくれるものに時間を注ぐべきだと考えているからです。

◆アクセス集め

もちろんNAVERまとめ内で注目コンテンツになってアクセスを集めるの重要だが、残念ながら、まとめ内からのアクセスは外部サイトや検索サイトからの訪問よりもポイントは低めに設定されています。
まとめ以外から、例えば読者の多いブログで紹介したり、友達の多いSNSで宣伝したりして外部からの流入を増やすことも大切です。
※ただし、いくつか禁止事項もありますので、例えば、トラフィックエクスチェンジという、自動で紙芝居のようにサイトへアクセスしていく仕組みもありますが、それに載せると、ほっておいてもアクセスが増えますが禁止事項なのでやめましょう。
他、他人のブログへのスパムコメント等でリンクを貼っていくのも、規約自体には書いていませんが、苦情が殺到したりしたらアカウント停止の危険までありますので要注意です。

検索流入を狙う
まとめ内閲覧よりも、検索等、外部サイトからの流入の方が価値が高いため、積極的に検索エンジンでのヒットは狙いたいところ。その場合、後続のまとめで、たとえば、「ラーメン」のようなビッグワード単体で検索されるのは難しいので、「巣鴨駅 ラーメン」のように地域を絞った検索ワードを狙っていくのが効果的です。

SEO対策
4_2.4_3.のアクセス増のための手法として、SEO対策を施し、検索順位を上げ、検索訪問を増加させるのは効果的です(というより息の長いアクセスを得るためには必須)。

基本的にアクセスが高く、稼げるNAVERまとめ記事は、定番まとめ・注目まとめという形で、トピックなどのカテゴリー欄で上位に表示されています。
まとめ記事は大量にお気に入り登録されることで上位表示されますので、単純なアクセス数以外にも、お気に入り登録されることに、注意を払う必要があります。

NAVERまとめ記事作成でやってはいけない6つのこと

・ツイッターで複数アカウントを使い、まとめ記事のリンクをリツイートでばらまく
・記事の丸ごと転載
・ブログや他まとめ記事でのコメントにおける自分のまとめ記事の宣伝
・商用利用(自分のまとめ記事にアフィリエイトリンク等を掲載する)
・特定サイトへの誘導(自分の所有サイトのリンクを載せる)
・ひとつの情報源の記事材料だけをまとめる

これらのことをやると、インセンティブ対象外になるどころか、アカウント停止になる恐れもありますので、注意します。

NAVERまとめでの画像の使用について
NAVERまとめでは「テキストよりも画像」と言われるほどに、画像の使用が重要になります。

アイキャッチとして使用され、アクセス数に大きく影響することもそうですが、なによりNAVERまとめのトップページやトピック、タグ、あるいは他のまとめ記事などから、自分の記事が紹介される際に、画像がないとまったく目立ちませんし、引用されるきっかけを損なってしまうことになります。
NAVERまとめ記事を作る際は、画像を徹底的に使っていくべきです。

NAVERまとめで使う画像を選定する際は、以下の3つの方法がオススメです。
・商用利用可能の無料素材サイトの画像を使う(無料素材サイトまとめを参照)
・自分でイラストを描いたり、写真を撮影したりして自己調達する
・NAVERまとめで使用可能となっている会社の画像素材を使う

やはりNAVERまとめ記事を作る際の最大の壁は、著作権問題です。
どうしても特定の画像を使いたい人は、著作権者から使用許可をもらう努力を惜しまないことも、大切になるでしょう。
また自分で絵を描けるイラストレーターは有利で、獲得ポイントも高くなります。

2012年9月26日より以下の5社の画像が、NAVERまとめの画像素材として使えるようになっています。
・アマゾン
・トリップアドバイザー
・食べログ
・ホットペッパービューティー
・ゲッティ・イメージズ
これらを有効活用しましょう。

具体的にどんな内容の記事を扱えばいい?
時事系では東日本大震災以来、放射能問題に関する記事が長続きしています。
危機を感じさせる記事や、危機予防に関する記事は、需要・供給に関係なく多くの人に見られますので、災害系は永遠のオススメのネタと言えます。
他には次期アニメやドラマのまとめなども定番です。生活の知恵系のまとめは、風変わりなものがお気に入り登録されます。
「人肌の色にあわせて隠せてしまう絆創膏」や、「パソコン専用のメガネ」の特集などに需要があります。

高齢者もまとめサイトをよく利用するので、高齢者を対象にしたまとめ記事(健康など)もオススメです。
時事、ファッション、健康、料理、ビジネス、IT、芸術など、着目ジャンルで記事を作れば、上位表示率もあがります。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です