最近、画像もない記事を公開していますが後から修正するのでもう少々お待ち下さい。

ストックフォトサービスで稼ぐ方法とは

この記事では、これから副業を始めようと考えている方に向けて、ストックフォトサービスで稼ぐ方法を紹介しています。

▼オススメの人気副業!

【初心者向け】モッピー【副業初心者はまずはここから】

【中級者向け】クラウドワークス 【本格的に副業を始めるならここから始めよう】

【上級者向け】ウェルスナビ【資産運用をするならAIを使った積立投資で】

 

ストックフォトサービスで稼ぐ方法とは

ストックフォトサービスで稼ぐとは、あなたが撮影した写真をウェブサイト経由で売ってお金を稼ぐ方法です。

パソコンとネットがあれば、写真販売を扱うウェブサイト、ストックフォトサービスに登録(無料)できます。

プロだけでなくアマチュアでも写真を販売でき、トップレベルの人は年間1,000万円程度稼いでいます。

 

なぜアマチュアの写真でも売れるのか?

まず、その写真の主な購入者は企業であるということを頭に入れておきましょう。

企業などがウェブサイトを作成する場合、自サイトにマッチする質の高い写真を探します。有料の素材を利用したり、プロなどに個別にオーダーしたりするのが基本です。

しかし、ホームページ作成の際に、カメラマンを雇って撮影するとなると、カメラマンの選定から打ち合わせ、関わった人の人件費など、時間もコストもかなりかかります。

そんなときに、予め撮影されている写真を購入すれば、企業は大幅に時間もコストも削減できます。企業にとっても、写真で稼ぎたい人にとってもWin-Winのサービスです。

写真が売れた場合は、写真の値段の半分ほどが利益になります。

 

有料の写真に需要はあるのか?

アフィリエイトの稼ぎ方と同様に、最初のうちは収入が全くないことも覚悟してください。

トップレベルの稼ぎの人は、投稿枚数も10,000枚をゆうに超えています。

いきなりそこまでは難しいですが、枚数が増えることで、ニッチな需要にも応えれるようになっていくため、コツコツと増やしていきましょう。

写真もそれは例外ではありません。

ですので写真撮影で稼ぐ場合は、そうした細かいニーズに応えられるような、様々な写真をストックフォトサービスに掲載しておくことで、利益を見込むことができます。

利用できるストックフォトサービスは下記のようなものがあります。

 

サイト実質価格素材量クオリティ使いやすさ
Fotolia約180円〜約1650万点そこそこ使いやすい
素材辞典約300円〜約7万5,000点そこそこ使いやすい
ライブラリー約525円〜約150万点低い普通
PIXTA約1,575円〜約250万点そこそこ使いやすい
ナビ約6,000円〜約100万点高いいまいち
ゲッティ約6,000円〜約270万点非常に高いいまいち
アマナ約1万円〜約240万点非常に高い使いやすい

 

繰り返し言っていますが、ネットサービスは大手を利用するのが鉄則です。

通常、ストックフォトで収入を得ている方は、2、3個以上のサービスに登録をしています。

それぞれのサイトで強みが違い、訪問者も異なるので、一つに絞って独占で販売するよりも稼げる可能性が高くなります。

特に、今後のユーザー数の増加、つまり顧客の人数を考えると、外資系企業にも登録するのがオススメです。

外資系のストックフォトサービスの大手としては、ShutterStockとFotoliaが有名です。

 

ShutterStock

ShutterStockは、米本社の世界でもかなり有名な大手企業です。

その分、写真の審査の厳しさは業界随一ですが、世界150ヶ国が販売先なのでよく売れます。単価は定額ダウンロードだと1枚あたり25セント。

個別ダウンロードだとサイズによって数ドルです。単価は落ちますが、世界中で売れるというメリットは非常に大きいです。

写真のアップロード数の上限はありませんが、一部、写真のタイトルやタグの入力等は英語なので、少し英語の知識が必要です。

Shutterstock(シャッターストック)とは|サービスの特徴・評判・メリット・デメリット

 

Fotolia

写真の質や審査はShutterStockと比べると劣りますが、申請が通りやすくなっています。

登録作品数もShutterStockと同水準で、販売先も23ヶ国になります。作品名やタグ等の情報が全て日本語で入力できるのがShutterStockと違う点です。

写真一枚当たりの報酬は、最初は25セント程度ですが、クリエイターランクというものがあり、ランクが上がると単価が少しずつ上がります。

Fotolia(フォトリア)とは|サービスの特徴・評判・メリット・デメリット

 

写真撮影で稼ぐためのコツ

  • 基本的に企業(法人)をターゲットにする
  • どんな写真が求められているかを把握し、計画的に撮影する
  • メジャーな写真よりも、マイナーでニッチな写真を狙う
  • 旅行先で珍しい風景や文化を撮影する
  • 喜怒哀楽がはっきり表にでている人物の写真を撮影する
  • ひとつの目標をなしとげるために団結した大人数の写真を撮影する
  • ビフォー・アフターのセット写真を撮影する
  • 人物画像を撮影する場合、背景は質素にしておく
  • 写真の片側に広告文章をいれるスペースを残しておく
  • 写真につけるタイトルや検索語はヒットしやすいものを選ぶ

 

写真を撮影してお金を稼ぐ手順

  1. どんな写真に需要があるのかを調べて、撮影プランをたてる
  2. 写真を撮影する
  3. ストックフォトサービス(ピクスタ等)に登録する
  4. 写真をストックフォトサービスに掲載する
  5. 買い手がつけば、自動的にお金が振り込まれる!

 

ストックフォトサービスに写真を登録したあとは、クライアントのアクション次第で、アフィリエイトのように、なにもせずともお金が入っていきます。

オススメのストックフォトサービスには、以下のようなものがあります。それぞれ無料で登録が可能です。

 

まとめ

以上、ストックフォトサービスで稼ぐ方法を紹介しました。

 


当サイトでは、多くの方が実践している人気の副業をいろいろ紹介しています。

転売やポイントサイト、アフィリエイト、クラウドワーキングなどなど。

これからは、会社員の副業が解禁される時代です。

多くの人がやり始めてから副業を始めても、スタートで出遅れているので、後から挽回するのは難しくなります。

ですので、副業を始めるのであれば1日でも早く取り組むくことをオススメします。

副業に興味がわいた方は、下の記事などで紹介していますので、ご覧になってみてください。

 

オススメの副業方法はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください