アフィリエイトで稼ぐ方法|Step14

アフィリエイトで稼ぐ方法

この記事では、副業として大人気のアフィリエイトで稼ぐ方法について、どういったものか、怪しくないのか、本当に稼げるのか、といったことを紹介しています。

アフィリエイトはものすごく奥が深く、細かいノウハウが山ほどあるので、この記事だけでは紹介しきれません。ほかの記事で細かいところは補足説明をしているので、アフィリエイトで本格的に稼ぎたい方は、そちらをご覧になってみてください。

アフィリエイトで稼ぐ方法

アフィリエイトで稼ぐとは、自分のサイトに広告をはりつけ、閲覧者に広告の商品を利用してもらって広告報酬を稼ぐ方法のことをいいます。

営業マンと同じような役割をネットで担うという風にイメージしてもらうと、わかりやすいでしょう。この営業マンのことをこの業界では、アフィリエイターとよびます。

企業に勤める営業マンは、いろいろな企業に直接訪問したり、電話したりして営業活動を行いますが、アフィリエイトでは、ネット上で、企業の商品(サービス)を宣伝・販売します。

アフィリエイターが商品をうまく宣伝して商品が売れると、会社が儲かるので、その利益の一部がアフィリエイターにも支払われます。

アフィリエイターは、企業の雇われ営業マンと違い、売り上げた分の利益は全て自分の懐に入ります。自分がやった分だけ収入も比例して増えていくので、やりがいは非常に高く、稼いでいる人は年収数千万円を稼いでいます。

しかも、一度商品が売れるサイトを作り上げると、ほとんどなにもしなくても収入が入ってくるというメリットもあります。

ですので、あらゆる副業の中でも、アフィリエイトは稼げる額はトップレベルな上、不労所得にも繋げやすい稼ぎ方です。

アフィリエイトは、稼げるようになるまでに相当な努力と時間が必要ですが、金銭的リスクはほぼ0であり、ローリスク・ハイリターンという点が、副業として人気な理由です。

当サイトでも、本格的に副業をするなら、アフィリエイトを一番オススメしています。以下の記事で当サイトがアフィリエイトで稼いだ収入をまとめていますので、興味があればご覧になってみてください。

 

 

アフィリエイトではどのようなことをするのか?

アフィリエイトで稼ぐ方法4

「アフィリエイトって具体的になにをするの?」と思われている方も多いでしょう。

この手順も説明しだすと長くなるので、概略だけ紹介すると、下のような流れとなります。

  1. 自分のブログやTwitterアカウントを取得する
  2. アクセスやフォロワーを集める
  3. 広告を紹介する
  4. 商品が売れれば手数料がもらえる

 

以上のように、やること自体はそれほど複雑ではありません。難しいのは、2番目のアクセスやフォロワーを集めるという点で、これをクリアできれば、稼ぐのは難しくありません。

 

アフィリエイトは怪しいのか?

アフィリエイトで稼ぐ方法1

アフィリエイトと聞いて、「なんだか胡散臭いあれでしょ?」と、イメージした方もいるのではないでしょうか。

アフィリエイトが普及し始めた当初は、詐欺のような話もたくさんありました。しかし、業界全体で規制が整備された結果、現在では健全なビジネスとなり、アフィリエイトを提供している会社は急成長を遂げています。

ただ、依然として、怪しい話や商品が存在しているのも事実です。特に情報商材などでは、価値と価格が見合っていない商品がたくさん売られたりしています。

アフィリエイトでやっていることというのは、本質的に企業がテレビのCMで商品をアピールしているのと同じです。企業として商品をPRするか、個人として商品をPRするかの違いです。

企業だとしても、詐欺的な広告を出すところもありますし、全てはそれを行う人次第です。あなたが正しい情報を発信し、役に立つ商品を紹介するかぎりは、アフィリエイトというのは至極真っ当なビジネスです。

企業がインターネット広告に出すお金は、年々増加しています。YoutubeやTwitterなど、個人でも情報をしっかりと発信できる時代になっていることを踏まえると、今後もアフィリエイトという分野が、成長していく分野であることは間違いありません。

ですので、アフィリエイトにチャレンジするなら今がチャンスといえるでしょう。

 

なぜアフィリエイトが拡大しているのか?

営業マンを雇っている場合、商品が売れても売れなくも、社員の給料を支払わなくてはなりません。

しかし、アフィリエイターを利用している場合、固定給を支払う必要はなく、商品が売れた数に合わせて報酬を支払えばいいので、社員を雇うよりも安くて済みます。

テレビCMや雑誌の広告などでは、「本当に効果が出ているのか?」「このCMを出していくら儲かったのか?」といったことが曖昧でした。

しかし、アフィリエイターを起用した場合、費用対効果が一目瞭然ですし、企業にとってはメリットがたくさんあります。

一方、アフィリエイターにとっては、転売のように在庫を持つ必要がないため、リスクの低い副業ができるというメリットがあります。

つまり、アフィリエイトは、アフィリエイターと企業のお互いにとってwin-winのビジネスモデルというわけです。

 

アフィリエイトで本当に稼げるのか?

アフィリエイトで稼ぐ方法2

アフィリエイトを始めるなら、誰もが気になるのが、「アフィリエイトをやって本当に稼げるのか?」ということだと思います。

これについては、「稼げる人もいれば、稼げない人もいる」のが現実です。

アフィリエイトの商材などでは、「これさえやれば3ヶ月で月10万円稼げる!」といった感じでよく宣伝されています。これは、その人の場合にうまくいっただけで、同じようなことをしても稼げなかった人も数多く存在しています。

 

とある調査結果によると、日本にいる数十万人のアフィリエイターのうち、90%のアフィリエイターが月5,000円以下の収入で、月10万円以上を稼ぐのは3%以下というデータが出ています。

また、その上位3%の人というのは、複数のサイトを運営していることが多く、各サイトで月収10万円以上を達成しています。

そういった人たちは、「なぜどのサイトでも10万円稼げるのか?」、「どういう人たちなのか?」という疑問がわいてくるかと思います。

 

アフィリエイトで稼いでいる人たちは、能力が高いから稼げているというわけではありません

『抜群にうまいセールストーク』や『高レベルのITスキル』をもっている人もいますが、稼いでいる人のほとんどは、そのようなスキルをもっていません。

では、どのようなスキルを持っているのかというと、アフィリエイトで稼げる人たちには、共通して以下のような特徴があります。

  •  時間がたっぷりあり、さらに努力ができる人
  •  自分での調査や文章の作成が苦にならない人
  •  ある程度HTMLやCSSといった新しい知識を覚えられる人

どうしてこれらの能力が必要かというと、まず、アフィリエイトを始めるうえで覚悟しなければいけないのは、3ヶ月〜半年ぐらいは全然お金が稼げないという点です。

多くのサイトでも言われていますし、実際にこのサイトも半年ぐらい経過してから、アクセスが一気に増えて稼げるようになりました。

結果が出ない状態で半年間も頑張り続ける』というのは、簡単なことではありません。途中で投げ出してしまったり、モチベーションが下がって、記事の更新が滞った結果、「アフィリエイトって儲からないじゃないか」と大半の方が諦めてしまいます。

ですので、利益にならない期間も、地道にサイトの改善に取り組み続けることができる人でなければ、アフィリエイトでは稼げません。

 

また、アフィリエイトで稼ぐためには、「SEOに基づいたサイト構築」、「HTMLやCSSの記述などの知識やノウハウ」も少なからず必要になってきます。それ以外にもサイトで取り上げているテーマに関するある程度の専門知識や、それを伝えるための最低限の文章力も求められます。

2018年時点では、『ワードプレス』というツールの整備が進んでいるため、上記のような知識なしでもサイトは作成できるようになっていますが、新しい知識を習得するのに抵抗がある方には向いていない稼ぎ方といえます。

いろいろ必要なものを述べましたが、作ったウェブサイトがいったん稼ぎ始めると、ネット上で自動でお金を生み出してくれます

そうなったらしめたもので、時々記事を追加・改訂する程度でも、継続的に収入を獲得できるという魅力があります。決して簡単ではありませんが、初期必要がほぼ0円で開始できますので、副業として挑戦して損はないといえるでしょう。

 

アフィリエイトはどのような人にオススメか?

  • パートに出かける余裕はないけど、なんとか在宅ワークをしたい主婦の方
  • 会社の稼ぎでは足りないし、副業で稼ぎを増やしたいというサラリーマンの方
  • いまの仕事が嫌で、別の収入源を得て早く仕事を辞めたいという野望をもっている方

 

アフィリエイトというのは、パソコン1台+準備資金として5万円程度(ドメイン・サーバー代・テンプレートetc)あれば、誰でも始められるビジネスです。

時間とやる気と根気があれば誰にでも稼ぐチャンスがあります

ですので、アフィリエイトは、上記のように、『普段の生活である程度の時間を確保できる人』や『お金を増やしたいという願望が強い人』にオススメの稼ぎ方です。

ただし、アフィリエイトはサイト作り、記事作り、収益化など、いろんなことを勉強・実践する必要があります。当然、簡単ではありませんし、稼げるようになるまである程度時間がかかります。

正しい方法を継続・実践すれば必ず結果が伴ってきますが、学び続けることが好きではない人にとっては、アフィリエイトで稼いでいくのは少し難しいでしょう。

 

どうやったらアフィリエイトでお金がもらえるのか?

アフィリエイトでは広告報酬をもらって稼ぐと最初に説明しましたが、「じゃあその広告は誰が出しているの?」「その広告はどうやったら出せるようになるの?」といった疑問が出てくるかと思います。

広告を自分のサイトに載せるためには、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)を利用するのが一般的な方法です。

ASPというのは、アフィリエイターと企業を繋いでくれるパイプ役で、広告代理店のような存在です。このASPから私たちアフィリエイターは広告をもらいます。企業(広告主)から支払われる広告の報酬も、ASPを経由して受け取ります。

ネットの広告というのは、個人が提供しているものもありますが、慣れないうちは、トラブルを避けるためにも、ASPを利用する方が無難でしょう。

また、ASPであればどこでもいいのかというと、そういうわけでもありません。残念ながら、入会金を要求してくる悪質なASPも存在しています。そのようなトラブルを避けるためにも、大手のASPを利用するようにしましょう。

有名な大手のASPは全て無料で登録可能ですし、信頼性も問題ありません。ASPによって、扱っている広告の種類が違うので、利用したい広告を増やすために、いくつかのASPに登録しましょう。

 

ASP名特徴
A8.net(エーハチネット)ASP業界の最大手。ほかのASPと比較するためにもとりあえず登録しておくと便利。
afb(アフィb)成果が発生すると、消費税分(8%)の報酬上乗せがあり。美容系などに強みを持つ。
JANet(ジャネット)国内大手ASPの一角。
もしもアフィリエイト自分のサイトにあった広告を自動で提案してくれる。W報酬制度で、報酬が10%上乗せされるなど優良ASP。

 

そして、ネットの広告は、主に3種類あります。成功報酬型広告とクリック報酬型広告、それにインプレッション広告です。この3つについて簡単に説明します。

成功報酬型広告

成功報酬型では、その名のとおり、広告の商品やサービスが購入・利用された場合に報酬が入る広告です。

クリック報酬型広告

クリック報酬型も名前そのままですが、サイト閲覧者が広告の画像をクリックするだけで条件達成となり、報酬が手に入る広告です。

インプレッション型広告

インプレッション型広告は、ブログやサイトに広告が表示されるだけで収益が発生するタイプのアフィリエイト広告です。

これら3つをうまく組み合わせて、広告報酬の最適化を行います。

 

アフィリエイトにはどのようなものがあるのか?

アフィリエイトには、さまざまな手法が存在していて、大まかに以下のように分類されています。

それぞれのアフィリエイト方法で、細かいノウハウは異なるのですが、自分のブログやサイトを用意した方が稼げるという点は同じです。だからといって、必ずしも自分で用意する必要はなく、無料ブログを利用してアフィリエイトを行うこともできます。

自分のサイトを準備する方が稼ぎやすいのでオススメですが、そのぶん準備には手間もお金もかかります。その点、無料サービスを利用する場合は、自分でやることはほとんどないため、すぐにアフィリエイトを始めることができます。

自分のサイトを持つ以外には、メルマガを使った方法や、最近ではSNS(FacebookやTwitter)を使ったアフィリエイトの方法もあります。

これらの細かい手順については、下の記事で紹介していますので、アフィリエイトに興味を持たれた方、これから始めようとしている方は、よかったら参考にしてみてください。

 

まとめ

以上、アフィリエイトで稼ぐ方法を紹介しました。

最初は作業量が多くて大変そうに思えますが、記事を書き始めてから、慣れれば慣れるほど記事の執筆も速くなりますし、ある程度収益が増えてきたら、記事の執筆を外注して、ほとんど時間をかけずにサイトの規模を大きくしていくこともできます。

家計を楽にしたい方や副収入が欲しい方以外にも、フリーランスになってみたい方にとっても取り組む価値がある稼ぎ方ですので、経済的に自立しようと思っている方は、ぜひ取り組んでみてください。

 

次のstepでは、紹介制度・リファーラル制度で稼ぐ方法を紹介していきます。

NEXT 紹介制度・リファーラル制度で稼ぐ方法|Step15

 

当サイトでは、アフィリエイト以外にも、多くの方が実践している、人気の副業をいろいろ紹介しています。転売やポイントサイト、アフィリエイト、クラウドワーキングなどなど。

これからは、企業の副業が解禁される時代です。

多くの人がやり始めてから副業を始めても、スタートで出遅れているので、後から挽回するのは難しくなります。ですので、早くから副業に取り組んでおくことをオススメします。

副業に興味がわいた方は、下の記事などで紹介していますので、ご覧になってみてください。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です