【副業】写真販売アプリSnapmartとは|特徴・評判・メリット・デメリット

インターネットが広く普及したお陰で、副業の種類も非常に多くなりました。その中でも人気が高いのが、プロでなくても自身の作品などを販売することができるストックサービス系の副業です。

この記事ではストックサービスの中でも、写真作品を販売できるストックフォトサービスとして多くの人が利用しているSnapmart(スナップマート)について、副業として始めることのメリットやデメリット、どのような人に向いている副業なのかといったことを紹介します。

▼オススメの人気副業!

【初心者向け】モッピー【副業初心者はまずはここから】

【中級者向け】クラウドワークス 【本格的に副業を始めるならここから始めよう】

【上級者向け】ウェルスナビ【資産運用をするならAIを使った積立投資で】

Snapmartの基本情報

【副業】写真販売アプリSnapmartとは|特徴・評判・メリット・デメリット2

Snapmartですが、まずは運営会社を紹介していきましょう。スナップマート株式会社という社名であり、設立は2016年8月とまだまだスタートしたばかりのサービスになります。

「デジタル流通の世界に素人革命を起こす」をキャッチフレーズに、これまでのストックフォトサービスよりも手軽にアマチュアが参入しやすい「スマホカメラ」で撮影した写真コンテンツを販売できるサービスとして話題になっています。

実はSnapmartの運営会社は、同じくストックフォトサービスで国内において絶対的な地位を確立しているPIXTA(ピクスタ)の100%子会社になります。

設立からまだ歴史が浅い運営会社だから不安だと感じている方にも、PIXTAの子会社であり、顧客基盤の拡大と動画素材販売市場への参入の目的で設立された会社といえば、安心できるのではないでしょうか。

 

Snapmartにはどんな特徴があるの?

【副業】写真販売アプリSnapmartとは|特徴・評判・メリット・デメリット2

Snapmartの最大の特徴は、デジタル一眼レフカメラのような本格的な機材を使って撮影した写真コンテンツではなく、スマホで撮影したスナップ写真を気軽に販売することが可能だということです。

デジタルカメラで撮影した写真コンテンツも販売することは可能ですが、投稿するのは基本的にはスマホだけとなっているため、データをスマホに移行する手間がかかります。

副業にするためには写真を販売する必要があるのですが、販売方法は主に2種類で、自由投稿であるマーケットプレイスと、テーマが決められているコンテストモードがあります。

マーケットプレイスはスマホで撮影した写真をアップロードし、タグをつけて価格設定をして販売する方法です。価格は100円から2,000円まで下限と上限は決められているものの、投稿者が決めることができます。

ただし本人確認作業をしておかないと、価格は100円にしか設定することができません。本人確認方法は運転免許証やカード型保険証、パスポートや学生証などで簡単に行うことができますから、そこまで手間ではありませんし、副業にしたいなら行っておきましょう。

コンテストモードは決められたテーマに沿った写真を撮影して投稿する方法で、審査を受け入賞すれば賞金を得られるといったスタイルになります。

 

Snapmartのメリットは?

【副業】写真販売アプリSnapmartとは|特徴・評判・メリット・デメリット
  • プロやセミプロレベルのスキルがあれば副収入が簡単に手に入れられる
  • SNSへの投稿感覚で気軽に副業が行える

 

プロやセミプロレベルのスキルがあれば副収入が簡単に手に入れられる

Snapmartを副業にするメリットとしては、写真などを生業にされているプロや趣味のレベルを超えたセミプロレベルの写真スキルがあれば、どんどんと作品が売れ、すぐに副収入を得ることができるということです。

他にも撮影時間の古い新しいに関係なく投稿ができるため、過去に撮影した写真のストックが大量にあれば、即座にそれらの写真ストックを使って収入を得られるという点も大きなメリットになります。

 

SNSへの投稿感覚で気軽に副業が行える

Snapmartではインスタなどを使って撮影をして投稿している人も多く見られています。つまりSNSへ投稿するような気軽な感覚で写真販売を行うことができるという気軽さがメリット。

プロの作品の場合には「いかにも」という作品が多いため、あえて素人が撮影した自然で日常的な作品を欲している人も少なくありません。需要が多いテーマさえ分かれば、楽しみながら副収入を得られる可能性があるのはメリットと言えるでしょう。

 

Snapmartのデメリットは?

【副業】写真販売アプリSnapmartとは|特徴・評判・メリット・デメリット5
  • 全く知識のないド素人が稼げるほど甘くない
  • 顧客のニーズをリサーチする労力が必要になる

 

全く知識のないド素人が稼げるほど甘くない

ストックフォトサービスを実際に利用された方は実感されていると思いますが、趣味でカメラをしていますといったレベルの撮影技術では、お金を出してまで購入したいと思ってくれる人は出てきません。

お金まで出して購入をする場合、ほとんどが商用などの利用目的になります。購入したのに多くの修正が必要になってしまう作品は、購入してくれる可能性は低いと言えるでしょう。

最低限の写真撮影に関しての知識があって、ある程度のクオリティがないと自身が思うほどに売れず、副業として成立しないことにもなりかねないというのがデメリットと言えるでしょう。

 

顧客のニーズをリサーチする労力が必要になる

始めてみると気がつくでしょうが売れている写真コンテンツというのは、SNSで友人・知人たちが反応してくれるほど簡単に作品は売れません。

SNSなどでは「付き合い」で何の面白さもない「空」や「雲」の写真、街の風景や当たり前にある写真などでもリアクションをしてくるでしょうが、Snapmartは購入者がお金を出して作品を購入してくれるシステムです。

使い道がない需要の低いテーマの写真は全くと言って良いほど売れませんから、副業として成立しません。

副業といえるレベルにするためには、写真素材を欲しいと思っている人や企業がどのようなテーマで、どのレベルのクオリティの作品を欲しがっているのかをリサーチする必要がでてきます。

この作業が意外と労力を費やすことになりますから、楽しみながら趣味と実益を兼ねて簡単に稼げごうという人にはデメリットといえるかもしれませんね。

 

まとめ

【副業】写真販売アプリSnapmartとは|特徴・評判・メリット・デメリット6

SnapmartはストックフォトサービスのトップランナーともいえるPIXTA(ピクスタ)の子会社ですから、写真素材を販売する副業がしたいという方には、信頼度も高くおすすめの副業と言えるでしょう。

PIXTAとは違い、スマホに搭載されているカメラで撮影した写真をSNS感覚で投稿することができるため、敷居が高いと思われていたPIXTAよりもハードルが低く、副業として成立させられる可能性は高いです。

しかし一方でスマホとはいえ、アングル、光度といった写真撮影の最低限の知識を有していないと、お金を出してまで購入してくれる可能性は低いと言わざるを得ません。

またセンスにもよりますが、どのようなテーマを選択して撮影をするのかによって、売れ行きが違ってくることも忘れてはいけないチェックポイントです。

ある程度の写真の知識があり、売れ筋のテーマを探すことも面倒に思わない方であれば、Snapmartはありがたい副業になりえるでしょう。


当サイトでは、多くの方が実践している人気の副業をいろいろ紹介しています。

転売やポイントサイト、アフィリエイト、クラウドワーキングなどなど。

これからは、会社員の副業が解禁される時代です。

多くの人がやり始めてから副業を始めても、スタートで出遅れているので、後から挽回するのは難しくなります。

ですので、副業を始めるのであれば1日でも早く取り組むくことをオススメします。

副業に興味がわいた方は、下の記事などで紹介していますので、ご覧になってみてください。

オススメの副業方法はこちら

 

なまはむ
記事が参考になった方はフォローしてくださると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください