Siacoin(シアコイン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・購入方法

Siacoin(シアコイン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・購入方法

この記事では、仮想通貨のSiacoin(シアコイン)について、その特徴などを紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名Siacoin(シアコイン)
通貨略号SC
公開日2015年
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数
取り扱い国内取引所なし
取り扱い海外取引所Poloniex(ポロニエックス)
Bittrex(ビットトレックス)
etc.
公式サイトSiacoinの公式サイト
ホワイトペーパーSiacoinのホワイトペーパー

Siacoin(シアコイン)の基本情報

Siacoin(シアコイン)は、略号がSCの仮想通貨(暗号通貨)です。2015年に公開されました。

Siacoin(シアコイン)は、個人のもつパソコンの空き容量を有効活用することを目指す仮想通貨です。個人のもつパソコンのストレージの空き容量を貸し出し対価としてSiacoin(SC)を受け取ることができます。

貸し出す人は空いているストレージを貸すだけで報酬を受け取れるメリットがあり、利用者は従来のクラウドサービスよりも低コストで利用できるメリットがあります。

 

クラウドサービスとは、インターネット上にデータを保存したりするネットワークサービスです。パソコンが故障してもデータが安全なことや、ネット環境さえあればどこからでもアクセス可能という便利さから、普及が進んでいるサービスです。

 

クラウドサービスは便利とはいえ、依然として、「データサーバーの管理コストが高い」、「運営会社からは保存したデータの中身が見える」という問題が残っていました。これらの問題を回避するのが、シアコインに代表される分散型クラウドという技術です。

クラウドデータを一か所のサーバーに集めるのではなく、ブロックチェーンを利用して世界中の端末に分散・保存させるという技術です。

この分散型クラウドを使うことにより、従来のクラウドに比べて格段に安全性が高く、高効率なサービスの運営が可能となります。

分散型クラウドの技術の中核は、ブロックチェーンですが、現在までに一度も不正が行われたことがありません。

また、ファイルを分散させることでハッカーが標的にすることができないため、非常に安全性が高いクラウドを実現できます。また、効率も劇的に良くなります。世界中のパソコンには、空きスペースが豊富なパソコンが無数にあり、この空きスペースはただの無駄になっています。そのスペースをクラウドストレージとして貸し出すことで、報酬を得てクラウド維持に参加することができます。

Siacoin(シアコイン)が行っているクラウドサービスはすでに利用可能です。月々の料金は100円程度で安全で巨大なクラウドストレージを利用することができます

企業が利用するメリットとして、従来サービスよりも安価に利用できる点が挙げられますが、管理コストの軽減も可能です。ストレージの利用量に応じて自動的に計算を行ってくれ、口座から引き落としをしてくれます。引き落とされたお金はSiacoin(SC)として貸し出した人に払われる仕組みです。

ストレージを貸し出す人、利用したい人双方にメリットのある仕組みになっています。MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)などと似た仕組みで、同様の仮想通貨はいくつか存在しますが、いずれも時価総額上位になっているため、需要の高さと期待の高さが感じられます。

 

クラウドサービスとその問題点

Siacoin(シアコイン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・購入方法2

個人のパソコンにデータを保存していた場合、故障するとデータが取り出せなくなってしまいます。クラウドでは、インターネット上のストレージに写真などのファイルを保存することで、いつでもどこでもファイルにアクセスすることができます。

旅行先で撮影した写真をリアルタイムに自宅で見ることができたり、職場で保存したワードファイルを家から編集できるうえ、自分のパソコンが壊れていてもデータを見れるなど、クラウドの普及によって便利になりましたが、依然として2つの問題がありました。

 

データサーバーの管理コスト

企業向けのクラウドサービスでは、アマゾンのAWSやグーグルのGoogle drive、Dropboxなどが有名です。これらの運営会社は、効率よくクラウドサービスを運営するため、世界中のデータをデータセンターとよばれる巨大施設に集めて保存していました。

しかし、この運営方法には、ハッカーに狙われるリスクや、自然災害などでサーバーが破壊されてデータが消失するリスクがあります。それを避けるために、バックアップを用意したり、サーバーを分散させるなどの対策が必要で、コストが増加する要因となっていました。

 

プライバシーが保たれていないという検閲問題

私たちがクラウドに保存するファイルは、管理する企業からは閲覧することができます。例えば、グーグルドライブを利用するにあたっては、規約に保存ファイルをグーグルが利用できることに私たちは同意しています。また、政府が検閲しようと思えばいつでもファイルを覗き見ることができます。

一方、分散型クラウドはいかなる理由、いかなる方法を使っても第三者がファイルを覗き見ることができません

これは、セキュリティ面で非常にメリットです。顧客情報を預かる企業は、情報流出を恐れ、自前でクラウドサーバーを構築する必要がありました。しかし、Siacoin(シアコイン)などのクラウドサービスを利用すれば、その心配がなくなります。

 

Siacoin(シアコイン)の特徴

Siacoin(シアコイン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・購入方法3
  • 通貨の略号はSC
  • Siacoin(シアコイン)を利用してファイルを保管できる
  • データの秘匿性が高く検閲が不可能
  • クラウドサービスの利用料がお手頃。従来のサービスのおよそ10分の1の価格。
  • 自分のパソコンのストレージを貸し出すと報酬がもらえる
  • マイニングで稼ぐことができる

 

データの秘匿性が高く検閲が不可能

Siaは分散ネットワーク上でファイルを分割し、暗号化し、配布します。あなたは鍵を持っているので、あなたは自分のデータを所有しています。従来のクラウドストレージプロバイダとは異なり、外部の企業はファイルにアクセスしたり制御したりすることはできません。

 

クラウドサービスの利用料がお手頃

シアの分散クラウドは、現在のクラウドストレージプロバイダより平均して10倍安いです。 1TBをSiaに保存するのは月額約2ドルで、Amazon S3では23ドル、Google Cloudで20ドルです。

 

高度に冗長

Siaは、世界中の数十のノードに小さなファイルを保存しています。これにより、シングルポイント障害がなくなり、他のクラウドストレージプロバイダと比較して、最高水準のシステムの安定稼働時間を実現します。

 

オープンソース

Siaは完全にオープンソースです。数十人の個人がSiaのソフトウェアに貢献しており、Sia APIの上に革新的なアプリケーションを構築するコミュニティが活発になっています。

 

ブロックチェーン市場

Siaブロックチェーンを使用することで、Siaはホストがお客様のビジネスを競争する分散ストレージ市場を作り出します。これにより、可能な限り低い価格が実現します。賃貸人はSiacoinを使用して支払います。これは採掘して取引することもできます。

 

Siacoin(シアコイン)を利用してファイルを保管できる

SiacoinのHPから、Sia-UIをダウンロードすることでファイルを保管することができます。値段は下のように、1TBの容量を利用しても月々200円程度と従来のクラウドサービスに比べると、およそ10分の1の値段です。

Siacoin(シアコイン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・購入方法4

利用手順は下のようになります。

  1. Sia-UIを公式HPからダウンロードする
  2. Siacoinを購入する(ビットコインを購入し、ビットコインをSiacoinに交換)
  3. ファイルをアップロードする
  4. ストレージのガイドに従って操作する

 

ストレージを提供してシアコインを稼ぐ手順

  1. Sia-UIを公式HPからダウンロードする
  2. ストレージの価格を選ぶ
  3. Siaユーザーからコインを報酬としてもらう
  4. ホストのガイドに従って操作する

 

シアコインのマイニング手順

  1. Sia Minerを公式HPからダウンロードする
  2. Siaネットワークの安全性に貢献する
  3. 保守料としてSiaコインを受け取る

 

Siacoin(シアコイン)の価格推移・チャート

Siacoin(シアコイン)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoなどで確認できます。


Siacoinは2017年に入り価格が高騰しています。2017年当初は1SCあたり0.02円台でしたが、5月に1SC=1円を突破し、6月は1SC=2円前後で推移しています。

2017年だけで約50倍の価格上昇です。割安という点もあると思いますが、他のアルトコインに比べて上昇率は高く、注目度の高さがうかがえます。時価総額は10位~20位前後に位置しています。

 

Siacoin(シアコイン)の購入方法・取引所

Siacoin(シアコイン)の売買量が多い世界の取引所はこのようになっています。

Siacoin(シアコイン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・購入方法5

国内の取引所で、Siacoinを取り扱っているところはありません。

海外の取引所では、Poloniex(ポロニエックス)Bittrex(ビットトレックス)HitBTC(ヒットビーティーシー)、中国のYunbi(ユンビ)などで売買可能です。

Bittrex

アメリカの会社によって運営されている世界最大級の取引所。アルトコインの種類は200種類程度。手数料は0.25%。手数料が高いので、サブとして利用。

Poloniex

アメリカの仮想通貨取引所。売買できるアルトコインの種類は100種類前後だが、売買量は世界トップクラス。手数料は0.10〜0.15%。筆者はこことHitBTCを主に利用。

HitBTC

ヨーロッパ系の仮想通貨取引所。売買できるアルトコインの種類は200種類超。手数料は0.09%〜0.10%。筆者はPoloniexとHitBTCで資金を半々ぐらいで運用中。

 

海外の取引所で取引するには、国内で口座を開設し、BTCなどで送金する必要があります。規模の小さい取引所で口座した場合、倒産や資金が取り出せないといった事態に陥るリスクが高くなるため、大手のビットフライヤーやコインチェック、ザイフで口座を開設して取引するのが安全です。

送金手数料の安さ重視なら、ザイフビットバンク取引所のセキュリティの高さ重視ならビットフライヤーQUOINEXを利用するのがオススメです。

それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。

 

まとめ

以上、Siacoin(シアコイン)について紹介しました。

この記事を読まれた方の中には、「Siacoinについて興味が出たけど、自分で購入するのはちょっと不安 or 購入するお金がない」という方もいらっしゃるかと思います。

 

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気トップクラスの方法です。

例えば、取引所のコインチェックのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大23,000円の報酬が支払われますし、ポイントサイトのモッピーであれば、紹介数が増えると毎月10万円の収入をなにもせずに稼ぐことも可能です。

 

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。
仮想通貨の取引を始めたいという方は、Zaifビットフライヤービットバンクからどうぞ!

アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

 

ビットコイン
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 


 

GMOコイン
ビットトレード









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です