シュフティ(shufti)とは|特徴・評判・メリット・デメリット

シュフティ(shufti)とは|特徴・評判・メリット・デメリット

この記事では、副業をするのに便利なクラウドソーシングサービスのシュフティ(shufti)について、その特徴や評判、メリット・デメリットについて紹介しています。

 

シュフティ(shufti)の基本情報

シュフティはクラウドソージングサービスの1つです。手軽な在宅ワークとして人気があるサイトです。

クラウドソージングサービスというのは、仕事を依頼したい人と仕事をしたい人を引き合わせるマッチングサービスの事で、シェフティだけでなく多くのクラウドソージングサイトが存在します。

アルバイトの様な雇用と違い、決まった時間や曜日に働かなければ行けないという拘束がないため、副業としてや子育て中の主婦にとっては賢い稼ぎ方の1つといえるでしょう。

シュフティは、クラウドソージングサービスの中でもわりと歴史が古いほうで、2007年からスタートしているサービスで、既に10年以上の運営歴があります。運営しているのは「株式会社うるる」で、東京都中央区に本社を構えています。

募集しているお仕事は、事務作業やライティング、アシスタント業務などで、未経験でもこなしやすい仕事が揃っています。

会員登録料や月額使用料などはないので、興味があるならばとりあえず試してみるというのも手でしょう。

ちなみに報酬の支払いについては常にシュフティを通して行われ、受注が成立した時点で、クライアント(依頼者)からシュフティに仮払いが行われます。そして仕事完了時に仮払いされた金額から手数料をひいた報酬がワーカー(受注者)側に届きます。

個人取引だと、「クライアントに逃げられた!」なんてことが起こりやすいですがこの仮払いのシステムにより、安心して仕事を出来るのはポイント高いです。

もし報酬や仕事について明らかな問題が起こった場合はシュフティのサポートセンターが対応してくれるので、この点についてもやはり安心できるでしょう。

 

シュフティ(shufti)の特徴

  • 主婦や副業目的の人がメインターゲット
  • クラウドソーシングサービスの中では老舗の部類

 

 

主婦や副業目的の人がメインターゲット

シュフティ最大の特徴は、主婦や副業目的の人をターゲットとしている点です。

仕事を依頼する側もほとんどが、プロのライターやデザイナーが取引相手だとは考えていないようで、「初心者歓迎」や「主婦歓迎」、「未経験OK」、「超簡単」などといった文言がつく募集が非常に多いです。

なので、最低限「仕事を請け負う」という気持ちと責任さえ持っていれば、ライター経験やデザイナー経験が無くても稼ぎやすいですね!

シュフティの依頼形式は「プロジェクト」と「タスク」のみで、ランサーズやクラウドワークスで見かける「コンペ」はありません。

プロジェクト形式とは

プロジェクトとは、依頼者の募集要項を確認してこちらから提案、依頼者は提案者の中から採用するものを選び、双方に納得がいけば、依頼成立となりお仕事が始まります。

提案といっても自己PRのようなもので、報酬額や納期は最初から決まっているものがほとんどです。

ちなみに依頼者側が選ぶ基準は、これまでの実績や、提案内容(自己PRの内容)や提案から見てとれるビジネスマナーなどです。仮にもお仕事なので、「このお仕事とってもおもしろそう!ぜひやらせて!」みたいな友達感覚のメッセージで提案すると採用率はかなり低くなるでしょう。

形式タスクとは

タスクはプロジェクトと違って、提案する必要すらありません。

募集された仕事をできるかは早いもの勝ちで、専用のフォームをつかって納品すればおしまい。簡単なアンケートや記事等の依頼が多く、ものによっては1~2分で終わってしまうでしょう。

報酬額はかなり安いですが、基本的には打ち合わせなども発生しないですし、とても気軽な気持ちで引き受けられるところがメリットです。

 

大量募集案件がある

業界最大手のランサーズの場合、プロジェクトでは1名しか採用できませんが、シュフティの場合は「募集:発注予定10~30人」といったように、まとめて多く採用するケースが多く見受けられます。

そこまでの人数を採用するとなると、提案内容に問題なければ、全員採用でもおかしくないレベルなので、提案がかなり通りやすいです。

 

常時募集がある

クラウドソージングサービスには珍しく、案件によっては提案の締め切りがなく「常時募集」となっているものがあります。

常時募集の場合は「良い人がいれば、いつでも採用するよ!」という意味合いが強く、簡単に提案が通るものは少ないですが、単価が高いものも多いので、経験をある程度積んだあとや、腕に覚えのある人は提案してみるのもいいでしょう。

 

シュフティ(shufti)のメリット

  • 手数料が安い

 

手数料が安い

シュフティはなにより手数料が安いです。シュフティに限らず、クラウドソージングサービスの多くは、会員登録料や月額使用料が無料ですが、報酬から手数料として何パーセントか引かれます。

業界で最も有名なランサーズやクラウドワークスは、5~20%(10万円以下は20%、10万円超20万円以下は10%、20万円超は5%)となっていますが、シュフティは一律10%とかなり安いです。

たとえば、報酬5,000円の仕事を引き受けた場合、ランサーズやクラウドワークスなら1,000円も手数料がとられるのに、シュフティでは500円しか引かれません。

また、シュフティの案件は簡単なものが多いので、プロのライターやデザイナーでなくても引き受けやすいです。

正直な話、ランサーズやクラウドワークスの方が高額案件の数では上です。

しかし、高額案件を勝ち取るにはプロのフリーランサーの提案と争わなければならないですし、報酬が高額な分、内容もハードになるので、「気軽な気持ちで在宅ワーク」とはなかなかいきません。

 

シュフティ(shufti)のデメリット

  • 高額案件が少ない

 

高額案件が少ない

シュフティには、高額報酬の案件というのがあまり存在していません。そのため、プロやプロを目指すフリーランサーにとっては、仕事の内容や報酬額について物足りなさを感じることもあります。

とはいえ、元々プロ相手ではなく、主婦や副業したい人向けのサービスに近いので、ターゲットが違うといえばそれまでです。

それより注意したいのは、未経験者や主婦などを想定している手前、ライティングや事務の軽作業が多く、デザインやシステム開発など専門的な技術が活かせる仕事はかなり少ないということです。

もしデザイン系の副業のみをさがしているなら、ランサーズやクラウドワークスで探した方がよいでしょう。

 

シュフティ(shufti)はどういった人にオススメか?

シュフティは主婦や副業をしたい方、未経験ながらライターの仕事をしたい人などに向いています。

単なるデータ入力や情報収集、宛名書きなどやる気や根気があれば誰でもできる仕事が多いのも魅力です。

一方で、シュフティだけで生計を立てようというのはかなり難しいので、シュフティの収入だけを頼りに脱サラして独立しようというのは難しいかと思います。

 

ランサーズやクラウドワークスと比べてどう?

ランサーズやクラウドワークスにも主婦向きや副業向きの案件がいくつかありますが、プロのフリーランサーを雇おうとするクライアントがかなり多く、提案が通ったとしても、プロでないと厳しいようなトライアル期間があったりします。

シュフティが得意とするライティング業務に限っていっても、同じくライティング業務が多いランサーズとでは質が全く違います。

ランサーズの案件は少しハードなものが多いので、シュフティに慣れているとストレスやプレッシャーを感じるかもしれません。

もちろん、ランサーズやクラウドワークスを併用するというのもアリですし、とりあえずシュフティでなれて、実力がついてきたら、ランサーズやクラウドワークスに手を出してみるのがよいでしょう。

ただ、同じような報酬額が設定されているなら、手数料の安さから考えてシュフティの方がよいので、シュフティ1本に絞るという選択もあります。

 

まとめ

以上、シュフティ(shufti)について紹介しました。


<script>” title=”<script>


<script>
<script>


<script>

記事が参考になった方はフォローしてくださると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です