DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

【副業】警備員で稼ぐ方法は|特徴・評判・メリット・デメリット

覚えることがあまり多くなく、仕事に必要なスキルは事前研修などで学ぶことができるため安心。こういった理由から副業として人気が高まっているのが、警備員の仕事。

ここでは警備員のメリットやデメリット、仕事の特徴等を紹介していきます。

 

警備員の基本情報

日勤帯はもちろん、深夜帯など幅広い時間帯で働くことができる警備員の仕事は、数多くある仕事の中でも出勤自由度が高い副業と言えます。このため副業として捉えるとこれほどに便利な仕事ないとは言えないでしょうか。

警備の仕事ですが、雑踏警備や交通誘導。工事の際の誘導、駐車場やビルなどの施設警備などさまざまな仕事が存在しています。それらの仕事の中から自由に選ぶことができることも警備の仕事になります。

 

警備員にはどんな特徴があるの?

警備員の仕事はさまざまなシチュエーションで必要とされ、代替えが利かないため、いつでも需要があるというのが特徴です。ライン作業などの仕事の場合、オートメーション化されたり、AIが進出しています。

しかし警備員の仕事は人間の手で行う必要があるため、需要が高いわけです。その上でコンビニよりも覚えることが少なく済み、初心者でも問題なくこなせるという特徴を持っています。

 

警備員のメリットは?

  • 勤務日や時間を自由に決めることができる

 

勤務日や時間が自由に決めることができる

警備員を副業にするメリットは日勤帯はもちろん、夜勤や深夜勤帯でも自分の働きたい時間を自由に選ぶことができる点です。

道路工事などは深夜帯に行われることが多く、警備員の需要がありますし、深夜手当も支給され高い報酬が欲しいという方にはおすすめの働き方といえるでしょう。

施設警備などではモニター室などで行われることも多く、悪天候でも関係なく仕事ができ、仕事内容も日時も働く側が自由に選ぶことができるのがメリットです。

 

警備員のデメリットは?

  • どこに行くかで労働環境が大きく変わる

 

どこに行くかで労働環境が大きく変わる

デメリットはどこで働くかによって労働環境が変わってくるということ。前述の道路工事を選んだ場合、深夜手当はでるものの野外での作業になり、建築系の性格の荒い作業員に細かい注文をつけられたりもします。

悪天候の場合には、工事そのものがなくなってしまったり、行うにしても雨風の中仕事をこなさなければなりません。

同じ深夜帯でも野外の道路工事と施設警備では労働環境が全く違ってきますから、自分にマッチした現場を選ばないと長続きしないことになってしまうのです。

 

警備員の始め方

警備員を始めるには、警備会社に直接応募をすることの他にも日雇い系の派遣会社に登録をして紹介してもらうという方法もあります。

インターネット上はもちろん、フリーペーパーの求人誌などでも見つけることができるため、苦労することなく始めることができるでしょう。

 

主なサービス一覧

  • Indeed
  • アイデム
  • バイトル

 

警備員はどういった人にオススメか?

警備員は本業があり、その上で空いている深夜帯などの時間で副収入を得たい方におすすめの副業です。

体力的に自信がある方はもちろん、あまり複数の決まりごとなどを覚えるのが苦手であり、専門性が高い仕事は合わないと思っている方にもおすすめ。

また多種多様な「現場」が用意されているため、自分の性格や特徴にあったところでなければ難しいという方にもおすすめのオールマイティな副業と言えるでしょう。

 

まとめ

警備員を副業にするのは非常に手軽であり、ある程度の報酬も期待でき、何よりも好きな日時に働くことができるというメリットがあります。

現場によって労働環境が激変するというデメリットはあるものの、選ぶ際に慎重に選ぶことさえできれば、これほどに隙間時間を上手に利用できる副業もないと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください