DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

【2018年】副業おすすめランキング|サラリーマン・OL・在宅【スマホ・パソコン】

【2018年】副業おすすめランキング|サラリーマン・OL・在宅【スマホ・パソコン】

この記事では、副業をこれから始めようと考えている方に向けて、おすすめの副業を紹介しています。

今後の副業時代に向けて、自分に合った副業を選びましょう。副業を始めるなら少しでも早い方が有利です。

 

今、副業が注目されている?

近年、会社員を中心に副業が注目を集めており、大企業の間でもスタッフの副業を解禁するところが増えていることをご存じでしょうか?

 

これまで副業といえばこっそりと営むものという印象が強くありましたが、長引いていた不況の影響もあり、会社員や本業を営んでいる自営業者のなかでも、経済的な理由から副業をする人が増えています。

一説には、会社員のうち約14%ほどが副業をしているという調査結果があり、「副業はしたことはないが興味がある人」が全体の約4割にものぼるという報告もあるのです。

そこで、大手企業が副業を認めるようになってきた背景について説明するとともに、注目されている人気の副業をライフスタイルや特徴別にランキング形式で紹介していきます。

ただし、これはあくまでも多くの人に注目されている副業であり、収入につながるかどうかは取り組み次第です。気になる副業はしっかり調べてチャレンジしてください。

 

初心者向けスマホ副業おすすめランキングTOP10

まとまった時間がとれないサラリーマンや主婦の方、学生に人気のスマホを利用してカンタンにできる副業を紹介します。

評価項目としては、特別なスキルがなくてもできるか(簡単か)?スマホでもできるか?稼げるのか?

といった項目で評価しています。

スキマ時間が有効活用でき、手間や特別なスキルが必要ない初心者向けをまとめました。

 

1位 ポイントサイト

ポイントサイトの副業評価
仕事の簡単さ
(5.0)
スマホでもできるか
(5.0)
稼げる度
(3.0)

「初めて副業をするならコレ」というぐらい、お手軽さも人気も高いのが「ポイントサイト」を活用した副業方法。

ポイントサイト経由で買い物をする、アプリをインストールする、会員登録をする、口コミを書く、SNSでシェアするなどをしてポイントを貯め、一定のポイントが溜まったら現金化するという仕組みになっています。

また、ポイントの交換先は現金だけでなく、電子マネーやAmazonのギフト券などにも交換可能となっています。

自分のタイミングで気軽に始めることができるポイントサイトは通勤時間やスキマ時間を有効活用したいサラリーマンや主婦、学生の方にもおすすめの副業です。

ひとつひとつの単価は高くないので、稼げるというより、コツコツポイントを貯めることが好きな方やゲーム感覚で始めたい方向けです。

 

 

2位 アンケートモニター

アンケートモニターの副業評価
仕事の簡単さ
(5.0)
スマホでもできるか
(5.0)
稼げる度
(2.0)

アンケートモニターとは、主に企業の運営する専用サイトに登録し、そこから定期的に紹介されるアンケートに回答するとポイントを獲得できるシステムのことです。

一定のポイントと引き換えにキャッシュや商品券などに交換できる仕組みであり、ほとんどのサイトは登録が無料で、だれでも気軽に参加できるのが特徴です。

日ごろ忙しい会社員でも、出勤時間やスキマ時間にスマートフォンなどからアンケートに答えるだけでいいので、多くの人がちょっとしたお金稼ぎとして取り組んできます。

ただし、だれでも簡単にはじめられるため、毎日しっかり取り組んだとしても月に数百円から数千円程度しか稼げないことがほとんどです。副業として毎月しっかりとした額を稼ぎたい人は、別の副業を考えた方が無難でしょう。

 

 

3位 データ入力(クラウドソーシング)

在宅で手軽に始められる副業として、ExcelやGoogleスプレッドシートなどデータ入力があります。

名刺の情報を入力やPDF資料を文字化するなど、データ入力といっても種類はさまざまです。

タイピングやリサーチが得意な方などにおすすめです。色んな種類の案件が日々更新されているので、自分の得意な分野を見つけられるのも、人気なポイントです。

CrowdWorksは初心者向けのデータ入力の他、アンケートへの回答やデータ入力、プログラミングが得意ならウェブ制作、語学が得意なら翻訳や通訳など豊富な案件があります。

受注者は様々な案件から自分ができそうな仕事を見つけ、それをこなすことで報酬を得ることができます。

 

4位 フリマアプリでの不用品販売

主婦や学生のどちらにもおすすめなのがメルカリやフリルといったフリマアプリです。フリマアプリでは不要になった物を出品して報酬を得ることができ、スマホ一つで誰でも簡単に副業することができます。

スマホやタブレットで写真を撮影するだけで出品できるという手軽さが大人だけでなく高校生の間でも人気を集めています。また、断捨離感覚でおこずかい稼ぎができるのも注目を集めた大きな要素です。

 

5位 せどり・転売

せどり(背取り)とは、本来は古本屋が同業者の店から転売目的で購入することを指しましたが、今では古本や中古DVD、家電などを安く購入して、他の場所で転売して利益を得る行為全般をいうようになりました。要はモノを安く売っているところから購入して、別の店で売って利ざやを稼ぐということです。

仕入れるためのお金と転売できる場所がわかっていれば、だれでもはじめられる副業ですが、その商品に対する深い知識と経験が必要であるといわれてきました。

しかし最近では、インターネットやスマートフォンの普及により、その商品の知識がなくても、インターネットで検索することで、簡単に相場額などを知ることができるようになったため、ビジネスとして参入しやすくなっているといわれます。

ただし、売れない商品や相場の安定しないモノを購入して損をしてしまうことはありますので、実際に行う場合は慎重にやらなければなりません。

 

 

6位 オンラインゲームのRMT

昔から副業にしている人が多いのが、RMT(リアルマネートレード)。

RMTというのは、ゲーム内の通貨やキャラクターを、リアルのお金、つまり現金で売買して稼ぐ方法です。

ゲームによっては規約で禁止されているものもありますが、育成要素のあるほとんどのゲームでRMTがされています。

オンラインゲームからスマホゲームまで、幅広くRMTが行われているので、今やっているゲームが飽きたらRMTを利用してお小遣いをゲットしてみるのもいいでしょう。

また、人気のオンラインゲームが趣味の人であれば、継続的に稼ぐことも不可能ではありません。

ゲームが趣味の方は、一度取り組んでみるといいでしょう。

 

 

7位 ブログ・アフィリエイト

自分のウェブサイトなどブログ記事をライティングし、商品やサービスを販売・紹介することで報酬をもらうのがアフィリエイトです。ネットでの副業といえばアフィリエイトを一番に思い浮かべることも多いはずです。一時期はアフィリエイトだけで普通の会社員の何倍もの報酬を得ているアフィリエイターが、ネットで有名になることもありました。

ただし現在では、多くの人がアフィリエイト用のサイトを作成してしのぎを削っている状態ですから、実際に収入を得られるまではかなりの時間がかかると覚悟しておいた方がよいでしょう。サイトを何個をつくっても月収数千円というケースは少なくありません。

それでも長く続けていれば、永続的に月に数万円は稼げるようになるといわれますし、レスポンスのいいサイトを作れば、放っておいても報酬を得ることができるのがメリットです。

稼げるようになるまで非常に時間がかかりますから、長い期間コツコツと毎日続ける忍耐力が必要となる副業です。
アフィリエイトを始めたいが右も左もわからない、中級者だけどいまいち収益が伸び悩んでいるという人までおすすめなのがこちらの本

 

 

8位 全自動のスマホ分散投資

資産運用は面倒な手続きが多く、始めるのに時間がかり、運用の変動を常にチェックしなければならなくて大変というイメージの方も多いかもしれません。

しかし、最近ではスマホを利用してカンタンにすぐ始められ、隙間時間で運用ができるサービスが多く提供されています。

特に「ほったらかし運用」ができる投資初心者向けのアプリ ウェルスナビはCMも始まり注目を集めています。今回は比較的単純な作業のものが多く通勤中や休み時間、家事の合間時間でできる資産運用をご紹介。

ロボアドバイザーは、投資初心者向けのスマホではじめられる資産運用サービスです。

スマホで無料診断に回答すると、自動で金融商品の分散投資を提案してくれます。口座開設などの設定後は自動で売買や調整を行ってくれるので、投資経験のない初心者でも気軽に資産運用を始められるため、副収入として今注目をされています。

ウェルスナビは資産運用プロレベルのプロセスをテクノロジーの力で、すべて自動化。無料診断後はAIのロボアドバイザーが、一人一人にあったポートフォリオを提案し、運用も行ってくれます。ほったらかし運用が可能で、投資に時間を避けない方におすすめです。テレビCMもはじまり、注目されているサービスです。

 

 

9位 1万円からの簡単スマホ不動産投資

オリンピックによる地価上昇や投資をカンタンにできるスマホアプリなどが多く展開される中、手軽にできる不動産投資が副業として人気です。

不動産特定共同事業と扱われるサービスのため、ソーシャルレンディングと違いファンドの詳細が開示されています。情報開示に加え、解約手数料0円、いつでも解約可能と安心して始められるシステムができています。

OwnersBook

OwnersBookは上場企業が運営しており、投資の初心者から資産額の大きな投資家の方まで、安心して利用できます。不動産に特化しており、スマホでの投資が可能です。

 

あわせて読みたい

 

10位 仮想通貨取引

仮想通貨とは、ビットコインなどに代表されるインターネット上での決済や送金の際に使われる電子データの一種です。通常の通貨との違いとして、政府や中央銀行などの価値を保証する公的機関をもたず、専門の取引所を介して円やドルなどの通貨と交換できる点が挙げられます。

まだまだ未開拓の分野ではありますが、近年は一部の仮想通貨の値上がり率が高く、今のうちに投資しておくことによって、将来的に高いリターンが得られる可能性があるといわれています。投資家の間でも、株式やFXに加えて仮想通過への投資が注目を集めているようです。

ただしハイリターンではあるものの、お金を失うリスクもありますので、十分ちゅうして取り組んでください。

 

仮想通貨は、まだまだ新しい市場のためツイッターなどのSNSも含め広く情報を収集して慎重に投資していく必要があるでしょう。これも金銭的に余裕がある場合に、使ってもよい額を決めてから投資する方法がベターです。

仮想通貨を始めるには、取引所の登録が必要になります。操作性や、セキュリティ、手数料などの違いがあるので、比較するのもおすすめです。

初めての仮想通貨購入、海外仮想通貨取引所の利用には、まず国内取引所への口座開設が必須です。

 

趣味・スキルを活かした分野で副業5選

先ほどは特別なスキルや知識が必要ない副業方法を紹介しましたが、ここでは、スキルが必要な副業方法を消化します。

本業の知識を副業でも活かしたり、趣味や得意分野での仕事をしている人も増えています。

そういった方は趣味感覚で副業していることが多く、リフレッシュしながら気軽にお金を稼いでいます。ここでは趣味や本業での経験を活かしやすい副業を紹介します。

 

営業スキルを活かした商談アポイントセッティング

営業スキルや人脈を有効活用する副業として「アポイントセッテイング代行」が注目をされています。日頃の営業活動をしながら、副業にも取り組めるので時間の有効活用が可能です。また、さまざまな事業で募集があるので、使い方次第で副業をしながら転職活動や本業にもつなげられるところも人気のポイントです。

商談アポのセッティング副業【Saleshub(セールスハブ)】は副業解禁時代の営業マンに人気の副業サービスです。アポイントをセッティングすることで、企業からお祝い金をもらうことができます。本業に支障なく、また初期費用もかからずにスタートできる副業として現在までに、約5500人のビジネスマンが副業として使用しています。

 

あわせて読みたい

 

ネットショップ運営

ネットショップを開設を無料でカンタンにできるサービスが展開され、個人でのネットショップ運営を副業とする人も多くなっています。物販ビジネスは、売上を上げられるようになるまで、長期的にさまざまな運営の工夫が必要ですが、一定の顧客を獲得できれば、安定した報酬を得られる魅力もあり、多くの人が副業としていろいろな商品を売っています。
BASEでは、カンタンにオシャレなサイトの立ち上げから、注文管理や発送管理も可能です。無料なので試しにサイトを作ってみるのもおすすめです。
何が売れるのかを見極める目やマーケティング・集客に関するスキルは必須となります。

 

 

Webサイト制作

Webサイト制作は、他の副業と比べて少し難易度は上がりますがその分報酬が高いのが特徴です。

案件の内容は多岐にわたり、企画の段階から任されるものから、企業側から作って欲しいホームページなどのイメージをもらい、それに沿ってhtmlやcssをコーディングしていく案件、さらにはサイトの中身まで全部作る場合もあります。

働く場所を問わず、安定的に稼げる魅力的な副業ですが、案件を受注するためのハードルは比較的高いというデメリットもあります。

仕事を発注する企業側としては、実績のあるプログラマーに仕事を頼む傾向があり、駆け出しプログラマーだと仕事を取ること自体が難しいのが現状のようです。

しかし現在IT人材の需要が急速に高まっており、それに伴ってプログラミングスクールなどが増えてきています。

また、オンライン学習サービスも同様に増えておりプログラミングを学習する環境が以前より整っています。これからの成長が見込まれている分野なので副業スキルとして役立つだけでなく、人生を大きく左右するスキルだと言っても良いでしょう。

Webデザインの案件もクラウドワークス上に多数掲載されているので自分のレベルに合った仕事を見つけることができます。

 

 

写真撮影(ストックフォトサービス)

社会人の方でも写真が趣味だという人は多いのではないでしょうか。

スマホでも高画質な写真撮影ができるようになり、写真撮影も今では簡単に行える立派な副業になりました。この副業の主な流れは、自分で撮影した写真を写真販売サイトで売り、収入を得るという仕組みとなっています。

写真販売サイトとは、ウェブサイトなどに使用するための写真や動画の素材を販売しているサイトです。大きさやファイル形式、写真の質などによって細かく値段が決められます。利用者は月や年単位で決まった金額を払うことで写真をダウンロードするという仕組みになっています。

始めるためには求められている写真を撮影する技術・能力が必要です。スマホカメラの性能は上がってきているとはいえ、一眼レフカメラなどと比べるとまだまだ劣るのが現状です。しかし、最近では一眼レフやミラーレスカメラでも手頃に購入できる価格となっています。

カメラを手に入れたけど上手に撮影できる自身がないという方はカメラ教室に通うことをおすすめしています。プロの方に直接聞けるので撮影方法からカメラの手入れ方法までしっかりと教えれくれます。無料で体験できる教室も多数あるので写真撮影を始めたい方は申し込んでみるといいかもしれません。

 

 

通訳・翻訳

語学スキルを活かした副業には、自宅で行えるものが多く、翻訳、校正、添削作業、英文英文事務やライティングなどがあります。翻訳には日→英、英→日また、ビジネス、医療、法律などあらゆる分野にわたっているので、必要とされる知識や語学力もさまざまです。

自分の語学力、翻訳の業務経験、得意分野を把握できたら、さっそく能力にあったお仕事を探してみましょう。通訳・翻訳のお仕事もクラウドワークス上に多数掲載されています。初心者にもできそうな案件から会議での通訳など上級者向けの案件まで揃っています。

 

パソコン・スマホ不要のカンタン副業

主婦の方や学生の方でもすぐに始められる簡単な副業を紹介します。

  • パソコン・スマホが実はそんなに得意じゃない
  • ネットやITサービスの利用は苦手

という方もいらっしゃるかと思います。

そんな方に向けて、特別なスキルは不要で、なおかつネットが苦手な方でもできる副業を紹介します。

 

治験アルバイト

治験とは、主に医薬品の製造販売について、法律上の承認を得るために実施される臨床試験のことをいいます。

多くの場合、新薬を販売したい製薬会社が専門の医療機関に依頼して被験者(治験アルバイト)を募集し、数日から数週間ほど新薬を試してもらって、身体に異常がないかどうかを確認することになります。

被験者は事前に健康診断を受けて決まった期間入院することになり、その期間拘束されることの対価として報酬が支払われます。新薬のテスターということで副作用のリスクを考える必要がありますが、何か身体に問題が生じた際には、製薬会社や対象医療機関が全面的に補償してくれることなるので、そこまで不安になる必要はないでしょう。

ただし、治験期間中は一日中医療機関内に拘束されることになるため、本業をもっている会社員としては、日程的に難しいかもしれません。

治験アルバイトは治験最新情報サイト「JCVN」 で探すことができます。専門医師による診療とアドバイスがもらえ、治験協力費(謝礼)が受け取れます。ニキビからメタボ治療など自身の悩みにあった案件を見つけることができます。

 

覆面調査

覆面調査とは飲食店や小売店を訪問し、サービスを分析・調査するというお仕事です。一般のお客様として指定のお店に行き、食事をしたりサービスを受け、自身の感想や結果を依頼主へレポート形式で提出するのが主な流れです。

これを元にお店は改善点などを知ることができ、企業などの依頼主もそのサービスを受けるお客様にとっても役に立つ仕事です。

報酬は調査したお店でかかる飲食代、サービス料また交通費を含めた金額が支払われます。仕事の内容によって報酬額は変わりますが、平均的な報酬額は一件あたり数千円です。しかし、高級店などでは1~2万程度の報酬を得ることができます。ここ最近、主婦やOLの方など特に女性の間で人気を集めています。

 

在宅ワーク(内職系)

インターネット環境が整えられる以前、副業として一般的だったものに「内職」がありました。封入や袋詰め、シール貼りといった単純作業や、エプロンやハンカチの縫製や造花づくりといった、ちょっとした慣れが必要となる作業まで、さまざまなものがあります。

しかし近年はインターネットを利用した副業が増加しているため、こういったオフラインでの単純作業の報酬単価が安くなっていることに加え、案件自体も徐々に減ってきているのが現状のようです。

ただ、パソコンが使えなくてもだれでもできる副業ということで、昔から従事している人も少なくありません。仕事情報誌やネット検索などで「内職」で検索してみるとよいでしょう。

主婦やママさんにおすすめなのがママワークスです。空いた時間に効率よく稼ぎたいという主婦の方におすすめの在宅ワークや時短勤務のお仕事情報を多数掲載しています。

 

アルバイト

時間のない学生におすすめなのがアルバイトです。夏休みだけガッツリ稼ぎたい学生も短期アルバイトで必要な分だけ稼ぐことができます。部活をやっていない学生や主婦の方には長期アルバイトがおすすめです。

アルバイトは時給制のものが大半なので、働けば働いた分だけ給料がもらえるシステムになっています。そこで、注意点としては、働きすぎるということです。バランスの良いシフトで無理なく働くことを心がけてください。

マッハバイトやシフトワークスのようなサイトから自分のやりたいアルバイトを探すことができます。参考にしてみてください。

また、大学生におすすめしたいのがリゾートバイトです。リゾートバイトとは、海、山、温泉地、離島、スキー場など、日本全国のリゾート地に住み込みで働くお仕事です。職種はレストランのホール、ホテルのフロントといった接客から料理補助、清掃員、マリンスタッフ、スキー場などのアクティビティスタッフまで多種多様です。

リゾートバイトをする最大のメリットは休日にその土地ならではのグルメや観光を楽しめること、基本的に泊まり込みになり寮費、食費、光熱費が無料なのでお金を貯めやすいことです。そして、スキーシーズンはリフト券無料の特典付きです。比較的時間の取りやすい学生はぜひリゾバ.comに登録してみてはいかがでしょうか。

 

民泊仲介サービス

自宅の空き部屋やマンションのを旅行者に宿泊施設として貸し出す民泊が最近注目を集めています。2018年には民泊新法が新しく施行される予定であり、オリンピックが近くと共に今後更に勢いが高まってくる分野だと言えます。 しかし、副業として民泊を始めるためには、前もって知識を付け、注意点などを把握しておく必要があります。

世界をはじめ、日本でも広がりつつあるAirbnbですが1泊あたり5000円程度が相場のようです。民泊の副業は貸部屋の用意、管理、また保健所などに許可を得るなど始める前の準備は大変ですが、一度始めて集客のコツさえ掴めば安定的なビジネスとなり月に30万以上稼いでいる主婦の方も少なくないようです。

利用者は外国の方も多く英語力も多少必要になります。

 

 

空駐車場シェア

民泊のようなシェアリングエコノミー型のビジネスが近年急激に増えており、空き駐車場を貸し出して収入を得る副業も増えてきています。活用できないない場所をお金に変えることができ、提供者と利用者共にメリットが受けられる非常に良いビジネスとして注目を集めています。

空き駐車場をシェアするためにはまずシェアサービスに登録する必要があります。駐車場シェアサービスにはいくつか種類があり、akippaやtomeretaなど自分に合ったサービスを見つけ登録することができます。基本的に登録料や月額使用料は無料のものがほとんどです。

 

 

相談サービス

女性の方におすすめなのが相談サービスです。レディウェイなどのサービスを使えばあなたのスキルを活かして副業することができます。恋愛相談、料理や美容についての知識など、女子ならではの悩みをを解決する方法を出品して購入してもらうサービスです。

この副業の特徴としては購入者も出品者のどちらも女性という点です。なので、お母さんやお姉さん、女友達へ相談するような感覚で安心して利用することができます。

 

その他の副業

 

情報商材の販売

自分のもっている専門的な知識や経験、コツなどの有用な情報をネット上のコンテンツとして制作・販売する副業です。

専門的で稀有な情報は高額で取引されるため人気ですが、売り方にもコツが必要となりますし、サイトを訪れた人に欲しいと思ってもらうための仕掛けやコピーライティングの手腕が必要となります。

貴重な情報を扱っている商材は1千万円を超えるほどの月収が目指せますが、近年は詐欺商材なども多く出回っていることが問題視されている分野であるため、どんな情報をどういう方法で売るのかを戦略的に判断していかなければならないでしょう。当然、嘘の情報や詐欺情報を売るのは犯罪ですから絶対にやめましょう。

 

動画サイト(Youtubeなど)

最近は、いわゆる「Youtuber(ユーチューバー)」と呼ばれる人々が注目を集めています。彼らは大規模動画配信サイトYoutubeに動画を投稿し、広告料を稼いでいます。

一般的に動画投稿者本人が出演して、自分なりに有用な情報を配信することで視聴者を集めることが多いですが、たとえ顔出しをしなくても、声だけで得意分野の講義動画を配信したり、ゲーム実況といったエンターテイメント分野で高い報酬を得たりしている人もいます。

何百万人という規模の安定した視聴者を集めることができればyoutubeから直接的に報酬をもらえるようですが、ほとんどの場合は、動画の1回の再生あたり0.1円程度の単価で報酬を得るシステムであるため、視聴者を惹き付けるコンテンツをたくさんアップロードし続ける根気と企画力が必要となります。

 

 

インスタグラマー

以前は、数あるSNSの一つとして見られていた「Instagram(インスタグラム)」ですが、今やこれ一つで生活していけるほどになっています。

Youtubeなどとは、利用者の属性が少し異なっており、Youtuberとして培ったノウハウをそのまま応用しても、インスタグラマーとしては有名になれません。

Youtubeよりもさらに個人の属性に合った戦略を取らないと、ファン離れも起こしやすいですが、しっかりとした世界観を構築すれば着実にフォロワーは増えていき、広告収入で稼げるようになります。

 

 

その他インフルエンサー

Twitter、Showroom、TikTok、Twitchなどなど近年は、次々と個人が情報発信する場が誕生しています。

それに伴い、各サービスでの有名人(インフルエンサー)というものも生まれています。

このインフルエンサーに慣れさえすれば、月100万円を稼ぐことも難しくないので、新しいサービスを見つけたら、そこでの第一人者になることを目指すのもアリです。

 

 

企業が副業を認めはじめた?

日本企業のなかにも副業を認めるところが徐々に増えているのですが、それでも多くの企業はいまだに副業を認めていないのが現状といえます。

しかし、そのなかでもGoogleヤフーリクルートホールディングスといった有名企業は社員の副業を解禁しており、そういった人気企業と競い合っているスタートアップ企業や気鋭のベンチャー企業も、徐々に副業を解禁し始めています。

さらに最近では日産自動車富士通花王といった日本の伝統的な大手企業においても副業を認める会社が増えています。

このような、業界のトップリーダーともいえる企業が副業を認めてきていることから、今後ますます大手企業の間で社員の副業を認める傾向が強くなることが予想されます。

 

大手企業が副業を認めはじめた理由

大手企業が副業を認めるようになった主な理由として、社員に自ら報酬を得る機会を与えることによって、優秀な人材を集め、長く自社で働いてもらいたいという意図があります。

しかし、これは裏を返せば「給料は上げないから自分で稼いできてね」という意味とも捉えることができます。

「企業の体質が悪くなると優秀なスタッフから辞めていく」といわれますが、優秀な人材であればあるほど、さまざまなプロジェクトを任されるようになったり、場合によってはその人が所属している企業を通さずに直接的に案件を依頼されたりするケースも出てきます。

 

副業の容認によって優秀なスタッフを引き留める

直接案件を依頼されるようになるとその組織に属していなくても、自分のキャリアの構築や理想のビジネススタイルを実現することができると思うようになるでしょう。

そんななか、副業が容認されていなかったり、組織からさまざまな制限を課せられたりすると、非常に働きにくいと感じるようになりますよね。それが会社を辞めてしまう原因になります。

企業にとっては、優秀なスタッフに辞められるのは大きな痛手となるため、彼らの副業を容認してでも、自社に引き留めておきたいと考えるようになるわけです。

 

リモートワークの増加と副業

さらに最近では、充実したインターネット環境と、それに付随するさまざまソフトウェアサービスの登場によって、必ずしもオフィスに出社しなくても仕事ができる環境が整ってきています。

そのような環境の変化によって、いわゆる「リモートワーカー」を正規のスタッフとして雇用する企業が増えてきており、企業によっては経営者自身を含めたスタッフ全員がリモートワーカーという場合もけっして少なくありません。

こういった企業ではほとんど当たり前のように副業が認められており、各々のスタッフは自分で時間配分を決め、本業と副業のバランスを取りながら自由にお金を稼げる環境を整えています。所属企業から給与をもらいながら、自分のビジネスを始める人も多いです。

こういった就業に関する自由度の社会的な広がりも、副業を始める人が増加している背景のひとつとなっているのです。

 

地方ではネットを使った副業をする人が多い傾向

また、副業の内容を見てみると、東京都においては副業をしている会社員の半数以上が複数の副業を営んでいるのに対し、それ以外の地域ではアフィリエイトなどを中心とした副業が多い傾向があります。

このような、地域による副業の内容の違いは、首都圏ではオフラインで稼ぐことのできる副業の案件が多いことから生まれていると思われます。

副業をする会社員が増えている地方では、インターネットを用いた副業をする人の割合が多いようです。

 

副業会社員の実態

実際に副業に従事している会社員の実態ですが、こちらもファンコミュニケーションズの調査によると、会社員の副業にあてる時間でもっとも多いのは「本業からの帰宅後」が約88%を占め、次に「本業の昼休み中」が約25%となっています。

毎日副業にあてる時間を割いている会社員は、本業が休日となる週末だけ作業している人に比べて副業からの収入が多い傾向があり、断続的に作業するよりも、毎日少しの時間であっても継続して作業する方が収入が高くなることがうかがえます。

 

パラレルワーカーとは?

近年では、将来の先行きが見えづらい時代であることを反映してか、さまざまな形態で収入を得ようと考える人が増えています。

会社員のように一つの収入源だけにこだわるのはリスクが高いと感じる人が増えており、個人として本業とは別の収入源を得るためにパラレルワークを試みる人が急増しているのです。

パラレルワークとは、同時並行的にさまざまなビジネスをすることをいいますが、会社員の場合は企業に勤めながら自分のビジネスを立ち上げるケースが多いです。

 

副業やパラレルワークはリスクヘッジ

副業もパラレルワークの一環と捉えることもできますが、あくまでも本業からの収入をメインと捉え、副業からの収入はそれを支えるものという認識が強いのに対し、パラレルワークの場合は本業と副業の括りはなく、すべてが本業という感覚です。

勤めている企業を辞めて独立起業しようとすると、高いリスクを抱えることになりますが、副業やパラレルワークでは、会社員として給与をもらいながらサイドビジネスを立ち上げることになるため、収入面でリスクヘッジが可能になります。そのため、今では会社員が積極的に自分のビジネスをもつようになっています。

 

事前にしっかりとした計画を立て、慎重に副業を実践する

近年、特に会社員の間で副業が増加している背景や理由について解説するとともに、注目されている副業を職業、目的別で紹介してきました。人によって経済的事情や仕事の状況は違っていますから、副業を始めてみようと考えている人は、まずどの分野が自分に合っているのかを見極める必要があります。

特に投資系の副業はいきなり大金を投入せずに、自分の身の丈に合った方法で小さく始めることが重要です。ギャンブルのように一攫千金を狙うのは避け、しっかりとした計画のもとに毎日コツコツと継続するのが成功の秘訣です。興味の湧いた人は、自分のできる副業を厳選してはじめてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください