最近、画像もない記事を公開していますが後から修正するのでもう少々お待ち下さい。

副業では肉体労働系のアルバイトはオススメできない理由

この記事では、副業に興味をもっている方に向けて、肉体労働系のアルバイトがおすすめできない理由を紹介しています。

2018年に入り、会社員に限らず、公務員でも副業の解禁が相次いでいますが、「どの副業をしたらいいんだろう?」とお悩みの方も多いかと思います。管理人も相当悩みました。

各副業のメリット・デメリットを比較すると、「アルバイトが勝る点はほどんどないリットはないな」のでその理由を説明していきます。

人生100年時代を見越すなら、アルバイトよりも確実にネット系副業のスキルを身につけるべきです。

アルバイトは副業としてオススメできない理由

当サイトは、副業をするならネット副業をすることを強くオススメしています。

「歳をとっても長くできる」「通勤中などのスキマ時間でもできる」「場所を選ばない」など、メリットが多いというのが理由で、そのあたりは「ネット副業をオススメする理由」で詳しく述べています。

反対に、従来型のアルバイトを副業として行うのはオススメしていません。

副業を考えている方は、「今の生活が苦しい」「将来に向けた貯金をしたい」「定年後も継続してできる仕事のスキルを身に付けたい」といった理由があるでしょう。

 

その理由は下記のようなものがあげられます。

  • アルバイトの時給は低いので本業を頑張った方が稼げる
  • 応用が効くスキルが身につきにくい(接客スキルぐらい)
  • スキルアップしてもほとんど昇給がない
  • 職場までの通勤の時間がかかる
  • 時間の融通が効きにくい(1日1時間で週5日働くなど)
  • 歳をとるとできない

 

アルバイトの時給は低いので本業を頑張った方が稼げる

東京ならまだしも、他の地域では時給1,000円もいかないアルバイトがほどんどです。

もしあなたが正社員のサラリーマンであれば、時給は1,500円程度はあるはずですので、同じ時間をかけるなら普通に働いて残業代を稼ぐ方がコスパはよくなります。

残業した場合、時給1500×1.25なので1,875円はいくわけですからね。

 

時給1,500円以下の人はどうしたらいいの?

ブラック企業にお勤めの方で、実質時給1,000円を下回っている人もいるでしょうが、長時間労働で副業をしている暇もないでしょうから、副業をするよりもまずは転職です。

2017年〜2018年にかけては完全に売り手市場です。今ほど好条件で転職できる機会もありませんので、まずは転職サイトに登録して無料相談なんかを聞くといいでしょう。

 

ほかへの応用が効くスキルが身につきにくい

アルバイトというのは、単純労働です。

基本的に、役に立つスキルは身につきません。

交通量調査や試験監督、飲食店でのホールスタッフなどなど、どれもそれをしたからといって、特に役に立つスキルは身につきませんし、評価されることもありません。

どうせ時間を費やすなら、その副業で身につけたスキルが後々評価されて、昇給や仕事の獲得に結びつくものの方がいいですよね?

ネット系副業のスキルは、成果報酬的なところもあるため、最初はキツイですが、あとから報酬が急激に上昇しやすいので、そちらをする方がオススメです。

 

スキルアップしてもほとんど昇給がない

飲食店で働いたりしていると、経験に応じて時給が上がることがありますが、せいぜい50円〜200円というところでしょう。

ネット系副業であれば、スキルが一定のレベルを超えると、様々な仕事を請け負うことができ、時給換算で2,000円どころか、3,000円、5,000円といった案件を請け負うこともできます。

同じ手間をかけるならどちらがいいでしょうか?

 

職場までの通勤に時間がかかる

アルバイトであれば、必ず職場に行かねばなりません。

その際の通勤にかかる時間は当然給料が出ませんし、往復で20〜30分はかかる場合が多いでしょう。ネット副業はその間も仕事ができます。また、天候が悪ければさらに負担は増します。

 

時間の融通が効きにくい

アルバイトの場合、突然の体調不良や、気分が乗らないときでも仕事をする必要があります。

週10時間働く場合、アルバイトであれば5時間×2などあらかじめ決められた時間に働く必要がありますし、体調不良になっても代わりの人が見つからず休みづらいということもあります。

しかし、ネット系副業の場合、2時間×5でもいけますし、4時間×2+2時間×1みたいな働き方もできますし、自由自在です。

 

歳を取るとできない

アルバイト系の場合、基本的にそれなりに身体を動かす必要があるので、年齢制限があります。

体力は衰えてくるので、むしろ経験を重ねてスキルは上がっていたとしても、体力面も加味して総合的に判断するとマイナス評価になります。

この点、ネット系副業で多い「コンサルティング」や「ライティング」といった仕事は、スキルが磨かれるほど高単価になる傾向があります。

 

2018年以降でオススメの副業

肉体労働系のアルバイトがオススメできない理由を述べましたが、ネット系の副業も簡単に紹介しておきます。

 

ポイントサイト

これは副業方法というよりは、節約術という側面が強いです。

これを知っているだけで、月々のネットショッピングがお得になりますし、クレジットカードを作ったり、株式投資・FXを始めるときにちょっとしたお小遣い稼ぎができます。

 

 

クラウドソーシング

ネット系副業をするなら、クラウドソーシングで仕事を探すのが鉄板です。

WordPressでホームページを作るだけの仕事でも、5万円程度の報酬がもらえる案件があるなど、Web系のスキルを身につければ、フリーランスとして生活していくのも可能です。

ライティング(=文章を書く)案件を請け負って、実績を積むことで、将来的にウェブライターとしての道も開けます。とりあえず

 

 

アフィリエイト/ ブログ

当サイト管理人も実践中なのが、アフィリエイト/ ブログです。

費用をかけずに、うまくいけば月10万円、月100万円と大きく稼ぐことができるので、挑戦する価値が高い副業です。

このサイトでは、この副業に関しては、かなり詳しく紹介していますので、ぜひご覧になってみてください。

 

ストックフォトサービス

ストックフォトサービスに登録して、そこにあなたがアップロードした写真が、第三者にダウンロードされると収入が入ります。有名なところでは「ピクスタ(PIXTA)」や「アマナイメージズ」「シャッターストック」などがあります。

まだまだ稼げる副業で、最近ではスマホ用の写真サービス「Snapmart(スナップマート)」も出るなど根強い需要があります。

ただし、稼げる人と稼げない人の二極化が進んでいます。

 

 

シェアリングサービス

自分で仕事をする必要がない不労所得に近いタイプの副業です。

駐車場貸し出し、カバンの貸し出し、

 

 

コンサルティング

今後、定年した人が副業として利用することが見込まれるのが、スポットコンサルティングです。

あなたが長年業界で培った知識を、若手に時給5,000円〜で提供します。あなたが業界でのキャリアを重ねていれば重ねているほど、若手にとっては貴重な情報となります。

スポットコンサルティングサービスとしては、「ビザスク(外部リンク)」が有名です。

 

 

株式投資・FX・資産運用

会社員の副業といえば、真っ先に浮かぶのがこれというぐらい王道な方法です。

少ない資金や、レバレッジをかけた取引をしていると、常に値動きが気になって、会社の就業時間中であってもトイレにこもって取引をする人もいるぐらい中毒性が高い副業方法です。

貯金にある程度余裕がある方向けの副業方法ですが、

 

まとめ

以上、副業では肉体労働系のアルバイトをオススメしない理由を紹介しました。


当サイトでは、多くの方が実践している人気の副業をいろいろ紹介しています。

転売やポイントサイト、アフィリエイト、クラウドワーキングなどなど。

これからは、会社員の副業が解禁される時代です。

多くの人がやり始めてから副業を始めても、スタートで出遅れているので、後から挽回するのは難しくなります。

ですので、副業を始めるのであれば1日でも早く取り組むくことをオススメします。

副業に興味がわいた方は、下の記事などで紹介していますので、ご覧になってみてください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください