最近、画像もない記事を公開していますが後から修正するのでもう少々お待ち下さい。

副業の最大のリスクとは?【サラリーマンや公務員は職場バレに要注意】

サラリーマンや公務員の方で、「副業を始めたい!」と考えている方、始める前にリスクを知っておきましょう。

公務員も副業容認の流れになっていますが、原則副業禁止ですし、サラリーマンの方も副業をするにはそれなりのリスクが伴います。

副業が認められている企業は多くないですし、ある程度の収入が増えてくると確定申告など税金の問題も出てきます。

副業を始める前にリスクを理解して、賢く副業をしましょう。

 

副業の最大のリスクは?職場バレです

副業の最大のリスクは、「職場に副業がバレること」です。

副業が認められている職場であれば問題ありませんが、認められていない場合、評価が下がることは避けられず、最悪の場合は「解雇する、しない」にまで発展します。

他のトラブルの場合、大体は副業をやめれば解決しますが、職場バレについては副業をやめた後も影響してきてしまい、「収入を増やすために始めた副業のせいで本業の収入が減ってしまった」という事態になりかねません。

副業では、体調を崩すといった小さなリスクも数多くあります。副業のデメリットとして「サラリーマンが副業を始めるメリットとデメリット」でまとめていますので、そちらもご覧になってみてください。

 

サラリーマンは就業規則をよく読もう

まず、サラリーマンの方は、会社の就業規則をよく確認しておきましょう。副業をしたせいで本業を解雇されたとなっては本末転倒です。

厳密には、法律では副業は禁止されていませんし、憲法では職業選択の自由が認められているので、本来であれば副業をするために会社の許可を取る必要はありません。

ただし、そうはいっても、就業規則に違反すれば、クビにはならないまでも、会社内での立場が悪くなるということは起こり得ます。

日本の多くの会社では、就業規則で副業禁止となっています。副業をしていることがバレると、よくて口頭注意、悪ければ始末書を書かされたり、停職処分などを受ける場合もあり、本業でのキャリアに悪影響が出てしまいます。

社内規則にある遵守事項は熟読しましょう

また、副業が容認されているからといって、事後報告をすると問題になる可能性もあります。問題を起こしたくないのであれば、あらかじめ上司に相談しておきましょう。

上司が頼りになる人でない場合、正当性のある自己弁護を用意して、本業に支障をきたさない説明と、副業で収入を得ている理由を伝えましょう。

 

副業で禁止されていても副業は可能

当サイト管理人も、副業をするにあたっては、それまでじっくりと見たことがなかった会社のイントラネットで就業規則を熟読しました。

会社では副業が禁止されていることが判明。

副業を諦めるか迷いましたが、調査の結果、以下のことがわかりました。

  • 年間20万円以下の収入であれば確定申告が必要ないこと
  • その場合は住民税が上がることもないので会社にはバレない
  • 20万円を超えても、確定申告をちゃんと行えば会社に副業がバレることはない

 

さらに、副業を容認しようという時代的背景を踏まえると「副業がバレても会社側は批判を恐れて問題にしないだろう」という読みがありました。

それに加えて、独身だったので『会社と揉めたら転職』という選択肢もあったので、会社で副業が禁止されているにも関わらず、強気に管理人は副業でアフィリエイトを始めることに踏み切りました。

 

公務員でも副業が解禁される時代に

公務員は、「信用失墜行為の禁止」や「職務に専念する義務」という観点から、地方公務員法、国家公務員法で一律に副業が禁止されています。

ただ、2017年には神戸市で公務員の副業を容認する制度ができるなど、公務員でも副業が可能になる日が近づいています。

【ニュース】公務員の副業が解禁される時代へ 神戸市や奈良が先駆け

公務員であってもバレない副業・稼ぎ方はあるにはありますが、ガッツリ稼ぐ副業は今すぐは難しいでしょう。

それでも副収入が欲しい公務員の方の選択肢は以下の4つです。

  • 副業ではなく投資で稼ぐ
  • パートナー(=家族や妻)の副業を手伝う立場をとる
  • 今はスキルを磨くことに集中して収入は抑える
  • 絶対にバレないように副業をする

 

サラリーマンや公務員の副業がバレる原因

サラリーマンや公務員の副業がバレる原因は、主に3パターンあります。この3点に注意して副業をすれば基本的にバレることはありません。

  • 年に20万円以上の収入が発生した
  • アルバイトなどをしている姿を見られた
  • 飲みの場などで副業をしていることをポロっと口に出した

 

1点目に関しては、副業収入を20万円以下にコントロールすれば、確定申告の必要もなく、バレるリスクはありません。

しかし、お金が欲しくて20万円稼いでしまった方もいるでしょう。その場合、確定申告を行わないと住民税が変わってくるため、会社の経理担当の方にバレてしまいます。

2点目もよくある事例で、特に飲食店でアルバイトをしているとバレやすくなります。このような事態を避けるためには、ネット系の副業をすることがおススメです。顔をあわせる必要もないですし、本名を名乗る必要も無いので、身元がバレて職場に通報されるリスクもありません。

3点目については、副業で結構稼げ出すとよくやってしまいます。お酒が入っていると、ついつい自慢したくなりますし、お金遣いも荒くなったりするので、そこを突っ込まれて誤魔化しきれずにバラしてしまうことがあります。自制心をしっかり持ちましょう。

 

副業をして懲戒解雇(クビ)になった事例は?

副業とは勤務時間外のプライベートな行動です。その時間について会社がマネジメントする権限はありません。

労働基準法でも、就労時間外は自由と定められており、法律上は民間企業の会社員が副業をしても全く問題はないのですが、「あの会社も禁止しているから禁止しておこう」という、右に倣え(=ならえ)的な発想で禁止されています。

しかし、本業の会社に何かしらの損害を与えていないのであれば、副業を理由とした懲戒処分は違憲となります。

実際の判例でも、別の企業で働いていることが黙認されていたにも関わらず、それを理由にした突然の解雇は無効となりました。

一方で、二重就労を禁ずる含む規定に反した結果の解雇は有効とした判例もあります。

ケース1 小川建設事件
17時15分まで本業で働き、18時から0時までキャバクラの会計係などをしていた。
(労務の提供に格別の支障をきたす副業)

ケース2 橋元運輸事件
競合他社の取締役に就任し、解雇。
(会社の秩序に影響を与える副業)

ケース3 ナショナルシューズ事件
会社と同業を経営し、解雇となった。
(会社の秩序に影響を与える副業)

ケース4 十和田運輸事件
貨物運送のアルバイトを年に1、2回していたら、解雇された。

ケース5 都タクシー事件
会社の利益を害する副業をしていたが、会社は黙認。しかし、ある日突然解雇された。

ケース1~3は、解雇が認められた例で、ケース4~5については、解雇が無効であるとされた例。

引用元:houdoukyoku.jp

 

以上のような事例が出ていることから、副業従事者が会社から訴えられた場合、下の項目に該当していると裁判では勝てない可能性もあります。

  1. 副業による疲労の影響で本業の業務効率に問題が生じた
  2. 副業のせいで遅刻・欠勤が増えた
  3. 本業で培った情報・技術・ノウハウを、競合他社に漏洩して利益を与えた
  4. 本業の会社名などのブランド力を副業で利用し、信用を失墜させた
  5. 副業により健康・安全管理が不十分となり、本業を休むような怪我をした
  6. 現在は問題がなくても、将来的に本業に悪影響を及ぼす可能性が明らか

 

上記の項目に該当しやすいのが、怪我をする可能性のある肉体労働系のアルバイトです。

肉体労働系の副業は、職場バレのリスクも高いのでできる限り避けるべきです。このあたりの解説は、「副業では肉体労働系のアルバイトはオススメできない理由」で紹介しています。

逆に、ネット系や投資の副業には解雇に該当する要素が存在しません。

上記の判例などから読み取れるのは、本業に迷惑さえかからなければ全ての副業は認められるということです。

ただ、これらに該当しなくても、副業が発覚しただけで一方的に解雇を通知してくる会社もあります。

もちろん、この場合は会社が法律に違反しているので、その時は都道府県の労働局に斡旋を依頼してみましょう。

ただ、無料である労働局の斡旋での話し合いは1回限りで、強制力もないため解決する可能性は低いので、やはりある程度の弁護士費用がかかりますが、労働審判を起こした方がスピードは速く、解決する割合も約80%に登ります。

何れにしても、本業の会社との関係にヒビが入ると、本業の仕事は続けにくくなります。副業を始める前に本業をおろそかにしないと決めて、本業と副業の両立を目指しましょう。

 

まとめ

以上、サラリーマンや公務員が直面する副業のリスクについて紹介しました。


当サイトでは、多くの方が実践している人気の副業をいろいろ紹介しています。

転売やポイントサイト、アフィリエイト、クラウドワーキングなどなど。

これからは、会社員の副業が解禁される時代です。

多くの人がやり始めてから副業を始めても、スタートで出遅れているので、後から挽回するのは難しくなります。

ですので、副業を始めるのであれば1日でも早く取り組むくことをオススメします。

副業に興味がわいた方は、下の記事などで紹介していますので、ご覧になってみてください。

オススメの副業方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください