DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

貸し倉庫で稼ぐ方法は|特徴・評判・メリット・デメリット

副業を始めてみたはいいけれど、本業よりも一生懸命になってしまい、本業に支障をきたすようになってしまったなんて話はよく聞くものではないでしょうか。

こういった場合におすすめなのが「不労所得」が実現できる副業になります。その筆頭格ともいえるのが、貸し倉庫。ここでは貸し倉庫の特徴やメリット・デメリットを紹介しましょう。

 

貸し倉庫の基本情報

貸し倉庫は日本ではあまり馴染みがありませんが、アメリカでは市場規模が日本の30倍もあり、土地を持っている方の副業としてはスタンダードな仕事になります。

普段あまり使わない荷物だけれど、処分する気がないものや、あまり周囲の人間に知られたくないものなどを一時的に預けることができるサービスが貸し倉庫です。

日本でも貧富の差が激しくなっており、富裕層は物で溢れている傾向があるため、一定の需要を見込むことができます。

 

貸し倉庫にはどんな特徴があるの?

さまざまな方法があり、貸し倉庫型レンタルスペース型か。また屋外か室内かなどがあります。例えば空き店舗やマンションの空き室を利用するならレンタルスペースの室内型がベストでしょう。

より大きなスペースで高額な報酬を得たいのであれば、コンテナなどを使った屋外型がおすすめです。このため報酬に関してもどのスタイルを採用するかで変わってきます。

例えば屋外型の貸し倉庫を行うとした場合、コンテナを4機用意したとして月額7,000円が賃料の相場になります。それで貸し出した場合には、年間134万4,000円の賃料が入ってくる計算です。

ただしコンテナを購入する初期費用がかかりますから、回収期間を考える必要もでてきます。

 

貸し倉庫のメリットは?

  • 高利回りで管理の手間もかからない

 

高利回りで管理の手間もかからない

貸し倉庫を副業にするメリットは、やはり不労働所得が毎月入ってくること。そして利回りが高いということです。平均で20%が相場となっているため、かなり高い利回りと言えるでしょう。

それでいて賃貸物件のように管理に対して手間がかからないということも大きなメリットではないでしょうか。

貸し倉庫のデメリットは?

  • 借り手を見つけることが難しい

 

借り手を見つけることが難しい

富裕層が特に貸し倉庫などを利用することが多いですが、単純にちょっとの土地を持っている人間がそういった富裕層と繋がりがあるかといえば微妙ですね。

普段からネットワークが広い人であれば、何とかなるでしょうが、一般の方であれば、大きな会社の後ろ盾やネットワーク、宣伝力でもない限り、借り手を探すことは難しい傾向があります。

宣伝などにコストを掛ける戦略などがあれば問題ないでしょうが、借り手探しがデメリットになってくると言えるでしょう。

 

貸し倉庫の始め方

貸し倉庫を副業にしたい場合には、大きく3つの方法が挙げられます。一つは完全に個人で行うといった方法。しかしこれは何の知識もない素人の方にはハードルが高すぎます。

もう一つの方法としては、フランチャイズを利用すること。最後にサブリースを利用するといった方法です。

貸し倉庫の世界でもフランチャイズ展開している会社がありますから、それを利用すると便利です。ただし本部へ収入の数十パーセントを支払う必要があります。

サブリースですが、これは貸し倉庫販売業者がセットで販売している方法であり、簡単にいえば企業が一括借上げをしてくれるという方法で、副業では最もスタンダードです。

 

主なサービス一覧

  • ナカノ商会
  • 押入れ産業
  • 収納ピット

 

貸し倉庫はどういった人にオススメか?

貸し倉庫が副業に向いている方の特徴としては、すでに一定の広さの土地を保有していたり、不動産を保有している人。またはある程度の先行投資ができるほどの資金力があったり、借り入れができるような信用がある方と言えるでしょう。

その上で労力や時間を費やして行う副業は嫌だという人に向いています。

 

まとめ

先行投資のために土地や資金といったものが必要にはなってくるものの、不労働所得が得られる貸し倉庫を副業にするのはオススメです。

ただしノウハウがあれば問題ありませんが、何の知識もない場合には、フランチャイズやサブリースを利用することがベターと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください