RChain(アールチェーン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

この記事では、仮想通貨のRChain(アールチェーン)について、その特徴や価格、チャートなどを紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名RChain(アールチェーン)
通貨略号RHOC
公開日2017年
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数1,000,000,000 RHOC
取り扱い国内取引所なし
取り扱い海外取引所Kucoin
EthreDelta
etc.
公式サイトRChainの公式サイト
ホワイトペーパーRChainのWhite Paper

RChain(アールチェーン)の基本情報

RChain(アールチェーン)は、略号がRHOCの仮想通貨(暗号通貨)です。2017年に公開されました。

RChainでは、仮想通貨が商業規模の決済で使えることを目指すプラットフォームを目指しています。現在、クレジットカードで利用されているVisaのトランザクション処理スピードは1秒50,000件以上ですが、仮想通貨ではそのレベルの取引スピードを実現しつつ、実用化されているものは2018年2月時点ではありません。

RChainでは、そのような実用性を兼ね備えたブロックチェーンソリューションになるために、開発が進められています。

トークンのRHOCは、2017年初頭にCo-opが発行したEthereum ERC20トークンです。2018年2月時点で、870,663,574 RHOCが発行されています。発行上限は1,000,000,000 RHOCとなっています。RHOCは、将来的にRChainプラットフォームのトークンREVと1:1の割合で償還されます。

RChain CooperativeとRChain Holdingsの2つがあります。前者は、オープンソースRChainプラットフォームソフトウェアを開発する組織です。RChain Holdingsは、スタートアップのインキュベーション、ジョイントベンチャーの創設、製品の開発、プロフェッショナルサービスの提供を通じて、RChainプラットフォームの生態系を成長させることを使命とする営利目的の企業です。

RChain CooperativeとRChain Holdingsは、どちらもワシントン州の米国企業であり、設立者はシアトルに住んでいます。Cooperativeには、9人からなる理事会も存在しています。

独自のプログラミング言語である「Rholang」を採用しているのも特徴的です。

 

RChain(アールチェーン)の特徴

  • 通貨の略号はRHOC
  • 独自のプログラミング言語『Rholang』を採用している
  • 中核を成すのはRhoVM(Rho Virtual Machine)

 

独自のプログラミング言語『Rholang』を採用している

Rholangは、RChain仮想マシン上で動作するスマートコントラクトを書くための新しい言語です。

この言語は、ミルナーの非同期polyadic pi計算に基づいた反射的な高次のプロセス計算を行っており、チューリングマシンや教会のラムダ計算に基づく言語よりも、分散プログラミングに適しています。

 

中核を成すのはRhoVM(Rho Virtual Machine)

RChainの中核を成す機能がRhoVM(Rho仮想マシン)となります。これには以下のような特徴があります。

その結果、RChainコントラクトはスループットとプログラマビリティにおいて無比です。さらに、RChainのコードはすべて、並行計算の正式モデルとしてよくテストされており、スケーラビリティの高い契約の自動フォーマル検証が可能です。

独立性

RhoVMの各インスタンスは、独立したブロックチェーンとネットワーク上で独立したスマートコントラクトセットを必要なときにのみ実行します。これは、デフォルトでRChainが分割(分割)され、コーディネートされた並列ブロックチェーンのネットワークが形成されることを意味します。この好きな “マルチチェーン”デザインは、自給自足を念頭に置いて構築されており、RChain独自の勝利を表しています。

スケーラビリティ

プラットフォームが成長すると、ノードはRhoVMの新しいインスタンスを初期化して負荷を管理します。この仕組みによって、パフォーマンス、一貫性、コードの複雑さを一定に保ちながら、プラットフォームを直線的に拡張することができます。

パフォーマンス

RhoVMの各インスタンスは、軽量でマルチスレッドなので、単一のノードに複数の高性能インスタンスが存在する可能性があります。

そのため、RChainのアプリケーションは、前例のないスループット、可用性、および応答時間を達成し、現代市場に適した分散アプリケーションの新しい展望を開きます。

 

RChain(アールチェーン)の価格推移・チャート

RChain(アールチェーン)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoなどで確認できます。

RChain(アールチェーン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所2

 

RChain(アールチェーン)の購入方法・取引所

RChain(アールチェーン)を取り扱う世界の取引所は、下のとおりです。

RChain(アールチェーン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所3

国内の取引所では、RChainを購入できる取引所はありません。

海外の取引所では、Kucoin(クーコイン)やEtherDelta(イーサデルタ)など、Ethereum系トークンを多く扱う取引所で売買することができます。

 

海外の取引所への送金は、大手取引所のコインチェックやビットフライヤー、ザイフで口座を開設して送金するのが安全です。取引・送金手数料の安さ重視なら、ザイフビットバンク取引所のセキュリティの高さ重視ならビットフライヤーQUOINEXを利用するのがオススメです。

それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。

 

まとめ

以上、RChain(アールチェーン)について紹介しました。

この記事を読まれた方の中には、「RChainについて興味が出たけど、自分のお金で購入するのはちょっと不安 or 購入するお金がない」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気トップクラスの方法です。

例えば、取引所のコインチェックのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大23,000円の報酬が支払われますし、ポイントサイトのモッピーであれば、紹介数が増えると毎月10万円の収入をなにもせずに稼ぐことも可能です。

 

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。
仮想通貨の取引を始めたいという方は、Zaifビットフライヤービットバンクからどうぞ!

アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

 

ビットコイン
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 


 

GMOコイン
ビットトレード

 

なまはむ
記事が参考になった方はフォローしてくださると励みになります!


当サイトからの登録人気No.1
積立投資ができる取引所Zaif

・ビットコインとネムの手数料が国内最安
・取扱いコイン数も国内No.1
・中級者以上からの支持があつい
・積立投資で仮想通貨資産を増やせる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください