漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

【ニュース】ADA(エイダコイン)がeToro(イートロ)で取扱い開始

ソーシャルトレードのプラットフォーム「eToro(イートロ)」で、ADA(エイダコイン)の取引が開始されました。

eToroには2億5,000万以上のユーザーがいると言われており、エイダコインの取引の増加が見込まれています。

>> ADA(エイダコイン)とは|仮想通貨の特徴

 

eToro(イートロ)とは?

eToro(イートロ)は、キプロスでライセンスを取得した、ソーシャルトレードの世界的企業です。事務所もイギリス、アメリカ、オーストラリア、中国などに存在しています。

eToroでは、仮想通貨取引のほかにも、為替取引や株取引などを差金決済取引 (CFD) の形態で提供しています。

サービスは140カ国以上で利用されており、2億5,000万人以上のユーザーがeToroで取引を行なっています(2018年時点)。

eToroの特徴的な点は、優秀なトレーダーの取引をそのまま真似して投資することができるという点です。他人から優れたトレーダーと判断されフォロー(真似)された場合には、条件に応じた報酬を受け取ることもできます。

以前は日本人でも取引を行うことができたのですが、2018年現在は金融庁による規制によって利用できなくなっています。

 

eToroではADA(エイダコイン)などの主要通貨の取引が可能

eToroは、6月17日にADA(エイダコイン)の取引を始めることを発表しました。

eToroでは、主要な仮想通貨の取り扱いを着々と進めており、これまでにも時価総額トップクラスの仮想通貨が数多く追加されています。2018年8月時点で、eToroでは11種類の仮想通貨を取引することができます。

 

ADA(エイダコイン)の価格に変動なし

エイダコインがeToroへ採用されることが発表された日は、価格の上昇が見込まれましたが、ほとんど価格は変動しませんでした。eToroへの上場はそれほどプラス材料とは見なされていないことを示しています。

エイダコインの取引の多くはBinance(バイナンス)などの取引所で行われていることを考えると、インパクトが少なかったと言えるでしょう。

エイダコインの取引は、「Binance(バイナンス)」から可能です。

eToroの公式サイトは「こちらのリンク」からどうぞ(※日本人の利用は2018年現在できません)。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください