イーサリアムでICOを行なった企業が投資金とともに消失|仮想通貨詐欺

仮想通貨詐欺

Ethereum(イーサリアム)を利用したICOで、4,000万円ほどの資金を調達したスタートアップ企業(できたばかりの企業)が、突如失踪したそうです。

当サイトでは、ニュースは基本的に扱っていませんが、詐欺話は大好きなので、以下紹介したいと思います。

日本でも、QASH(キャッシュ)COMSA(コムサ)で話題となっているICOですが、詐欺案件もあるので、くれぐれも注意して参加するようにしてください。

出典元:An Ethereum Startup Just Vanished After People Invested $374K – Motherboard
https://motherboard.vice.com/en_us/article/j5j34x/ethereum-startup-confido-vanished-after-people-invested-374k-ico

事件の経緯

Confidoというスタートアップ企業が、Ethereumプラットフォームを使ってICOを行い、投資家から374,000ドルを調達した後、2017年11月12日に突如インターネットから姿をくらましたそうです。

Confidoは、出荷された荷物と支払いを追跡するためのブロックチェーンベースのアプリを提供すると謳っていたスタートアップ企業でした。

11月6日から8日にかけて開催されたICOで、Ethereumブロックチェーンを通じて、Confidoのデジタルトークンが販売されました。このトークンは、イーサリアムで購入可能ということで、投資家はイーサリアムを送金してこのトークンを購入しました。

しかし、11月12日(日)に、同社のTwitterアカウントが突然削除され、ウェブサイトも閉鎖されました。同社の代表者は、「Confidチームは法的問題によって事業が続行できなくなっている」という言い訳をRedditのフォーラム上に投稿しました。

「今は、署名した契約に起因する法律上の問題を抱えているため、私たちは厳しい状況にあります」、「状況を打開するための解決策を見つけることができそうです。しかし、100%保証することはできません。」というコメントがされていました。

メッセージはConfidの創設者であるJoost van Doorn(現在削除されているLinkedInプロファイルに加えてインターネットの存在はないようです)によって書かれていました。

Reddit上にConfidoの代理人がいるそうなのですが、その人でさえ、実際のところ何が起きているのか分からないようです。「ここで何が起こったのか全く分からない。私たちのソーシャルメディアのプラットフォームとウェブサイトをすべて削除したことは私にとってはまったく驚きでした」とのことです。

Confidoトークンは、会社が消滅する前には、時価総額が1000万ドルになっていましたが、今やトークンには価値がありません。

Confidoのスレッドには、詐欺の被害にあった人たちが、「これは私にとって両方の意味で非常に貴重な教訓となった」といったコメントや、「全ての投資家の顔にパンチが浴びせられた」などとコメントされています。

 

行方不明の出資金(イーサリアム)はどうなるのか?

現段階で、投資家がConfidoプロジェクトに投入した37万4000ドルはどうなるのかは不明です。少なくとも、ConfidoのICOに協力したWebサイト『TokenLot』は、その対応に追われて非常に慌ただしい一日を過ごしているようです。

 

現実世界で有用なアプリケーションを見つけようとしている多くの暗号化通貨がありますが、Ethereumを使ったICOは、スタートアップ企業が大きな額の資金を調達することを可能にするため、デジタルゴールドラッシュとも呼ばれています。

しかし、ゴールドラッシュの裏では、一部が大儲けをして、大半の人は財産を失った人が続出しました。仮想通貨のICOもそうなる可能性があるので十分に気をつけなければならないと、再認識させてくれる事件でした。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です