Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)の特徴・評判・手数料|仮想通貨取引所

Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)の特徴と評判

この記事では、仮想通貨取引所であるMr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)について、その特徴や評判、手数料などを紹介しています。

ミスターエクスチェンジは、2018年2月時点では、仮想通貨交換業者に登録されておらずみなし業者の状態です。ご利用の際は、その点を十分注意してご利用ください。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

運営会社株式会社ミスターエクスチェンジ
資本金1,000万円
設立2017年8月7日
取り扱い通貨BTC、BCH、ETH、ETC、LTC、XRP、DOG、REP、ZEC、XLM、XMR、DCT、USD
セキュリティ2段階認証ログイン
コールドウォレット
マルチシグネチャウォレット
現物取引手数料0.15%〜0.3%
信用取引/先物取引手数料なし
信用取引/先物取引なし
日本円出金手数料366円
BTC出金手数料0.0025BTC
入金方法銀行振込、コンビニ入金/ネット銀行
提携銀行福岡銀行
加入協会

Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)の基本情報

Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)は、株式会社ミスターエクスチェンジによって運営されている仮想通貨の取引所です。本社は、仮想通貨取引所の運営会社としては珍しく、福岡を拠点に活動しています。

この取引所については、ADAコインで知った方が多いのではないでしょうか?

2014年からMr.Ripple(ミスターリップル)として運営されていましたが、2017年になって、ミスターエクスチェンジに名称を変更しています。

会社の資本金は1,000万円となっていて、国内大手のコインチェック、ザイフ、ビットフライヤーと比べるとやや心許ない資本金です。

取り扱っている仮想通貨の種類は、国内最多のコインチェックにも迫る多さとなっていて、12種類(2017年11月現在)の通貨が取引可能です。特に、Stellar Lumen(XLM)は、国内ではミスターエクスチェンジしか扱っていません。

取り扱っている通貨は下記のとおりです。扱っている通貨はコインチェックと比較的似ています。

 

  • ビットコイン(Bitcoin)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)
  • イーサリアム(Ethereum)
  • イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)
  • ライトコイン(Litecoin)
  • リップル(Ripple)
  • ドージコイン(Dogecoin)
  • オーガー(Augur)
  • ジーキャッシュ(Zcash)
  • ステラ(Stellar)
  • モネロ(Monero)
  • ディーセント(Decent)

手数料に関しては、ビットコイン以外の通貨(アルトコイン)は、海外の取引所よりも手数料が高いけどコインチェックよりは安くなっています。

 

Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)の特徴

Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)の特徴と評判2
  • 日本円から直接仮想通貨が買える
  • 国内で2番目にアルトコインの取り扱いが多い
  • アルトコインの手数料はコインチェックよりも安い
  • 東京ではなく福岡を拠点にしている
  • ミスターエクスチェンジに変更したてでシステムがやや不安定

 

 

Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)のメリット

  • アルトコインの扱い数が国内上位
  • アルトコインの売買手数料が安い

 

ミスターエクスチェンジの最大のメリットは、コインチェックよりもかなり安い手数料でアルトコインを売買できることです。

コインチェックでは、概ね2〜3%の手数料を取られますが、ミスターエクスチェンジであれば、0.15%〜0.30%ですみます。月に何度も取引する場合、この差はとても大きなものとなります。

 

Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)のデメリット

  • 入金・出金手数料がやや高い
  • 利用者が少ないので流動性が低い

 

ミスターエクスチェンジは取引手数料が安いのがメリットですが、デメリットとしては、注文量が少ないことが挙げられます。

利用者が現在のところ少なすぎて、手数料の安さ以上に値段が高くなっていたりします。この点は、今後改善される可能性があるので、成り行きを見守るしかありません。

 

Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)の評判

Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)の評判としては、2017年11月時点では、ミスターリップルからミスターエクスチェンジに変わったばかりなので、システムが不安定という声が多くなっていました。

手数料は安く設定されているので、今後のシステム改善に期待したいところです。

 

Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)の入出金・送金・取引手数料

Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)のビットコインの取引手数料は、以下のとおりです。

通貨名入金手数料出金手数料取引手数料
BTCFREE0.0025BTC0.15%
BCH0.3%
ETHFREE0.001ETH0.15%
ETCFREE0.014ETC0.3%
LTCFREE0.002LTC0.3%
XRPFREE0.0003XRP0.15%
DOGFREE2DOG0.3%
REP0.3%
ZEC0.3%
XLM0.3%
XMR0.3%
DCT0.3%
USD0.15%

 

 

Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)のセキュリティ・安全性

  • 2段階認証を採用
  • コールドウォレットがある
  • SSL対応

 

ミスターエクスチェンジでは、大半の通貨をオフラインのコールドウォレットに保管して管理しているので、ハッキング等によるリスクが低いです。

2段階認証に対応しているので、ちゃんと設定さえしておけばセキュリティに問題はないでしょう。

 

Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)の口座開設方法

Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)の口座は、ミスターエクスチェンジのHPからメールアドレスを入力するだけで開設できます。

ミスターエクスチェンジは、アルトコインの取引手数料が安く設定されているので、魅力的に感じた方もいるかと思います。しかし、大問題として、利用者が少ないことが挙げられます。

そのため、値段が大きく変動したときに、目的の価格で売ったり買ったりが難しく、2017年11月の時点では満足に取引ができなくなっています。

 

まとめ

以上、Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)について、その特徴や評判などを紹介しました。

どっぷり仮想通貨取引にハマった方は、いろいろなコインを扱っている海外の取引所に行き着きますが、まずは国内の取引所から始めましょう。どちらにしても、海外の取引所を利用するためには、国内の口座を取得してビットコインで送金するのが一般的です。

仮想通貨に興味がある方は、まずは国内の取引所で口座を開設するのがオススメです。

 

取引所には、倒産・盗難リスクというものがありますので、本格的に仮想通貨に投資したい(100万円以上)のであれば、複数の取引所の口座を開設して(少なくとも2カ所)、リスクを分散するのが一般的となっています。

もちろん、複数の取引所で口座を開設することは必須ではありませんので、リスクと手間を考慮して、最適な運用方法を試行錯誤してみてください。

まだ口座をお持ちでない方は、大手のビットフライヤーザイフで口座を開設して、送金するのが安全です。取引・送金手数料の安さ重視なら、ザイフビットバンク取引所のセキュリティの高さ重視ならビットフライヤーQUOINEXを利用するのがオススメです。

オススメの仮想通貨取引所はこちらの記事で紹介していますので、取引所を選ぶときの参考になれば幸いです。

 

 

ビットコイン
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 


 

GMOコイン
ビットトレード










当サイトからの登録人気No.1
積立投資ができる取引所Zaif

・ビットコインとネムの手数料が国内最安
・取扱いコイン数も国内No.1
・中級者以上からの支持があつい
・積立投資で仮想通貨資産を増やせる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です