最近、画像もない記事を公開していますが後から修正するのでもう少々お待ち下さい。

文字起こしとは|副業の特徴

文字起こしとは|副業の特徴と稼ぎ方

この記事では、副業として知られる『文字起こし』について紹介しています。今は文字起こしアプリなどが出てきつつありますが、精度は高くなく、人間による文字起こしの需要というのは根強く存在します。

始めやすさ★★★☆☆
難易度★★★☆☆
稼げる度★★★☆☆
即金性★★★☆☆
勤務地自宅
特徴

 

文字起こしとは

文字起こしというのは、取材や講演などで録音された音声を、文字になおす仕事です。「テープ起こし」と呼ばれることもあります。作成した文章は、新聞やWebサイト、雑誌、書籍など様々な媒体に掲載される文章の元などに利用されます。

雑誌で、インタビューや対談記事というのをご覧になったことがある方も多いと思います。あれは、文字起こしを行なっている人が音声を文字に起こし、それをもとにライターが記事として仕上げていたりします。

昔はテープレコーダーが主体でしたが、さまざまなハードウェアが発売されている現在では、ICレコーダーに録音された音声や、録画された映像データから文字起こしを行なうことが多くなっています。

スマートフォンでも録音・録画機能がついたことにより、文字起こしはますます身近な作業になっており、文字起こしメディア『ログミー』のようなサービスも存在するまでになりました。

 

仕事を始めるまでの流れとしては、まず紹介会社に登録するか、クラウドソーシングを利用して仕事を探します(後述)。

テープ起こしの仕事が決まると、依頼主から音声ファイルが送られてくるので、それを聴きながら、指定されたファイル形式に打ち込み、テキスト化して依頼主に納品します。

経験豊富な方であれば、これで暮らせるだけの生活費を稼ぐことも可能です。ただ、基本的には成果給となるので、最初のうちはかなり安い時給で仕事をすることになります。

報酬は1時間の音声あたり5,000円前後が相場ですが、専門的な知識が必要な場合などは報酬が高くなる傾向にあります。

 

テープ起こしは、納期さえ守れば自分の都合のいい時間に仕事ができるので、副業に向いていると言えます。しかし、その仕事は決して簡単なものではありません。基本的なパソコンスキルは当然のこと、誤字や脱字、同音異義語などのミスを訂正し、読みやすい文章にまとめあげる国語力が必要です。さらに、音源によっては非常に聴き取りづらかったりするので、リスニングスキルも必要となります。

また、テープ起こしは熟練者でも音声の長さの3倍ほどの時間を要するといわれています。初めてテープ起こしをする場合は、その倍以上の時間がかかることもあります。

その場合、1時間の音声を5,000円で請け負ったとしても、5時間かかれば時給は1,000円となります。時給だけで判断すると、それほど割りのいい副業というわけではありません。

始めること自体は簡単でも、効率化や継続することを考えると、経験の積み重ねが必要な副業といえます。

文字起こしの魅力は、「初期投資が少なく始められること」と「ネット環境さえあれば地域を選ばずに仕事ができる」ことでしょう。家族の転勤などにも臨機応変に対応できるので、家事や育児と両立しながら長く続けられるのが最大の魅力です。

 

文字起こしの特徴

  • 文字起こしの作業内容は3種類
  • 文字起こしの仕事の見つけ方は主に4種類
  • 稼ぎたいなら徹底的に効率化する

 

文字起こしの作業内容は3種類

文字起こしは、その作業内容によって3種類に分類されます。

  • 素起こし
  • ケバ取り
  • 整文

 

『素起こし』というのは、聞き取った音声をそのままテキストに起こすことを意味します。話し言葉の中には、「あのー」や「えー」という意味をもたない言葉が含まれていますが、これらも全て書き起こすのが、素起こしです。

『ケバ取り』というのは、「あのー」といった言葉を取り除いて文字に起こすことを意味します。見た目もすっきりし、話している内容がわかりやすくなります。一般的にテープ起こしを依頼される場合、このケバ取りを要求されるケースが多いようです。インタビューや会議内容など、多くの案件で標準的に扱われている文字起こしの方法といえます。

『整文』とは、ケバ取りしたテキストを意味の通ったわかりやすい文章にすることを指します。しゃべり口調ではなく、文語体の文章にしていく方法です。話している内容をそのまま書籍化したりウェブサイトに掲載したりする場合、整文という形で依頼されることがあります。

 

仕事の見つけ方は主に4種類

仕事を見つける方法としては、以下のような方法があります。

  1. 速記や文字起こしの専門会社に登録する
  2. 在宅ワークのエージェントに登録する
  3. 同業者の仲間を見つけ下請けする
  4. クラウドソーシングに登録して案件を請ける

 

音声1時間当たりの単価の相場は、数千円を中心に様々です。下請けとして仕事をするか企業から直接受注するかによっても、単価は異なります。

初心者の場合は、まずは文字起こしのスキルを磨いてから仕事を請けることが重要です。自力で勉強するのも一つの手ですが、「文字起こし技能テスト」で一定のスコアをとって客観的に技能を示すことも重要です。

 

稼ぎたいなら文字起こしを効率化する

効率的に文字起こしをおこなうためには、タイピングのスキルを上げることが重要です。

パソコン入力のスピードが上がれば、短時間で作業を進めることができます。また、パソコンの単語登録機能を活用する方法も有効です。よく使われる言葉や単語は登録しておくと便利です。特に話し言葉でよく出てくるワードを登録しておけば時間短縮をすることができます。

中には聞き慣れない専門用語などが録音されていることもあります。専門的な学術用語が飛び交う会議やインタビューの場合、素人ではわからないワードが出てくることもあるでしょう。そうした場合にすぐ調べられるように、辞書や用語集を手元に置いておくことをおすすめします。

また、新聞などを読んで普段だから時事的な知識も身につけておきましょう。わからない単語をその都度調べていると、どうしても時間がかかってしまいます。日常で新しい情報や、請け負う分野の知識を仕入れておくことで、聴いて理解できない内容を調べるといった手間を減らすことができます。

 

まとめ

以上、文字起こしという副業について紹介しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください