漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

Melon(メロン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

Melon(メロン)

この記事では、仮想通貨のMelon(メロン)について、その特徴などを紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名Melon(メロン)
通貨略号MLN
公開日2014年
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数
取り扱い国内取引所なし
取り扱い海外取引所Kraken(クラーケン)
Bittrex(ビットレックス)
Liqui(リクイ)
etc.
公式サイトMelonの公式サイト
ホワイトペーパーMelonのwhitepaper

Melon(メロン)の基本情報

Melon(メロン)は、略号がMLNの仮想通貨(暗号通貨)です。2017年に公開されました。メロンという名前は、ギリシャ語の “future”が由来です。

メロンは、イーサリアムプラットフォーム上に構築されたデジタル資産管理のためのブロックチェーンプロトコルです。

このオープンソースのメロンプロトコルは、メロンポート(Melonport)という会社によって提供されています。 参加者は、オープンで競争力のある分散型の方法で、デジタル資産管理戦略を設定、管理、投資することができます。

メロンポートの目的は、人々がデジタルアセットの分野で、公正かつ同等のやり方で容易に対話できるようにするソフトウェアを構築することです。IT化などが進み、様々な面で効率が改善されてきましたが、資産管理の分野では依然として非効率な部分が多く、この非効率性を改善することを目指しています。

メロンのプラットフォームを利用するためには、メロントークン(MLN)が必要になります。

これは、Melonプロトコルに対する「使用権」を享受するように設計されています。ユーザーがMelonにアクセスするために支払うすべてのMLNトークンは、 “Multichain fund”というスマートコントラクトを利用します。

メロンの発行枚数は、最初に1,250,000 MLNが発行され、その後、徐々に増えていくようです。増加分は、メロンプロトコルの保守と開発に協力してくれた人に分配されます。

仮想通貨の過熱に見られるように、ここ数年で、デジタル資産の価値と重要性が劇的に高まっています。それに伴い、この急成長している分野で、どのように資産管理を行えば最も有利になるのかということへの関心も高まっています。

その解決策の一つが、デジタル資産を専門とするヘッジファンドに投資することです。

ヘッジファンドが利用できるデジタル資産は、大まかに3種類に分類されます。担保資産、非担保資産、デリバティブの3つです(後述)。

メロンのプロトコル上では、この3つの資産を組み合わせたポートフォリオを誰でも作成できます。さらに、これらを組み合わせたファンドを作ってファンドのポートフォリオマネージャーになることができます。

ポートフォリオマネージャーは、管理料とパフォーマンス料金を受け取ることができます。これらの手数料は、管理手数料モジュールと手数料モジュールに明記されています。管理手数料は、通常、管理下の資産、すなわちポートフォリオの総資産価値を参照して計算されます。パフォーマンス料金は一般に、総資産価値の増加を参考にして計算されます。

ブロックチェーン上を利用することで、実際に存在するファンドよりも大幅に運営・管理コストを削減できるというメリットがあります。

出来上がったポートフォリオに投資するためには2種類の方法があります。

  1. ポートフォリオのシェアを保有する方法
  2. 直接ETHをスマートコントラクトに投資しシェアを保有する方法

 

デジタル資産管理の何が優れているのか?

オープンソースであるため、資産管理の追跡記録は、いつでもどこでも誰でも監査可能で非常に透明です。アセットマネジメント分野での評判を容易に拡張し共有します。

メロンは、機能の拡張をしやすい設計になっており、開発者が自由な方法で、新しい機能を簡単に追加できるようにデザインされています。

ブロックチェーンテクノロジーを使用することにより、固定および可変の資産管理コストと時間が大幅に削減されます。これにより、これまで知られていなかった資産管理戦略の競争環境が可能になります。

分散型のストレージと執行を持つことで、管理・決済・破産など現実の世界の非効率性を緩和することができます。 メロンは伝統的な資産管理の真の代替手段を生み出しています。

 

Melon(メロン)の特徴

  • 通貨の略号はMLN
  • 発行枚数は1,250,000MLN。その後徐々に増えていく
  • 競合相手は仮想通貨Iconomi
  • 3種類のデジタル資産

 

競合相手は仮想通貨Iconomi

ブロックチェーンを利用したプラットフォーム上で資産を管理・投資するという仕組みはIconomi(イコノミ)と似ています。

Iconomiのポートフォリオを運営管理するプラットフォームは、中央管理型に依存しています。それに対し、メロンポートは運営管理プラットフォームは、P2Pの分散型で行います。

そのため、取引スピードはIconomiのほうが圧倒的に高くなります。一方、メロンポートは分散型のため非常に高いセキュリティが実現できるとされています。

 

3種類のデジタル資産

デジタル資産は、大まかに3種類に分類されます。担保資産、非担保資産、デリバティブです。この3つを組み合わせた資産を

担保資産

担保資産とは、現実の資産の担保化から得られる価値です。現物の価値を裏付けされたペッグ暗号通貨です。例としては、Dai Credit System、Dassets、t0などがあります。また、商品によって担保されたデジタル資産の例としては、金の価値をデジタル資産に結び付けるDigixなどがあります。

非担保資産

トークンの希少性ゆえに、そのものに価値を持つデジタル資産です。Ethereum、Ethereum Classic、Augur、Digix、Makerなどがあります。

デリバティブ

上記2種類の暗号通貨を含むデジタル資産からの派生商品です。例としては、CFD証拠金取引商品などがあります。

別のデジタル資産から直接得られたその価値を有するデジタル資産として定義されます。このセットの例は、既存のデジタル資産の差異(CFD)契約です。

メロンのプロトコル上では、この3つの資産を組み合わせたポートフォリオを形成できます。ポートフォリオを作成するには、モジュールとよばれる投資ルール(レジストラ、機能、価格の参照元、取引所の選定、取引ルール、ファンドマネージャーの手数料)を設定し、そのモジュールを束ねたものをコアにリンクさせることで誰でも自由にモジュールを作成することができます。

これらの商品のファンドをブロックチェーン上に組成できる仕組みを作ることで実際に存在するファンドの売り上げの50%ともいわれる固定費の削減が可能になり、また誰でも分散型(サーバーに依存しない)のファンドを組成することができるようになります。

ポートフォリオを形成するためにモジュールとよばれる投資ルール(レジストラ、機能、価格の参照元、取引所の選定、取引ルール、ファンドマネージャーの手数料)を作成し、そのモジュールを束ねたものをコアにリンクさせることで誰でも自由にモジュールを作成することができます。

そしてそのモジュールを利用したいファンドマネージャーはMLNを支払うことでそのモジュールを使用することができます。

 

モジュールとは

モジュールは、ポートフォリオのコアパーツに補助機能を提供する機能のことです。

ポートフォリオのモジュラーコンセプトを通じて、様々な設定を変更することができます。例えば、異なるポートフォリオマネージャは、異なる管理手数料を請求し、これらの手数料を計算する方法について独自の方法を適用することができます。

モジュール式のコンセプトにより、管理者は好みの管理料モジュールを選択することができます。したがって、対応するモジュールをコアに単にリンクするだけで、手数料と計算方法を選択することができます。モジュールは誰でも自由に開発できます。開発者は、誰かがモジュールを使用するたびに払い戻される手数料を定義することができます。

そしてそのモジュールを利用したいファンドマネージャーは、MLNを支払うことでそのモジュールを使用することができます。

Melonプロトコルに組み込まれているモジュールとしては以下のようなものがあります。

レジストラ:アセットを価格フィードにトレーディングにリンクします。

機能性:資産固有の機能を構築する方法。

価格フィード:1つまたは複数のデータソースを考慮して、資産の価格を指定します。

取引所:EtherExまたはMaker-Marketなどの1つまたは複数の資産が取引可能なオン・チェーン・マーケットプレイス。

トレーディング:トレーディングがどのように許可されるかに関するルールのセット。

管理手数料:ポートフォリオマネージャーの総資産価値から独立した支払い。

業績手数料:ポートフォリオマネージャーの総資産価値に応じた支払い。

 

Melon(メロン)の価格推移・チャート

Melon(メロン)2

Melon(メロン)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoなどのサイトで確認できます。

 

Melon(メロン)の購入方法・取引所

Melon(メロン)を取り扱う世界の取引所は下のとおりです。

Melon(メロン)4

国内の取引所では、Melonを売買できるところはありません。

海外の大手取引所であるKraken(クラーケン)Bittrex(ビットレックス)Liqui(リクイ)で取引が可能です。

海外の取引所で取引するには、国内で口座を開設し、BTCなどで送金する必要があります。マイナーな取引所では、あとで倒産や資金が取り出せないといった危険があるため、まだ口座をお持ちでない方は、大手のビットフライヤーコインチェックザイフで口座を開設しておくのが安全です。

それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。

◼︎ビットフライヤー(bitFlyer)で口座を開設する手順・方法 

◼︎コインチェック(coincheck)で口座を開設する手順・方法

◼︎ザイフ(Zaif)で口座を開設する手順・方法

 

まとめ

以上、Melon(メロン)について紹介しました。

この記事を読まれた方の中には、「Melonについて興味が出たけど、自分で購入するのはちょっと不安 or 購入するお金がない」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気トップクラスの方法です。

例えば、取引所のビットフライヤーのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大23,000円の報酬が支払われますし、ポイントサイトのモッピーであれば、紹介数が増えると毎月10万円の収入をなにもせずに稼ぐことも可能です。

 

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。
ビットコインなどの仮想通貨の取引を始めたいという方は、国内大手のビットフライヤーコインチェックザイフからどうぞ!

オススメの副業・稼ぎ方はこちら
アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

◼︎コインチェックのアフィリエイトで稼ぐ方法(1人紹介:最大23,000円
◼︎ビットフライヤーのアフィリエイトで稼ぐ方法(1人紹介:最大23,000円
◼︎ザイフのアフィリエイトで稼ぐ方法(1人紹介:最大18,000円
◼︎ポイントサイトで稼ぐ方法(1人紹介:数百円紹介された人の獲得ポイントの30〜50%
◼︎モッピー(moppy)で月5,000円〜10,000円稼ぐ方法
◼︎ハピタスで月5,000円〜10,000円稼ぐ方法

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください