Komodo(コモド)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

Komodo(コモド)の特徴・評判・価格・チャート・売買方法・取引所

この記事では、仮想通貨のKomodo(コモド)について、その特徴などを紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名Komodo(コモド)
通貨略号KMD
公開日2016年9月
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数200,000,000KMD
取り扱い国内取引所なし
取り扱い海外取引所Bittrex(ビットレックス)
Cryptopia(クリプトピア)
etc.
公式サイトKomodoの公式サイト
ホワイトペーパーKomodoのホワイトペーパー

Komodo(コモド)の基本情報

Komodo(コモド)は、略号がKMDの仮想通貨です。2016年9月に公開されました。

Komodoは、分散型ICOプラットフォーム(dICO)を提供している仮想通貨です。この技術は、Komodoのプライバシー機能によって、投資家のプライバシーを保護しながら、コインデベロッパーが透明性の高いコインを発行することを可能にします。

ほかのICOと基本的には、同じ仕組みとなります。すべてのICO当事者の完全なプライバシーを保証するためにKomodo Platformで重要な役割を担っているのが、Jumblrという技術です。

さらに、コモド・プラットフォームのdICOは、各資産チェーンがdPoWによって保護された独立したブロックチェーンであり、dICOコインですべてのdICO取引手数料を支払うことができるため、高い手数料を必要としません。

dPoW(delayed Proof of Work)というのh、Komodoの開発チームが独自に開発した承認アルゴリズムです。ビットコインなどに使われているPoWと似た仕組みですが、少し異なります。

また、Komodoには、戦略的パートナーとして『Monaize』、技術的なパートナーとして『SuperNET』という組織と協力しながら開発を進めています。

Komodoのプラットフォームは、Zcashチームが開発したゼロ知識証明書に基づいて設計されています。

Zcashでは、sk-SNARKプロトコルが使われていますが、Komodoでは同じ技術が使われているので、Komodoブロックチェーン内の取引は、プライバシーと匿名性を実現しています。

トランザクションがプライベートである場合、ブロックチェーン上の取引の金額、送信者または受信者は誰も見ることができませんが、マイナーはそれが正しいことを確認でき、二重支出は発生しません。トランザクションが透過的である場合、通常のBitcoinトランザクションのように動作します。

 

Komodo(コモド)の特徴

  • 通貨の略号はKMD
  • 発行上限枚数は2億KMD
  • 戦略的パートナーはMonaize
  • 開発はSuperNETのチームが担当
  • Zcashと同様、ゼロ知識証明のプロトコルを使用
  • dPoWという独自の承認アルゴリズムを開発

 

発行上限枚数は2億KMD

Komodo(コモド)の発行上限枚数は、2億KMDとなっています。そのうちの1億KMDは、事前採掘されてICOのときに配布されました。

9,000万KMDが投資家に配布され、1,000万KMDがKomodoプラットフォームの将来の開発とマーケティングのために保管されています。

残りの1億KMDは、PoWの発掘作業の報酬として支払われる予定で、今のところ、約14年後に達成される見通しとなっています。

コモドICO期間は2016年10月15日から2016年11月20日までであった。このICO期間中、2639のBTCが調達された(当時1,983,781ドル相当)。

このうち、「T」から始まるアドレスのKomodo(KMD)を保有している人は、2億KMDの供給限度に達するまで、Komodoの保有量に対して年率5%の(APR)ボーナスを受け取る。

 

戦略的パートナーのMonaize

Komodo Platformの戦略的パートナーであるMonaizeは、この画期的な技術を最初に使用する予定です。彼らのICOはこの種の最初のものになり、Komodo Platformをスポットライトに入れます。

◼︎Monaizeの公式サイト

 

開発はSuperNETのチームが担当

SuperNET  – SuperNETは、マルチコインウォレット、分散型交換機、価格安定性製品など、暗号化市場向けのオープンソースおよび分散型ツールを開発している分散組織です。コモドの暗号侵害はSuperNETの公式通貨です。

SuperNETチームは、複数のスタンドアロンプ​​ロジェクトを開発しています。これらのプロジェクトは、Komodoプラットフォームに統合されます。これらのプロジェクトは、Komodoだけでなく、他のブロックチェーンで使用可能な遅延検証システムと同様に、全体として暗号化エコシステム全体を改善することを目的としています。

◼︎SuperNETの公式サイト

 

Komodo(コモド)の価格推移・チャート

Komodo(コモド)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoなどで確認できます。



Komodoの価格は、2017年の前半は1KMD=10円程度で推移していました。

5月以降上昇の勢いが増し、6月には1KMD=250円、9月には1KMD=400円をつけ、着実に上昇を続けています。

2017年11月時点では、時価総額は20位〜30位程度で変動しています。

 

Komodo(コモド)の購入方法・取引所

Komodo(コモド)を取り扱う世界の取引所は下のとおりです。

Komodo(コモド)の特徴・評判・価格・チャート・売買方法・取引所3

国内の取引所での取り扱いはありません。

海外の取引所では、Bittrex(ビットレックス)Cryptopia(クリプトピア)で取引が可能となっています。

海外の取引所で取引するには、国内で口座を開設し、BTCなどで送金する必要があります。

マイナーな取引所では、あとで倒産や資金が取り出せないといった危険があるため、まだ口座をお持ちでない方は、大手のビットフライヤーコインチェックザイフで口座を開設して、送金するのが安全です。

取引・送金手数料の安さ重視なら、コインチェックザイフセキュリティの高さ重視ならビットフライヤーを利用するのがオススメです。

それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。

◼︎コインチェック(coincheck)で口座を開設する手順・方法
◼︎ビットフライヤー(bitFlyer)で口座を開設する手順・方法 
◼︎ザイフ(Zaif)で口座を開設する手順・方法

まとめ

以上、Komodo(コモド)について紹介しました。

この記事を読まれた方の中には、「Komodoについて興味が出たけど、自分のお金で購入するのはちょっと不安 or 購入するお金がない」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気トップクラスの方法です。

例えば、取引所のビットフライヤーのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大23,000円の報酬が支払われますし、ポイントサイトのモッピーであれば、紹介数が増えると毎月10万円の収入をなにもせずに稼ぐことも可能です。

 

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。
仮想通貨の取引を始めたいという方も、取引できる通貨数が国内No1のコインチェックからどうぞ!

アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

◼︎コインチェックのアフィリエイトで稼ぐ方法(1人紹介:最大23,000円
◼︎ビットフライヤーのアフィリエイトで稼ぐ方法(1人紹介:最大23,000円
◼︎ザイフのアフィリエイトで稼ぐ方法(1人紹介:最大18,000円
◼︎ポイントサイトで稼ぐ方法(1人紹介:数百円+紹介された人の獲得ポイントの30〜50%
◼︎モッピー(moppy)で月5,000円〜10,000円稼ぐ方法
◼︎ハピタスで月5,000円〜10,000円稼ぐ方法

 

ビットコイン
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 











当サイトからの登録人気No.1
積立投資ができる取引所Zaif

・ビットコインとネムの手数料が国内最安
・取扱いコイン数も国内No.1
・中級者以上からの支持があつい
・積立投資で仮想通貨資産を増やせる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です