DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

IT向け求人サイト

この記事では、ITエンジニアやデザイナーなどIT系で転職に興味がある方向けに、求人サイトの選び方を紹介しています。

  • IT系でおすすめの転職サイト・エージェントを知りたい
  • 転職に失敗したくないからコツを知っておきたい
  • 未経験だけどIT業界に転職したい

といった悩みをお持ちの方向けに、未経験からIT業界に転職した管理人が疑問に答えます。

IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選

結論からいうと、どこのサイトも大差ないので、大手に登録しておきましょう。

一部独占案件があったりしますが、そういうところは会社規模が小さかったりします。ある程度大手であれば、複数のサイトに求人を出しているので、転職サイト3つに登録しておけばだいたい引っかかります。

転職を望んでいるということは、「年収を増やしたい」「レベルの高いことにチャレンジしたい」「労働環境をよくしたい(=ライフワークバランスをよくしたい)」のどれかがほとんどです。

その場合において、あえてマイナーな転職サイトに登録する必要がありません。会社規模の大きい求人は、メジャーな求人サイトに集まります。

もし小規模のベンチャーで「スタートアップで働いてみたいんだ!」という方は、転職エージェントなど通さずに、直接メッセージなりを送る方が成功率は高いです。

そもそも求人にお金を出す余裕がありませんしね。

求人を出す側の気持ちに立ってみましょう。

差別化を狙ってあえてマイナーなところに出しても、「登録者のレベルが不安…」「登録者が少なくて必要な人数を揃えられないかも…」と心配になったりします。

やはり安心しておきたいものですので、「やっぱり大手にも求人出しておくか」「複数に求人出しておくか」と結局なるので、複数の求人サイトに同じ案件があるのです。

ですので緊急の場合を除き、とりあえず大手3社ぐらいに登録して、気になる案件が見つかったら問い合わせるという形で十分です。

管理人も登録してみたときは、似たような案件が流れてきました。というか緊急で募集している(=ブラック率高め)案件はどこも同じですね。

周囲の友人もだいたい3社に登録しています。というよりも、それ以上は管理が面倒になるというのが本当のところでしょう。大手を中心にいくつか登録しておけばOKです。

 

IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選

 

結局はマッチングの問題です

どんなに転職サイトが素晴らしかろうが、どんなに転職エージェントが素晴らしかろうが、転職先の会社が微妙だったら意味ないですよね。

要するに、転職が成功する or しないはマッチングの問題で、最終的な判断はあなた自身にあります。

まずはサイト登録をしてみて、転職案件の詳細をチェックしてみて、企業担当者に会ってみて、面接で話を聞いて、こういったプロセスの中であなた自身が判断することです。

ポイント:企業に選ばれるのではなく、企業を選ぶのが大切

面接と聞くと、面接官に好印象を与えるために「よし、あのエピソードを話して、こういう回答にはこう答えよう!」ってなりますよね。

日本の就職活動を経験した人なら、これが常識なので仕方ありません。

これは半分正解で半分不正解です。特にIT業界はラフな業界です。

他業界からの転職組はビックリすると思いますよ。

なぜなら、あなた自身も企業を判断する立場にあるからです。

IT業界は日本の中ではかなり異質。多くの伝統的企業では、会社が候補者を面接するという意識が強いですが、候補者も面接社から会社を選定するぐらいでなければ、その会社に転職してから泣きを見ます。

  • 面接官のあなたへの態度はどうだったか?
  • 話の節々やメールのやり取りの時間から労働環境はどうか?

 

当たり前ですが、面接で媚び売って、自分をよく見せて、色々と嘘をつきつつ入社しても、それって意味ないですよね。そんな事しても、入社してから苦しむのはあなた自身です。

面接で自分をよく見せることに否定はしませんが(面接とは本来そうあるべきだから)、どうしても曲げられない価値観はしっかりと主張すべきです。それでもマッチしたら、その会社はあなたにとっての正解かもしれません。

メディアに騙されるのは良くない

IT業界と聞くと、いくつか名前は浮かんでくる企業が多いと思います。

でも、メディアで人気 = ホワイト企業とは限りません。

僕の友人はリクルート系列の会社で、某有名アプリを作っているエンジニアなのですが、帰ってくるの遅いですし、帰ってきてからも仕事の電話とかしてます。本人は好きでやってそうですが、完全にオーバーワークです。

繰り返しになりますが、『この企業が自分にとって正解なのか』を選ぶのはあなた次第です。しっかりと見極めましょう。

よくある疑問:未経験でもIT業界に転職できますか?

答えはYesです。

IT系エンジニアは未経験から始めている人が多いです。というのも、エンジニアの需要に対して、大学の情報学部の数が足りていないから。新卒の理系出身であれば、本当のど素人でも大手IT企業が採用してくれます。

採用してから社内で育成せざるを得ないほど、エンジニア不足に陥っているのです。なので、ちょっとプログラミングを学んだだけの中途採用であっても、受かりやすいのがこの業界の特徴です。

もちろん、年齢、希望するポジション、希望する会社にもよります。20代なら未経験でも歓迎。

30代になると、流石に最低限の知識は求められます。30代以降で未経験でIT業界に転職するなら、TechAcademyを利用するのがおすすめ。

プログラミングスクールですが、スクール受講者を対象に、転職支援も行っています。求人を受ける会社としても、どういうことを学んでどういうスキルを持っているのか把握しやすいので、TechAcademyを修了したのならという感じで、受け入れてくれます。

同じシェアハウスに住んでいるIT系のエンジニアが何人もいるのですが、みんな未経験者でした。学生時代は物理を学んでいたり。

人間は”論理”じゃなく”感情”で動きます。

「これだ!」という企業を見つけたら、自分のスキルが足りなかったとしても、行動してみるのがオススメですよ。だれもが最初は未経験ですからね。これから学べばいいだけです。

 

IT業界への転職前に知っておくべき事【副業のススメ】

転職前に考えるべきことは次のとおり。

辞めたあとのことを考えましょう。

「さてこれから転職するってのに、なぜに辞めたあとのこと?」って思うかもですが、大切なことです。

 

会社は個人を守ってくれない

残酷なお知らせとして、会社はあなたを守ってくれません。理由なしであなたを守ってくれる存在は、家族くらいだと思います。

なので、『会社 = 家族』みたいな価値観で生きていると、会社が傾いてリストラされたときに、『会社に裏切られた』という思考になってしまいます。

会社が助けてくれるとか幻想なので、さっさとその価値観は捨てましょう。

 

オススメなのは働きつつの副業です

ぶっちゃけ僕の周りはこういった人だらけですが、働きつつ副業すべき。

エンジニアの人は、自分でブログを書いていたり、日常の空き時間でアプリを作ってみたり、といったことを普段からしています。

スキルがあればいくらでも稼げるのが、ITエンジニアのいいところです。営業などでは、どんなにできる人でも平均の数倍程度の力しか発揮できません。

他の職業でも、せいぜい10倍ぐらいの生産性がいいところでしょう。

しかしITエンジニアであれば百人力、一騎当千というレベルで100倍、1,000倍の成果を出すことすらできます。

そういった人は、辞めて独立とか新しい会社を興して稼いだりします。そういうことが難しくないのがITエンジニアのいいところです。

稼げるようになったら、辞める or とりあえず働き続けるを考えればOK。会社に奉仕しても幸せになれませんからね。自分で稼ぐ力を身につけましょう。

 

エンジニアスキルを持てば会社とも対等になれる

エンジニアのスキルを身につけると会社から理不尽な要求を突きつけられても強気に対処できます。

先にも述べましたが、エンジニアの需要はめちゃくちゃあります。

会社としても、今のエンジニアが辞めて新しいエンジニアを雇うとなると、かなりの手間やコストがかかります。エンジニアの採用コストは年々高くなっているのです。

ですので、エンジニアスキルを身につける、昔の言い方でいうと「手に職を持っておく」と会社とも強気の交渉にでれますし、引く手あまたなので、稼ぐ機会がいくらでもあります。

会社でアプリを作っているエンジニアなら、自宅に帰ってからも個人で開発できます。実際管理人のシェアメイト達は、家に帰ってきてからブログを書いたり、自分でアプリを作ってみたりといった感じです。

東証一部上場企業で十分給料をもらっているのに、10万PVを超すブログでさらに稼いでいたりします。アプリ系エンジニアの人も、個人で作ったアプリを公開してスキルを高めている人もいます。

個人で稼ぐことは簡単じゃないですが、スキルを横展開しており、素晴らしいと思います。

 

ノースキルでのエンジニア転職は少し難しい

完全不可能ではないですが。ノースキルからのエンジニア転職は難しいかなと。

もしあなたが新卒なら、新卒カードを使って、ノースキルエンジニア就職はかなりありです。

新卒カードを持っていない転職組は、残念ですが自分でスキルを身につけましょう。現代ならオンラインでプログラミングをあまんべる時代なので、コツコツ学習すると良いかなと。

※学習方法のリンク

20代(20歳〜30歳未満)の方であれば、Teck Academyを利用がダントツでオススメです。転職支援&受講料返金付きという至れり尽くせりなサービスだからです。

未経験からIT業界、Web業界への転職/就職をサポートしてくれます。ITスキルを身につけることで、キャリアップも可能で、ただ会社を紹介する転職サイトに比べてサポートが豊富です。
他のプログラミングスクールでは、スキルを教えるだけですが、エンジニアとしての就職までサポートして、ビジネス職としてキャリアップが可能なのは、Tech Academyぐらいです。

20代なら間違いなくこれを利用しましょう。管理人も20代のときにこれがあればと羨むばかりです。

⇒ TechAcademyキャリアで無料で学ぶ

Web系エンジニアに興味があるなら、学生なら独学もありですが、転職を考えている方はあまり時間に余裕がないはずなので、プログラミングスクール推奨。お金はかかりますが、学ぶ時間を大幅に短縮できます。

初心者にオススメのプログラミングスクール【未経験でもエンジニアを目指せる】」にまとめています。

30代からは普通にお金を払って学ばざるを得ません。そんな方にもTech Academyは無料体験コースを用意してくれていますので、一度受講してみて感じを掴むだけでも間違いなく意義があります。

30代〜40代の方でIT業界にチャレンジしたい方は、どうぞお試しあれ。まずはやってみないと、向き不向き / 好き嫌いが分からないですからね。

» TechAcademyの無料体験はこちら

 

どうしたらいいかわからないという方は、TECH BOOSTでキャリア相談を受けてみましょう。無料でカウンセリングを行ってくれるので、悩みを話すだけでも、もやもやした状態から抜け出すことができます。

TECH BOOSTもプログラミング講座だけでなく、就職サポートが付いているので、未経験からの挑戦でも強い味方となってくれます。
申し込みはめちゃくちゃ簡単で1分で完了します。

⇒ Tech Boostの無料カウンセリングはこちら

 

まとめ|まずは行動 → 動きつつ考えるのススメ

何ごとでもそうですが、まずは動いてみないと何も変わりません。

じゃあ、本記事で紹介した転職サイトや転職エージェントを使うタイミングはいつか?その答えは、会社をやめる前であり、今すぐ行動が一番の正解です。

よくある話で「会社を辞めてから考えればいいや」って人がいますが、一度会社を辞めてしまうと収入が0円になります。じゃあ、その状態で余裕をもって転職活動ができるかというと、、、心理的に微妙だと思います。

なんだかんだで、お金がないことは、心の不安定に繋がります。
仕事をしつつの転職活動は少しハードかもしれませんが、より良い転職を目指すためには、すこし歯を食いしばることも大切です。

まずは行動 → そして、動きつつ考えましょう。

 

転職サイト・転職エージェントに一度登録してしまえば、あとはメールを確認しつつ、興味ある案件に応募するだけです。どのサイトも登録は5分程度で終わりますので、是非この機会に行動してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください