DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

IOTA(アイオータ)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・購入方法

IOTA(アイオータ)

この記事では、仮想通貨のIOTA(アイオータ)について、その特徴などを紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名IOTA(アイオータ)
通貨略号MIOTA
公開日2017年6月
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数不明
取り扱い国内取引所なし
取り扱い海外取引所Bitfinex(ビットフィネックス)
etc.
公式サイトIOTAの公式サイト
ホワイトペーパーIOTAのホワイトペーパー

IOTA(アイオータ)の基本情報

IOTA(アイオータ)は、略号がMIOTAの仮想通貨(暗号通貨)です。2017年6月に公開されました。

通貨の現在の発行量はおよそ27億MIOTAで、ICO直後から時価総額がトップ10に入って現在までその位置をキープしており、期待度の高い通貨です。

IOTAは、IOTAプロトコル上でやり取りされるIoTに最適化された仮想通貨です。パソコンやスマートフォンだけでなく、あらゆるIoTデバイスが利用可能です。ブロックチェーン技術を使用していない新しいタイプの通貨です。

Bitcoinの成功によって、ブロックチェーン技術の価値というのが証明されました。しかし、この技術が有用であるといえども、マイクロソフトOfficeのようにグローバルなプラットフォームとして使用されるには、欠点が残っています。

その欠点の中でも特に問題となるのが、IoT(Internet-of-Things、後述)産業にとって重要性を増している「マイクロペイメントを行うことが極めて難しいという点です。

現在利用可能なブロックチェーンなどのシステムでは、マイクロトランザクションを行う際に、送金する額よりも取引手数料の方が何倍も高くなるという問題があります。マイニング者への報酬を削れば、手数料をほぼタダにすることは可能ですが、そうするとマイニングする人がいなくなるため、ブロックチェーンが成り立たなくなってしまいます。

Bitcoinやその他のアルトコインのこのような問題を解決するため、IOTAの開発者たちがブロックチェーンを使わない仕組みを使おうと考え、生まれたのがIOTAです。

IOTAでは、デバイス間で送金を行う際に、ビットコインといったほかの仮想通貨と違い、手数料が発生しません。常に手数料なしに送金を行うことが可能です。これは、Tangleと呼ばれる非循環有向グラフ構造に基づいた、ブロックチェーンと似た働きをするアーキテクチャによって処理が行われるためです(後述)。

送金手数料が必要なくなるため、その他の暗号通貨に比べてよりマイクロペイメント、ひいてはナノペイメントまで可能にする画期的な通貨といえます。さらに、IoTデバイスと接続することで、より柔軟にリアルタイムかつ細かな料金の支払いが可能となります。

取引の承認には、PoW(プルーフオブワーク)が採用されています。

IOTAのもう一つの重要な特徴として、IoTデバイスの取得したデータ(気温、振動、回転数など)を、デバイス間で安全にやり取りできることが挙げられます。

よくIoTの発展はブロックチェーン技術によって補完されるといわれることがあります。これはデバイス間でのデータの整合性を保つことや、デバイスに対して不正なデータの送信を防ぐことが技術的に困難だったためです。

しかし、IOTAのTangleを通して送信することで、データへの改ざんや外部からの攻撃が不可能になります。これにより、IoTデバイス間でデータの信頼性を担保したネットワークを構築することができます。

 

IOTAはどんなことに使えるのか?

まずIOTAでは送金手数料が必要なくなるため、完全無料でIoTデバイスを活用することができます。IoTはブロックチェーンと相性が良く、今後ブロックチェーン技術を組み合わせることで補完できるとも言われています。しかしIOTAのTangleという技術の登場によって、IoTデバイス間でのデータを担保したネットワークを構築することができると言われています。

IoTの技術はデバイスに対しての不正なデータの送信を未然に防ぐのが困難だと言われているため、IOTAの Tangleという技術の登場によって今後IoTデバイスの活躍の場が広がる可能性が高まっているのです。

 

IoTとは?

Internet of Things(モノのインターネット)とよばれます。様々なものとインターネットをつなぐことを意味します。従来は、インターネットに繋がるのは、主にパソコンやサーバー、プリンタ等のIT関連機器のみでした。IoTでは、それ以外のもの、例えば家電(冷蔵庫、エアコン、テレビ、お風呂)や車といったものにまでインターネットを接続するという試みです。

 

Tangleとは?

この『Tangle』というのは非循環有向グラフ構造に基づいた『ブロックチェーンに似た動きをするアーキテクチャにより処理が行われる技術』のことを言います。

技術的な部分を理解することは難しいですが、このIOTAはブロックチェーンではなく、今までのブロックチェーン技術よりもさらに効率の良い技術を使って、送料無料・処理スピードの高速化を実現しているということです。

 

IOTA(アイオータ)の特徴

IOTA(アイオータ)2

  • 通貨の略号はMIOTA
  • 上場以来、時価総額はトップ10以内を保っている
  • ブロックチェーン技術を使わない仮想通貨
  • Tangleにより、送金手数料なしに送金が可能
  • IoTデバイスで取得したデータを安全に送信可能
  • IOTAはいくつかの新しい概念を導入している
  • 購入できる取引所はBitinexだけ

 

IOTAはいくつかの新しい概念を導入している

IOTAを完全に理解するために理解するために重要な用語をいくつか挙げます。

DAG

無指向性有向グラフ。指向性サイクルのないグラフに基づく特定のデータ構造です。1つのエッジと1つのノードを持つ単一の分岐を持つ代わりに、DAG中では複数の分岐が存在することができます。

 

Seed

大文字のラテン文字のみで構成され、アカウントにアクセスするために使用される9文字の文字列です。シードは秘密鍵/パスワードに似ています。シードの最大セキュリティレベルは81トリット(81文字)です。

 

IOTA(アイオータ)の価格推移・チャート

IOTA(アイオータ)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoなどで確認できます。


2017年に公開され、公開直後につけた1MIOTA=70円付近をしばらく超えられずにいました。しかし、ビットコインのハードフォーク問題が無事(?)に終わった8月に上場来高値を更新し、1MIOTA=120円まで上昇しました。

その後、再び1MIOTA=50〜60円付近を推移していますが、それでも時価総額はトップ10圏内で根強い人気を誇ります。世界中でIoTに対する関心が高いことが伺えます。

 

IOTA(アイオータ)の購入方法・取引所

IOTA(アイオータ)を取り扱っている世界の取引所は下のとおりです。

IOTA(アイオータ)3

IOTAを取り扱っている国内の取引所はありません。

また、海外のメジャーな取引所でも取り扱っているのは、Bitfinex(ビットフィネックス)だけになっています。時価総額がトップ10入りしている仮想通貨としては珍しく、PoloniexやBittrexでも取り扱っていません。

海外の取引所で取引するには、国内で口座を開設し、BTCなどで送金する必要があります。マイナーな取引所では、あとで倒産や資金が取り出せないといった危険があるため、まだ国内取引所の口座をお持ちでない方は、大手のビットフライヤーザイフで口座を開設して、送金するのが安全です。

取引・送金手数料の安さ重視なら、ザイフビットバンク取引所のセキュリティの高さ重視ならビットフライヤーQUOINEXを利用するのがオススメです。

それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。

 

 

まとめ

以上、IOTA(アイオータ)について紹介しました。

この記事を読まれた方の中には、「IOTAについて興味が出たけど、自分のお金で購入するのはちょっと不安 or 購入するお金がない」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気トップクラスの方法です。

例えば、取引所のビットフライヤーのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大23,000円の報酬が支払われますし、ポイントサイトのモッピーであれば、紹介数が増えると毎月10万円の収入をなにもせずに稼ぐことも可能です。

 

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。
仮想通貨の取引を始めたいという方は、Zaifビットフライヤービットバンクからどうぞ!

オススメの副業・稼ぎ方はこちら
アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

 

 

GMOコイン
ビットトレード

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください