Iconomi(イコノミ)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

Iconomi(イコノミ)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

この記事では、仮想通貨のIconimi(イコノミ)について、その特徴などを紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名Iconomi(イコノミ)
通貨略号ICN
公開日2016年
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数1億ICN
取り扱い国内取引所なし
取り扱い海外取引所Kraken(クラーケン)
Cryptopia(クリプトピア)
HitBTC(ヒットビーティーシー)
etc.
公式サイトIconomiの公式サイト
ホワイトペーパーIconomiのwhitepaper

Iconomi(イコノミ)の基本情報

Iconomi(イコノミ)は、略号がICNの仮想通貨(暗号通貨)です。2016年に公開されました。

Iconomiは、デジタルアセットマネジメント(資産管理)のプラットフォームで、ブロックチェーンの技術を資産管理に応用しています。これにより資産管理の手間やコストが削減されます。

アセットとは、財産や資産の意味で、デジタルアセット(デジタル資産)とはデジタルで記録された資産のことです。これまで、デジタルアセットとは音楽データや映画データのことを指しましたが、ブロックチェーン技術の発展により仮想通貨などもデジタルアセットに含まれるようになりました。

デジタル資産は具体的には、予測市場、マイクロペイメント、スマートコントラクト、送金、ゲーム、分散コンピューティングなどのサービスのことを指します。

現在デジタル資産には、4つの世代があるといわれています。 ビットコイン(第一世代)、アルトコイン(第2世代)、アプリケーショントークン(第3世代)、そして、これらの特性を組み合わせたDAAが、第4世代です。

 

Iconomiには、デジタルアセットの投資と管理が簡単にできるように様々なツールが用意されています。これによって、初心者からブロックチェーンの専門家まで誰でもデジタルアセットの投資と管理が簡単にできるようになります。

Iconomiのプラットフォーム上では、さまざまなデジタル資産やデジタルアセットアレイ(DAA)を組み合わせて投資することができます。代表的なものには、インデックスベースのICNX(後述)があります。

また、Iconomiを利用することでDAAのファンドマネージャーになることも可能です。ICONOMIオープンファンドマネジメントプラットフォーム(OFM)と金融商品としてICONOMIコイントレードファンド(CTF)、ICONOMIコインマネージドファンド(CMF)の2種類があります(後述)。

 

Digital Assets Arraysとは

DAA(Digital Assets Arrays)は、デジタルアセット群を意味し、デジタル資産のさまざまな組み合わせで構成されています。 各マネージャーは、独自のデジタルアセットを作成し、サポーターのコミュニティに提供することができます。

DAAのメリットとしては、分散投資により損失リスクを低減できることと、デジタル資産の配分(ポートフォリオ)を容易に微調整できることです。

現在、高速取引によるフラッシュクラッシュに代表されるように、資産価値の変動が激しくなっています。

特に、仮想通貨の世界においては、その変動はまさに雷の速さで動くため、デジタル資産の価値は急速に変動する可能性があります。DAAを用いると、少ない資金からでも十分に分散させることができるので、資産価値が毀損するリスクを低くすることができます。また、資産の構成を微調整するのも、株式投資などよりはるかに容易に行えます。

 

ICNXとは

ICNXは、パッシブ型のDAAです。最近では、確定拠出年金が採用されている会社も多いかと思いますが、パッシブ型のインデックス投信と似たようなものになります。ICNXは、簡単に購入が可能で、複数の取引所で複数のデジタル資産を購入するという手間を省いて、数回クリックするだけで複数のデジタル資産を購入できます。

多様な投資とリスクの拡散のメリットがあります。 ICNX中のデジタル資産の割合は、時価総額の92%を占めます。ICNXは、従来の投信に比べて、参入障壁が低く、運用・管理にかかるコストが安いため、手数料が抑えられるというメリットがあります。

また、投信には引き出し制限や期限などがありますが、ICNXは24時間いつでも引き出しが可能で、契約の変更も可能です。セキュリティ面では、大半の資産がマルチシグマで保護されたコールドウォレットに永久保存されるため、銀行と同等の安全性を享受できます。

ICNXを構成しているデジタル資産は、下記の通りです。
Digital Cash(DASH)AugurFactomLiskGolemSynereoDigixDAO、Aragon、WeTrust、Matchpool、BitcoinEtherMoneroMaidSafecoinGameCreditsSteemSiacoinWaves、SingularDTV、iExec

 

Iconomi(イコノミ)の特徴

  • 通貨の略号はICN
  • 発行上限枚数は1億ICN
  • ブロックチェーン技術を使った投資ファンドの管理プラットフォーム
  • Iconomiを利用することでDAAのファンドマネージャーになれる
  • ファンドには、コイントレードファンド(CTF)とICONOMIマネージドファンド(CMF)がある

 

Iconomiを利用することでDAAのファンドマネージャーになれる

DAAのマネージャーは、成功したデジタル資産管理戦略を試し、コミュニティと共有します。

さまざまなデジタル資産から構成された独自のDigital Assets Arrayを作成することができます。 Digital Assets Arraysマネージャーとして、管理、アレンジ、パフォーマンスの比較、投資家の誘致、料金の回収を行います。優れた業績はDAAマネージャーの評判を築き、実証された専門知識と成果を得た新しい投資家を引きつけます。投資信託のファンドマネージャーと同様のことができます。

DAAはパフォーマンス、時価総額、およびその他の技術的パラメータで検索できるため、優秀なファンドマネージャーが一目瞭然となります。逆に、投資家はさまざまなDAAを選択し、適切な資産にデジタル資産を投資します。

 

ファンドには、コイントレードファンド(CTF)とICONOMIマネージドファンド(CMF)がある

ICONOMIオープン基金管理プラットフォーム(OFM)

誰でもが仮想通貨のファンド(DAA)の組成、管理ができるツールです。また組成されたファンドに投資家が資金を投入することが可能です。

 

コイントレードファンド(CTF)

ICONOMIチームの専門家によって組成、管理され、透明化に努めるファンドの中身は時価総額の大きな仮想通貨を基準に、ビットコイン、イーサリアム、Dash、Auger、Monero、Factom、MaidSafeCoin、Lisk、GameCredits、Golem、Steem、Synereo、Siacoin、からなるファンドでこのICXX(イコノミインデックスファンド)は中国上海のDevcon2で販売されました。

 

ICONOMIマネージドファンド(CMF)

専門家によって選ばれる将来性の高いと思われる、低位新興仮想通貨を基準に選ばれる仮想通貨ファンドです。かなりリスクの高いファンドのため募集が限定されているようです。

 

Iconomi(イコノミ)の価格推移・チャート

Iconomi(イコノミ)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所2

Iconomi(イコノミ)のチャートは、Crypto Currency MarketやCoinGeckoで確認することができます。

公開直後から、仮想通貨ブームが到来する前の2017年4月までは1ICN=50円以内で推移していました。5月から上昇を始め、2017年6月末には1ICN=500円を超え、2ヶ月で10倍以上の値上がりを見せました。

 

Iconomi(イコノミ)の購入方法・取引所

Iconomi(イコノミ)を取り扱っている世界の取引所は下のとおりです。

Iconomi(イコノミ)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所3

Iconomiを扱っている国内の取引所はありませんので、海外の取引所を利用する必要があります。

海外の取引所では、Kraken(クラーケン)Liqui(リクイ)、Livecoin(ライブコイン)、HitBTC(ヒットビーティーシー)などでIconomiの取引が可能です。

 

海外の取引所で取引するには、国内で口座を開設し、BTCなどで送金する必要があります。規模の小さい取引所で口座した場合、倒産や資金が取り出せないといった事態に陥るリスクが高くなるため、大手のビットフライヤーやコインチェック、ザイフで口座を開設して取引するのが安全です。

取引・送金手数料の安さ重視なら、コインチェックザイフセキュリティの高さ重視ならビットフライヤーを利用するのがオススメです。

それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。

 

まとめ

以上、Iconomi(イコノミ)について紹介しました。

この記事を読まれた方の中には、「Iconomiについて興味が出たけど、自分で購入するのはちょっと不安 or 購入するお金がない」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気トップクラスの方法です。

例えば、取引所のコインチェックのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大23,000円の報酬が支払われますし、ポイントサイトのモッピーであれば、紹介数が増えると毎月10万円の収入をなにもせずに稼ぐことも可能です。

 

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。
ビットコインなどの仮想通貨の取引を始めたいという方は、国内大手のコインチェックザイフビットフライヤーからどうぞ!

アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

 

ビットコイン
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 


 
GMOコイン
ビットトレード
 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です