DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

Gnosis(グノーシス)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

Gnosis(グノーシス)

この記事では、仮想通貨のGnosis(グノーシス)について、その特徴などを紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名Gnosis(グノーシス)
通貨略号GNO
公開日2017年
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数
取り扱い国内取引所なし
取り扱い海外取引所Poloniex(ポロニエックス)
Kraken(クラーケン)
Bittrex(ビットレックス)
etc.
公式サイトGnosisの公式サイト
ホワイトペーパーGnosisのwhitepaper

Gnosis(グノーシス)の基本情報

Gnosis(グノーシス)は、略号がGNOの仮想通貨(暗号通貨)です。2017年に公開されました。

正式には、イーサリアムブロックチェーン上で開発される「分散型予測市場のプラットフォーム」の名称がGnosisで、そのプラットフォーム上でやり取りされる通貨がGNOです。取引承認システムには、PoS(プルーフオブステイク)を採用しています。

予測市場というのは、一種のギャンブルみたいなもので、未来の出来事にお金を賭け、予測した結果が正しければお金を得ることができます。身近な例では、競馬やTOTOといったギャンブルが、予測市場に該当します。ほかには、W杯の優勝国などを賭けるブックメーカーも予測市場の一種です。

分散型予測市場は、ブロックチェーンを活用することで、ブックメーカーのような胴元を介さず、オッズや結果や配当といった作業を全て自動で実行できます。

応用が期待されているのが保険です。保険業界のビジネスモデルは、「保険料を納め、何もなければ保険料の返金はしない。何かあれば保険金を支払う」という、一種の賭けに近いものです。このように類似点が大きいことから、分散型予測市場は保険業界のビジネスモデルを変える可能性があるともいわれています。

また、グノーシスには2種類のトークン(通貨)、GNOとWIZがあります(後述)。

同じく分散型予測市場のプラットフォームとして、Auger(オーガー)が存在しますが、違ったアプローチを採用しています(後述)。

グノーシスには、イーサリアムブロックチェーン上にコア、サービス、アプリケーションの3つの層があります。それぞれに役割があるわけですが、分散型予測市場のアプリケーションを構築できるプラットフォームである点が特徴です。

 

Gnosisのプラットフォーム

Gnosis(グノーシス)2

第1層のグノーシスコアは、イベントトークンの作成、マーケットメカニズム、オラクル及び管理インターフェイスを提供します。

第2層のグノーシスサービスは、グノーシスコアの上に追加サービスを提供し、WIZで支払われる取引手数料モデルを使用します。現段階での実装機能はステートチャンネルの実装、新しい市場メカニズムの構築、ボラティリティのない安定した通貨、オープンソースのテンプレートアプリケーション、アプリケーションのカスタムツール、オラクル市場のサービスを構築します。

第3層のグノーシスアプリケーションは、ユースケースまたは顧客向けのアプリケーション、主にフロントエンドのための層です。一部はGnosisチームによってつくられまたは外部の予測市場アプリケーションを作りたい開発者によって構築されます。グノーシスモデルは様々な予測市場を構築することです。

この第三層によって、賭け、追加料料金を付加する、広告の収益モデル、情報販売、マーケットメイクなど様々なアプリケーションを稼働させます。

 

Gnosis(グノーシス)の特徴

  • 通貨の略号はGNO
  • グノーシスは分散型予測市場のプラットフォーム。Augurと似ているが異なる仕組み。
  • グノーシスには2種類の通貨がある
  • 特徴的なICOを行なった

 

仮想通貨Augurと似ているが異なる仕組み

Augur(オーガー)は完全に分散化してあり、イベントの結果を報告するために1ヶ月くらいの時間が必要になるため、REPトークンの支払いが遅れます。

グノーシスは、この時間のコストを予測市場の導入のスピードを妨げるポイントと考え、デフォルトで集中管理され真に分散化した制御機能を備えたオラクルソリューションの設計をしています。

この機能は分散化の恩恵を犠牲することなく、グノーシスのオラクル市場を通じて提供される専門的でオラクルサービスであり、迅速な結果報告を行うことができます。

 

グノーシスには2種類のトークン(通貨)、GNOとWIZがある

GNO

GNOは、他の仮想通貨などと交換可能なGnosisの通貨で、総発行枚数が限られています。またWIZを作るための燃料となります。

WIZ生成のためにロックされ、その指定した期間中(30日〜365日)WIZを生成しますが、期間が過ぎれば自由に動かす(売買、譲渡)ことができます。また、WIZを生成するための規制は、ロック期間以外何度でも生成することができます。

 

WIZ

WIZは、Gnosisで使用される通貨1ドルにペッグ(固定レート)されています。WIZは、GNOによって作られます。WIZはGnosisでの手数料支払い、市場の作成、などGnosisで使われる通貨です。

Gnosisは参加者の利用拡大を容易にするためにBTCやETHや他のアルトコインでの参加が可能になります。しかしGNOやWIZの優位性を保つために、様々な規制をかけています。

 

特徴的なICOを行ったGnosis

Gnosis(グノーシス)3

Gnosisは、ICOの際に価格が段階的に下がっていくという仕組みを採用しました。通常、ICOは初期購入者ほど有利で段階的に価格が上がっていきますが、この方法には初期購入者が殺到し購入できる人が限られてしまうという問題があります。

つまりICOスタート時が最も高く不利になる内容です。具体的な数値で説明します。

1GNO = 1万円でオークションが開始された場合で説明します。あなたが1万円で1GNOを購入します。その後も値段は下がり続けて、オークションは自分の入札後も続き、1GNO=1,000円の価格でセールが終了したとします。

そうすると自分は1万円の価格で買い入札したのですが、オークション終了時点の1,000円という価格が先に入札した人にも適用されるます。そのため、自分は10万円分購入したものに対し、1,000円という価格が適用されるので合計100GNOもらえることになります。

このように先に入札したからといって、損はしない仕組みになっています。

 

Gnosis(グノーシス)の価格推移・チャート

Gnosis(グノーシス)2
Gnosis(グノーシス)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoで確認できます。

公開時は1GNO=6,000円付近でしたが、直後からすぐに値上がりし、あっという間に1GNO=10,000円の大台を突破しました。その後、仮想通貨全般の人気に火がついた5月に上場来高値をつけた後は、徐々に値下がりしています。

多くの通貨が上場来高値を更新した2017年8月〜9月にかけても高値を更新できていません。時価総額も40番台まで下がっており、やや低迷しています。

 

Gnosis(グノーシス)の購入方法・取引所

Gnosis(グノーシス)の取引量が多い取引所は下のようになっています。

Gnosis(グノーシス)4

国内の取引所では、Gnosisを取り扱っているところはありません。

購入したい場合は、海外取引所のPoloniex(ポロニエックス)Kraken(クラーケン)Bittrex(ビットレックス)を利用する必要があります。

 

海外の取引所で取引するには、国内で口座を開設し、BTCなどで送金する必要があります。マイナーな取引所では、あとで倒産や資金が取り出せないといった危険があるため、まだ口座をお持ちでない方は、大手のビットフライヤーコインチェックザイフで口座を開設しておくのが安全です。

それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。

◼︎ビットフライヤー(bitFlyer)で口座を開設する手順・方法 
◼︎コインチェック(coincheck)で口座を開設する手順・方法
◼︎ザイフ(Zaif)で口座を開設する手順・方法

まとめ

以上、Gnosis(グノーシス)について紹介しました。

この記事を読まれた方の中には、「Gnosisについて興味が出たけど、自分で購入するのはちょっと不安 or 購入するお金がない」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気トップクラスの方法です。

例えば、取引所のビットフライヤーのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大23,000円の報酬が支払われますし、ポイントサイトのモッピーであれば、紹介数が増えると毎月10万円の収入をなにもせずに稼ぐことも可能です。

 

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。
ビットコインなどの仮想通貨の取引を始めたいという方は、国内大手のビットフライヤーコインチェックザイフからどうぞ!

オススメの副業・稼ぎ方はこちら
アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

◼︎コインチェックのアフィリエイトで稼ぐ方法(1人紹介:最大23,000円
◼︎ビットフライヤーのアフィリエイトで稼ぐ方法(1人紹介:最大23,000円
◼︎ザイフのアフィリエイトで稼ぐ方法(1人紹介:最大18,000円
◼︎ポイントサイトで稼ぐ方法(1人紹介:数百円紹介された人の獲得ポイントの30〜50%
◼︎モッピー(moppy)で月5,000円〜10,000円稼ぐ方法
◼︎ハピタスで月5,000円〜10,000円稼ぐ方法

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください