DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

GMOコイン ビットレ君の使い方

GMOコインは「GMOインターネットグループ株式会社」傘下の「GMOコイン株式会社」が運営する仮想通貨販売所です。

GMOインターネットグループの一員であることや2017年に金融庁から「仮想通貨交換業者」として登録されたことからの信用の高さや、GMOコイン特有の性質を持ち合わせていることなどを理由に、今注目を浴びている仮想通貨販売所です。

先ほどから「交換」と「販売」という二つのキーワードが出てきて、GMOコインは「交換所」なのか「販売所」なのか混乱している方もいるかと思いますが、冒頭にも記載したとおりGMOコインは「仮想通貨販売所」です。

取引所と販売所の違いを簡単に説明すると、取引相手が自分以外の他のユーザーであるか、取引相手が販売所であるか否かです。基本的に、販売所で仮想通貨を購入する場合、販売所が提示する価格で購入することになります。

 

 

ビットレ君の使い方

ここまでで仮登録から本登録まで、口座開設について説明してきました。よってここからは「ビットレ君」というアプリを紹介します。

「ビットレ君」とは仮想通貨取引所GMOコインが運営している仮想通貨FX取引アプリです。重要なのは「FX取引」という点です。

いくつかある仮想通貨取引所、例えばビットフライヤーやコインチェックなどが提供するアプリのようにウォレット機能を備えたものではなく仮想通貨FXに特化したアプリです。よって仮想通貨の送受金はできません。

 

仮想通貨FXとは

まずFXについて簡単に紹介します。

まずは以下の画像をごらんください。仮想通貨現物売買と仮想通貨FXを比較した表になります。

ポイントは取扱うことができる銘柄の数です。つい先日まで仮想通貨FXにおいて取り扱うことがでできる仮想通貨はBTC(ビットコイン)のみでしたが、2018年5月30日からGMOコインが取り扱う5種類すべての銘柄でFX取引ができるようになりました。またFXの取引方法は以下の6種類です。

❶成行

成行とは、あらかじめ買う銘柄だけを指定し、相場の流れによって買値を定める方法です。注文を確定した瞬間の価格で希望の銘柄を保有することになります。

❷指値

指値とは、成行とは異なり、あらかじめ買値を設定しておく方法です。

❸逆指値

逆指値とは、指定した条件より価格が高くなったら「買い」、安くなったら「売り」の注文が自動的に行われる注文方法です。

❹IFD

IFDとは、新規注文と同時にその新規注文が成立した際に、初めて有効になる注文をセットで出すことができる注文方法です。

例えば、BTCチャート価格が、あらかじめ指定した1BTCの価格になった時点で「買い」、2万円の利益が出た時点で「売り」するというような注文を一度に出すときに使います。

❺OCO

OCOとはあらかじめ全く別の2種類の指値注文を同時に出し、どちらか一方の取引が成立した時点で成立していないもう一方の取引が自動的にキャンセルとなる注文方法です。

❻IFD&OCO

これは読んで字のごとくIFDとOCOが混ざった取引方法です。注文と同時にその注文が成立した際に、初めて有効になる2種類の注文をセットで出すことができる注文方法です。

続いてビットレ君についてです。

 

ビットレ君の初期準備

作業手順を順番に説明していきます。

❶アプリをダウンロードし、アプリを開きます。iOS・Android共に対応しています。

❷トップページを開いたら、「ログイン画面へ」を選択します。

 

❸表示されたページにて、GMOコインに登録した内容を用いてログインします。まだ本登録が済んでいない方は、「無料口座開設はこちら」から本登録を済ませて下さい。PCだけでなくスマホからでも登録が可能です。

 

以上でビットレ君の利用準備は完了です。

 

ビットレ君の使い方

❶トレード方法

トレード画面では仮想通貨FXトレードを行う事ができます。BID(売)、(買)ASKのどちらかを選択し、それぞれの画面へ移動します。

 

次に銘柄、取引数量、スリッページを入力し、確認画面へ進みます。

 

スリッページとは価格変化が急激な場合に、注文を出した時と注文が約定した時の価格の差を指します。大きければ大きいほど注文確定が安易になります。

 

❷スピード注文

スピード注文とは、注文を成立させるまでの時間がとても短くなる注文方法です。新規・決済・ドテン注文をすることができます。

 

❸チャート確認

GMOコインのチャート機能はかなりしっかりしていて、初心者でも経験者でも過不足なく利用できます。チャートではリアルタイム、1分、5分、10分、15分、30分、1時間、4時間、8時間、日足、週足、月足と合計12種類の表示時間軸を表示することが可能になっています。

 

❹その他

ホーム画面では、各種設定や残高をみることができます。必要に応じて確認しましょう。

 

まとめ

以上でビットレ君の説明は終了となります。ウェブでのFX取引よりもビットレ君のほうが直観的さ作業ができるため、仮想通貨FXの初心者はアプリ版の「ビットレ君」を使うのが無難といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください