DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

占い師で稼ぐ方法は|特徴・評判・メリット・デメリット

霊感など特殊な能力がなければ、なることができないと思われがちだった占い師。しかし占いの種類によっては、古からの「学問」「統計学」ということがわかったため、副業として始める方が増えています。

誰でも勉強をすれば、占い師になることができる時代。ここでは占い師を副業にする方法やメリット・デメリットを紹介します。

 

占い師の基本情報

占い師の仕事は、特別な資格を取得したりする必要はなく、今から「私は占い師です」と宣言すれば、誰でもなることが可能です。

占い師の種類ですが、タロットを使う占い師をタロティストと呼んだり、西洋から派生したものだと西洋占星術師や占星術師。東洋系なら命理師などと呼ばれたりしています。

また手相専門なら分かりやすく手相家と名乗ったり、占い師というとユーザーが限定されるため「セラピスト」と名乗り活動をしている方もいます。

占い師は悩める人の相談に乗り、その対価としてお金をもらいます。

 

占い師にはどんな特徴があるの?

占い師というと占い館や繁華街の街頭などにお店を広げ、ユーザーを待つといったスタイルが主流でしたが、現在では電話やインターネット上でのサービスが主流になりつつあります。

つまり駆け出しの占い師であるかどうかは、ユーザーからは把握することができないということ。対面占いをしなければ、本を片手に鑑定を行っていくことができ、初心者でも占い師を副業にすることは十分に可能という特徴があります。

 

占い師のメリットは?

  • 好きな時間に稼げて将来性が高い

 

好きな時間に稼げて将来性が高い

占い師を副業にするメリットとしては、決められた勤務時間等がないため、自分の自由な時間に好きなだけ働くことができ、本業に支障をきたすことはないこと。

インターネットでの占いが主流であるため、自宅でも働くことが可能ですし、サービスによっては料金に関しても自由に設定できます。そして経験を積めば積むほどに占い師としてのデータが蓄積されていくため、いくつになっても働けるのです。

本業を定年になるまで働き、同時に副業の占い師として経験を積んでいれば、定年後に本格的な占い師として一定の報酬が稼げることも見込めますね。

 

占い師のデメリットは?

  • 収入が安定する保証がない

 

収入が安定する保証がない

占い師の世界は完全に実力社会ですから評価を受けて人気がでなければ思ったように稼ぐことはできません。また働いた時間に対して対価が保証されるというものでもないのです。

前の日は稼げても次の日はゼロなんてことも珍しくはありません。副業に報酬の安定性を求めているならデメリットとなることでしょう。

 

占い師の始め方

占い師になるための方法は大きく3つ。一つは占い師に弟子入りし、ある程度の実力になるまで修行をして斡旋してもらう方法。次に占いスクールなどに入り、卒業と同時に仕事も斡旋してもらう方法。

最後に独学で学び、電話占いなどのサイトに登録をして仕事を始めたり、街頭などに行って占い師としてデビューするといった方法になります。

つまり占い師になることは様々な方法があり簡単ですが、長続きする人が少ないということを覚えておきましょう。

 

主なサービス一覧

  • 占いバランカン
  • アカデメイア
  • 電話占いピュアリ

 

占い師はどういった人にオススメか?

占い師を名乗ることは簡単ですが、長く続けられるのは一握りという完全実力の世界ですから、占いテクニックを磨くことはもちろん社会経験や人間としての常識をわきまえている方が良いでしょう。

当たるということも大事かもしれませんが、何かしらの悩みを抱え、相談しに来ている人が多いですから、相手の立場になり親身になれるかどうかといった人間性の部分が人気を左右するといえるでしょう。

 

まとめ

占い師を副業にされる方は増えており、特別な「修行」や「資格」の必要がなく、すぐにでも占い師を名乗り副業をスタートさせることができます。

ただし報酬の安定性に欠け、長続きさせられる方がほんの一握りの実力社会ですから、占いのテクニックはもちろん、人間性も磨き続ける必要がある副業と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください