EOS(イオス)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

EOS(イオス)

この記事では、仮想通貨のEOS(イオス)について、その特徴などを紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名EOS(イオス)
通貨略号EOS
公開日2017年
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数10億EOS
取り扱い国内取引所なし
取り扱い海外取引所Poloniex(ポロニエックス)
Bittrex(ビットトレックス)
openledger(オープンレジャー)
etc.
公式サイトEOSの公式サイト
ホワイトペーパーEOSのwhitepaper

EOS(イオス)の基本情報

EOS(イオス)は、略号がEOSの仮想通貨(暗号通貨)です。2017年に公開されました。

公開直後からいきなり時価総額でトップ10に入ったことで話題を集めたのが、アルトコインのEOSです。6月のICOを終えてから、実に300%以上の上昇を見せた日もありました。

EOSは分散型アプリケーションに特化したプラットフォームであり、大企業間で広く使用されること想定して開発されています。

EOSは非同期通信と並行処理を採用し、秒当たり何百万ものトランザクションをサポートしています。Facebookが5万2000、Googleが4万のトランザクションサポートなので、どれだけ高速かがわかります。また、トランザクションのたびにユーザーが支払いを要求されることはありません。

EOSのICOでは、10億トークンのうち2億(20%)トークンが最初の5日間で配布され、以後2017年7月1日からEOSトークンの7億(70%)を24時間ごとに200万トークンずつ350日間配布されます。残りの1億(10%)トークンは運営が保有です。ICOの期間が非常に長い特徴があります。

そして、最も注目すべきは、トークンは利用用途が一切なく、48時間以内に移転不可となることがホワイトペーパーに記載されていることです。将来的にも利用用途は全くないようです。つまり、開発の資金調達のためにトークンが発行され、ICOが行われたと言えます。

利用用途のないトークンがこれだけの調達をできていることは驚くべき事実です。

最近はICOブームが続いており、よくわからないトークンでも多額の資金を集めている例があります。サイトやホワイトペーパーを見ずに投資する方も多いです。

EOSはプロジェクト自体は有望であり、経験豊富なメンバーも揃っていることから、利用用途がないにも関わらず成功したと考えられます。

しかしながら、現在のICOブームは過熱しすぎており、ホワイトペーパーに見栄えのいいことを書いていれば、開発実態もわからないにもかかわらず、それだけで数十億円が集まるというような状況です。

さすがに、どの国でもICOに対して規制に乗り出しており、今後どうなるか気になるところです。

 

EOS(イオス)の特徴

  • 通貨の略号はEOS
  • 通貨の発行量は10億EOS
  • EOS自体は何の利用用途がない

 

EOS(イオス)の価格推移・チャート

EOS(イオス)3

EOS(イオス)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoなどで確認できます。

EOSには利用用途がないということで、公開以降、徐々に価格が下落しています。価格は1EOS=1ドル程でスタートし、一時1EOS=5ドルまで高騰しました。

一時的に時価総額は9位まで上昇しましたが、以降の下落は止まらず、2017年9月にはとうとう1EOS=1ドルを下回り、2017年10月時点では、0.5ドルまで下がっています。時価総額も30位付近まで後退しています。

 

EOS(イオス)の購入方法・取引所

EOS(イオス)を取り扱う世界の取引所は下のとおりです。

EOS(イオス)4

日本の取引所では、EOSを売買できるところはありません。

海外の取引所では、Bitfinex(ビットフィネックス)、HitBTC(ヒットビーティーシー)Kraken(クラーケン)などの取引所で売買ができます。

 

海外の取引所で取引するには、国内で口座を開設し、BTCなどで送金する必要があります。マイナーな取引所では、あとで倒産や資金が取り出せないといった危険があるため、まだ口座をお持ちでない方は、大手のビットフライヤーコインチェックザイフで口座を開設しておくのが安全です。

それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。

 

まとめ

以上、EOS(イオス)について紹介しました。

この記事をお読みになった方の中には、「EOSについて興味が出たけど、自分で購入するのはちょっと不安」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気トップクラスの方法です。

例えば、取引所のビットフライヤーのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大23,000円の報酬が支払われますし、ポイントサイトのモッピーであれば、紹介数が増えると毎月10万円の収入をなにもせずに稼ぐことも可能です。

 

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。
仮想通貨の取引を始めたいという方は、Zaifビットフライヤービットバンクからどうぞ!

アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

 

ビットコイン
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 


 

GMOコイン
ビットトレード








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です