DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

ドローン動画撮影は副業として成り立つのか?|特徴・評判・メリット・デメリット

インターネット環境の充実や、さまざまなテクノロジーの誕生により、副業も以前の「内職」のようなイメージのものとは、かけ離れたものが多くなっています。

新しいジャンルの副業は、稼げる報酬も内職とは比べ物にならないくらい高額になっていますから、副業の調子が良くなったら本業にしてしまう人も少なくありません

中でも注目されている副業として、ドローン動画撮影が挙げられます。

大人の遊び道具というイメージがあるドローンを使って、どのように報酬を得ていけばいいのか?

また具体的な報酬金額やメリット・デメリットを紹介していきます。

もっといろいろ副業について知りたいという方は、下の記事からどうぞ。

 

ドローン動画撮影でどう稼ぐ?

ドローン動画撮影でどのようにしてお金を稼ぐことができるのでしょうか。

基本的には通常のカメラではなく、ドローンを使うわけですから空中から撮影した動画を販売するといった形になります。

主にイベントや展示会などでの集合写真や、一般家屋の屋根の撮影やソーラーパネルの設置の撮影。他にもダムの点検用などの撮影も有名な対象です。

他にも映像作品(結婚式や卒業制作等)としても仕事が入ることもあり、意外と多くの分野で仕事が存在していると言えます。

制作会社に就職するわけでもなく、自身で会社を立ち上げるわけでもなく、あくまでも個人のスキマ時間に副業として行う場合には、需要が高い映像をリサーチし、ストックフォトサイトで販売をするという形が一般的です。

ストックフォトサービスとしては、有名どころでは「ピクスタ」や「アマナイメージズ」、「シャッターストック」などがあります。

他にもドローン動画を撮影したものにBGMなどをつけて作品を制作して、youtubeで広告収入で稼ぐ方法なども挙げられます。

また、ココナラなどのようにスキルの売買ができるサイトでは、顧客の要望に沿ったドローン動画を撮影代行という形で行なったり、指導するという方法もあります。

 

 

ドローン動画撮影でどのくらい稼げるもの?

ドローン動画撮影で一体どのくらいの報酬が見込めるのでしょうか。まずドローン動画撮影を制作会社に依頼をすると、一般的にどのくらいの料金を請求されるのかを知っておきましょう。

制作会社にドローン動画撮影を依頼すると、会社によってまちまちですが、最低でも6万円。高額な設定のところだと、30万円前後の金額を請求されます。

しかし、これはあくまでもプロとしての仕事に対しての正当な対価。人件費もかかり、ロケハンの許可やリハーサルフライト。そして作品の編集やBGMの導入なども含まれることが多いため、決して高額とは言えません。

一般の方で、個人サイトなどを立ち上げて、副業として制作の請負いなどを大々的に行っている方の場合には、平均相場はドローン動画撮影とデータ納品で4万円前後になります。

ストックフォトサイトでの作品販売の場合には、やはり需要の高さによりけりですが、売れていない場合には数百円から数千円。

需要の高い映像なら数万円から数十万円稼ぐことが可能です。

ストックサイトは通常の写真撮影などもそうですが、撮影のテクニック云々より、ビジネスなどで利用できる「需要が高い作品」であるかどうかが売上を左右します。

ですから、「ユーザーがどのような動画を欲しがっているのか?」をリサーチする能力が高い人ほど、副業として稼げる可能性が高いと言えるでしょう。

 

 

ドローン動画撮影を副業にするメリットは?

  • 趣味の延長で仕事を楽しみながら行える
  • 動画撮影以外にも需要があり将来性がある

 

趣味の延長で仕事を楽しみながら行える

ドローン動画撮影のメリットは、やはりドローンを飛ばして動画撮影をするといったラジコン趣味の延長のような作業を楽しみながらも、それがお金にできるということ。

一般的な趣味をただ楽しんでいるだけではお金にはなりません。しかしドローンが趣味の場合には、それがお金になる。このような趣味は、他にはなかなかないと言ってよいでしょう。

売れることを追求してしまうと、趣味という感覚がなくなってしまう恐れもありますが、そこまで副業という意識を強く持たなければ、自分の好きな趣味を楽しみながら撮影ができます。

 

動画撮影以外にも需要があり将来性がある

ドローン動画撮影を副業にする次のメリットですが、動画撮影や写真撮影のみならず、ドローンを扱えることで将来性が広がるという点です。

例えば既に建設業界などでは導入され始めていますが、これまでは多大なコストが掛かるヘリコプターでしか行えなかったダムやトンネル、高層ビルといったものの定期点検作業などが行えます。

これらはアイコンストラクションと呼ばれており、ICT技術の一つとしてドローンが活躍しているのです。そしてドローンを使った宅配サービスや災害現場での捜索作業。

農業の分野では農薬の散布など。更に測量分野に至るまで、さまざまな分野での可能性が広がっているのです。認知度は高くなっていますが、まだまだドローンパイロットが不足している状況ですから、今がチャンス。

ライバルがまだ少ないからこそ、ビジネスチャンスが多く広がっている副業であることも大きなメリットと言えますね。

 

 

ドローン動画撮影を副業にするデメリットは?

  • 毎月安定した収入が欲しくても思い通りになるとは限らない

 

毎月安定した収入が欲しくても思い通りになるとは限らない

ストックサイトなどに登録をして作品を販売するのがスタンダードな副業方法ですが、必ず売れるとは限りません。なぜ副業をするのかといえば、本業での収入に不満を感じているからでしょう。

ですから少なくてもお小遣いの足しになる程度の金額を毎月安定して稼ぎたい。こんな風に思っていたとしても、作品のクオリティやどのようなテーマで撮影をするかによっては、ドローン動画撮影では思ったほど売れない可能性があります。

あくまでも作品を何かしらに利用したいユーザーが購入をしてくれた結果、インセンティブが自分の元に入り収入になるというシステム。決して作品を作れば必然的に収入が入るわけではないのです。

このためユーザーがどのようなドローン動画を求めているのかをリサーチすることに多くの時間を割く必要が出てきます。結果として自分が撮りたいものを撮影できなくなる可能性が出てくるデメリットもあると言えるでしょう。

 

 

まとめ|ドローン動画撮影は楽しめる副業

ドローン動画撮影を副業にするメリットは、趣味の延長で楽しみながらできるなどがありますが、決して安定した収入を得られる保証はないということがデメリットになります。

ドローンと撮影テクニックを磨き、ユーザーのニーズをマメにリサーチすれば、ある程度の報酬を得ることができるでしょう。

そのうえで動画撮影以外のジャンルでも色々な業界でドローンのニーズが高まっていますから、操縦スキルを身に着けておけば、広い分野で副業が行える可能性が広がっているのです。

 

 

 


当サイトでは、多くの方が実践している人気の副業をいろいろ紹介しています。

転売やポイントサイト、アフィリエイト、クラウドワーキングなどなど。

これからは、会社員の副業が解禁される時代です。

多くの人がやり始めてから副業を始めても、スタートで出遅れているので、後から挽回するのは難しくなります。

ですので、副業を始めるのであれば1日でも早く取り組むくことをオススメします。

副業に興味がわいた方は、下の記事などで紹介していますので、ご覧になってみてください。

 

オススメの副業方法はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください