DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

DMM Bitcoinの売買方法

この記事では、仮想通貨取引所DMM Bitcoinにおける売買方法についてご紹介しています。

まずは「DMM Bitcoinってなに?」という方向けに、簡単に概要説明をしたいと思います。

登録がまだの方は、2018年9月までお得なキャンペーンをしていますので、DMM Bitcoinの口座開設に興味がある方は、今すぐ登録することをオススメします!

口座開設はとても簡単で、申し込みは最短5分で終わります。

とは言っても、「登録方法よくわからないんだけど…」という方もいらっしゃるかと思います。

このサイトでは、DMM Bitcoinの登録方法から使い方まで紹介していますので、下の記事を参考に口座を作成してみてください。

 

9月末まで限定!最大5,000円

 

 

DMM Bitcoinとは?

DMM Bitcoinは、2017年12月1日から営業を開始している仮想通貨取引所です。

DMM Bitcoinはもともとは「株式会社テコテック」の子会社「株式会社東京ビットコイン取引所」として営業していましたが、2017年12月に「株式会社DMM FXホールディングス」へ譲渡され、2018年1月11日より「DMM Bitcoin」として運営を開始しました。

DMM Bitcoinは現在以下の7種類の仮想通貨を取り扱っています。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XEM(ゼム)
  • XRP(リップル)
  • ETC(イーサクラシック)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCC(ビットコインキャッシュ)

 

DMM Bitcoin において、取引方法は大きく分けて以下の2つあります。

  • 現物取引
  • レバレッジ取引

では、現物取引とレバレッジ取引。それぞれについての解説とともに取引方法を説明します。

 

DMM Bitcoinの現物取引方法

現物取引はユーザーとDMM Bitcoinとの間で取引の際に現金または仮想通貨の受け渡しが行われる取引のことです。現物取引はユーザーがDMM Bticoinに預け入れているお金(仮想通貨と日本円)の範囲内でしか取引ができず、保有していない仮想通貨を売ることもできません。よく理解できない方は 具体例として以下の画像をご覧ください。

 

お分かりいただけたでしょうか。また、DMM Bitcoinでは2018年7月現在、現物取引はBTCとETHでしか行っていないのでご注意ください。

では具体的な取引方法を説明します。

ストリーミング注文

ストリーミング注文とは、販売所(DMM Bitcoin)が決定した仮想通貨の価格で売買できるという注文方法です。DMM Bitcoin が決定するので価格が安定しやすい反面、基本的に購入時点での実際のレートより割高で購入しなければいけません。

まずはマイページから「トレード口座」を選択します。

すると、DMM Bitcoin のトレード画面に移動するので、左上の「メニュー」から「現物注文(購入・売却)」を選択します。すると注文ボックスが表視されます。(この時、右上の注文タイプがストリーミングになっていることを確認してください。)

 

購入する場合は「購入価格」(右側)を、売却する場合は「売却価格」(左側)を確認しましょう。右側に表示されている数字が購入価格、左が売却価格です。購入もしくは売却する数量が決定したら以下の画像の赤枠で囲まれた部分に入力しましょう。

最後に購入ボタン(右)or売却ボタン(左)をクリックすれば完了です。

指値注文

指値注文とは簡単に、売買時の価格を指定して注文する方法です。その特徴からなかなか注文が取引が確定しないという欠点があります。では手順の説明に移ります。

まずはマイページから「トレード口座」を選択します。

すると、DMM Bitcoin のトレード画面に移動するので、左上の「メニュー」から「現物注文(購入・売却)」を選択します。すると注文ボックスが表視されます。(この時右上の注文タイプが指値になっていることを確認してください。)

続いて購入または売却のどちらかを「売買」欄から選択し、購入する仮想通貨の「数量」とレート「金額」を入力します。最後に「注文」をクリックし以下のページに移動してください。

ここで間違いがないか確認し、問題なければ「注文実行」をクリックして作業完了です。

レバレッジ取引

レバレッジ取引とは自分の持っている資金(元で)を証拠金とすることで、レバレッジを効かせ少額の資金からでも多額の取引ができるようになるというものです。まずはマイページから「トレード口座」を選択します。

すると、DMM Bitcoin のトレード画面に移動するので、左上の「メニュー」から「レバレッジ注文」を選択します。

 

すると以下のような注文ボックスが表示されます。

注文ボックスでの注文手順についてまとめましたのでご覧ください。

  1. 左上の「レバBTC/JPY」と表示されている欄からの注文したい仮想通貨の銘柄を選択します。画像
  2. 右上の「注文タイプ」から指値・ストリーミング・OCO等の取引種類を選択します。
  3. 注文数量を入力します。
  4. 最後に「売り」の青色ボタンか「買い」の赤色ボタンのどちらか任意の方をクリックして完了です。

 

手数料等について

 

現物取引とレバレッジ取引における手数料は無料です。ただしレバレッジ取引の場合「レバレッジ手数料」がかかってしまったり、円貨の入出金の際の銀行手数料はユーザー負担など、注意が必要です。詳しくは以下の画像をご覧ください。

 

 

またはデバイスの推奨環境については以下の通りです。できるだけ最新のものにアップデートする必要があります。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。仮想通貨初心者には「レバレッジ取引」ではなく「現物取引」をお勧めします。

おそらく初心者にとって「仮想通貨FX」というのは少しハードルが高いです。FXにおける専門用語が頻出するせいもあって理解に時間がかかると思いますが根気よくがんばりましょう。

 

9月末まで限定!最大5,000円

 

 

仮想通貨取引所ランキング|特徴別に比較

仮想通貨取引所の特徴別ランキング
総合ランキング手数料の安さアルトコインの種類
仮想通貨FX安全性の高さ友達紹介制度

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください