DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

【ブログ33】マッチングアプリで成功する秘訣は対応のスピード

【ブログ33】マッチングアプリで成功する秘訣は対応のスピード

なまはむ

閲覧ありがとうございます。サイト管理人のなまはむです。

前回の記事では、「Omiaiで2人目に会ってきたことを報告」しましたが、「次に何を食べに行こうか?」という話題になったあと、サイトの更新作業に必死で返信を忘れていて、3日してから返信したらスルーでした。

女性が見切りをつける基準は厳しい…。2人目も失敗です。

『スマホ時代に突入して現代人の集中力はさらに低下傾向にあり、長い文章を読めなくなっている』との調査結果が発表されましたが、これは他のことにも言えそうです。

現代人の忍耐力は、全ての事象に対して低下傾向ということを日常生活でもよく感じます。

 

 

マッチングアプリで上手くいきたいならスピードが大切【神速で対応すべし】

 

めちゃくちゃ当たり前のことですが、返信スピードって大事です。「今さら何言っているんだ?」っていうレベルですが、再認識しました。

仕事が本当に忙しかったり、身内に不幸があった場合とかも可能性としては存在するわけで、判断が早すぎない?たった数日で見切りをつけるとか早すぎでしょ!」とか思いましたが、逆の立場で考えれば納得。

女性側から見ると「他の子とのやり取りに忙しくて返信していなかったんでしょ?」とか、「私の優先順位は低いんだ」という風に、捉えられてしまいます。

 

逆に対応スピードが早ければ、「これだけ返信速いっていうことは私とのメッセージを楽しみにしているんだ!」「連絡がマメだし私のこと大切にしてくれそう!」という印象を抱かせ、相手に対するアピールに繋がります。

結果、相手に対して自分を意識させることが可能となります。

そう言った話をシェアハウスの女性にすると(マッチングアプリということは伏せて)、「どれだけ時間や手間をかけてくれたかって大事じゃん」とのこと。周りの女性もかなりウンウン頷いていました。

やはり基本的な女子の価値観としては、「その人のためにどれだけ時間と手間をかけたか」という部分が大きいみたいです。

 

管理人個人としては、「どれだけ時間をかけるかってそんなに重要?やることはいっぱいある訳で、できる限り時間節約したい」と思ったりもしますが、女性がそう感じている以上、それに合わせねばなりません(よっぽどのハイスペック男子は除く)。

 

一応わかってはいたものの、結局実行できていないので意味がありません。「わかっている」と「できている」の差はとてつもなく大きいです。

マッチングアプリを比較するために6つのアプリに登録した管理人は、マッチングした相手が多数いるため、どうしても連絡が後回しになっていました。反省です。それが伝わっていたんでしょうね。

選択と集中の大切さも思い知りました。

1ヶ月経過して、6つのうち4つのマッチングアプリに課金しましたが、使うのはすでに「Pairs」「Omiai」「with」の3つまで絞りました。今後は返信スピードも上がることでしょう。

最近はOmiaiが不調で、withとペアーズでメッセージが続くようになってきました。

近いうちにwithで知り合った女性と会うことになりそうです。この頃、「一番コスパいいのはwithでは?」と感じるようになってきました。

それではまた。

 

⇒ 運命よりも確実な出会いwithを始めてみる

 

⇒ あなたもNo.1マッチングアプリ「Pairs」 を始めてみる

 

 

おまけ|マッチングアプリで成功率を上げるなら年収を増やそう

過去に何度もマッチングアプリを使用している管理人の経験から言わせてもらうと、年収ランクが一つ上がると、マッチングのしやすさや、いいねをもらえる数が、圧倒的に増えます。

ペアーズなら、400〜600万と600〜800万では、女性ウケは段違いです。

マッチングアプリでの出会いを成功させたいのであれば、年収を上げることは最重要項目の一つです(それ以外の項目も大切ですが)。

そうはいっても、会社勤めをしていると、よほどの大企業でないと、給料はすぐに上がりませんよね?

そんなあなたが、年収を上げるために取れる選択肢は2つです。

 

1つ目|給料が高い会社に転職

は、単純に、給料が高い会社に転職するという方法。

少子高齢化が進み、働き手が減っている中、どこの企業も人材確保に苦戦しています。ですので、20代〜30代というのはかなり需要が高く、わりと簡単に給料が今よりもいい会社への転職が決まります。

管理人の友人・知人で、転職していった人たちに年収を聞いてみると、50〜150万円程度上がった人が多かったです。

オリンピック需要のおかげで、転職市場は「史上まれにみる売り手市場」となっており、この機会を逃すと、なかなか良いオファーに巡り会えないかもしれません。

転職活動が面倒という方は、「Switch」を利用してみるのがオススメです。Facebookアカウント持っていれば、登録するだけでスカウトが来るので、軽く転職活動を味わってみたい人向け。

 

2つ目|副業を始める

2つ目は、副業をするという方法。社会的に副業を容認する流れとなっている今、副業をしないのは大きな損失です。

実際に副業をしている人の平均収入は月6万円程度ですので、ちょっと頑張れば、年収50〜100万円ぐらいを増やすことが可能です。

下の記事で副業についてはまとめていますので、そちらもご覧になってみてください。

 

 
出会えるマッチングアプリ5選
  • ペアーズ(業界No.1のマッチングアプリ)
  • Omiai(ペアーズよりやや年齢層が上。真剣な人が多い)
  • withイチ押し。心理テストで相性がいい人がわかるのでマッチングしやすい)
  • タップル(気楽な出会いを求めている人が多め。年齢層は若め【R-18】)
  • CROSS ME(20代前半の利用者が多め。ライトな感覚で利用できる)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください