DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

【管理人ブログ30】Pairs(ペアーズ)が課金ゲーになってました!料金半端ないって

なまはむ

閲覧ありがとうございます。サイト管理人のなまはむです。

マッチングアプリに登録してすでに1週間が経ちましたが、業界最大手のペアーズがいつの間にか、ソシャゲ並みの課金ゲーになっていたので、途中経過報告です。

 

Pairsでマッチングするためには課金パワーが必須

マッチングアプリのペアーズは課金しないと厳しいという現状」を先日報告しました。

ソシャゲみたいに課金しないとメッセージのやり取りすら難しいシステムになっていました。

ブーストという「お金を払って自分のプロフィールを検索上位に表示する」仕組みが導入されたためです。

 

これについて、もう少し詳しくご紹介します。

このブーストという機能は、使用している間、自分の検索順位が大幅にアップするので、女性にプロフィールを見てもらえる回数が大幅に増えるというものです。効果は1時間しか続きません。

ググったときに、1ページ目にあなたのプロフィールが表示されるというイメージです。

このブーストを使うには、ペアーズのポイントと交換する必要があります。

1日に1ポイントずつ無料でもらえるのですが、1ブーストは9ポイント必要なため、課金しない場合は9日間待つ必要があります。3ブーストをまとめて交換すると21ポイントで買えるので、少しお得になっています。

 

このポイントをお金で買うと、10ポイントで1,400円、30ポイントで3,500円、100ポイントで10,800円となっています。

つまり、たった1時間の上位表示のために、1,400円もかかるわけです。

とんでもない課金ゲーです。

 

で、実際にこれまで2度、管理人はブーストを使いました。あまり具体的な数字を出すと、管理人が特定されてしまいますので、数字に関してはお茶を濁します。

ブーストを使わない場合、1日の訪問者は5〜10人といったところでした。足跡を隠す機能があるので、もう少し多いかもしれませんが、そんなものです。

しかし、ブーストを使ったとき、1時間の間で訪問数が40人を超えましたし、その1時間でもらった「いいね!」の数は、3日分、つまり72時間でもらった「いいね!」よりも多くなりました。

このように、課金パワーを使うのと使わないのでは、女性に見てもらえる回数に雲泥の差が生じ、もらえるいいね数、マッチングできる数も大きく変わってきます。

 

どうしてペアーズではブーストを使わないとマッチングしないのか?

  • 男性会員が多過ぎる
  • プレミアムプラン利用者が多い
  • ほかにもブースト利用者がいる

 

ペアーズで普通にやっているとマッチングは難しいでしょう。その理由は上で挙げた3つが影響しています。

男性会員は、女性会員の3倍以上いますが、その中からあなたのプロフィールを見てもらうというのは至難の技です。

検索上位には、「プレミアムプラン」や「ブースト」の利用者が優先的に表示されます。そうなってくると、あなたのプロフィールが表示されるのは、10ページ目とかになるわけです。

グーグルの検索結果と同じで、そんなに後ろのページまで見る人というのはレアなため、あなたの存在は知られずに終わってしまいます

年収1,000万以上や、医師や外資系銀行勤務などのハイスペックであれば、女性の年収検索で引っかかるため、表示されるでしょう。

しかし大半の人はそれほどハイスペックではありませんので、課金パワーを使わざるを得ないという状況です。

 

マッチングアプリの料金は高いのか?

管理人は、何度も合コンや街コンに参加してきました。友人からの紹介とかも何度か受けたことがあります。

その結果からは、「プレミアムオプションをつけてもマッチングアプリの料金は高くない」と管理人は考えています。

月々6,000円ほど支払えば、「メッセージできる権利+上位表示される権利(プレミアムオプション)」をゲットできます。

これを、合コンや街コンに1回行くのと比べると、アプローチできる女性を自分で選べますし、登録者も多いので、女性一人と知りあうためにかかるコストは安いです。「女性との出会いを費用対効果で考えるのか!」という意見もあるでしょうが、間違いなく安いです。

ただ、ペアーズが、ほかのマッチングアプリに比べて割高なのは否めません。

とはいえ、登録者数をほかのマッチングアプリと比較すると、ペアーズが一番多いのは事実でしたので、それだけでも利用するメリットがあるといえます。

プレミアムサービスについては、まだ登録していないのですが、今後登録して数字の検証を行ってみようと思います。

 

現状コスパがいいマッチングアプリはOmiaiかwith

マッチングアプリの登録者数を、新規登録者や、年齢ごとに条件を変えて色々比較しましたが、登録者数は以下のようになりました。

Pairs>Omiai>with>ゼクシィ恋結び>Matchbook

※タップルというマッチングアプリは、上の5つとは方向性が違うので除外しています。

 

この中で、Omiaiとwithは、ペアーズのように上位表示オプションを使わなくても、管理人のプロフィールを閲覧してくれているので、コスパはいいと言えます。

ただし、どちらも検索を便利にしようと思うとプレミアムオプションを利用した方が、自分の好みの女性を見つけやすくなります。

仕事が忙しい方などは、限りある時間で効率よくパートナーを見つけるために、人気や登録日、相手のステータスなど細かい条件を設定できる、プレミアムオプションを利用しましょう。

 

管理人としては、オプション課金をしない場合の総合的な使いやすさは、Omiaiが一番だと思います。

「消費いいね数」という項目を使えば、相手の大まかな人気がわかりますし、登録1週間以内でライバルが少なめの女性を探すこともできます。

それに、課金しなくても上位表示されるというのも大きなメリットです。実際、メッセージも複数人とやり取りできていますし、過去に何人とも食事に行ったこともありますので、昔も今も安定して使いやすいマッチングアプリだと思います。

 

ペアーズはプレミアムオプションの効果次第ではあり

「ペアーズが課金ゲーになっている」と述べましたが、これはあくまでもブーストだけを使った場合です。

プレミアムオプションはまだ使ったことがありませんので、ちゃんと登録してアクセス数を見てから再評価したいと思います。

プレミアムオプションを使わない状態で、管理人プロフィールの10日目時点の訪問者数は、

Omiai>with≧ゼクシィ恋結び>Pairs≧Matchbook

となっています。

プレミアムオプションを使わないのであれば、「with」も性格診断という独自機能を武器に利用者を増やしています。

性格診断によって、性格上の相性がいい相手を教えてくれるという点が人気で、利用している人も多く、メッセージも返ってきやすいです。

ゼクシィ恋結びは、ほかのアプリとは登録している女性が違う感じですね。「ゼクシィ」という安心感で登録している人が多いためと推測できます。マッチングアプリに不安を感じる女性も多いので、「ペアーズに登録するのは抵抗があるけどゼクシィなら…」という感じで登録しているのでしょうね。マッチングアプリには、こういう信頼感も大事ですね。

ただし、Matchbookだけは今のところ使うメリットが感じられません。

後発サービスで利用者が少ないにもかかわらず、上位表示オプションを有料で導入しているのはいただけません。とある条件下で検索すると、表示された女性の数は、ペアーズの10分の1にも満たないという有様でした。

今後、改善する可能性は0ではありませんが、運営体制などをみている限り、今の所はかなり難しいでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください