DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

【管理人ブログ28】マッチングアプリpairs(ペアーズ)に再登録しました

【管理人ブログ】マッチングアプリpairs(ペアーズ)に再登録しました

なまはむ

閲覧ありがとうございます。サイト管理人のなまはむです。

先日の宣言」どおり、マッチングアプリを開始しました。まずは大御所のペアーズにだけ登録しましたが、今後いくつか増やしていく予定です。

アプリ毎に登録している層が違うので、withなどの新興マッチングアプリにどういう層が登録しているのか確認しようと思います。

 

東京のペアーズ登録者数は桁違い

【管理人ブログ】マッチングアプリPairs(ペアーズ)に再登録しました2

大阪などの首都圏で「ペアーズ」や「Omiai」を利用してきた管理人ですが、東京の登録者数の多さに驚きました。

大阪でも1日の新規登録者数は数十人なのですが、東京だと3桁いっていますね。人口を考えれば当然と言えば当然ですが。

これはプレミアム機能に登録するなどして、検索を効率化しないと探しきれそうにないですね…

うまいこと課金したくなる仕組みが作られているものです。

昔のペアーズは、「確実にこの人サクラだろ!」っていう人がいましたがいまはどうなんでしょうね?

 

女性側のスペックを確認していると、「年収600〜800万」とか、「800〜1,000万」とかいう女性がゴロゴロいるから驚愕です。さすが東京。

女性側の年収がこれだと、男性側は「年収1,000万〜」ぐらいじゃないと人気が集まらないかもしれないですね。

少なくとも「800万〜1,000万」のところに位置しないと勝負にならないかも…

登録者が多いということは、ライバル(=競合)もそれだけ多いということですからね。

 

サイトの収入を増やして、「1,000万〜」を堂々と選びたいものです。そのためにもっと頑張ります。

昔ペアーズを利用していたころ、試しに実際の年収よりもワンランク上に設定を変更したことがあります。

すると、変更したその日からいいねが急増しました。

そういった経験があるので、ペアーズにおいて年収欄の強さは体験済みなのです。

年収の項目を条件設定して検索をしている女性が多いんだろうなぁ…」としみじみ実感しました。

それでいいね数が増えたところで、年収目当ての人とマッチングするわけなので、いい結果に繋がるのかは神のみぞ知るという感じですけどね。

 

⇒ 運命よりも確実な出会いwithを始めてみる

 

 

アフィブログで培ったスキルはペアーズでも生かせるはず

【管理人ブログ】マッチングアプリPairs(ペアーズ)に再登録しました3

ペアーズでは、自身の画像やプロフィール欄を駆使して、自分をアピールしなければ、第一段階のマッチング(メッセージのやり取りが可能になること)すらできません。

ペアーズでマッチングを成立させるには、公開している限られた情報で、相手に興味をもってもらう必要があるわけですが、これってアフィブログで成果を出すためのスキルと似ています。

 

  • 魅力的なプロフィール写真を選ぶ(=アイキャッチ画像の選定)
  • 印象に残すための強烈なキャッチコピー
  • 読者(=女性)の疑問・不安を解消するためのプロフィールの作成

 

まさにやることはアフィブログと同じ。これまで培ってきたスキルの活かしどころです。

ペルソナ(=ターゲット)設定して、自分がターゲットとして設定している人物像(=好みの女性)をイメージし、その人が知りたい情報を提供する。

アイキャッチ画像も、ターゲットとしている人物像に好まれそうなものをチョイス、もしくは撮影してくる。

また、自分のスペックがそれほど高くないのであれば、年収以外のどこで勝負できるかも考える必要があります。

まだ登録したてなので、このへんは毎日微調整しながら成果を確認していきます。

自分のサイトならクリックされた率とか、ページ滞在時間もわかるのでプロフィールや画像の改善も簡単なんですけどね。。。

 

⇒ あなたもNo.1マッチングアプリ「Pairs」 を始めてみる

 

 

おまけ|マッチングアプリで成功率を上げるなら年収を増やそう

過去に何度もマッチングアプリを使用している管理人の経験から言わせてもらうと、年収ランクが一つ上がると、マッチングのしやすさや、いいねをもらえる数が、圧倒的に増えます。

ペアーズなら、400〜600万と600〜800万では、女性ウケは段違いです。

マッチングアプリでの出会いを成功させたいのであれば、年収を上げることは最重要項目の一つです(それ以外の項目も大切ですが)。

そうはいっても、会社勤めをしていると、よほどの大企業でないと、給料はすぐに上がりませんよね?

そんなあなたが、年収を上げるために取れる選択肢は2つです。

 

1つ目|給料が高い会社に転職

は、単純に、給料が高い会社に転職するという方法。

少子高齢化が進み、働き手が減っている中、どこの企業も人材確保に苦戦しています。ですので、20代〜30代というのはかなり需要が高く、わりと簡単に給料が今よりもいい会社への転職が決まります。

管理人の友人・知人で、転職していった人たちに年収を聞いてみると、50〜150万円程度上がった人が多かったです。

オリンピック需要のおかげで、転職市場は「史上まれにみる売り手市場」となっており、この機会を逃すと、なかなか良いオファーに巡り会えないかもしれません。

転職活動が面倒という方は、「Switch」を利用してみるのがオススメです。Facebookアカウント持っていれば、登録するだけでスカウトが来るので、軽く転職活動を味わってみたい人向け。

 

2つ目|副業を始める

2つ目は、副業をするという方法。社会的に副業を容認する流れとなっている今、副業をしないのは大きな損失です。

実際に副業をしている人の平均収入は月6万円程度ですので、ちょっと頑張れば、年収50〜100万円ぐらいを増やすことが可能です。

下の記事で副業についてはまとめていますので、そちらもご覧になってみてください。

 

 
出会えるマッチングアプリ5選
  • ペアーズ(業界No.1のマッチングアプリ)
  • Omiai(ペアーズよりやや年齢層が上。真剣な人が多い)
  • withイチ押し。心理テストで相性がいい人がわかるのでマッチングしやすい)
  • タップル(気楽な出会いを求めている人が多め。年齢層は若め【R-18】)
  • CROSS ME(20代前半の利用者が多め。ライトな感覚で利用できる)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください