詐欺コイン一覧と仮想通貨詐欺の見分け方

仮想通貨詐欺

ビットコインの普及以降、爆発的に広がっている仮想通貨ですが、「お金が集まるところには詐欺あり」ということで、仮想通貨を使った詐欺が増えています。

どうせ投資するのであれば、詐欺ではない仮想通貨に投資したいですよね?

この記事では、詐欺との噂がある仮想通貨と詐欺コインにありがちな特徴を紹介していますので、参考にしてみてください。

ただし、あくまでも噂ですので、噂があるからといって必ず詐欺というわけではありませんしこの特徴に当てはまったから絶対に詐欺コインというわけでもありません

必ず、ご自身でしっかりと調査を行なって、自己責任のもと対処してください。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

なぜ仮想通貨では詐欺が多いのか?

ご存知のように、ビットコインは、発効当初から計算すると100万倍以上の値上がりを見せました。

それらに追随するイーサリアムやリップルといったほかの仮想通貨も、プレセール時から数十倍〜数百倍以上の値上がりを見せています。そのため、「仮想通貨は儲かるもの」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

そんな仮想通貨の値上がり幅にあやかりたい人も多いかと思います。実際、私もその1人で、仮想通貨のブームにはあやかりたいと思っています。

しかし、「よくわからないけどなんだか儲けられそう」というイメージは、詐欺という行為を働く上で、この上なくピッタリ適しているのものです。

詐欺師は響きのいい言葉を使って、人間の心の弱い部分をうまくついて、利用してきます。

「この仮想通貨は、将来有望で間違いなく値上がりするから購入しないか?」という甘い誘いが増えています。私の周りでもチラホラそのような話を持ちかけられている人が増えています。

しかも、見知らぬ詐欺師からであれば警戒もしやすいですが、教師の友人から話を持ちかけられたといった例もあり、ネズミ講(別名:ネットワークビジネス)のような組織がすでに完成しているようです。

厄介なことに、末端の一般の人たちは、詐欺師たちの話を聞いて、すっかりその詐欺話を信じ込んでいるからこそ、友人にも強く勧めてきます。

しかしながら、仮想通貨の投資話に関連した刑事事件も起こるようになってきていますし、勧誘話がいきすぎた結果、大きな損失を出して殺人事件にまで発展した例もありますので、くれぐれも注意するようにしましょう。

 

「仮想通貨で稼ぐためにプレセール段階の仮想通貨を買いたいが、この仮想通貨が大丈夫か不安」、「仮想通貨のセミナーに行ったが、投資すべきか?」というようなことを考えているかたは、ぜひこの記事をお読みください。

 

仮想通貨の詐欺が増えている理由とは?

仮想通貨は、現在世界的に注目度が高い分野ですが、それはなにも一般の方に限ったことではなく、詐欺師にとっても注目度が高い分野です。詐欺師という人種は、トレンドの変化に敏感なので、最も熱気が高まっている新分野に詐欺師がなだれ込んできています。

それには理由がいくつかありますが、最も大きいのは、2017年の段階では法律が未整備なので、詐欺が発覚したとしても、それが詐欺かどうかの立証および、犯罪としての立件が難しいという点があります。

というのも、仮想通貨には、値段がいくらなら妥当なのかといった理論的根拠が存在していませんし、コイン自体はデジタル情報で実物が存在しないものなので、何をやったところで、どこまでが詐欺かという線引きが難しいのです。

そのため、詐欺師の口車に乗せられてコインを購入したとしても、違法性を問えないというわけです。

また、仮想通貨なので、証券取引法や金商法、出資法といったキビシイ法律にも触れません。詐欺師にとっては、これほど好都合な商品はありません。投資詐欺で詐欺師が逮捕されるケースは、これらの法律に違反している場合が多いのですが、仮想通貨に関しては、実際のところ、違反に該当する法律が少なく、法律上は詐欺だと立証するのはかなり難しいのです。

 

また、仮想通貨の発行は誰でもできるのですが、その実態が非常に見えにくいというのも詐欺を助長しています。

株式の発行であれば、上場しようとしている会社がすでにサービスを提供している場合がほとんどで、実際にどのようなサービスか、どの程度将来性がありそうかといったことが確認できます。

しかし、仮想通貨のICOでは、こういったことが確認ができません。

仮想通貨のICOでは、ほとんどの場合に、これからサービスを開発するためのお金を集める目的で行われているからです。ですので、これから開発するとさえ言っておけば、本当は開発する気なんて全くしていないとしても、それを確認する手段がありません。

ですので、サイトのコンテンツの豊富さとホワイトペーパーで判断するしかありません。そのような状況なので、立派なサイトとホワイトペーパーと呼ばれる文書を用意すれば、それだけで数十億円を簡単に手にいれることが可能になってしまっています。

ただし、仮想通貨の詐欺に関しては、2017年秋頃から規制などが徐々に増え始めているので、以前よりは怪しげなコインの上場が少なくなっています。

 

詐欺にあったらどうしたらいいのか?

もし詐欺コインを買ってしまった場合、残念ではありますが、前述したように違法性を問うのが難しいため、泣き寝入りするパターンが多くなります。

ただ、販売代理店(このお店もグル)経由で購入した場合、「買い取り」を請求するだけしてみましょう。返金保証のようなことをしている場合もありますし、仮になかったとしても、詐欺師たちが、詐欺コインの評判が悪くなるのを恐れて返金してくれる可能性があります。

詐欺の締めくくり前の段階であれば、詐欺師はもうちょっと儲けを膨らますために、詐欺だという悪い評判が流れるのを避けたいという心理がありますの。ですので、返金に応じてくれる可能性があります。

刑事事件化を恐れて、返金するケースもあるようです。正確な理由は不明ですが、ノアコインは返金が始まりました。

 

詐欺との噂がある仮想通貨一覧

  • ADA Coin [エイダコイン]
  • Aloha Coin [アロハコイン]
  • Asset Coin [アセットコイン]
  • Atom Coin [アトムコイン]
  • AWA Coin [AWAコイン]
  • Baysia Coin [ベイジアコイン]
  • BTU [ビットユニオン]
  • 0ban [コバン]
  • Circle Coin [サークルコイン]
  • Clover Coin [クローバーコイン]
  • Credit Coin [クレジットコイン]
  • D Coin [Dコイン]
  • Digital Gold Coin [デジタルゴールドコイン]
  • Dircoin [ディールコイン]
  • Eternal Coin [エターナルコイン]
  • Fusion Coin [フュージョンコイン]
  • Futcoin [フートコイン]
  • GARUDA-Coin [ガルーダコイン]
  • Gem Coin [ジェムコイン]
  • Hit Coin [ヒットコイン]
  • Hold Coin [ホールドコイン]
  • Jewel Coin [ジュエルコイン]
  • KEY’token [キートークン]
  • LEO Coin [レオコイン]
  • Linked Coin [リンクドコイン]
  • M Coin [Mコイン]
  • Mold Coin [モルドコイン]
  • NAGEZENI [ナゲゼニ]
  • NOAH Coin [ノアコイン]
  • Ocean Coin [オーシャンコイン]
  • One Coin [ワンコイン]
  • PABYOSI COIN [パビョシコイン]
  • Planet Coin [プラネットコイン]
  • Port Coin [ポートコイン]
  • SmASH [スマッシュ]
  • TAOCOIN [タオコイン]
  • True Life Coin [トゥルー・ライフ・コイン]
  • World Peace Coin [ワールドピースコイン]
  • WOW-e-Coin [華コイン]
  • XID Coin [XIDコイン]
  • XEP Coin [XEPコイン]
  • XNC Coin [XNCコイン]
  • XRC Reglus Coin [XRCレグルスコイン]
  • Yes! Gold Coin [イエス! ゴールドコイン]

 

詐欺コインによくある9つの特徴

仮想通貨に興味をもったけど、詐欺が怖くて手を出せない」という方も、いらっしゃるかと思います。

これだけ次世代の新技術として注目されている仮想通貨の波に本当は乗りたいのに、詐欺が恐ろしいからといって、指をくわえて眺めているのはもったいないのではないでしょうか?

あなたが、仮想通貨の波に乗る一歩を踏み出せるよう、詐欺コイン(仮想通貨以外の投資商品にも当てはまります)にありがちな特徴を紹介します。詐欺かどうかを見極められるようになる手助けに少しでもなれば幸いです。

ただし、これに当てはまったから詐欺、これに当てはまらなかったから詐欺ではないというわけではありませんので、くれぐれも注意してください。

 

  1. セミナーで勧誘、または友人から勧誘されている
  2. 代理店が販売している
  3. 最低購入価格がある
  4. 価格保証がある
  5. もっていると配当がある
  6. 買取保証がある
  7. 有名人の名前を出す
  8. 有名人と一緒に写った写真を出す
  9. 日本だけで販売 or この代理店だけで販売

 

1.セミナーで勧誘、または友人から勧誘されている

セミナーで勧誘というのは、投資詐欺で昔から使われる手法です。

セミナーで講師を務める人物は、当然ながら、詐欺商品であることを知っています。知っているからこそ、セミナーや人づてで公にならない場所で勧誘活動を行なう必要があるからです。

販売できれば、勧誘している人たちにもキックバックがあります。

仮想通貨に限りませんが、セミナーで販売しているコイン・商品は、「これは100%詐欺だ!」と疑ってかかってください。

 

2.代理店が販売している

海外の有望なコインを、うちが代理店として独占契約を結んで販売している、みたいなものがあります。

仮想通貨はネットから簡単に購入できます。代理店などの仲介機関をなくしてコストを下げるという仮想通貨の理念に反しますし、そもそも不要です。

代理店という文字を目にしたら詐欺だと思ってください。

 

3.最低購入価格がある

詐欺商品というのは、最低購入価格がある場合も多いです。

これはものにもよりますが、金額にして数万円といった単位からの購入が多いです。そのくらいであれば詐欺とわかっても、諦めて訴えない人も多いですし、そもそもそのくらいは買ってもらわないと、詐欺師としては旨味がありません。

本来仮想通貨は、少額で購入できます。たとえばビットコインは、多くの取引所で、1万分の1ビットコイン(0.0001)単位で購入可能です。日本円にすると10円くらいからの購入が可能で、どのコインでもそれぐらいの金額から購入できます。

実際に購入するとなると、それだと手数料が高すぎるので、詐欺じゃなかったとしても、数万円単位で購入することが多くはなりますが、最低購入価格がある場合は、まず詐欺と疑いましょう。

 

4.価格保証がある

価格保証を売り文句にしてセールをしているものは詐欺の可能性が高いです。そもそも、バブル時代から証券会社の強引かつ悪質な営業の被害が大きかったこともあり、証券取引法では元本保証(価格保証)を禁止しており、れっきとした違法行為です。

仮想通貨は法律が未整備なためまだ禁止されていないのですが、基本的に価格が保証されるものは、国債などしかありません。「当社が保証して買い支えるので大丈夫、だから絶対儲かる」などと言っていたら怪しんで下さい。

金融商品は値下がりのリスクもあるということを十分に説明し理解してもらった上で買ってもらわないといけないと定められています。

 

5.持っていると配当がある

これも詐欺ではよくあるうたい文句です。

株式の場合は毎月配当があると言って販売し、最初の数ヶ月は本当に配当を振込むので、購入者は安心します。そして、詐欺の終盤、すなわち十分なお金が集まる目処が立ってきたら、振込みをやめます。客には、銀行のトラブルで振込が遅れているなどともっともらしい理由を説明して誤魔化し続けます。

仮想通貨の場合は、「持っているだけで利子が支払われる」といううたい文句は怪しんで下さい。「幅広い層に普及させるため」などのそれらしく聞こえる理由をつけていることもあります。

しかし、今までに普及したどの仮想通貨も、利子が支払われたものはなく、それでも普及したということを忘れないで下さい。

 

6.買取保証がある/買い取りの事例がある

気に入らない場合は、買い取りに応じるということで、安心感を打ち出す場合があります。

本当に買い取ってもらえる人もいるので、買取してもらえたという事実が噂として広がり、「この話は嘘ではない」という安心感を出すので、被害が拡大するということもあります。

どんどん買取が増えたらどうするの?と思うかもしれませんが、大抵の場合、投資詐欺などでは、あらかじめ返金要求が出てくることを見越して、計画が作られていますので、ある程度の返金に応じてもどうということはありません。

ただし、応じるといっても、一定額までで、詐欺師たちの最低限の取り分が残るラインまでしか返金はされません。健康食品や美容商品でもなく、もともと、原価のかからない仮想のコインなので、返金してもへっちゃらというわけです。

 

7.有名人の名前を出す

有名人の名前を出して宣伝している仮想通貨というのも非常に危険です。

「◯◯が購入した」、「〇〇〇〇〇の国家プロジェクトである」、「有名な経済学者や経営者がバックについている」などです。これらはほとんど嘘です。たまに、本当に落ちぶれた有名人や学者が関与していたりもあります。

詐欺が確定したノアコインの例でいうと、歌手の華原朋美さんがセミナーに登場したそうです。本人は、何のセミナーか知らずに、お金を積まれてただのイベントショーに参加しただけ程度の感覚なのでしょう。

普通の人は、その有名人に直接真偽を確かめることはできないので、大胆に嘘をついている場合がほとんどです。ですから有名人の名前を勝手につかったところで、その嘘はバレません。

しかも、仮想通貨の場合は、開発者が基本的に海外の人間です。本人が、わざわざ日本語で書かれた情報をチェックして、「私の名前が勝手に使われている」と発見することなどまずありません。

 

8.有名人と一緒に写った写真を出す

これも昔からある方法です。有名人の名前だけを出しても疑う人は必ずいます。

そんな人も、セミナーの勧誘者が、名前を出した政治家や経営者などの有名人と一緒に写った写真を見せられると、この人はすごい人なのかもしれないと安心してしまいます。

しかし、写真などは、政治家や経営者が出席するパーティーに参加すれば簡単に撮れます。

写真の合成技術が発達した現代であれば、巧妙な合成写真を用意することも難しくありません。

 

9.日本だけで販売 or ここだけで販売

日本だけで独占販売、先行販売というのは詐欺です。

また、特別な許可がいる、ここだけでないと買えないというのもほぼ間違いなく詐欺です。

仮想通貨のICOは、インターネットを介して行われるため、全世界同時に販売されますし、誰でも許可なく(取引所などで口座開設は必要ですが)購入できます。

 

以上、どれか一つでも該当したら詐欺の可能性は極めて高くなります。ちなみにですが、ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨は、当然ですが、これらのどの項目にも該当していません。

話題になっているノアコインなどのいくつかの仮想通貨は、上記の該当項目が複数あります。

 

詐欺師の説明で厄介なところは、ほとんどが本当だということです。返金が始まって詐欺であることが確定したノアコインの例であれば、理念などは、他の普及している仮想通貨と同じようなことを語っていました。

詐欺師というのは、さまざまな知識が豊富で人心掌握術にも長けている場合が多いので、少し難しい話でも、スラスラと説明できますし、堂々と熱意を込めて話すので説得力があります。

話の中身も、仮想通貨の素晴らしい理念や特性など、仮想通貨業界の現状について本当のことを語っていますので、詐欺師が売りつけようとしているコインが、さも価値があるように思えてきてしまうのもしょうがないのかもしれません。前知識なしで、話を聞くとそのような話の嘘の部分を見抜くのは難しくなるので、仮想通貨への投資前には、ある程度の知識を身につけるようにしましょう。

 

まとめ

以上、仮想通貨詐欺の見分け方を紹介しました。

普段から投資をしている人ならわかるかもしれませんが、「絶対に儲かるから買ったほうがいいよ」というような、元本を保証するという意味の言葉を使っての営業は法律で禁止されています。なぜなら、絶対に100%儲かるというものはこの世の中には存在しません。安全資産といわれる日本国債でさえも、100%安全なわけではありません。

どんな物事にも絶対がなく不安がつきまとうからこそ、人間は「絶対儲かる」という魔法の言葉に弱いのです。しかし、「絶対」なんて言葉に乗せられて、よく知りもしない仮想通貨に手をだすのは大変危険です。

よく言われることですが、冷静に考えて、「なぜ絶対に儲かる案件を人に教えるのか?」という疑問を持ってみてください。

もしあなたが、これは絶対に儲かると思っていたら、お金をなんとかかき集めて自分だけで儲けようとは考えませんか?自分の親しい人ならともかく、全く見知らぬ人に対して、「これはすごいから教えてあげないと!」という気持ちが湧くでしょうか?

自分だけ稼げばいいものをわざわざ人に伝えて買わせるぐらいなので、何か裏があるに違いありません。

どんなに良さそうな話でも、一度自分で納得できるまで調べないといけませんね。当サイトの情報を鵜呑みにせずに、興味を持つきっかけになったから、自分でもっと調べてやろう!という姿勢がないのであれば、仮想通貨投資に手を出すべきではないでしょう。

ビットコイン
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 


GMOコイン
ビットトレード








5 件のコメント

  • 適当なこと言ってますね⁉️
    詐欺じゃなかったら訴えられますよ。
    あなたが詐欺と言ってる通貨の中に私が保有する通貨あります。
    全ての内容把握してから書くように‼️

    • 【詐欺の可能性があるコイン】と文中に記載がございますよ。そういったところすらしっかり確認できていない貴方は本当に詐欺に合いそうですね(笑

    • 鞍馬様

      ご指摘のように、調査が不十分で、内容を完璧に把握できていない点が多々あります。
      至らぬところがあり、申し訳ございません。

      この記事では、冒頭にも書いている通り、あくまでも噂があるor噂があった通貨の一部を挙げております。
      どの通貨に対しても詐欺と断定しているわけではなく、「詐欺っていう噂もあったから自分でちゃんと調査してね」という注意喚起を目的としています。

      本文中でも念を押していますが、名前が挙がっているからと言って詐欺というわけではありません。

      とはいうものの、自分が保有している通貨の名前がこのような記事で挙がっていれば、不快に感じるのも至極当然かと思います。

      よろしければ、保有されている通貨というのがどの通貨なのか、教えていただけないでしょうか?
      確認し直したのち、必要に応じて記事を修正したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

  • エイダ当たっちゃったけど、
    詐欺だとしても少額で宝くじレベルの可能性なんだから 好きにしてもらっていいやん。

    いちいち注意しなくてもさ。

    詐欺で損するより、エイダみたいな機会損失のほうが大きい損でしょ。

    機会損失の責任もとれないくせに いちいち発信しなくて良い。
    自己責任なんだから ほっといてあげてください。

  • ワールドピースコイン買ってますけど、不安で内部調査してみたら詐欺でもなんでもなかったですよー。他の方の記事にもアンチ記事書いてあったんですが、投資案件の「絶対儲かる!」とか「絶対〜」とかいうのは「100%嘘」って言ってる方がいて…(投資案件の絶対は信用しないで俺の100%は信用しろってこと?????www)最近やたらと批判すればいいと思ってるのかもはや矛盾コメする記事が増えている気が…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です