ココナラ(coconala)とは|特徴・評判・メリット・デメリット

ココナラ(coconala)とは|特徴・評判・メリット・デメリット

この記事では、副業をするのに便利なクラウドソーシングサービスのココナラ(coconala)について、その特徴や評判、メリット・デメリットについて紹介しています。

 

ココナラ(coconala)の基本情報

ココナラは「みんなの得意を売り買い」をキャッチフレーズに展開しているクラウドソージングサービスの1つです。

ココナラの運営会社は、株式会社ココナラで、2011年に設立され、2012年からココナラのサイトを運営し、現在にいたっています。

社名は当初「ウェルセルフ」という名前でしたが、2014年にサービス名と同じく「ココナラ」になりました。本社は東京都渋谷区に構えています。

ココナラは、ほかのクラウドソーシングサービスと違い、自分のスキルや制作物を商品として提示し、それをほしい人が買うという仕組みになっています。

一般的なクラウドソーシングでは、クライアントが仕事を発注し、そこにスキルをもったワーカーが申し込むという仕組みです。ココナラは、この点が逆になっています。

ココナラの登録や利用は基本的に無料です。これはココナラに限ったことではなく、クラウドソージングサイトは基本無料で、仕事の報酬が支払われるときに一定の手数料が取られます。

利用料も登録料も無料であるため、ためしに登録しても損はありません。気に入らなければすぐに退会してしまえばいいだけなので、とりあえず触れてみるのがオススメです。

ココナラで取引されている仕事のジャンルは、イラストや似顔絵などのデザイン業や占い、キャッチコピーや動画編集、楽曲作成、WEBサイト製作などさまざまです。カウンセリングや恋愛相談にいたるまでラインナップされています。

 

クラウドソーシングとは

クラウドソージングサービスというのは、簡単に言えば「依頼者(仕事をして欲しい人)」と「受注者(仕事をしたい人)」がネット上で出会えるサービスであり、フリーランサーや在宅で仕事をしたい人に人気があります。

クラウドソーシングでは、正社員やアルバイトなどの雇用とちがい案件ごとの取引になるため、時間があるときだけ仕事を受注するスタイルが成り立ちます。

そのため、昔は第一線でデザイナーやライターなどをしていた主婦の方などが、在宅ワークとして活用することも多くなっています。

 

ココナラ(coconala)の特徴

  • 仕事の受注側(仕事をする側)が価格を決める
  • 運営は株式会社ココナラが行なっている
  • 手数料は10〜25%と高め

 

仕事の受注側(仕事をする側)が価格を決める

ココナラは、ほかのクラウドソーシングサービスと違い、「私は〇〇(仕事)をいくらでやります!」と作業する側がまず自分を売り出し(出品)、依頼したい側が購入する形となっています。

ほかのクラウドソーシングサービスのランサーズやクラウドワークスとは全く違うサービスの形をとっています。

ランサーズやクラウドワークスは、まず依頼者が募集したい仕事内容を公開し、それにたいして仕事をしたい人が「提案」などでコネクトする形となっています。

そのため、登録したからといってすぐに仕事ができるわけではなく、依頼がくるのを待つということになります。

ですので、プロフィールの充実や実績はとても重要で、しっかりとPRしないと全くお客がこない場合もあります。

 

手数料について

ココナラでは出品するのに初期費用や会費は必要ありませんが、取引成立時に仮の手数料として25%と税が差し引かれます。

手数料はシステム手数料と決済手数料からなります。

実際の手数料は取引の総額が5万円以下の部分については25%、5万円~10万円以下の部分については20%、10万円以上の部分については10%が手数料として計算され、差額分は翌月にキャッシュバックされます。

たとえば、報酬の総額が105,000円であったなら、まずその25%分の28,350円(+税)が差し引かれ、実際には以下の差額が発生し、キャッシュバックとなります。

5万円分までの手数料(25%)=13,500円(+税)
5~10万円分までの手数料(20%)=10,800円(+税)
10万円を越える分(105,000-100,000円)の手数料(10%)=540円(+税)

28,350円(全額を25%で計算した手数料)ー上記合計24,840円=3,510円(差額分・キャッシュバック)

 

ココナラ(coconala)のメリット

  • 自分の出品商品の価格設定を自由にできる
  • ランサーズやクラウドワークスでは取り扱いのない商品も出品できる

 

自分の出品商品の価格設定を自由にできる

自分で自分を売りに出す(出品)する以上、価格設定は自由、オプションサービスの価格も設定できるため、自由度がかなり高いです。

やりとりの中でオプションサービスにない追加の作業をお願いされた場合も追加料金(「おひねり」と呼ばれています)を100~99,999円の中で設定する事ができます。

 

ランサーズやクラウドワークスでは取り扱いのない商品も出品できる

ココナラでは、ランサーズやクラウドワークスではあまり見かけない「占い」や「カウンセリング」、「似顔絵」などを商品として出品することができます。

仕事絡みではない個人の方の利用もかなり多く、フリーマーケットのような状態になっています。

逆に言えば、企業相手ではなく個人相手に向いたサービスを売り出すのに向いているので、企業が個人客のために出品しているケースも少なくありません。

もちろん、会社や企業などを相手とするビジネストーンに向いていないわけではないので、サービス内容によっては客層が全然違います。

このサービスの自由さと客層の広さがココナラ最大のメリットといえるでしょう。

 

ココナラ(coconala)のデメリット

  • 仕事の受注が難しい
  • ほかのクラウドソーシングサービスに比べて手数料が高い

 

仕事の受注が難しい

ココナラのデメリットとしてまず浮かぶのが、「人気がでなければ一切仕事がこない」という点です。

こちらから仕事を探すのではなく、出品してお客さんが来るのを待つ形になるので、商売を成り立たせること自体が少し難しくなっています。

そのため、個人で出品する場合は、まさにフリーマーケットの感覚が強く、ココナラだけで生計を立てるのは簡単ではありません。

数ある出品者の中から、自分の商品を選んでもらえるだけの個性や魅力も必要となります。マーケティングの観点を持ち合わせず、なんとなく販売しているだけではお金が稼げないサービスです。

 

ほかのクラウドソーシングサービスに比べて手数料が高い

ココナラは、ほかのクラウドソージングサービスにくらべ、手数料がかなり高いです。

クラウドソージングサイトの大手であるランサーズやクラウドワークスでも最大20%でそれでも高いという声もありますが、ココナラは最大25%で、高額案件であってもかなり多くの手数料を取られます。

ですので、あらかじめ手数料を踏まえた収入を計算し、自分に十分な報酬が入る金額を設定するようにしましょう。

 

金額設定が自由といえど、高額の単価は不向き

ココナラでは、サービスの価格をこちらから決めることができますが、だからといって高額な単価設定をすると全くお客がこないことも起こりえます。

そもそも高額を支払える人なら、フリーマーケットのようなココナラは利用しないでしょうから、求められているのは「お手ごろ価格で高品質」です。

金額設定をする時は、同じようなサービスを展開しているライバルがいくらで売りに出しているか確認して、相場を把握してから考えましょう。

 

ココナラ(coconala)はどういった人にオススメか?

ココナラで強いのは「占い」や「似顔絵」、「イラスト」などです。そうした特技をお持ちで、時間に余裕があるならとりあえず出品してみると良いかも知れません。

たとえば占いが得意だったとしても、1から占いサイトを作って売り上げを作ろうと思ったら大変、検索で引っかかりやすい上に売れるサイトを設計しなくてはいけないので、素人には不可能と言ってもいいでしょうし、運営するのも大変です。

ところが、ココナラなら自分のできる事を出品するだけでいいので、簡単です。

ココナラだけで生活しようとおもったら大変ですが、副業感覚で気軽に出品するのにはかなり向いています。

 

ランサーズやクラウドワークスと併用するのもアリ

ここまででお話したとおり、ココナラはランサーズやクラウドワークスとは全く別のサービスです。自分を売りに出してかってもらうフリーマーケット形式なので、併用して稼ぐというのが賢いやり方かもしれません。

たとえば、イラスト・デザインが得意なら、ランサーズやクラウドワークスでは興味のある案件に積極的に提案しつつ、ココナラでは個人相手にSNS用の似顔絵や、結婚式のウェルカムボードの作成、初心者でも使いやすいブログサイトの製作などを売りに出すという形もありでしょう。

もちろん企業あいてにアピールしていくのも良いです。

製作会社でいえば、他社からの仕事を請け負いつつ、自社サービスを展開するようなものなので、魅力的な働き方だと思います。

 

まとめ

以上、ココナラ(coconala)について紹介しました。

 

なまはむ
記事が参考になった方はフォローしてくださると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください