Civic(シビック)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

Civic

この記事では、仮想通貨のCivic(シビック)について、その特徴や価格などを紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名Civic(シビック)
通貨略号CVC
公開日2017年3月
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数
取り扱い国内取引所なし
取り扱い海外取引所Bittrex(ビットレックス)
Cryptopia(クリプトピア)
etc.
公式サイトCivicの公式サイト
ホワイトペーパーCivicのホワイトペーパー

Civic(シビック)の基本情報

Civic(シビック)は、略号がCVCの仮想通貨です。2017年に公開されました。

Civicは、IDV(Identity Verification)、日本語では身分承認システムとよばれますが、これにかかる手続きを安全で低コストにするべく開発されたプラットフォームです。

Civicのプラットフォームは、モバイルデバイス上のブロックチェーンとバイオメトリックによる分散アーキテクチャを採用しており、ユーザ名、パスワード、サードパーティの認証コード、または物理的なハードウェアトークンなしでマルチファクタ認証が可能となっています。

Civicは、すでにに利用可能なIDV製品を開発していて、『K(NO)W Identity Conference 2017(アイデンティティ・カンファレンス)』というアイデンティティ業界での世界的なイベントで、最優秀新人賞を受賞しました。

IDVというのは、馴染みのない方がほとんどかと思いますが、情報のデジタル化やIoT化が進む現代においては、非常に重要な分野です。今後は、マルウェアなどによるサイバー犯罪が増えると予想され、年々重要性が増しています。

ほとんどの方が、「〇人分のIDが流出した」や「〇〇のIDが乗っ取りが起きた」といったニュースを目にしたことがあるかと思いますが、このような問題は、ユーザー認証が原因で起こるものもあるため、会社などの組織はセキュリティ上の脅威として頭を悩ませています。

IDの盗難といった犯罪行為の規模・複雑さは毎年高まりを見せているため、企業はサーバ上のトランザクションが確実になるように数百万ドルを支払って対策を立てています。

しかし、手口の巧妙化に追いついていないのが現実です。ハッカーはアイデンティティを盗んで正当な顧客に偽装するなどして、とてつもない額を詐欺行為によって獲得しています。

このような現状がある中、Civicはブロックチェーンの技術をもちいてIDの盗難などを防止するために様々な機能を備えています(後述)。

  • ID盗難監視
  • アラートの監視
  • 不正行為のサポート
  • ID窃盗保険

Civicでは、不正を検知するために、アルゴリズムや手動監査、独自の社内意思決定エンジンの3つを組み合わせて使用しています。これらで多くの情報源を検証することで、不正のリスクを軽減しながら正当なユーザーに高い合格率を維持します。

Civicのセキュアアイデンティティプラットフォーム(SIP)は、ユーザー名やパスワードを必要とせずに、Webアプリケーションとモバイルアプリケーションのマルチファクタ認証に認証されたIDを使用します。

 

Civic(シビック)の特徴

Civic(シビック)2
  • 通貨の略号はCVC
  • CIvicメンバーに登録すると様々な機能が利用できる

 

ID盗難監視

ID盗難監視サービスです。標準の与信申請プロセスでは、与信管理局からの与信確認が必要です。TransUnionとの統合により提供される与信監視アラートを取得します。

このデータを監視することによって、不審な取引が観測され、ID盗難が疑われる場合に、ユーザーに通知が届きます。

 

CIvicメンバーに登録すると様々な機能が利用できる

Life for Civicのメンバーが利用できる機能の一つとして、100万ドルの個人情報盗難保険があります。

ユーザーが身元詐欺の被害者になった場合、Civicはユーザーの回復を助けるために必要な弁護士、会計士、捜査官を雇うために100万ドルを負担してくれます。この保険は、メンバーであればいつでも無料で利用することができます。

金融業での利用のほかにも、医療記録の取り扱いを安全にします。CivicメンバーがCivic Appを使用して、認証された医療記録をデバイスから安全に保存し、即座に共有できます。

 

近日公開予定の機能としては、「盗難資金の交換」「データ侵害の通知」「闇市場(ダークウェブ)の監視」「セキュアID認証アプリケーション」などがあります。

Civicでは、ハッカーが不正に入手したIDを販売するダークウェブを監視する予定です。これらのサイトを監視することによって、Civicは、個人情報の身元盗難が起こって悪用される前に止めることも可能となります。

 

Civicの使い方

個人がCivic Appをダウンロードし、Civic Business Customerの要件に合わせてカスタマイズされたID検証プロセスを完了します。

このプロセスは、個人識別情報(PII)を検証して、Civic Business Customerが要求する信頼レベルを確立するのに十分なデータでIDの所有権を保証します。

つまり、より高いレベルの信頼を確立するために、より多くのPIIを収集することができます。パスポート、運転免許証、社会保障番号のスキャンを行います。 Civic Business Customerが本物でユニークであることを確認する場合にのみ、電子メールと携帯電話番号のみが新規ユーザー用に収集されます。

 

Civic(シビック)の価格推移・チャート

Civic3

Civic(シビック)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoなどで確認できます。

公開直後は1CVC=20円前後で推移していました。8月に入り1CVC=80円まで上昇した後は徐々に値下がりしています。

 

Civic(シビック)の購入方法・取引所

Civic(シビック)を取り扱う世界の取引所は下のとおりです。

Civic4

国内の取引所での取り扱いはありません。

海外の取引所では、Bittrex(ビットレックス)Cryptopia(クリプトピア)で取引が可能となっています。

海外の取引所で取引するには、国内で口座を開設し、BTCなどで送金する必要があります。マイナーな取引所では、あとで倒産や資金が取り出せないといった危険があるため、まだ口座をお持ちでない方は、大手のビットフライヤーコインチェックで口座を開設しておくのが安全です。

それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。

◼︎ビットフライヤー(Bitflyer)で口座を開設する手順・方法 
◼︎コインチェック(coincheck)で口座を開設する手順・方法

 

まとめ

以上、Civic(シビック)について紹介しました。

この記事を読まれた方の中には、「Civicについて興味が出たけど、自分のお金で購入するのはちょっと不安 or 購入するお金がない」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気トップクラスの方法です。

例えば、取引所のビットフライヤーのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大23,000円の報酬が支払われますし、ポイントサイトのモッピーであれば、紹介数が増えると毎月10万円の収入をなにもせずに稼ぐことも可能です。

 

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。
仮想通貨の取引を始めたいという方も、取引できる通貨数が国内No1のコインチェックからどうぞ!

アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

◼︎コインチェックのアフィリエイトで稼ぐ方法(1人紹介:最大23,000円
◼︎ビットフライヤーのアフィリエイトで稼ぐ方法(1人紹介:最大23,000円
◼︎ポイントサイトで稼ぐ方法(1人紹介:数百円紹介された人の獲得ポイントの30〜50%
◼︎モッピー(moppy)で月5,000円〜10,000円稼ぐ方法
◼︎ハピタスで月5,000円〜10,000円稼ぐ方法

 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です