DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

整体師で稼ぐ方法は|特徴・評判・メリット・デメリット

副業の中には、勝手にイメージだけで専門資格がないと働けないから無理と遠ざけられたり、正社員でないと働けないと思い込まれているものがあります。

その筆頭格が整体師という仕事。ここでは整体師は副業として行えるのか。メリットやデメリットにはどのようなものがあるのかを紹介していきましょう。

 

整体師の基本情報

資格がないと働けないと思われがちな整体師ですが、実は整体師になるのに特別な資格は必要ありません。専門的に学んだことがなくても、整体師と名乗ることはできますし、商売ももちろんできます。

あんま師や鍼灸師、柔道整復師と同じようなものと思われがちですが、整体師の仕事は「医療類似行為」となり、資格がなくても副業とすることができるのです。

乱暴な言い方をすれば、マッサージが上手な人だったり、独自の肩こり解放法などを持っている人であれば、人気の整体師として高額な報酬が稼げます。

 

整体師にはどんな特徴があるの?

基本的に整体師は明日からでも名乗って副業とすることができますが、ある程度の知識やスキルがないと稼ぐことは難しいでしょう。

このため整体スクールに通って基本知識やスキルを習得したり、通信教育や本などで勉強する。他にも整体院に弟子入りして習得するなどをしてから独立するといったスタイルが多いです。

雇われ整体師の場合には、時給換算で900円から1,200円程度、個人で行った場合には、相場としてはお客さん一人あたり4,000円から5,000円の報酬が得られます。

高齢者向けやビジネスマン向け、またスポーツ整体などジャンルが細かく分かれていて独自性を出しているという特徴が見られています。

 

整体師のメリットは?

  • 特殊スキルを身につければ独立開業で高額報酬も

 

特殊スキルを身につければ独立開業で高額報酬も

整体師を副業にするメリットは、最初の内こそ知識もスキルも低いものの、独自の施術理論などを確立して、高い評価を得られれば、将来的に独立開業ができ、本業にすることも可能だということです。

ある意味で「手に職がつけられる」職種ですから、腕次第では本業を上回る高額な報酬を得ることに繋がります。整体師には定年などもないですから、定年後の将来を見据えた場合には大きなメリットとなるでしょう。

 

整体師のデメリットは?

  • ライバルが多く成功できるのは一握り

 

ライバルが多く成功できるのは一握り

整体師を副業とするデメリットは、高齢化などによってリラグゼーション系の職種が増えており、ライバルが数多く存在するということです。

副業として行う場合、時間的や制約からファストマッサージ店でのバイトか自宅や訪問での独立開業になりますが、後者の場合には国家資格を持つプロもライバルとなるため、思ったように稼げない状況が続きます。

このため思ったように稼げない期間が続き、途中で頓挫してしまう人が多くなり、成功できる人は一握りというのがデメリットと言えるでしょう。

 

整体師の始め方

通信教育や本などでスキルや知識を身に着け、個人で独立開業もできますが、弟子入りしたりファストマッサージ店などでアルバイトをして、マッサージや経営などのノウハウを学ぶといった方法がスタンダードです。

 

主なサービス一覧

  • ポテパン
  • Re.Ra.Ku
  • タイムチケット

 

整体師はどういった人にオススメか?

整体師の仕事はホスピタリティが強い人に向いています。体の不調を解消したいから利用されることが多いわけです。

それも普通の医者にかかってもあまり改善が見られないという人が、わざわざ保険のきかない整体などを利用するケースが多い。この状況を把握し、独自の施術理論などを持っている人。

更にいつでもよりよい整体知識やスキルを学び続けられる人に向いていると言えるでしょう。

 

まとめ

整体師の副業は腕さえあれば独立開業も目指せますし、将来の見通しが明るい仕事と言えます。資格などは必要なく明日にでも始められるものの、やはり確かな腕と知識がないと稼ぐことは難しいものです。

単純に副業として割り切って一定の報酬を得たいというのであれば、全国的に展開しているファストマッサージ店で働くと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください