BTCBOX(BTCボックス)の特徴・評判・手数料|仮想通貨取引所

BTCBOX(BTCボックス)の特徴・評判・手数料

この記事では、仮想通貨取引所であるBTCBOX(BTCボックス)について、その特徴や評判、手数料を紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

運営会社BTCボックス株式会社
資本金
設立平成26年3月6日
取り扱い通貨BTC、BCH、ETH
セキュリティ2段階認証ログイン
コールドウォレット
マルチシグネチャウォレット
現物取引手数料無料
信用取引/先物取引レバレッジ最大3倍
信用取引/先物取引手数料0.1%(1日あたり)
日本円出金手数料無料
BTC出金手数料無料
入金方法銀行振込
加入業界

BTCBOX(BTCボックス)の基本情報

BTCBOX(BTCボックス)は、2014年からサービスを提供していて、BTCボックス株式会社によって運営されています。

代表取締役は、David Zhang氏で、国内の取引所ではありますが、日本人が社長を務めているわけではありません。そのためか、公式サイトの日本語が、普段見慣れないような表現になっていたりすることがあります。

見ていて。「ん?」と感じる場面もありますが、細かいことは気にしないようにしましょう。

あまりメジャーな取引所ではありませんが、「仮想通貨交換業者」にしっかりと登録が完了しており、安心して利用することが可能です。取り扱い通貨は4種類で、ライトコインも扱っています。

仮想通貨融資という機能もあります。名前は違いますが、要はレバレッジ取引で、売り建てや買い建て取引ができます(後述)。取り扱っている通貨は以下のとおりです。

  • Bitcoin(ビットコイン)
  • Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)
  • Ethereum(イーサリアム)
  • Litecoin(ライトコイン)

 

BTCBOX(BTCボックス)の特徴

BTCBOX(BTCボックス)の特徴・評判・手数料2
  • 扱っている通貨は4種類(2017年11月時点)
  • 仮想通貨交換業者に登録済み
  • 仮想通貨融資という独自機能がある
  • コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策
  • LINEでの問い合わせにサポートが対応
  • スマートフォンアプリがあるので、いつでもどこでもトレード可能

 

仮想通貨融資という独自機能がある

BTCBOXの独自機能として、仮想通貨融資というものがあります。

実質的に、信用取引と同じもので、特定の価格でビットコインを売り建てしたり、買い建てしたりできます。

ビットコインの値段が下がると思えば、売り建てて、実際に価格が下がった時に決済すれば、その差額分があなたの利益となります。買い建ての時はその逆です。

ただし、手数料がかなり高いので、安易な利用はオススメできません。

貸し出しを利用すると、1日あたり0.1%の手数料がかかります。仮に1BTCを10日間借りたとします。

手数料は1.0%となりますので、決済時にはなんと0.01BTCもの手数料がかかります。2017年11月の相場で換算すると、10日間レンタルの手数料が8,000円〜9,000円にもなります。

1BTCと同額の株式を信用でもっていた場合、10日間もっていても、手数料は1,000円未満です。このように、仮想通貨融資の手数料は格段に高いので、よっぽどの理由がない限りは、普通に取引することをオススメします。

 

BTCBOX(BTCボックス)のメリット

  • アービトラージ(裁定取引)に使える
  • ビットコインの現物取引手数料が無料

 

アービトラージ(裁定取引)に使える

こう言ってしまうと運営会社に申し訳ないのですが、今のところBTCBOXを利用するメリットはほとんどありません。

強いて言うなら、ビットコインの短期トレードを頻繁に行なっている人にとっては、アービトラージ(取引所ごとの価格差を利用する取引方法)に使えるので、登録しているといったところでしょうか。

それ以外にメリットは、2017年11月時点ではありません。

BTCBOX(BTCボックス)のデメリット

  • ビットコインの取引量が少ない
  • 取り扱い通貨が少ない
  • 個人情報の入力で勤め先を入力する項目がある

 

ビットコインの取引量が少ない

BTCBOXは利用者が少ないので、ビットコインの売買量が少なく、板がかなり薄いです。

そのため、板に並んでいる価格が飛び飛びとなっており、買いたい価格では買えず、売りたい価格では売れないといった状況になりやすくなっています。

ただ、そういったイビツな価格形成というのは、アービトラージに利用できるという面もありますので、一概にデメリットとは言えません。

 

BTCBOX(BTCボックス)の評判・口コミ

BTCBOX(BTCボックス)の評判・口コミを見ていると、利用者は多くないものの、アービトラージ(裁定取引)狙いで利用している人が多いようでした。

 

BTCBOX(BTCボックス)の入金・出金・送金・取引手数料

BTCBOX(BTCボックス)の各種手数料は以下のとおりです。

BTCBOX(BTCボックス)の売買手数料

ビットコインの売買手数料は、基本無料となっています。

通貨種類項目当社手数料銀行振込(ネットワーク送付)料
Bitcoin入金無料ユーザーが負担
出金1回あたり0.001BTCBTCBOXが負担
売買手数料0
BitcoinCash入金無料ユーザーが負担
出金1回あたり0.001BCHBTCBOXが負担
売買手数料0
Litecoin入金無料ユーザーが負担
出金1回あたり0.002LTCBTCBOXが負担
売買手数料0
ETH入金無料ユーザーが負担
出金1回あたり0.01ETHBTCBOXが負担
売買手数料0
日本円入金無料ユーザーが負担
出金出金額の0.5%
最低400円(税込み)
BTCBOXが負担
売買手数料0

 

BTCBOX(BTCボックス)のセキュリティ・安全性

  • 2段階認証がある
  • 携帯SMS認証
  • コールドウォレットがある
  • マルチシグネチャを採用

 

大半の通貨をオフラインのコールドウォレットに保管して管理しているので、ハッキング等によるリスクが低いです。

 

BTCBOX(BTCボックス)の口座作成方法・売買方法

BTCBOX(BTCボックス)のHPからアカウント登録が可能です。

 

まとめ

以上、BTCBOX(BTCボックス)について紹介しました。

どっぷり仮想通貨取引にハマった方は、いろいろなコインを扱っている海外の取引所に行き着きますが、まずは国内の取引所から始めましょう。海外の取引所を利用するためには、国内の取引所からビットコインで送金するのがメジャーな方法です。

 

取引所には、倒産・盗難リスクというものがありますので、本格的に仮想通貨に投資したい(100万円以上)のであれば、複数の取引所の口座を開設して(少なくとも3カ所)、リスクを分散するのが一般的となっています。

BTCBOXはあまりオススメできない取引所ですので、ほかの取引所で口座を開設することをオススメします。もちろん必須ではありませんので、リスクと手間を考慮して最適な運用方法を試行錯誤してみてください。

ほかの国内取引所としては、ビットコインの送金手数料の安さ重視ならコインチェックザイフかビットバンク.cc、セキュリティの高さ重視ならビットフライヤーを利用するのがオススメです。

 

 

ビットコイン
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 


 

 

なまはむ
記事が参考になった方はフォローしてくださると励みになります!


当サイトからの登録人気No.1
積立投資ができる取引所Zaif

・ビットコインとネムの手数料が国内最安
・取扱いコイン数も国内No.1
・中級者以上からの支持があつい
・積立投資で仮想通貨資産を増やせる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください