BitShares(ビットシェアーズ)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

BitShares(ビットシェアーズ)

この記事では、仮想通貨のBitShares(ビットシェアーズ)について、その特徴などを紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名BitShares(ビットシェアーズ)
通貨略号BTS
公開日2014年7月
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数37億BTS
取り扱い国内取引所なし
取り扱い海外取引所Poloniex(ポロニエックス)
Bittrex(ビットトレックス)
openledger(オープンレジャー)
etc.
公式サイトBitsharesの公式サイト
ホワイトペーパーBitsharesのwhitepaper

BitShares(ビットシェアーズ)の基本情報

BitShares(ビットシェアーズ)は、略号がBTSの仮想通貨(暗号通貨)です。2014年に公開されました。取引承認システムには、PoS(Proof of Stake)を発展させたDPoS(Delegated Proof of Stake)が採用されています。

ビットシェアーズは、ビジネスのための分散型金融ソリューションプラットフォームです。プラットフォームはビットシェアーズネットワークとよばれ、そこで使われるトークンがBTSです。BTSは、ビットコインの持つ仮想通貨の一般的な特性を有しています。

開発チームは、多くの暗号化通貨とは対照的に、ビットシェアーズのメインブロックチェーンを拡張して、DAC(分散型自律企業)の実現を目標としています。DACは、distributed autonomous companiesの略で、直訳すると分散自律型企業となります。

2014年末にすったもんだがあり、その際にBitShares XからBitShares(BTS)になりました。そこからさらに、BitSharesに改良が加えられ、BitShares 2.0に進化しました。

BitShares 1.0では、開発チームがBitSharesの開発と方向性を厳しく管理していました。それに対し、 BitShares 2.0では、システム変更のような開発の方向性を決める際に、ステークホルダーの投票による承認が必要という仕組みに変更されました。

ビットシェアーズの大きな特徴が、OpenLedgerという分散型取引所を運営している点と、SmartCoinを導入している点です。仮想通貨取引ができるプラットフォームという点ではRippleと近い仕組みです。ただ、Rippleはゲートウェイという第三者を介している点でBitSheresとは異なります。

オープンレジャーは分散型取引所(DEX)であり、OBITSという仮想通貨をオープンレジャー株として保有することができます。また、ビットシェアーズのオンラインウォレットとしての機能やトークンの発行機能も持っています。

SmartCoinは、ビットシェアーズの3つの中核製品の一つで、ほかにはMarket Pegged Asset(MPA)、BitAssetというものがあります(後述)。

また、仮想通貨には珍しく、Referral Rewards Program(リファーラル・リワード・プログラム)というアフィリエイトに似た仕組みがあります。この仕組みを利用すると、自分の紹介でビットシェアーズの口座を作成した人がいると、その人がビットシェアーズで取引手数料を払うたびに、紹介者(あなた)に一定の額が支払われるというシステムです。

また、マイニングはありませんが、バーンニング(すなわち供給を減らす)というものがあり、これによって開発者は利益を得ています。

 

BitShares(ビットシェアーズ)の特徴

  • 通貨の略号はBTS
  • 1BTSは100,000のサブユニットに分割可能
  • ビットシェアーズには3つの役割がある
  • 取引承認システムは DPoSを採用
  • 分散型取引所OpenLedger
  • BTSの総発行枚数は37億BTS
  • アフィリエイトに似たリファーラルプログラムがある

 

ビットシェアーズにおける3つの役割

Bitsharesネットワークには、witness(証人)、committee(委員)とworker(労働者)と呼ばれる役割があります。

Witness(証人)

ビットシェアーズにおける取引の承認者です。承認アルゴリズムDPoSにおいて、一つの取引ごとに複数人のwitnessが選出されます。Witnessの仕事は、トランザクションを収集し、ブロックにまとめ、ブロックに署名し、ネットワークにブロードキャストすることです。基本的にコンセンサスメカニズムのブロックプロデューサーがwitnessです。

Committee(委員)

Bitsharesのブロックチェーンの仕様等の変更を提案する人です。この仕様には、ブロック生成間隔、取引手数料、witnessへの報酬金額等が含まれます。提案はBTS保有者の投票により可決された場合のみ実行されることとなります。なお、ブロックチェーンのさらに根幹に関わる仕様変更等の提案(ハードフォーク等)はwitnessによって行われ、同様に投票プロセスを経て実行されます。

Worker(労働者)

Bitsharesの機能拡張、ブロックエクスプローラーなどの外部ツールの開発など、ビットシェアーズの発展に寄与するような提案を行い実行する人です。workerの提案では、仕事の開始日から終了日、仕事に対する報酬、仕事内容等を自分で定めて提案することとなります。提案がBTS保有者の投票により可決されると、準備金プールからworkerに対してBTSとして給料が支払われることとなります。

 

取引承認システムDPoSとは

DPoSにおける取引の承認者は、20人前後のwitness(立会人)が行います。この立会人は誰でもなることができ、BTS保有者の投票により選ばれます。また立会人を投票によって変更することが可能です。この投票権はBTSの保有量によって割り当てられますが、他人に投票権を譲ることもできます。

一定時間ごとに承認ができる順番が回ってきます。承認するごとに報酬が得られます。

かつては、101人のwitnessがいましたが、少ない人数でもセキュリティは問題ないことや、多すぎるとwitnessに支払う総報酬が多くなりコストがかさむ問題や投票者がwitness一人一人を評価することが困難などの問題から、20人前後になりました。ブロック生成間隔は約3秒です。

 

OpenLedger

BitSheres最大の特徴が「OpenLedger」というプラットフォームです。

ここではBitSheresの売買やBitSheresとドルの交換などができます。いわば仮想通貨の取引所です。一般の取引所と違う点は、どこかの会社がOpenLedgerを運営しているわけではなく、管理者のいない非中央集権的な取引所(分散型取引所)という点です。

よって、マウントゴックス事件のように管理者によるコインの着服などの不祥事が起こらないというメリットがあります。BitSharesの基軸通貨は「BTS」ですが、ほとんどの人が採掘(マイニング)で入手することが不可能なので、OpenLedgerを通して手に入れるのが最も近道になります。

また、オービッツ(Obits/OBITS)という仮想通貨がOpenLedgerの基礎になっており、OBITSという”株式”を保有することでOpenLedgerの”株主”となり利益を得ることができるようになります。

 

リファーラルプログラムと会員システム

Bitshares(ビットシェアーズ)では、リファーラルプログラムが導入されています。

これはアフィリエイトと似たような仕組みで、大まかに言うと、紹介制度と同じです。紹介すると、紹介を受けた人(被紹介者)が取引したぶんの手数料のうち、一定金額がもらえるというものです。仮想通貨で導入されているのは珍しい存在となります。

導入している理由は、Bitsharesネットワークへの参加者を増やすためです。「CMなどは使わないのか?なぜリファーラルプログラム?」と思うかもしれませんが、これはPaypalという企業の事例を参考にしているためです。

今でこそ米国で当たり前に取り入れられているPaypalという決済サービスですが、最初の頃は口座数を増やすのに苦戦していました。CMなど一般的な広告をいろいろ試しても効果がほとんどなく、ダメ元で取り入れたリファーラルプログラムをきっかけに一気に口座数が増えメジャーなサービスになったという実例があります。

このような理由からビットシェアーズでは、リファーラルプログラムが採用されています。このプログラムでは、3つの会員ランクが存在します。Basic Account(基本アカウント)とAnnual Member(年会メンバー)、Lifetime Member(生涯メンバー)の3タイプです。

Basic Account

普通に登録すると、Basic Accountとなります。口座作成と維持ともに無料です。ただし、紹介プログラムの対象となりません。

Annual Member

一年間だけLifetime Memberと同等の資格を得ます。しかし、1年で20ドルを支払う必要があるため、ビットシェアーズのリファーラルプログラムを利用するなら、最初からLifetime Memberになる方が割安です。

Lifetime Member

これになるには、100ドルの支払いが必要です。ビットシェアーズ上で支払う必要のある全ての手数料が80%キャッシュバックされます(つまり8割引)。そして、自分が紹介したユーザーから発生する手数料のうち80%が、紹介したLifetime Member(あなた)の手元に入ります。

Bitsharesの見積もりでは、各アカウントで生涯発生する手数料は平均100ドルを超えるので、一人紹介するごとに80ドル(8,000円前後)の収入が入る計算となります。

ただし、このキャッシュバック率は、ビットシェアーズの所有者による投票次第では変更される可能性があります。

 

スマートコイン(SmartCoin)などの商品

SmartCoinは、値が米ドルや金などの別の資産の値に固定されている「Bitsharesネットワーク内の価格固定型の通貨・金融商品」です。 カウンターパーティリスク(取引業者の破綻リスク)のない分散型CFD(差金決済取引)とも言えます。

SmartCoinは常にBitSharesのコア通貨であるBTSの100%以上の価値を保有しており、信頼できる価格で設定された為替レートでいつでも変換することができます。

最も極端な市場状況を除き、スマートコインは、少なくとも額面以上の価値があることが保証されています。他の暗号化と同じように、SmartCoinは代替可能であり、分割可能であり、制限がありません。

スマートコインにはbitUSD、bitJPY、bitBTC、bitGOLDなどがあります。これは現実のUSD価格やJPY価格、金価格に連動しており、BTSを担保に価値のある現物が手に入る仕組みを築いています。

SmartCoinは、トレード用の金融商品として利用されるほか、他ユーザーと交換可能で価値が一定であるため、通常のドルや円と同様に商品・サービス購入時の決済にも利用しやすいことが大きな利点です。なお、SmartCoinの価値を固定する元となるドル・円・ゴールド等の価格は、witnessが外部から取得・配信することになっています。

 

BitShares(ビットシェアーズ)の価格推移・チャート

BitShares(ビットシェアーズ)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoなどで確認できます。


2014年に公開されてから長い間、1BTS=0.4円前後を推移していました。

2017年に入り、5月の仮想通貨投資熱が過熱した際に、一気に1BTS=40円まで上昇しました。実に100倍の値上がりです。2017年5月に仮想通貨全体が大きく値上がりしましたが、ここまでの上昇を見せた通貨はほとんどなく、期待の高さが伺えます。

2017年8月では、1BTS=10円〜20円程度で推移しており、仮想通貨の時価総額では20位前後に位置していることが多いです。

 

BitShares(ビットシェアーズ)の購入方法・取引所

BitShares(ビットシェアーズ)を取り扱う世界の取引所は下のとおりです。

BitShares(ビットシェアーズ)4

国内の取引所で、BitSheresを売買できるところはありません。

海外の取引所では、世界最大のアルトコイン取引所であるPoloniex(ポロニエックス)Bittrex(ビットトレックス)などでも購入が可能です。

 

海外の取引所で取引するには、国内で口座を開設し、BTCなどで送金する必要があります。マイナーな取引所では、あとで倒産や資金が取り出せないといった危険があるため、まだ国内取引所の口座をお持ちでない方は、大手のビットフライヤーザイフで口座を開設して、送金するのが安全です。

取引・送金手数料の安さ重視なら、ザイフビットバンク取引所のセキュリティの高さ重視ならビットフライヤーQUOINEXを利用するのがオススメです。

それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。

 

まとめ

以上、BitShares(ビットシェアーズ)について紹介しました。

この記事をお読みになった方の中には、「Bitsharesについて興味が出たけど、自分で購入するのはちょっと不安」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気トップクラスの方法です。

例えば、取引所のビットフライヤーのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大23,000円の報酬が支払われますし、ポイントサイトのモッピーであれば、紹介数が増えると毎月10万円の収入をなにもせずに稼ぐことも可能です。

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。
仮想通貨の取引を始めたいという方は、Zaifビットフライヤービットバンクからどうぞ!

アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

 

ビットコイン
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 


 

GMOコイン
ビットトレード

 









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です