BITPoint(ビットポイント)の特徴・評判・手数料|仮想通貨取引所

この記事では、仮想通貨取引所であるBITPoint(ビットポイント)について、その特徴や評判、手数料を紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

運営会社株式会社ビットポイントジャパン
資本金44億3,000万円(2018年1月時点、資本準備金含む)
設立2016年3月3日
取り扱い通貨BTC、BCH、ETH
セキュリティ2段階認証ログイン
コールドウォレット
マルチシグネチャウォレット
現物取引手数料無料
信用取引/先物取引最大25倍
信用取引/先物取引手数料取引手数料は無料(管理料として0.035%/日)
日本円出金手数料ユーザー負担
BTC出金手数料無料
入金方法銀行振込
加入業界

BITPoint(ビットポイント)の基本情報

BITPoint(ビットポイント)は、2016年3月3日からサービスを提供している仮想通貨取引所です。株式会社ビットポイントジャパンによって運営されています。

資本金は、22億7,000万円とかなり多いですし、親会社は東証マザーズ上場の株式会社Remixpoint(リミックスポイント)ということもあり、経営面での信頼度は、コインチェックなどの新興会社よりも高いと言えます。

2017年11月の時点では、あまりメジャーな取引所ではありませんが、「仮想通貨交換業者」にしっかりと登録が完了しており、安心して利用することが可能です。

また、「ビットポイント香港」や「ビットポイント韓国」を設立するなど、海外展開を進めています。

 

BITPoint(ビットポイント)で取り扱っている仮想通貨は、当初は2種類だけでしたが、徐々に増えてきています。2018年時点で売買できる仮想通貨は以下の5種類です。

  • Bitcoin(ビットコイン)
  • Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)
  • Ethereum(イーサリアム)
  • Ripple(リップル)
  • Litecoin(ライトコイン)

 

BITPoint(ビットポイント)の特徴

BITPoint(ビットポイント)の特徴・評判・手数料2
  • BITPoint(ビットポイント)で扱っている通貨は5種類(2018年1月時点)
  • 仮想通貨交換業者に登録済み
  • MetaTrader4(メタトレーダー4)をビットポイントFX取引専用ツールとして採用
  • コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策
  • 口座開設時の入力項目が多い
  • スマートフォンアプリがあるので、いつでもどこでもトレード可能

 

MetaTrader4(メタトレーダー4)をビットポイントFX取引専用ツールとして採用

BITPointビットポイントでは、FXで有名なMetaTrader4(メタトレーダー4)という機能を搭載しています。

2005年の発売されたこのツールは、世界中750社以上の金融機関の取引プラットフォームとして採用されていて、PC用のツールだけだはなく、スマートフォン取引ツールとしてiPhone/iPadアプリとAndroidアプリも提供されています。

 

BITPoint(ビットポイント)のメリット

  • ビットコインの送金手数料が無料
  • ビットコインの現物取引手数料も無料
  • MT4を使ってトレードできる
  • 現物取引の手数料が無料なので、アービトラージ(裁定取引)に使える可能性がある

 

ビットコインの送金手数料が無料

BITPointでは、これは地味ですが大きなメリットです。

多くの取引所では、0.0005BTCが送金手数料として取られますが、2017年11月時点の価値で計算すると、400円程度かかることになります。

これが無料というのは嬉しいものです。ビットコインの取引手数料も無料ですので、ビットコインを取引するだけなら、ビットポイントはかなりお得な取引所といえるでしょう。

 

BITPoint(ビットポイント)のデメリット

  • 扱っている仮想通貨の種類が少ない
  • 利用者が多くはない

 

BITPoint(ビットポイント)の評判・口コミ

BITPoint(ビットポイント)の評判・口コミを見ていると、利用者は多くないものの、MT4(メタトレーダー4)を使いたくて登録している人が多いようでした。

 

BITPoint(ビットポイント)の入金・出金・送金・取引手数料

BITPoint(ビットポイント)の各種手数料は以下のとおりです。

BITPoint(ビットポイント)の売買手数料

BITPoint(ビットポイント)でのビットコインの売買手数料は、基本無料となっています。

項目手数料
現物取引無料
レバレッジ取引無料
ビットポイントFX取引無料

 

BITPoint(ビットポイント)の入出金手数料

BITPoint(ビットポイント)では、入出金手数料はユーザー負担となります。

項目手数料
法定通貨(JPY)入金ユーザー負担
(振込手数料実費分)
法定通貨(JPY)出金ユーザー負担
(振込手数料実費分)

 

BITPoint(ビットポイント)の送金手数料

BITPoint(ビットポイント)では、送金にかかる手数料が無料となっています。BTC送金にかかる手数料は、2018年1月時点では、1,000円程度する場合もあり、とてもユーザーにありがたい手数料となっています。

項目手数料
仮想通貨受金(預入)無料
仮想通貨送金(送付)無料

 

BITPoint(ビットポイント)のセキュリティ・安全性

  • 2段階認証がある
  • 携帯SMS認証
  • コールドウォレットがある
  • マルチシグネチャを採用

 

BITPoint(ビットポイント)では、大半の通貨をオフラインのコールドウォレットに保管して管理しているので、ハッキング等によるリスクが低いです。

 

BITPoint(ビットポイント)の口座作成方法・売買方法

BITPoint(ビットポイント)のHPからアカウント登録が可能です。

 

まとめ

以上、BITPoint(ビットポイント)について紹介しました。

どっぷり仮想通貨取引にハマった方は、いろいろなコインを扱っている海外の取引所に行き着きますが、まずは国内の取引所から始めましょう。海外の取引所を利用するためには、国内の取引所からビットコインで送金するのがメジャーな方法です。

 

取引所には、倒産・盗難リスクというものがありますので、本格的に仮想通貨に投資したい(100万円以上)のであれば、複数の取引所の口座を開設して(少なくとも2カ所)、リスクを分散するのが一般的となっています。

もちろん、複数の取引所で口座を開設することは必須ではありませんので、リスクと手間を考慮して、最適な運用方法を試行錯誤してみてください。

まだ口座をお持ちでない方は、大手のビットフライヤーザイフで口座を開設して、送金するのが安全です。送金手数料の安さ重視なら、ザイフビットバンク取引所のセキュリティの高さ重視ならビットフライヤーQUOINEXを利用するのがオススメです。

オススメの仮想通貨取引所はこちらの記事で紹介していますので、取引所を選ぶときの参考にしていただければ幸いです。

 

 

ビットコイン
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 


 

GMOコイン
ビットトレード









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です