ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

Basic Attention Token

この記事では、仮想通貨のBasic Attention Token(ベーシック・アテンション・トークン)について、その特徴や価格を紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)
通貨略号BAT
公開日2017年5月
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数
取り扱い国内取引所なし
取り扱い海外取引所Bittrex(ビットトレックス)
BTER
Liqui(リクイ)
公式サイトBasic Attention Tokenの公式サイト
ホワイトペーパーBasic Attention Tokenのホワイトペーパー

ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)の基本情報

ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)は、略号がBATの仮想通貨(暗号通貨)です。2017年5月31日に公開されました。

イーサリアムブロックチェーンを利用し、ICOは数十秒で38億円を調達し話題を集めました。WEBブラウザ「Brave(ブレイブ)」上で取引される通貨になります。

WEBブラウザとは、マイクロソフトのInternet Explorer(IE)やGoogle ChromeのようなWEBを利用するためのものです。インターネットを利用すると広告が流れてくると思いますが、我々消費者にお金が流れてくる仕組みはありません。BATはこの仕組みが異なります。

BATの公式サイトを見ると、パブリッシャー、広告主、ユーザー間で交換できる新しいトークンと説明があります。通常の広告は広告主がパブリッシャー(間に代理店が入ることも)にお金を払いユーザーに認知をさせます。

BATは簡単に言うと、この流れを変えており広告を見るユーザーにもお金が入る仕組みを作っています。具体的にはBAT対応のブラウザであるBraveを使うと、Braveはユーザーのデータを匿名で集計、パブリッシャーへデータを提供します。ユーザーはデータ提供の見返りにBATを受け取れる仕組みです。ユーザーはいつも同じようにネットを見ているだけでBATを受け取れるというわけです。

現在のウェブブラウザの代表各はGoogleChromeやSafari、Firefoxですが、広告を中央管理しているのは主にグーグルなどのアドセンス配信、検索エンジンの提供者です。

広告主はグーグルに料金を支払って広告を配信してもらう流れになっています。ですが広告を自動クリックするボットによる詐欺行為や、広告ブロッカーによってせっかくの広告費が適切に機能していないことが問題視されています。

また、広告を沢山貼り付けるメディアが増えたことで、スマートフォン通信費の増大、ページ読み込みスピードの遅延も発生。ウェブメディアの閲覧者がストレスを感じています。

いわゆる、「ウェブメディア全体が中央集権化していて、広告管理者やサイト運営者のやりたい放題になってしまってる」というような状態です。

これらの問題を解決できるかもしれない!として開発されたのが、BraveブラウザとBATトークン。

Braveブラウザを利用しているウェブコンテンツ内の広告主が、閲覧者が広告を見てくれたり、シェアしてくれた対価としてBATトークンが閲覧者に支払われる。

また、閲覧者がBATトークンを持っていれば、良いコンテンツを提供している制作者に「良い記事だったよ」「役に立ちました」という感謝の気持ちのかわりにBATトークンを送る事が可能。

グーグルなどの広告を非表示にすることができたり、BATを利用している広告主が広告を配信・表示することができる。こうすることで、ブラウザの拡張機能などで広告をブロックされても、ウェブサイトの管理者や広告配信者は収益を確保することができる。

Braveブラウザはできるだけユーザーにストレスを与えないことを心がけて開発されているらしく、表示・読み込み速度が速いらしい、ということで使ってみましたが、本当に爆速です。

ページから次のページへの切り替えの表示に全くストレスを感じません。凄いですねこのブラウザ。

Braveブラウザは既にダウンロードして利用できますので、ご興味あればhttps://brave.com/からダウンロードしてみてください。

 

ユーザーへの被害

ユーザーのモバイルデータの最大50%が広告とトラッカー向けで、1か月に23ドルのコストがかかります。広告は平均で約5秒のモバイルの読み込み時間を使用します。広告は携帯電話のバッテリー寿命を21%も消耗させます。

大規模なメディアサイトが最大70のトラッカーをホストしている場合、プライバシーは侵害されます。マルウェア(不正行為、ランサムウェア)は1年間で132%アップしています。

 

パブリッシャーへの被害

GoogleとFacebookは、すべての広告費用の73%、すべての成長率の99%を占めています。収入は最近66%減少しました。

ボットは昨年、72億ドルの詐欺行為を行っています。6億台以上の電話機とデスクトップが広告ブロックを実行しています。サイト運営者は付加価値サービスからシームレスに収益を得ることはできません。

 

広告主への被害

広告主は、彼らが支払っているものに関する良い情報が不足しています。マーケティング担当者は、詐欺行為を行う偽のウェブサイトやボットに騙されることがよくあります。ターゲティングが貧弱なため、ユーザーは広告を無視する可能性が高くなります。

 

ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)の特徴

  • 通貨の略号はBAT

 

ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)の価格推移・チャート

Basic Attention Token4

ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoなどで確認できます。

 

ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)の購入方法・取引所

ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)を取り扱う世界の取引所は下のとおりです。

Basic Attention Token5国内の取引所では取り扱いはありません。

海外の取引所では、BittrexやLiqui、BTERなどで取引が可能となっています。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です