漫画もドラマもアニメも楽しむならU-NEXT

Amazon(アマゾン)アソシエイトとは|ASPの特徴と評判

この記事では、アフィリエイトをするなら誰でもお世話になる『アマゾンアソシエイト』について、その特徴や評判を紹介していきます。

Amazonでは無数の商品を扱っていますし、利用者も多いので、成果に繋げやすいというメリットがあります。

また、どういう方法でアマゾンのアフィリエイトをするかで、収入が大きく変わってきます。この記事ではお得なアマゾンアソシエイトの方法をご紹介します。

 

amazonアソシエイトに登録する

 

 

▼満足率の高い人気アフィリエイトASPランキング!

【1位】A8.net【みんなが利用しているNo.1サイト。ASPに登録するまずはここから】

【2位】afi-b【成長率No.1のASP!当サイトも愛用中】

【3位】アクセストレード【金融系に強いASP。利用者もトップクラス!】

 

Amazonアソシエイトの情報
公式サイトafb(アフィb)(登録はこちらからできます)
サービス名称Amazonアソシエイト
おすすめ度★★★★★
サービス運営会社Amazon.com Int’l Sales, Inc.
設立2010年4月1日
資本金10,000,000円
特徴
  • Amazonの商材&画像を利用可能
  • 紹介対象商品は5000万点以上
最低支払い金額1,000円~
振込手数料無料
サイト審査審査あり
再訪問期間24時間

 

アマゾンアソシエイトとは?

アマゾンアソシエイトとは、Amazonが行っているアフィリエイトサービスです。物販型アフィリエイトの最大手となります。利用ユーザーが非常に多く、導入も容易なため、多くのサイトが利用しているサービスです。

アフィリエイトをする際、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)に登録して広告を利用するのが一般的ですが、この場合、アマゾンに登録して広告を利用することになります。

方法はとってもシンプルで、アマゾンのアカウントさえ持っていれば誰でも今すぐ始められるうえに、アマゾンで扱っている商品全てのアフィリエイトをすることができます。

Amazonアソシエイトの特徴は、なんといっても広告数がずば抜けて多いことが挙げられます。

Amazon上の全ての商品をブログで紹介することが可能なので、ある程度PV数があるブロガーさんにはぴったりです。

Aという広告を貼ってAの広告経由でアマゾンに入り、結果Bという商品を購入した場合でも成果として承認されるので、通常のアフィリエイトよりも成果が上がりやすいのも特徴です。

 

ユーザーがサイトを通して商品を購入した場合、商品の品目に応じて数パーセントほど紹介料が入ります。また、Amazonプライム会員の紹介料なども報酬となります。

還元率はかなり悪い為、利用の際は『もしもアフィリエイト』を通して使うことをおすすめします。

下記に記載する楽天アフィリエイトとも売上を合算する事ができ、W報酬制度とあいまって、非常にお得となります。

 

Amazonアソシエイトの特徴

  • 案件ごとの審査がない
  • 商品ごとに紹介率が異なる

 

案件ごとの審査がない

通常のASPのように、案件ごとに審査がないのがメリットと言えるでしょう。

ですので、アフィリエイトしたいのに、審査に落ちてできなかったり、審査が終わるまでのタイムロスをなくすことができます。

Amazonアフィリエイトの最大のメリットはAmazonにある物はなんでも売ることができることです。

成果報酬型アフィリエイトだとASPが売りたい商品を扱っていないこともありますが、Amazonにはなんでも売っていますから世の中にあるほとんどの物を紹介することができます。本・パソコン・ベビー用品・マタニティグッズ、食料品、お酒…なんでもあります。

 

商品ごとに紹介率が異なる

Amazonアフィリエイトでは売れた商品の2〜10%が報酬としてもらえます。1商品あたり数十円が基本となり、数百円でも高い方といえるでしょう。

ちなみに1回あたりの報酬上限は1,000円となっていますので、たとえ10万のパソコンを1台売ったとしても1,000円の報酬になります。

しかしASP商品を軸に据えるサイトアフィリでは、Amazonアフィリエイトでも月に10万円を稼ぐことは可能ですが、ASPの商品を紹介するときに比べて、大量に購入してもらう必要があるためハードルは高くなります。

月に数万円ぐらいのお小遣い稼ぎをしたい人は、Amazonアフィリエイトで十分ですが、月に10万円以上を稼ぎたい人は、おまけとして関連商品を紹介するのに留めた方がいいでしょう。

1PVあたり0.5〜1円くらいが報酬の目安です。サイトの工夫次第では、1PVあたりの単価を上げることも可能です。

ただ、売りたいASPの商品を中心にサイトを作成している場合、Amazonアフィリエイトを取り入れるのは少し難しくなります。その場合でも、補助的な存在として関連書籍などは紹介しやすいので、サブの収入源として割り切るのもいいでしょう。

 

Amazon(アマゾン)アソシエイトのメリット

  • Amazonの商品を扱える
  • アフィリエイトリンクの生成が簡単

 

Amazonの商品を扱える

アマゾンアソシエイトでは、Amazonで販売されているほぼ全ての商品を扱うことができます。

しかも、アソシエイトの審査にさえ通っていれば、商品ごとに審査がないので、とてもスピーディーです。

 

利用者が多い=報酬チャンスが多い

アマゾンアソシエイトの魅力は、何と言っても、成果報酬チャンスの多さと言えるでしょう。

市場調査会社の発表によれば、Amazon利用者は3000万人に昇るそうです。つまり、それだけのチャンスがあるのですから、利用しない手はないですよね。

 

アフィリエイトリンク生成が簡単

アマゾンアソシエイトでのアフィリエイトリンクの発行はとてもシンプルで、アフィリエイトしたい商品名を入力するだけでOKです。

今後、アマゾンアソシエイトをメインにしていくのであれば、それだけリンク発行の機会が増えまので、この手軽さはメリットと言えるでしょう。

 

様々な媒体で扱える

アマゾンアソシエイトでは、ブログやメルマガ、もしくはバナー広告など色々な媒体で扱うことが可能となっています。

ですので、あなたが得意とする方法を使ってAmazonの商品をアフィリエイト出来るわけです。

 

Amazon(アマゾン)アソシエイトのデメリット

  • 報酬率が低い

 

報酬率が低い

他案件では、固定報酬だと1件で2,000円以上、高い案件になれば数万円といったものもあります。

パーセンテージでも低くても10%以上となっているのですが、アマゾンアソシエイトでは、モノによっては0.5%と非常に低い紹介料率となっています。

例えば、よく買われる本であれば、3%ですので、1,000円の商品が売れたとしても、あなたに入ってくるのは、たったの30円です。

月に100の成約を果たしても3,000円なわけで、これでは労力と時間が割りに合いません。

紹介料率は以下のようになっています。

ただ、一部商品では10%の報酬率にもなっているので、全てがこれに当てはまるわけではありません。ただ、CDやDVD関係、家電では2%、文房具や本関係で3%と購入数が多いと思われる商品では決して高い報酬率ではないのが現実です。

紹介料の上限が1商品につき1,000円までと決まっているので、いくら高額な商品が売れても、1,000円までしかもらえません。

 

Amazonアソシエイトの評判・口コミ

「アマゾンアソシエイトでは稼げない」、「アマゾンアソシエイトに取り組むのは時間の無駄」といった厳しい意見があります。

その理由は、報酬率の低さとなっていますが、アマゾンアソシエイトで月3桁万円稼いでいる人もいますので、サイトの戦略次第となります。

 

 

Amazonで稼ぎたいならアマゾンアソシエイトは使っちゃダメ!その理由は?

アマゾンの利用者は3,000万人にのぼり、取り扱われている商品数は約5万点となります。

しかも、商品の金額もピンキリですし、まとめ買いをする方も非常に多いです。

つまり、アマゾンアソシエイトでは、報酬率ではなく、成果報酬数で稼ぐスタイルなわけですが、アマゾンの商品をアフィリエイトするのにアソシエイトを使うのは賢い選択ではありません。

その理由は次の2つにあります。

  • 最低支払金額が高い
  • 振込手数料が高い

 

まず、アマゾンアソシエイトでは、支払最低ラインが5000円となっています。他ASPでは2000円~ですので、実際に報酬が手元に入ってくるまでの時間が長くなってしまのは大きなデメリットでしょう。

また、多くのASPが振込手数料を無料にしているのに対してアマゾンアソシエイトでは300円も取ります。つまり、報酬を受け取るためには最低でも5,300円の報酬をGETしなければならないわけです。

 

まとめ

さて、このアマゾンアソシエイトですが、実はA8.netやバリューコマース、もしもアフィエイトなど大手ASPでも案件として取り扱われています。ですので、アマゾンアソシエイトを行うのであれば、アマゾンではなく他ASPを利用するようにしましょう。

それだけで、上記で紹介した2つのデメリットを消すことが出来ます。

さらに、あなたがメイントして扱っているASPでアマゾンアソシエイトを行えば、毎月の報酬額もUPする為に、ASPでのランクUPもしやすくなります。

そうすれば、お得にアマゾンの商品を扱えるだけでなく、ランクアップによって、特別オファー案件を受けられたり、様々なメリットが生じてくる為に稼ぎやすくなると言えるでしょう。

 


アフィリエイト協会による調査では、利用している人が多いASPとしては、A8.net、バリューコマース、アクセストレード、afi-b、JANetが挙げられます。

当サイトでは、この中から、A8.netとafi-Bとアクセストレードの3つをメインで使っていて、案件ごとに使いわけています。

ASPに1つしか登録していないと、目当ての広告がなかったり、同じ広告でももらえる報酬が安かったりと、稼げるお金が少なくなるといったことが起こります。

そういった損失を避けるためにも、A8.netafi-bアクセストレードバリューコマースJANetの中から、3つには登録しておくと広告で困ることはありません。

どちらにしても、アフィリエイトを続けていると、ほとんどのASPに登録することになるので、早いうちに登録しておく方がいいでしょう。

 

[aside] [/aside]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください