DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

記事を書くときに気をつけるべき点

いざブログを作ってこれから記事を書くぞ! と書き始めた時

  • 自分のブログ記事の書き方ってこれで合ってるのか?
  • 何か意識した方が良い事とかがあるんじゃないのか?
  • このまま100記事書いても大丈夫なのか?

と不安に思う事があるかもしれません

基本的にブログの書き方には「こうしないといけない!」なんていう決まりはありません

それでも

「最低限これだけ知っておいた方が、今後伸びやすいんじゃないかな」

という点はあるので、はじめに押さえておいたほうがいい店を紹介しています。

最低限の部分を抑えたうえで記事を書く大切さ

よくブログの書き方で、「四の五の言わずにとりあえず100記事書け!」って言うのを聞くと思うんですが、これは半分同意で半分反対です

確かに書いていく中で成長していく部分はあるし、ある程度書くことは必須なのですが、個人的には、「最低限の部分を抑えたうえで、四の五の言わずに100記事書け!」と言いたいです

「方向性が大事」とか「考えながら書かないと無意味」とか言われても、その「何を考えるのか」すらわからないのが初心者の方だと思っています。

「ただ書くだけ」

でももちろん成長はするし、書いてないよりも100倍良いのは間違いないのですが、「最低限の部分」を意識するだけで成長度合いは大きく変わります。

ブログの文章を書く上で、初めに絶対に意識すべき点

「どんな人に」「何を」伝えたいのかを明確にしてから記事を書く

初心者の人はこれをやるだけでサイトやブログの成長スピードは段違いに上がります。マジです。絶対に上がります

もちろん自分が書きたいだけで書いてる場合は、こんな事を意識しなくても良いのですが(僕もそういう記事あります)、人に読まれたいのであればそうはいきません

記事を書く前に

  • どんな人に読んでほしいのか
  • 何を伝えたいのか

を明確にしましょう。別に記事を書いた後で後付けでも良いし、かしこまった理由とかもいれません。

例えば新宿にある美味しいラーメン屋の記事を書いたなら

  • どんな人に読んでほしいのか:新宿でラーメンを探してる人に
  • 何を伝えたいのか:そのラーメン屋の魅力を伝えたい。そのラーメン屋を知ってほしい

とかでOKです。この記事だったら

  • どんな人に読んでほしいのか:ブログの文章をこれから書きたいと思っている人(もしくは始めたばかりの人)に
  • 何を伝えたいのか:ブログを書く上で最低限意識してほしい事を伝える

という感じです

ネタ記事なら

  • 「昔こういう経験した事ある人に」
  • 「ちょっとでも笑ってほしい」

とかそんなんでも良いんですよ

タイトルには絶対にキーワード

少し話題は変わって、とりあえず一言言いたい

ブログ初心者、タイトルをおろそかにし過ぎ!!

マジでこれ超超超重要です

だって極端な話

もう全人類読んだら役に立ちまくって儲かりまくって人生豊かになりまくることが、小学生でもわかるレベルで超わかりやすく書いてある記事

があったとします

でもタイトルが「今日思いついたこと」みたいになってたら絶対に読まれません。

全人類読んだら役に立ちまくって儲かりまくって人生豊かになりまくることが、小学生でもわかるレベルで超わかりやすく書いてあるにも関わらずですよ!!!

超勿体なく無いですか!?この例は極端ですが、タイトルで損している人が本当に多いです。まだ〇〇してるの?みたいな煽理を入れる必要はありませんが、キーワードを入れるという事だけは意識してください。

「キーワードを入れる」って具体的にどういうこと?

ここまで読んで「キーワードの入れ方がわからない」と思う人もいるかもしれません。

でも、実はこれめっちゃ簡単なんです。もちろんクリック率が~~とかCTRが~~とか難しい話はいくらでも出来るのですが、最低限の部分として、その記事を読む人が検索しそうなワードを入れる

逆に言うと、この検索ワードで来た人なら役に立てるなというワードを入れるようにするだけでOKです。

ここで初めに書いた「誰に」「どんなことを」伝えたいのかが出来ていれば、超楽に決める事ができます。まさにその「誰に」「どんなことを」の部分をタイトルにすれば良いからです。

例えばこの記事のタイトルを見てみると、

【初心者向け】ブログの記事を書く上で最低限抑えておいた方が良い事

こんなタイトルになっています。

この記事は先ほど書いたように

  • どんな人に読んでほしいのか:ブログの文章をこれから書きたいと思っている人(もしくは始めたばかりの人)に
  • 何を伝えたいのか:ブログを書く上で最低限意識してほしい事を伝える

という記事ですが、タイトル見たらそのまんまじゃないですか?

つまり初めに

  • 「どんな人に読んでほしいのか」
  • 「何を伝えたいのか」

さえ出来ていれば、あとはそれをタイトルに盛り込むだけでOKです

初めにこの2点を考えてほしいといったのはこれが理由です。

それも難しければ

  • 商品レビューなら商品の名前は絶対に入れる
  • 映画や漫画の感想なら、「作品タイトル」と「感想」という文字は絶対入れる
  • 食事のレビューなら店名や料理名(カレーとかラーメンとか)は絶対入れる

そんなところからでも始めて見てください

注意点として、完璧に出来なくても意識するだけでOKです。

始めから完璧に出来るわけありません。でも意識するのとしないのとじゃ大違いです。

これから100記事書くとして、何も考えずに「今日の日記」というタイトルで100記事書き続けた人と、ちょっとでも意識して頭を使いながらタイトルを考えたあなたでは、100記事も書くころには超大きな差になります。

見出しにも自然な範囲でキーワードを

タイトルとほぼ同じなのであまり詳しく書きませんが、各見出しにも上に書いたようなキーワードを入れるようにしましょう

もちろん無理矢理詰め込む必要はありません。これも意識する程度でOKです。ただ具体的に「このワードで上がったら嬉しい!」というキーワードがあれば絶対に何処かには入れてください

良くブロガーがやりがちな良くない見出しは「まとめ」とかですね。

非常に勿体ないです(管理人サイトも考えるの面倒で長い間これやってました)。

せめて「【記事タイトル】のまとめ」、というようにキーワードを入れていきましょう。

まとめ:ブログを書くなら、最低限これだけは意識しよう

とりあえず初心者の方に伝えたいのはこの三点だけです。おさらいしましょう

  1. その記事でどんな人に、何を伝えたいのかを明確にする
  2. その人達が検索しそうなキーワード、このキーワードで検索してきた人なら役に立てるというキーワードをタイトルに入れる
  3. 同様に見出しにもキーワードを入れる

 

もちろん初めは上手く出来なくても良いんです

でも、これらは今後ずっとついてまわる事なので、マジで最初から頭に入れておいて損はありません

是非これらを意識した上で記事を積み重ねていってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください