最近、画像もない記事を公開していますが後から修正するのでもう少々お待ち下さい。

WordPressでのアフィリエイトブログの作り方を解説|初心者でも1時間でOK

この記事では、これからWordPress(ワードプレス)でアフィリエイトを始めたいという方に向けて、ワードプレスでのブログの作り方を紹介しています。

初心者の方で、「ネットとかITとかよくわからない!」という方でも、簡単に作れるように図解しながらわかりやすく紹介しています。

このとおりにやれば、1時間もかからずにアフィブログを始めることができますし、わからない点があれば質問いただければ対応いたしますので、これを機にぜひアフィブログを作ってみましょう!

 

WordPress(ワードプレス)でアフィブログを始めるまでの手順

始めに全体像を書くと、

  1. サーバーの契約
  2. ドメインの契約
  3. 契約したドメインをサーバーに設定
  4. WordPressをサーバーにインストール
  5. テーマのインストール
  6. ASPに登録

 

という流れになっています。

クレジットカードなどの支払いの準備さえできていれば、1時間程度で作業が完了します。

 

サーバーの契約手順(エックスサーバーを使用)

まずはサーバーに申し込みを行います。

サーバーにも色々あるのですが、初心者の方には圧倒的にエックスサーバーがおすすめです。

初心者にエックスサーバーをおすすめする理由

レンタルサーバーはいくつもありますが、その中でも初心者にはエックスサーバーがオススメな理由を紹介しておきます。

  • 必要な機能がすべて揃っている
  • 安いプランでもサーバーが安定で速い
  • 無料で独自SSLが使用できる
  • 使用者がとにかく多いので、困ったときに情報がたくさん出てくる

 

エックスサーバーは、ブロガー・アフィリエイターに人気のサーバーで、「速度の速さ」と「運営の安定性」に定評があり、コスパが非常に優れているサービスです。

月250円から利用できる格安サーバーもありますが、あなたがアフィブログを長く続けていくのであれば、必ず格安サーバーから速度の速いサーバーに切り替えることになります。

その時の切り替え作業は大変ですし、サイトの速度が速い方が評価されやすいので、最初からエックスサーバーを利用しておく方が、結局安くつきます。

エックスサーバーは月900円のプランが最安で、格安サーバーよりは少しお高めですが、毎月ビールをちょっと我慢したり、ランチのグレードを少し下げるだけで捻出できる費用です。

当サイトも節約のために「格安サーバーのロリポップ」で始めましたが、アクセスが増え始めてからは「エックスサーバーに変えた」という経緯があります。

その時の手間を考えると、「最初からエックスサーバーを利用しておけば…」と1年経ってから後悔しました。というのも、切り替え作業時のトラブルでGoogleからペナルティを受け、サイト評価がガタ落ちしたためです。

結果的に、「安物買いの銭失い」になりました。

また、エックスサーバーは利用者がとても多いのもメリットで、何かトラブルがあったとしても、たいていのことは検索すれば解決法が出てきます。

これがマイナーなサーバーの場合、調べても情報が出てこないので、致命的な事態になりかねません。これらの理由からエックスサーバーをオススメしています。

>> アフィリエイターに人気のエックスサーバーを利用する

 

サーバー契約手順1:XSERVER(エックスサーバー)に申し込みを行う

まずはXSERVER(エックスサーバー)のトップページへアクセスし申込を行います。

>> エックスサーバーの申し込みページへ

「新規お申し込み」をクリックします。

すると、入力画面になるので必要事項を入力します

①サーバーID(初期ドメイン):これはエックスサーバーのIDなので、サイトのURLとは関係ありません。特に深く考えなくても大丈夫です

②プラン:3つのグレードがありますが、個人ブログ・サイトならX10 (スタンダート)プランで充分です。

月100万PV以下ならこれで問題ありません。管理人サイトも1日PVが30,000を超えたときも問題ありませんでした。万が一物足りなければ途中で変更も可能です。

あとはメールアドレス、住所、氏名、電話番号といった情報を入力します。

 

利用規約にチェックを入れて、「内容の確認」をクリック。その後「お申し込みをする」をクリックして申し込みは完了です。

 

申し込みが完了すると、

【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[使用期間]

というタイトルのメールが送られてきます。このメールが届いていれば無事に登録完了です。このメールは大切に保存しておきましょう。

万が一のため、IDとパスワードはどこかにメモしておくことをオススメします。

 

サーバー契約手順2:料金を支払う

まだ仮契約の段階なので、料金の支払いを行いましょう。

ちなみに、無料期間中に支払ってもちゃんと無料期間終了後から課金になるため、早く払っても損しないのでご安心ください。

払い忘れると、サイトが表示されなくなり、Googleからトラブルを起こしたサイトとして認識されかねませんので、すぐに支払いを済ませておいたほうが安全です。

まずは「インフォパネル」にログインします。

  • メールに記載された会員ID(もしくはメールアドレス)
  • インフォパネルパスワード

をそれぞれ入力してログインします。

ログインが出来たら、画面左の「料金のお支払い」をクリックします。

 

更新期間を選択し、「お支払い方法を選択する」をクリックします。1年更新がコスパは高いです。

あとは料金を確認して、支払いを済ませれば、サーバーの契約は完了です。

 

独自ドメインの取得手順(ムームードメインを使用)

まずは、ムームードメインのホームページを開きます。

すると下のような画面になりますので、『ドメインを検索する』というところに好きなドメイン名を入力して、検索ボタンをクリックします。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】ムームードメインで独自ドメインをゲットしよう3

 

すると下のような検索結果が表示されます。『カートに追加』と書かれているドメインが取得できるドメインです。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】ムームードメインで独自ドメインをゲットしよう4

 

ドメインはすでに取得されているものは原則取得できません。とくに「.com」は人気なので、目当てのドメインを取得できないこともよくあります。

どうしても「.com」を利用したい場合は、数字を足すなど工夫しましょう。とくにこだわりがなければ、「.site」など安いものにするのもOKです。

ドメインの種類で有利不利はありませんが、.comや.jp、.bizあたりが人気です。サイト名を一番覚えてもらいやすいので、「.com」の取得を狙うのがいいでしょう。

『お申込みへ』をクリックしましょう。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】ムームードメインで独自ドメインをゲットしよう5

 

ムームーIDをお持ちでない方は、登録が必要となります。Amazonアカウントを利用すると簡単に購入できるのでオススメですが、今回は『新規登録』での購入方法を説明していきます。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】ムームードメインで独自ドメインをゲットしよう6

 

まずはムームーIDのところにメールアドレスを入力し、パスワードを決定しましょう。どちらも問題なければ、『内容確認へ』をクリックします。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】ムームードメインで独自ドメインをゲットしよう7

 

とくに問題がなければ『ユーザー登録』をクリックします。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】ムームードメインで独自ドメインをゲットしよう8

 

すると下のような画面に切り替わります。設定などが色々ありますが、いじる必要はありません。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】ムームードメインで独自ドメインをゲットしよう9

間違っても「弊社の情報を代理公開する」という設定を変更しないようにしましょう。間違って「個人情報を公開する」を選んでしまうとあなたの個人情報が公開されてしまいます

Whois情報公開代行とは
Whois情報公開代行とは、サイト運営を始める場合、運営者の「住所」「名前」「メールアドレス」「電話番号」を公開しないといけないという制度です。

代行を使わない場合、サイト運営者本人の個人情報が公開されるため、個人特定からの嫌がらせなどを受ける可能性があります。

また、下の連携サービスやオプションサービスは利用する必要がありませんのでチェックを入れないようにしましょう。

 

メールサービスについても利用する必要はありません。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】ムームードメインで独自ドメインをゲットしよう10

 

あとは支払い情報を入力しましょう。一括で複数年分支払ってもそれほどお得にはなりませんので、1年単位での支払いで問題ありません。

クレジットカードで支払いをしておけば、更新も自動で行われるので安心です。銀行振込やコンビニ支払いは、入金が完了するまでドメインの取得ができませんし、手数料もかかる上に、自動更新がされません。

入力が終わったら次のステップに進みましょう。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】ムームードメインで独自ドメインをゲットしよう11

 

関連サービスを再度アピールしているだけのページなのでスルーします。どのサービスもコスパはいいのですが、一番かと言われるとそうではないので登録しないようにしましょう。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】ムームードメインで独自ドメインをゲットしよう12

 

ユーザー情報を入力していきます。氏名、性別、生年月日など、必要事項を間違いなく入力したら、『次のステップへ』をクリックします。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】ムームードメインで独自ドメインをゲットしよう13

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】ムームードメインで独自ドメインをゲットしよう14

 

最後に、規約の部分にチェックを入れて、申し込みボタンを押せばドメイン取得完了です。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】ムームードメインで独自ドメインをゲットしよう15

 

ムームードメインでネームサーバーを設定しよう

先ほどまでで独自ドメインを取得したわけですが、それだけではサイトは表示されません。

「そのドメインをどこのサーバーからアクセスするようにするのか」という情報を入力しないと、サイトが表示されることはありません。

ネームサーバーというわからない単語が出てきていますが、簡単に設定できるので安心してください。

レンタルサーバーごとに入力する文字が違いますが、今回はエックスサーバーを例にして入力する場合をご紹介していきます。

 

まず、ムームードメインのトップページから『ネームサーバ設定変更』をクリックします。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】ムームードメインで独自ドメインをゲットしよう16

 

次に下のような画面になるので、『ネームサーバ設定変更』をクリックしましょう。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】ムームードメインで独自ドメインをゲットしよう17

 

『GMOペパボ以外のネームサーバを使用する』を選択すると、以下のような画面になります。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】ムームードメインで独自ドメインをゲットしよう18

ネームサーバ1〜5にそれぞれ画像のように入力します(※エックスサーバーの場合です)。

上から順番に↓を記入します(コピペで貼り付ければOKです)。

  • ns1.xserver.jp
  • ns2.xserver.jp
  • ns3.xserver.jp
  • ns4.xserver.jp
  • ns5.xserver.jp

入力が完了したら、画面下の方にある『設定変更』をクリックすれば完了です。

反映に最大72時間かかる事があるのでご注意ください。

 

エックスサーバーでドメインを設定する

ムームードメイン側の設定が終わったら、エックスサーバー側でもドメインを設定する必要があります。

あっという間に終わりますので、サクッと設定を済ませましょう。

まず、エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインします。

 

ドメイン設定をクリックしましょう。

 

サーバーパネルへログインが出来たら、右上の「ドメイン設定」をクリックします。

右側のタブ「ドメイン設定の追加」をクリックします。

 

①ドメイン名のところに、あなたのサイトのURLを入力します。

②「無料独自SSLを利用する」にチェック、下の項目はチェックが入っていない状態にします。

③「ドメイン設定の追加(確認)」をクリックします。

ドメイン設定の追加(確定)をクリックすれば設定完了です。

 

独自SSLも設定しよう

独自SSLを済ませておきます。これを済ませていないと、Googleからの評価が下がるので、今のうちに済ませておきましょう。

再びサーバーパネルに戻り、今度は「SSL設定」をクリックします。

ここでSSLの設定ができます。

 

SSL化したいドメインを選ぶ。

 

「独自SSL設定の追加」タブを選択後、右下の「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックすればOKです。

設定が反映されるまで最大1時間程度かかります。

 

WordPressをサーバーにインストールする手順

ここまでくれば、あとはWordPressをインストールすれば、さて、サーバーとドメインの紐付けも完了したので、いよいよワードプレスをインストールします。

ここまで来たらあと一息です。

まずは、サーバーパネルから左下の「WordPress簡単インストール」をクリックします。

インストールしたいドメインを選択しましょう。

「WordPressのインストール」タブをクリックし、必要項目を入力していきます。

  • インストールURL:そのままでOK
  • サイト名:サイトタイトルが決まっていれば入力(後から簡単に変更可)
  • ユーザー名:ログイン時に使用するので自分で覚えやすい物にするかメモを残しましょう
  • パスワード:忘れないように注意
  • メールアドレス:自分のメールアドレスを入力。迷惑メールは送られてこないので大丈夫です
  • データベース:そのまま「自動でデータベースを生成する」でOK

 

入力できたら、右下のインストール(確認)ボタンをクリック→内容を確認して間違いが無ければインストール(確定)をクリックしてください。

インストールが完了すると、ログイン・編集時に必要な情報が表示されます。

必ずメモ等に控えるようにしましょう。ワードプレスは定期的にログアウトされますし、トラブルがあったときには入力が必要になります。

上記のURLにアクセスして、その下に書いてあるIDとパスワードを入力すればワードプレスの管理画面にログインすることができます。

ログインページは今後何度も利用することになるので、ブックマークに入れておくと便利です。

以上でワードプレスのインストールは完了です!

設定が反映されるまでしばらく時間がかかるので、ここまで完了したら一旦休憩しましょう。1時間もすれば設定が反映されています。

『無効なURLです。プログラム設定の反映待ちである可能性があります。しばらく置いて再度アクセスをお試しください。』という表示がされる場合は、もう少し時間をおけば解決します。

 

WordPressのテーマ(サイトのデザイン)を設定する

WordPressのテーマというのは、サイトのデザインを決めるものです。これを設定すると、サイトが一瞬でおしゃれになります。

サイトのデザインを自由に変えられるのがWordPressの醍醐味ですが、いざテーマを検索してみると、信じられないほど多くのWordPressテーマが存在しています(1,000種類以上)。

とてもじゃないですが、この中から初心者の方が最適なものを選ぶのは困難ですので、ここでは人気の高いテーマを4つに厳選して紹介しています。

  • 特化サイトなら、WING(有料:12,800円〜):アフィリエイト向けの機能が充実
  • 個人ブログなら、OPENCAGE(有料:7,980円〜):洗練された美しいデザイン
  • 中間なら、SANGO(有料:10,800円〜):シンプルで無駄のないテーマ
  • 気軽に始めるなら、Cocoon(無料):無料テーマの中の最高峰

下手なテーマを選ぶと、後から後悔することになりますが、この4つのテーマは利用者が多く、評判が高いものばかりですので、これらを利用しておけば利用して損することはありません。

 

法人化するレベルまでいくと、Web制作会社に依頼してオリジナルのデザインを作ることもありますが、副業で始めるなら有料テーマを利用して始めるのがベストです。

そのあたりは、「初心者はWordPressのカスタマイズはするな」で解説していますが、有料テーマを使うと1万円払ったとしても、カスタマイズにかかる時間を節約できるので、1万円を大きく上回るリターンが得られます。

サイトデザインが与える影響については「アフィリエイトのやり方講座 サイトデザインを整えよう」をご覧になってみてください。

 

これであなたのサイトが誕生しました。このあと、設定しておきたいWordPressの初期設定がありますが、ここまでで少し休憩しましょう。

一歩踏み出せたので、自分を褒めてあげてください。アフィブログで成果を出すためには、今後長く、成果の出ない苦労の道のりを歩むことになります。

定期的に自分を褒めてあげるというのも、アフィブログを継続するための技術ですので、しっかりと自分を褒めましょう。

自分を褒めて、一休みが終わったら、ワードプレスの初期設定をいまの勢いで終わらせてしまいましょう。「鉄は熱いうちに打て!」です。

 

WordPress(ワードプレス)でのアフィブログの作り方まとめ

以上、WordPress(ワードプレス)でのアフィブログの始め方を紹介しました。

長い長いアフィリエイトの道のりからすれば、これはほんの入り口ですが、この入り口をくぐろうと行動する人は、副業で稼ぎたいと考えている人の中でもごく一部です。

十分に自信をもってください。

あわせて色々な初期設定を済ませてしまいましょう。

 

  • WordPressでサイトを作ったらすぐにしておきたい設定まとめ

 

 

具体的な設定方法はこちら

  • サーチコンソールを設定しよう
  • プラグインを導入しよう
  • https対応をしよう
  • パーマリンクを設定しよう
  • アナリティクスを設定しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください