最近、画像もない記事を公開していますが後から修正するのでもう少々お待ち下さい。

【アフィリエイト・ブログのやり方講座2】サイト設計・構成を考えよう ~初心者が稼ぐための道~

アフィリエイト戦略

アフィリエイトのやり方講座では、「アフィリエイトでお金を稼ぐことに興味をもっている」、もしくは「稼ぐ準備を始めている」初心者に向けて、基礎的なやり方を紹介しています。

やり方講座第2回では、アフィリエイトを始める前の『サイト設計・構成』について説明していきます。

サイトの構成をちゃんと考えるのと考えないのでは、サイト作成の効率が全然違いますので、しっかりと考えておきましょう。

 

やりながら考えたらいいんじゃないの?

きゃっと

いろいろ細かいこと考えるの苦手だしメンドくさいです!

なまはむ

たしかに「考える」ってメンドくさいですよね。でもアフィリエイトで失敗するのって、最初の計画不足が原因なことも多いんですよ。なので、最初にしっかりリサーチすることをオススメします。

 

アフィリエイトで稼げずに、途中でやめてしまう原因の一つに、リサーチ不足があります。

サイトを作りながらでも方向転換が可能なのがアフィリエイトの特徴です。

しかし、ちゃんと下調べをおこなわず、初心者がいい加減に登る山を選んでしまうと、途中でその山を登るのがとても難しいことに気づくでしょう。

気づいたときにはすでに手遅れで、遭難(=成果がほとんど出ない)してしまいます。

無事に下山して別の山に登ることができればいいですが、最悪の場合、死にます(=諦めて撤退)

アフィリエイトでも同様で、リサーチ不足で難易度の高いジャンルから始めると、全く成果が出ず、イヤになって諦めるパターンがほとんどです。

これはいわば、登山を始めたばかりの素人が、エベレストにいきなり登り始めるようなものです。

まずは登れる山をしっかりと見極めて、その山を登り切るための準備をしましょう。

難易度の高い山(=競争が激しいけど稼げる額が大きいジャンル)は、しっかりと訓練を積んでから挑戦すればいいのです。

 

アフィリエイトを始める前になにを考えておくのか?

アフィリエイトサイトを作り始める前に、なにを考えておけばいいのでしょうか?

考えるべき項目というのは、無数にありますが、いきなり詳細完璧な計画を立てるというのは難しいです。

初心者が最低限計画すべき項目は、以下の4項目です。

アフィリエイトで最初に考えておくべき項目

  1. アフィリエイトの稼ぎ方
  2. サイトの運営方法
  3. 記事の形式
  4. サイトのジャンル・テーマ

 

途中で変更可能な項目もありますが、あらかじめそれらの項目を検討しているかどうかでは、サイトの作成効率が段違いです。

 

①アフィリエイトの稼ぎ方を決める

まずは、アフィリエイトの稼ぎ方を決めましょう。

アフィリエイトをするためには、基本的にはブログやホームページといった自分のサイトをもつのがオーソドックスです。

しかし、2017〜2018年頃からは、新しいメディアが浸透してきた影響もあり、アフィリエイトでの稼ぎ方が多様になっています。

昔からあるものとしては、「メールアドレスのリストを購入して、メルマガを使って稼ぐ方法」や、「商品の紹介ページだけ作って、Googleに広告を出して稼ぐ方法」などがあります。

2010年代後半からは、SNS(FacebookやTwitter、LINE)で集客をおこない、新しいウェブサービスの『note』、『voicy』でマネタイズする方法なども出てきました。

また、ユーチューバーは自分のウェブサイトなしでも稼ぐことができます。

このように、アフィリエイトはやり方が多種多様で、それぞれで稼ぎ方がかなり違ってきます。場合によっては、ウェブサイトを作らないこともあります。

ですので、どのアフィリエイト方法で稼ぐのかを最初に決めておく必要があります。

アフィリエイトのやり方は、大まかに以下のようなものがあります。

 

このように分類してはいますが、これらを組み合わせて行うことも可能です。

 

初心者にオススメのアフィリエイト手法は3つ

基本的にサイトを育てて稼いでいくなら、トレンドアフィリエイトや特化型ブログアフィリエイト、物販アフィリエイトを組み合わせることが多いです。

また、この3つが初心者が取り組みやすいアフィリエイトでもあります。

それ以外のアフィリエイト方法は、「必要な投資額」や「難易度」が高いので、初心者にはオススメできません

アフィリエイト初心者向けに、特化型ブログアフィリエイトをやる前提で話を進めていきます。

 

②サイトの運営方法を考える

次に、どのようにサイトを運営していくのか、運営方法を考えましょう。

サイトを作成・運営していくうえで決めなければならない項目は多数ありますが、特に重要なのが次の3点です。

  • 独自ドメインを使うかどうか?
  • サイトの運営手段を何にするか?
  • どこのレンタルサーバーを借りるか?

 

上から順に重要になります。

特に一番上の「独自ドメインを使うかどうか?」というのは後から変更するのがかなり難しい項目ですので、事前にしっかりと検討しておきましょう。

しっかりと稼ぎたいのであれば、独自ドメインの使用は絶対です。

当サイトももちろん独自ドメインですし、月に数十万円以上稼いでいるサイトは、ほぼ全て独自ドメインで運営されています。

 

独自ドメインを使うかどうか?

独自ドメインというのは、『facebook.com』というように『〇〇.com』などで記載される、ウェブサイトの住所です。

「.com」や「.jp」など、種類はいろいろあります。

ここで詳しくは説明しませんが、当サイトでは独自ドメインの取得をオススメしています。

少し取得費(1,000円程度)がかかりはしますが、メリットがとても多いためです。

特に重要なのが、無料ブログを使っていると、運営の判断でブログが削除される可能性がありますが、独自ドメインを使えばそのような危険がないということが挙げられます。

詳しくは、下の記事で紹介していますが、稼ぎたいなら『独自ドメインの利用は不可避』と覚えておいてください。

あわせて読みたい

 

サイトの運営手段を何にするか?

サイトの運営手段には、「無料ブログサービスを利用する」、「CMS(主にワードプレス)を利用する」、「HTMLとCSSを自分で記述する」という3つの手段があります。

ワードプレスはホームページを作ったり、ブログのデザインをカスタマイズするのにそれぞれ必要となるものです。

HTML    :ページの要素や構造を指定するための言語
CSS      :HTMLで作った要素を装飾するスタイルを指定する言語
ワードプレス  :ホームページを作成することに特化したソフト

HTMLとCSSで書かれているプログラムによって、サイトのデザインが決定されます。

自身でこのHTML/CSSを記述した方が、SEO対策など細かい設定ができますし、デザインの微調整もできるので、理想としては自身での記述が望ましいです。

しかし、実際問題として、アフィリエイトを始める方というのは、HTML/CSSを今まで学んだことがない方がほとんどです。

HTML/CSSを一から学ぶにはあまりに時間がかかるので、初めてサイトを作成するという方は、無料ブログサービスを利用するか、ワードプレスを使うことをオススメします。

満足のいくレベルまで知識を高めようと思うと、それだけで数ヶ月はかかります。

 

ワードプレスとは?

なまはむ

世界でもっとも使われているブログ用のツールがワードプレスです。初心者にも使いやすいので、ワードプレスの利用がオススメです。

 

ベースとなる優れたテンプレート(雛形)を利用してサイトを作り始め、少しずつHTML/CSSを覚えながらサイトをカスタマイズしていく、というのが効率のいい始め方です。

ワードプレスは、テンプレートとよばれるものを利用することで、HTML/CSSの知識なしでも綺麗なデザインのサイトを作ることができます。

テンプレートには、HTML/CSSの雛形が記述されていますので、利用することで最初からデザインが整ったサイトになります。

ただし、ワードプレスを使う場合も、サイトの細かいカスタマイズをするにはHTML/CSSの知識が必要となります。

この場合は、ベースのテンプレート選びが非常に重要になってきます。ワードプレスには無料のものから有料のものまで、1万を超える様々なテンプレートが存在します。

テンプレートに関しては、あとから変更することが可能です。

無料のものでも十分なSEO対策が施されたものもありますので、自分が気に入ったデザインのものがあれば、そのテンプレートの評判を調べたうえで利用しましょう。

オススメのテンプレートは別記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

あわせて読みたい
  • オススメのワードプレステーマ

 

無料ブログサービスとは?

無料ブログサービスは、大手IT会社が提供しているブログを作るためのサービスです。

サービスを利用することで簡単にブログを作成できますし、運用・管理・保守はすべてブログ会社がやってくれます。

多くのサービスがありますが、現在オススメできる代表的なブログサービスは、以下のとおりです。すべて無料で利用できます(有料プランも有)

無料ブログサービスの種類

  • FC2ブログ   :自由度が高く、アフィリエイトにも向いている
  • はてなブログ  :ブログ量産が可能、はてブでの集客もしやすくアフィリエイト向き
  • ライブドアブログ:容量無制限、初心者でもアクセスを集めやすくアフィリエイト向き
  • SeaSaaブログ  :可もなく不可もないサービス
  • アメーバブログ :アフィリエイトの規制が大きく、アフィリエイトには不向き

 

お金を稼ぐことが目的であれば、はてなブログかライブドアブログがおすすめです。

アフィリエイトの制限がないですし、カスタマイズが楽なので初心者には最適です。

この2つは独自ドメインを使ってブログを始めることができますし、運営がアフィリエイトを認めているため、アフィリエイトがしやすいという特徴があります。

 

どこのレンタルサーバーを借りるか?

レンタルサーバーは、その名のとおりサーバーをレンタルして(借りて)運用することを指します。レンタルーサーバーの運営会社というのはいくつもあります。

ワードプレスを使う場合、レンタルサーバーの契約が必要になってきます。

無料ブログでも独自ドメインの利用が可能なところはありますが、その場合、独自ドメインのメリットをフルに活かせません。

といっても、手続きは、ウェブから必要事項を入力して、クレジットカードなど支払い方法を選択するだけでできるため、難しくありません。

レンタルサーバーは安ければ月100円程度からも可能ですので、独自ドメインと合わせても、毎月200円ぐらいの出費で済みます。

毎月ビールを1杯我慢するだけで費用は捻出できるので、独自ドメインとレンタルサーバーの取得はケチらないようにしましょう。

初心者の方にとって、どのサーバーを選べばいいのかというのは、チンプンカンプンでしょう。

サーバーの性能やスペックをいきなり書かれても、正直よくわからないので、当サイトも選ぶときにはかなり苦労しました。

講座の次のステップや下の記事で紹介していますので、ご覧になってみてください。

 

記事の形式を考える

 

アフィリエイトサイトの記事の形式というのは主に2つあります。雑記ブログ型と専門サイト型です。

どちらにもメリット・デメリットがありますが、将来的に大きく稼ぎたいなら専門サイト型をオススメします。

雑記ブログ型

雑記ブログ型とは日々更新を続けていきながら、ファンや読者を育てて稼いでいく形式です。

ブログのテーマに沿った時事ネタ・面白ネタなども取り入れつつ、ブロガーの個性で読者を惹きつけて多くのアクセスを集めていきます。

ちきりん氏やホリエモンこと堀江氏のブログなどに代表されるように、独自の目線からの論評などで稼ぐことができるのがこの形式です。

このジャンルで生き残るには、オリジナリティの高い独自の情報を発信していく必要があります。

 

専門サイト型

専門サイト型とはテーマをしっかりと定め、最終目標を決めて記事を揃えていくタイプのアフィリエイトです。

必要な記事などをあらかじめ考えておいて最終目標を見据え、それに向かってサイトを完成させていきます。

サイトが完成したら時々記事を追加していくだけで、ある程度放置していても稼げるのが特徴です。

ブログは鮮度が命な記事が多いので更新が欠かせない場合が多いのですが、サイト型は一旦完成するとある程度放置しても稼ぎやすいという特徴があります。

 

専門サイトと雑記ブログ、どっちのほうが大きく稼げるのか?

従来は大きく稼ぎやすいのは専門サイト型でした。

これまで、月100万を超えるアフィリエイターの多くはサイト型で稼いでいるのに対して、ブログ型で月100万稼いでいるのは極一部のトップだけでした。

それには理由があって、サイト型というのは高単価のASP商品を売りやすいという特徴があったためです。

テーマが定まっているので、商品購入を検討している顧客の興味を引きつけやすく、売上の出せる商品をたくさん売ることができます。

対して、雑記ブログ型では以下のように言われていました。

雑記ブログ型ではASPの商品を売っていきにくい傾向もあり、低単価の「Googleアドセンス」や「Amazonアフィリエイト」に頼ることになりがち。

しかも購買意欲のある読者は限られているので、PV数の割には稼げないということもよくあります。

 

しかし、ユーチューバーやインスタグラマーといった単語が定着してきた2016年頃からは、雑記ブログが盛り返しています。

というのも、自分の個性を生かしてファンを集めやすいのは雑記ブログ型ですので、SNSでの拡散などが起きやすく、以前よりも集客がしやすくなったためです。

さらに、ブログには固定ファンがいるので、紹介した商品に興味をもってもらいやすいですし、自分の作った商品も購入率が高くなります。

今後は個人(インフルエンサー)の影響力が高まる時代と言われており、雑記ブログ型の方が稼ぎやすくなりつつあります。

また、閲覧者からのメッセージをもらいやすいのもブログ型の特徴なので、人とのやり取りが好きな方には、ブログ型がオススメです。

 

サイトのジャンル・テーマを考える

アフィリエイト

アフィリエイトの手法を決めたら、取り扱うテーマを決めます。

ジャンルごとに稼げる金額というのがおおよそ決まっています

月に数万円ぐらいを稼ぎたい場合は、ニッチなジャンルでも稼ぐことはできます。

しかし、月に数十万円、さらには100万円以上を稼ぎたい場合は、需要のあるジャンル・単価の高いジャンルで攻めていくことが絶対条件となります。

需要のあるジャンルというのは、単価も高くなる傾向にあるので、需要のあるジャンル=高単価のジャンルとみなしていいでしょう。

需要のあるジャンルというと競合が激しいイメージで、いまさら初心者が始めてもしょうがないと感じるかもしれません。

しかし、実際にはどのジャンルにもつけ込む穴というものがあり、切り口を変えて攻めていけば競争に勝つことも十分できます。

加えて、新しいジャンルというものが日々生まれていますので、稼げる余地のあるジャンルというのは常に存在しています。

2017年は、仮想通貨が稼げるジャンルとして多くの新米アフィリエイターが参入し、1年で月100万円の収入を稼ぐ人が相次ぎました。

当サイトも、そういったサイトの一つです。

逆に、需要のないジャンル(=単価の安いジャンル)で一生懸命やっても、興味がある人がそもそもいないということが起こり得ます。

その場合、サイトを訪れてくれる人がほとんどいないため、アフィリエイトで成約してもらうことができません。

また、成約しても1件あたり30円しかもらえないような単価が安いジャンルの場合も、1万件の成約があっても30万円にしかなりません。

実際、1万人に売る、しかもそれを1年間達成し続けるとなると、12万人に販売する必要があります。そのようなことは現実的ではないため、単価が安いジャンルも稼ぐことはできません。

そういったわけですので、需要のあるジャンルを選ぶようにしましょう。

 

アフィリエイトで需要のあるジャンルとは

需要のあるジャンルというのは具体的には下記のようなものです。

  • 転職・求人系(医師、看護師、薬剤師、エンジニア、保育士転職、バイト求人など)
  • 資格・教育系(資格教材、英会話、学生教材など)
  • 恋愛・結婚(婚活、式場予約、恋愛、マッチングアプリなど)
  • 美容系(サプリメント、エステサロン、脱毛、ダイエット教材、美容整形)
  • 健康系(青汁、ウォーターサーバー、水素水)
  • 育毛・AGA系(育毛剤、クリニック)
  • 通信系(光回線、格安スマホ、格安SIM、動画サービス)
  • 金融系(仮想通貨、FX、キャッシング、クレジットカード、カードローン)
  • 保険系(生命保険、医療保険、自動車保険)
  • 車とバイク(車買取、バイク買取)

 

きゃっと

多すぎてどれを選んだらいいか全然わからないんですけど!

なまはむ

最初はジャンルを選ぶのが難しいかもしれません。そんなときは自分が一番興味をもっているジャンルを選ぶのがオススメです。

 

どういうジャンルでサイトを作るかすでに決まっている人はいいですが、この中から何を選べばいいか迷っている方もいると思います。

そういうときは、自分が一番興味を持てそうなジャンルを選ぶのがオススメです。

自分の好きなことや興味のあること、ほかの人より深い知識を持っていることなどを、自分なりの記事にしてサイトを作成していきましょう。

好きなジャンルを選んだほうが、楽しく作業を行えますし、そういった状態の方が創造力を発揮しやすくなります。

結果、記事作成の効率がかなり違ってきます。

また、書いていて楽しいというのは読者にも伝わります。

楽しんでいる状態のときに書いた文章は、選択する単語が自然と変わってきますので、楽しく書いている文章というのは読んでいる側にも、なんとなく伝わります

逆に、興味のないことや楽しくないことを頑張って記事にしても、記事を書くのが苦痛となり、読者は記事を楽しめず、商品もあまり売れないという結果になります。

結果が出ないので記事を書くのがさらに辛くなる、という負のスパイラルに陥ってしまいます。

アフィリエイトで成功したいなら、「儲かるジャンルか?」「報酬は高いか?」「商品に需要があるか?」というのも大事ですが、それよりも自分に興味があることに取り組めているかというのが重要になってきます。

 

ジャンルを選ぶうえで実際の商品を確認しておくのも大事

ジャンルを選ぶうえで、実際にどんな商品があるのかを確認しておくことも有効です。

そのためには、広告を出している会社(ASP)に登録する必要があります。

基本的には、サイトをもっていないと登録できないのですが、業界最大手の『A8.net』はウェブサイトを作っていなくても登録できますので、ここでどんな商品があるか確認してみてください。

>>A8.netの公式サイトへ

 

また、サイトを持っている人は以下の大手ASP3社にも無料登録して、他社にはどんな商品があるのかも調査しておくのが良いでしょう。

ASPによってもジャンルごとに強みがありますので、A社では扱ってない案件をB社で扱っていたりします。なので最終的には複数登録しておくことがベストですね。

afb(アフィリエイトB):満足度No.1のASP
アクセストレード:通信系に強いASP
バリューコマース:案件数が非常に豊富なASP

あとは、自分が取り扱おうと決めたジャンルで人気のあるサイトがどのような商品を紹介しているか?/どのように紹介しているか?といった競合調査も有効です。

「〇〇(興味があるジャンル)」というように取り扱う内容を単独で検索したり、「〇〇 稼げる」のように稼ぎやすそうな商品を調べるための単語と組み合わせて検索し、上位に出てきたサイトを確認してみると参考になるサイトが出てきます。

 

まとめ

以上、サイトを作成する前に考えておくべき4つのことを紹介しました。

  • アフィリエイトの稼ぎ方
  • サイトの運営方法
  • 記事の形式
  • サイトのジャンル・テーマ

 

この4つに関しては、少し時間をかけて考えておきましょう。

 

NEXT >>アフィリエイト基礎講座3 サイトを立ち上げる

 

[aside]あなたにオススメの関連記事

[/aside]

 

    TOPページへ戻る    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください