DMM Bitcoinの口座開設で最大5,000円プレゼント実施中

PPC広告の仕組みを解説

この記事では、アフィリエイト初心者の方に向けて、PPC広告の仕組みを紹介しています。

アフィリエイトについて、「何それ?」という方は、まずは、アフィリエイトで稼ぐ方法をご覧ください。

副業方法についてもっと幅広く知りたい方は、下の記事からどうぞ。

 

PPC広告の仕組み

 

PPC(Pay Per Click)広告で支払う金額は、購入するキーワード次第で変わります。

つまり、PPC広告では、検索キーワードに値段(キーワード落札価格)がつきます。

このキーワード落札価格は、そのキーワードでリスティング広告を出稿するユーザーが自分で値付けを行います。

特定のキーワードで出稿したい人が、増えれば増えるほど、オークション形式でキーワードの落札価格は上がっていきます。

競争の結果、落札価格が高かった広告が、PPC広告の上位に表示されていきます。

 

 

PPC広告の料金制度

 

Googleの検索連動型広告(通称Google広告)は、クリック課金制となっています。

ユーザーが広告をクリックするごとに、その広告主が、各検索キーワードに設定されたクリック単価に応じて、広告料を支払う仕組みです。

このクリック単価は、キーワード落札価格をもとに算出されます。

そのため競争率の高いキーワード(分野)で、PPC広告の上位表示を狙い、閲覧者から大量にクリックされると、それに応じて多額の広告料を支払うことになります。

 

キーワード落札価格とクリック単価の違い

  • キーワード落札価格:特定のキーワードで出稿する人達が設定する、そのキーワードの価格
  • クリック単価:PPC広告をワンクリックされた際に広告主が支払う料金

 

ですので、PPC広告を利用する場合は赤字にならないよう、費用対効果(支出したぶん、収入が得られるか)を考えていく必要があります。

たとえばキーワードのクリック単価が40円、100人にクリックされることを見込むなら、最低でも4,000円の利益がないと赤字となる計算になります。

PPC広告では、広告が閲覧者にクリックされるときに、はじめて広告主に支払い料金が発生します。

広告を出稿しただけでは料金は発生しませんし、広告費用の上限は自分で設定できますので、料金を払いすぎる、という心配はありません。

不正クリックについても、無効化されるようになっています(すごい仕組みですね)。

PPC広告では、慣れるまでは数万円の広告料をとられてしまうこともままあります。誰もが通る道ですので、授業料と割り切って、支払いましょう。

こまめにデータを見て、想定よりも売り上げが悪ければすぐに広告設定やコンテンツを修正していきましょう。

 

 

代表的なPPC広告

 

以下に有名なPPC広告の種類を紹介しています。

自分の目的に合わせた広告媒体を選ぶことで成果が高まります。

 

検索連動系

・Yahoo!プロモーション広告
・GoogleAdWords
・Indeed

 

バナー広告系

・Yahoo!プロモーション広告
・GoogleAdWords(Youtube含む)
・nend
・MicroAd(サイバーエージェントの広告)

 

SNS系

・Facebook
・Instagram

 

 

まとめ|PPC広告のご利用は計画的に

以上、PPC広告について紹介しました。

PPC広告は短時間で成果を発生させることができるので、使い方が上手ければ簡単に稼ぐことができますが、その反面、料金の設定やランディングページの質が低いと赤字になります。

利用するときは、むやみに利用するのではなく、しっかりと損益について計算してから利用するように気をつけてください。

 

当サイトでは、これ以外にもいろいろなアフィリエイト手法や基礎知識を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。

 

 

[afbtn class="raised accent-bc strong"]アフィリエイトの記事一覧へ[/afbtn]
 
オススメの副業方法はこちら

 

 

[afbtn class="raised accent-bc strong"] TOPページへ戻る [/afbtn]
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください