アフィリエイト基礎講座1 基礎知識を身につける

アフィリエイトの基礎知識

この記事では、アフィリエイトでお金を稼ぐことに興味をもった方、もしくは、稼ぐ準備を始めている方向けに、アフィリエイトの基礎的な知識や仕組みについて紹介しています。

アフィリエイトを始めようと決意された方は、少しでも早くお金を稼ぎたくてすぐにサイトや記事を作成しようとウズウズしているかもしれません。

しかし、サイトや記事を作成する前に、少し時間をかけてでもアフィリエイトの仕組みの全体像を知り、サイトをどういう手順で作っていくか戦略を立てることはとても重要です。

途中で方向転換することもできますが、その場合は何かと修正に手間がかかり、無駄に時間を浪費してしまいます。そうならないためにも最初に知識を身につけておきましょう。

「そもそもアフィリエイトってなに?」という方は、『アフィリエイトで稼ぐ方法』の記事をまずはご覧になってみてください。

アフィリエイトとは何か?

アフィリエイトの基礎知識2

おさらいですが、アフィリエイト(Affiliate)は、自分のウェブサイトやブログ、Twitter、Facebookなどで商品やサービスを紹介して、誰かに利用してもらう行為のことをいいます。

具体的には、自分のサイトやTwitterに広告のリンクを貼りつけて宣伝します。

あなたのサイトの閲覧者が、このリンクをクリックして商品を購入すると、あなたの成果として認定されて、商品を提供している企業から報酬がもらえます。

 

つまり、インターネットを利用して、その企業の商品を売る「営業マン」になっているのです。この営業マンのことを、アフィリエイターとよびます。

企業が普通に商品を売る場合、商品をPRするための広告費が必要ですし、広告を出すためにかかる諸手続きをおこなう人たちの人件費もかかります。

さらに、それだけでは売れないので、商品を置いてくれる売り場を確保するに営業活動を行う必要もあるため、営業マンの人件費がかかります。

しかし、アフィリエイターに商品をPRしてもらった場合、そういった人件費などがかからないため、そのぶんをアフィリエイターに支払うことでアフィリエイトが成り立っています。

アフィリエイトで商品を紹介するといっても、初めての方にとっては、どういったものを紹介できるのか想像がしづらいかと思います。

ありとあらゆる物やサービスがアフィリエイトの対象となっています。

格安SIMの契約、保険の紹介、車の見積もり、クレジットカードの紹介、健康食品の紹介、ホテルの予約、動画サイトの無料会員登録などなど、さまざまなジャンルの商品やサービスが、アフィリエイトできるようになっています。

日常生活で身の回りの店舗で売っているものは、全てアフィリエイトの対象と考えてもらって間違いはありません。あなたが、今後どのようなジャンルのコンテンツを作成するにしろ、記事の内容に関連した広告を見つけることができます。

 

アフィリエイトで稼ぐために必要なことは?

アフィリエイトは、やるべきことさえ実行すれば、月5万円ぐらいなら誰でも稼ぐことができます。

しかし、実際にはアフィリエイトを始めた人の9割が稼げないまま、アフィリエイトをやめていきます。

では、アフィリエイトで稼ぐために必要なこととはなんなのでしょうか?

頭の良さなどではなく、根気行動力です。

 

アフィリエイトで稼ぐには、サイトへのアクセス数が必要ですが、アクセス数が増えるまでに、半年前後の時間がかかります。つまり、半年は収入にならなくても頑張り続ける必要があるということです。

そして、ここで多くの人が脱落します。

モチベーションを保って作業を継続できた人は、稼げるようになりますが、無報酬で半年以上モチベーションを保ち続けるというのは案外難しく、できる人は多くありません。

 

また、行動力というのも必要です。新しいことを躊躇せず行う勇気と言い換えてもいいかもしれません。

アフィリエイトでは、99%の方にとっては初めての試みですし、知らないことばかりです。

人間は本質的に、現状を変えて、新しいことを始めることに、抵抗を感じる生き物です。しかし、世の中では、新しい知識や商品が日々生まれています。そういったものを取り入れていかないと、アフィリエイトの世界では、ライバルに取り残されていきます。

一部の年配の方などで、「インターネットやスマホはどうやって使ったらいいかわからん」というふうに、新しいものを覚えようとしない方が一定数いますが、アフィリエイトをするのであれば、それではいけません。新しい知識を積極的に習得しようとする行動力・意欲が必要です。

 

少なくとも半年間、サイトを訪れてもらうために、サイトの評価を地道に上げていくことになります。サイトの評価というのは、サイトに訪れた人数、サイトの訪問者が記事を読んだ時間、読んだ記事の数など様々な要素が影響してきます。

これらの活動を、半年間サボらずに改善し続けていくことで、アフィリエイトで稼げるようになります。

 

アフィリエイトの広告ASPとは?

ASPとは、Affiliate Service Provider(アフィエイト・サービス・プロバイダー)の略です。

ASPは、アフィリエイターと企業をつなぐパイプ役です。現実でいうと、広告代理店のようなもので、電通をイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。

企業がASPに広告を発注し、依頼を受けたASPが、私たちに広告商品の販売を委託します。企業(広告主)からの報酬は、ASPを経由して受け取ります。

ネット業界では、Application Service Provider(アプリケーション・サービス・プロバイダー)もASPと呼ぶので、混同しないように気をつけてください。

ASPには数多くの会社があり、大小含めると100社以上あるといわれています。ネット業界では、トレンドの変化が速いので、資金が十分でない小さい会社は急に業績不振になって倒産したりいったことが起こります。

そのため、ネット業界においては、同様のサービスであれば大手を使うことが鉄則となります。

どこを使っていいかわからない場合は、少なくとも下で紹介している大手ASPに登録しておけば間違いありません。どのASPも十分な実績がありますし、登録するのも利用するのも無料でできます。

 

ASP名特徴
A8.netASP業界の最大手。ほかのASPと比較するためにもとりあえず登録しておくと便利。
もしもアフィリエイト自分のサイトにあった広告を自動で提案してくれる。W報酬制度で、報酬が10%上乗せされるなど優良ASP。
afb(アフィb)成果が発生すると、消費税分(8%)の報酬上乗せがあり。美容系などに強みを持つ。

 

アフィリエイトでは、登録料をとるASPもあります。上で紹介した大手ではそういうことはありませんが、登録料が必要というところは十中八九、悪質なASPです。マイナーなASPを利用する場合は気をつけてください。

そして、ネットの広告というのは、成功報酬型とクリック報酬型の主に2種類に分かれます。

 

成功報酬型ASP

成功報酬型では、その名のとおり、広告の商品やサービスが購入・利用された場合に報酬が入ります。

あなたのサイトを訪れた人が、広告をクリックすると、その記録がウェブ上に残るので、サイト所有者に報酬を支払うことが可能になっています。

広告報酬の獲得条件というのは案件ごとに違いますが、サイト所有者に報酬が払われる閲覧者の行動の代表例は以下のとおりです。

  • サービスの会員登録をする
  • 資料請求をする
  • カードや口座を作成する
  • 商品を購入する
  • 就職する

成功報酬型の中でも、物販系や情報系というように、ジャンルがさらに分かれています。情報系では特に、情報商材が扱われます。

物販系の代表とも言えるのが、Amazonアソシエイトです。1つの商品の紹介料は2〜10%程度。1商品あたり数十円が基本となり、数百円でも高い方です。1回あたりの報酬上限は1,000円となっていますので、たとえ10万のパソコンを1台売ったとしても1,000円の報酬になります。

ASPアフィリエイト

ASPアフィリエイトは広告がクリックされた上で、その広告の商品(もしくはサービス)が購入されて初めて報酬が発生します。冒頭で話したアフィリエイトのタイプと全く同じものですね。

ASPではたくさんの商品・サービスを紹介できるようになっていますが、需要のあるジャンル/稼げるジャンルというのはある程度絞られています。その分野だけでも宣伝できる商品/サービスの種類は山ほどありますので、自分の紹介しやすい商品/サービスを選んで取り組むと良いでしょう。

 

Amazonアフィリエイト

Amazonアフィリエイトでは、売れた商品の2〜10%が報酬としてもらえます。1商品あたり数十円が基本となり、数百円でも高い方と言えるでしょう。1回あたりの報酬上限は1000円となっています。

Amazonアフィリエイトの最大のメリットはAmazonにある物はなんでも売ることができることです。

成果報酬型アフィリエイトだとASPが売りたい商品を扱っていないこともありますが、Amazonにはなんでも売っていますから世の中にあるほとんどの物を紹介することができます。

 

クリック報酬型ASP

クリック報酬型も名前そのままですが、サイト閲覧者が広告の画像をクリックするだけで条件達成となり、報酬が手に入る広告です。

一件あたりの報酬は成功報酬型に比べると少ないですが、広告がクリックされるだけで報酬が発生しますので、報酬がもらえるまでのハードルがかなり下がります。

このクリック型報酬で最も有名なのが、Google Adsense(グーグルアドセンス)です。

アドセンスと略して呼ばれることが多いですが、閲覧者のサイト履歴から、最も適した広告を自動で配信してくれるうえ、報酬の単価も1クリックあたり数十円〜数百円であるため、クリック型の広告の中でも報酬がダントツに高いです。

商品にもよりますが、Amazonアソシエイトよりも報酬が高いときもあり、「クリック報酬型はアドセンスだけで十分」といわれるほどです。

アフィリエイターにとって便利なのは当たり前ですが、広告主やユーザーにとっても利便性の高い広告であるため、win-win-winの仕組みの広告です。

ですが、アドセンスには、登録のための審査が厳しいことや、ポリシーに反するとアカウントを削除されて利用できなくなるというデメリットがあります。

サイトの記事が読まれた回数をPV(Page Veiw)と言いますが、1PVあたり0.25円〜0.5円ぐらいがアドセンスの相場かと思います。いろいろなサイトを調査してもこれぐらいですし、当サイトもそれぐらいの報酬となっています。

月間100万PVを集めているサイトは、アドセンスだけでサラリーマンと同じ月収をもらえているわけです。

 

インプレッション型広告

インプレッション型広告は、ブログやサイトに広告が表示されるだけで収益が発生するタイプのアフィリエイト広告です。

最も成果達成のハードルが低いですが、その分単価が低いので、これだけで稼ぐのは難しくなっています。目安としては、広告が1,000回表示されて10円といったところです。

 

これら3つをうまく組み合わせて、広告報酬の最適化を行います。

 

アフィリエイトを始める初期費用は?

パソコンとインターネット回線をすでに契約している方は、初期費用は0円で開始することもできます。

 サーバードメインサイトデザイン  初期費用
無料ブログ無料ドメイン0円
独自ドメイン100円〜1,000円
レンタルサーバー独自ドメイン手書きor
無料テンプレート
1,000円〜2,000円
有料テンプレート10,000円〜

そうはいったものの、実際のところ、初期投資を惜しむと、アフィリエイトで稼ぐのは難しいという現実もあります。

無料ブログ(FC2,アメブロ,はてなブログetc)で、アフィリエイトを始めようとする人がいますが、無料ブログは意図しない広告が表示されて、売り上げがブログの運営会社に吸い取られます。

さらに、ブログ規約に違反していると、最悪の場合はブログを削除されることもあります。実際、ブログを削除されて、収入が0になったという専業ブロガーもいます。

そのため、アフィリエイトで本気で稼いでいくなら、自分独自のサイトを運営していく必要があります。ブログ会社に頼らずにサイトを運営しようと思うと、自らサイトを作っていくことになるので、どうしても、ある程度の初期投資が必要になってきます。

 

自分のサイトを作って運営するためには、レンタルサーバー独自ドメインワードプレスのテンプレートといったものが必要となります。

本気で月5万円以上を稼ぎたいのであれば、サイトの屋台骨であるこの3つには、一定の投資をしないといけません。

金額の目安としては、多めに見積もっても、大体3万円以内です。これだけあれば、それ以上の初期投資は必要ないでしょう。もうちょっと初期費用を抑えたいという方は、1万円ぐらいで済ますこともできます。

 

アフィリエイトの大まかな流れ

まず、アフィリエイトで稼ぐための大まかな流れを把握しておきましょう。アフィリエイトで稼ぐ方法でも紹介しましたがおさらいです。

  1. アフィリエイトの基礎知識を知る
  2. 戦略・段取りを考える
  3. サイトを立ち上げる
  4. サイトデザインを整える
  5. 記事を書く前の下準備を行う
  6. 記事を書く
  7. SEO対策を進めサイトの評価を高める
  8. 広告を貼って収益化する
  9. サイトを改善し続ける

このような手順で進めていくのが一般的です。最初にサイトの方向性をしっかり決めておくと、効率的にサイト作成を進めていけます

サイトを作りはじめてから、「やっぱりサイトのジャンルを変えよう!」「デザインを変更しよう!」と、方向転換したくなるときがあります。

もちろん可能なのですが、その場合、今までの記事との整合性を修正したり、デザインを変更したことによって記事の装飾をやり直す必要が出てきます。

実際に筆者も急いでサイトを作ったため、サイトデザインを大きく変更したときに、とても面倒な思いをしました。こういった時間の浪費は、スピードが重要なネットビジネスにおいては、なるべく避けなければならない行為です。

このように、最初に時間をかけて準備を進めるだけで、あとから必要になる時間を大幅に節約できます。ムダを避けて、少しでも早く収益化をするためにも、最初にアフィリエイトの進め方を知っておきましょう。

この手順を、基礎講座として順番に紹介しています。それぞれの記事がどのような内容になっているのか、紹介しておきますので、自分にとって必要と感じた記事を読んで参考にして頂けたら幸いです。

 

基礎講座1 アフィリエイトの基礎知識を知る

まずは、アフィリエイトについてある程度の知識を学びます。

何の知識も持たないまま始めると、行き詰まったりしやすいですし、無意味なところに時間をかけてしまったりします。

今後の作業を効率化するためにも、最初に少し時間をかけてアフィリエイトについて知っておくほうが、結果的に時間の節約になります。

紹介内容

  • アフィリエイトをするのに必要な能力
  • アフィリエイトをするのに向いていない人

 

基礎講座2 戦略・段取りを考える

基礎知識を学んで、アフィリエイトをどのように行なっていくのか大まかな流れを把握したら、次は、少し具体的な計画を立てていきます。

何事もそうですが、計画を立ててから開始した方が、作成効率が格段によくなります。サイト作りにおいてもそれは同じです。

次に何をするかわかっていない状態だと、サイトを作っている最中に方向がブレやすいです。

ここでは、アフィリエイトの手法をどうするか、サイトのテーマを何にするか、無料ブログにするのか独自ドメインを取得するのか、どこのサーバーをレンタルするのか、ワードプレスを利用するのか、などを決めましょう。

計画を立てずに行き当たりばったりで進めると、後からこっちに変更しておけばよかったということが出てきます。もちろんやり直しは可能なのですが、時間が結構かかりますし、場合によっては収益が低下することもあります。ですので、早くサイトを作りたい気持ちを抑えて、計画を練りましょう。

 

手順3. サイトを立ち上げる

ここからは、実際に行動に移していきます。

独自ドメインか無料ブログのどちらかを使って作成します。無料ブログを利用する場合は、商用利用が可能なFC2ブログがオススメです。本格的に稼ぎたい方や不労所得を狙っていきたい方は、独自ドメインを入手することをオススメします。

それぞれのサービスを提供している会社に申し込みを行います。独自ドメインで自分のサイトを持ちたい方はレンタルサーバーにも申し込みます。

さらに、ワードプレスを利用する方は、ワードプレスのインストールを行います。これで最低限の立ち上げが完了です。

 

手順4. サイトデザインを考える

デザインは記事が増えてからでいいと言っている人が多いですし、実際、デザインは後からいくらでも変更できるので、後回しにされがちです。

無料ブログを使うならそれでもいいのですが、ワードプレスでは話が違ってきます。

私自身の経験から言うと、初めてサイトを作る場合は、最初にデザインを考えておく方がいいと考えています。

ワードプレスでテーマを変更する場合、テーマによって、太字赤太字といった、文字を装飾するために使っているプログラミング上のコードの書き方が違います。当然、別のテーマに移行すると役に立たなくなるものもあります。というより、そちらの方が多いです。

ワードプレスで使うテーマを決めていて、その中で多少変更するのは問題ありませんが、あまりデザインのことを意識せずに記事を書くと、後から、HTML/CSSでのマークアップのやり直し作業が結構な量になります。

ですので、最初にいろんなサイトを見て、自分のサイトをどういうデザインにしたいかイメージを固めましょう。真剣にワードプレスのテーマを選定しておいた方が、後から何度もテーマを変えるより楽チンです。

 

手順5. 記事作成前の5つの下準備

「サイトデザインも考えたし、ようやく記事を書ける!」と思いきや、まだ準備すべきことがあります。

ほとんどの方にとって、記事を書くというのは初めての作業になります。

普通の方が書いたことがある文章というのは、読書感想文や大学のレポート、仕事の報告書、ブログ日記もしくは少数派では小説を書いたという経験をお持ちの方もいるかもしれません。しかし、アフィリエイトで求められている文章はそのどれとも異なります。

あなたが、豊富な語彙を持っていて表現力豊かな文章を書けたとしても、そのままではアフィリエイトで成果を上げるのは難しいです。

アフィリエイトで求められる文章を書くためのコツを、文章を書き始める前に学びましょう。決して難しい技術が求められているわけではなく、誰でも実践可能なものなので、ご安心ください。

 

手順6. 記事を書く

ここまできたら、やっと記事の作成を開始します。事前調査した内容やあなたが詳しく知っていることに関して情報を発信していきます。

記事を書くための下準備がしっかりできていれば、記事を書くことについて、それほど苦労することはないかと思います。基本的には、わかりやすい、専門用語をなるべく避けた文章を心がけていきます。難しめの漢字もできる限り使わないようにしましょう。

この手順5と手順6を繰り返して、記事の数を増やしていきます。

 

手順7. SEO対策を進めサイトの評価を高める

アフィリエイトでは、記事を読んだ人にメリットを提供し、その商品でどのようなメリットが得られるのかを伝え、行動に移そうとしている人の背中を一押ししてあげられるような情報を提供することも大事ですが、サイトに訪れてもらえるようにすることも非常に重要です。

ですので、ある程度有益な記事が貯まってきて、サイトを訪問してお得だったと感じられるような状態になったら、SEO対策を施して、サイトを訪れてもらいやすくします。

忘れてはいけないのは、一番のSEO対策は読者にとって役に立つ記事をたくさん提供することだということです。

テーマを統一して、有益な情報を提供できる記事を増やしていけば、アクセスも増えていきます。

この段階で行うSEO対策というのは、あくまでも効果が小〜中ぐらいのものです。

SNSを利用して集客したり、サイトを訪れている人がどの記事をどれぐらい読んでいるのか、どのような検索ワードでサイトを訪問したかなど、データとして数値解析をして、記事にキーワードが含まれるように修正したりします。

 

手順8. 広告を貼って収益化する

手順7まで進めれば、サイトを訪れる人が増えてくるので、広告を貼って収益化します。

広告を貼るには、ASPとよばれるサービスへの登録が必要です。一応ほとんどのASPで、形式的ですがサイトの審査があります。審査に通ると、そのASPの広告リンクが使えるようになります。広告の種類によっては、さらに審査がある場合があります。広告と関連性のある記事に、広告リンクを貼っていきましょう。

広告リンクはコピー&ペーストするだけなので、簡単です。

報酬が発生したら、報酬を受け取るための銀行口座の開設が必要となります。ほとんどの銀行で報酬を受け取ることが可能ですが、手数料の安いネット銀行が、他の様々な場面で応用できるのでオススメです。

口座を持っていない場合は、ぜひ作成しましょう。もちろん無料で開設できます。

 

手順9. サイトを改善し続ける

あとはサイトの改善をし続けます。サイトのデザインをよくする、内部リンクを適切に貼ってサイトを回りやすくする、記事をリライトする、といったことを続けていきます。

そうすると、続ければ続けるほどアクセスは増えていきます。それに伴い収入は増えていくので、根気よく続けましょう。

 

まとめ

以上、アフィリエイトの基礎知識について紹介しました。

NEXT ◼︎アフィリエイト基礎講座2 戦略・段取りを考える









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です