PPC広告で成果を高めるコツ・攻略法

基本的にPPC広告でアフィリエイトをやろうという場合、
ロングテール(2語以上のキーワード)にして、
安い広告料金で済むようにコントロールしつつ、
成約率の高いクリックを集めることをオススメします。

・PPC広告の文章を考える
PPC広告の表示順位は、キーワード落札価格だけでは決まりません。落札価格以外にも、閲覧者からの広告クリック率が、上位表示の判断基準となっています。ですので、キャッチとなるPPC広告のキーワードや説明文は、慎重に考えていきます。

<PPC広告に表示できる文字数の限界>

タイトル 説明文
アドワーズ(Google) 全角12文字 全角35文字
スポンサードサーチ(Yahoo!) 全角15文字 全角33文字

・キーワードを考える
・特徴とメリットをシンプルにまとめる
・キャッチを意識する

PPC広告の文章でも、SEOと同じくキーワードを考えていきます。

ただしPPC広告では、キーワードにブランド名や商品名を入れるのは、
禁止行為とされています。

ですのでジャンル名などを含めていくのがポイントです。

キーワード選定に困る場合は、
ショッピングサイトのカテゴリなどの名称がヒントになります。

またアドワーズのキーワードツールでは、
自サイトのページに見合ったキーワードを、
選定する分析機能がありますので、
そうしたものも利用していきます。

あとは、検索エンジンに表示される関連キーワードなどを、
参考にしましょう。

売り込んでいくサービスや商品の特徴を記述する場合は、
誇大表現に注意します。

PPC広告では、誇大表現や嘘はNGとなっています。
事実に基づいた表現のみを使ってください。

また、通常のウェブサイトの文章作成よりも、
PPCではキャッチが重要になります。
人目を引くような確実性の高い文章を、徹底的に考えます。

以下のような工夫をしていきましょう。

「限定50個」というように数字をいれる
「●●で悩んでいる人」「●●の悩み解決」といった記述でユーザーを絞り込む
「話題の●●」「●●に人気」といった記述で権威付けをおこなう

キャッチコピー力のある文章については、
以下のWEBマーケティング記事も参考にしてください。

● インパクトあるtitleタグを選定する為の6つの方法
PPC広告ではクリックごとに料金が発生する以上、
「クリックされないこと」も大切になってきます。

特にすでに売り込む商品が定まっている、という場合、
通常のウェブサイト作成のように、
検索回数を気にする必要はあまりありません。

見込み客(リピーター)を集める必要もありません。

的確に、質の高いクリックのみを狙い撃つため、
成約率の高い広告文作成をおこなっていくべきです。

基本はロングテール(2語以上のキーワード)で、
キーワードに地名や条件などをいれると、
だいぶターゲットをしぼることができます。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です