最近、画像もない記事を公開していますが後から修正するのでもう少々お待ち下さい。

アフィブログ初心者はキーワードから記事を作るべし【アクセスを増やすには書きたいことを書くな】

この記事では、アフィリエイト/ ブログをこれから始める〜1年目の初心者に向けて、アクセスを増やすためにキーワードから記事を書く必要がある理由を解説しています。

初心者が必ず一度は直面するのが、「記事を毎日書いてもアクセスが増えない…」という悩み。

これの解決方法はシンプルで、「キーワードをもとに記事を書く」。ただこれだけです。管理人もここの理解が不十分だったため結果が出せず苦労しました。

初心者はついつい自分の経験・カンに基づき、自分の書きたいように書いてしまうというミスを犯しがちです。

当たり前ですが、頑張ってブログを続けるなら、結果も出したいですよね。

そこで本記事では、「アクセスが伸びない…」という方向けに、やるべきこと&注意点を解説していきます。

 

アクセスを増やすにはキーワード順位を上げるしかない

「ブログでアクセスを増やしたい…」とか、「ブログ収益を伸ばしたい…」と悩む人が多いですが、解決策はシンプルで「キーワード順位を上げること」です。

検索されているキーワードで、表示順位が上がれば、アクセスは増えます。

そんなの知っているよ!」という方もいらっしゃるかと思いますが、『知っている』のと『できている』の間にはとてつもなく大きな差があります。

このシンプルな法則を徹底して実践するのがアクセスを上げる最大の近道です。

アクセスを上げることができれば、必然的に収入もアップします。

 

アフィブログのアクセスが増えない原因は?【キーワードの選択ミス】

アクセスが増えないで悩んでいる方の、原因はたった一つです。それは「キーワードの選択ミス」。

検索されないキーワードで記事を書いているので、誰も記事にたどり着かず、Googleも評価しないので、検索結果にそもそも表示されず、誰もあなたのサイトを訪れないのです。シンプルですね。

サイト/ ブログのアクセスの流入経路はいたって単純です。Googleで検索したか、SNSなど他媒体のリンクから来たかです。

後者については、他力本願やマーケティング的な視点、キャラ作りも必要になってくるので、ここでは記事の書き方で決まる前者のみ扱っていきます。

キーワードを選ぶ際には、できることなら、あなたの強みが活きるキーワードを選ぶべきです。

転売経験者なら転売に関する記事を、転職経験者なら転職に関する記事を書くことで、オリジナル体験を書くことができる音で、Googleに評価されるコンテンツを書区ことができます。

当サイトの場合であれば、アフィリエイトやポイントサイト、投資などを経験しているので、副業関連について書いています。

ブログが伸びない人は、書きたいことありきで記事を書いている

ブログ初心者によくある間違いは、「書きたいことありきで、キーワードを選んでいる」という点です。

よくある失敗例

こういった記事を書いてみよう→キーワードはこれにしよう

これでは、検索されるキーワードが含まれていないため、読まれる(=アクセスを集める)記事にはなりません。

正しい思考プロセス

キーワードを調べる→このキーワードは検索ボリュームも十分だし書けそうだ→この記事を書こう

上記のとおりです。

ブログの鉄則は「キーワード選び→記事案を考える」の順番です。

具体例を見てみましょう。

[アフィリエイト ASP]というキーワードを狙う場合:ASPについての情報や登録した方がいいオススメのASPをまとめた記事を書く。
[アフィリエイト 始め方]というキーワードを狙う場合:アフィリエイトを始めるために必要な準備・サービスや実際の手順を教える。

といった感じです。

自分が書きたいことを書きたいなら読者がついてから

ブログって自由に表現していい場じゃないの?」と思っている方もいるでしょう。

本来はそうですが、稼ぎたいのであれば、自由気ままではいけません。

自由な表現が許されるのは、あなたのブログが世間でも話題となり、多くの人に認知されるまで成長すれば、あなたの意見を読むためにブログを訪れてくれるようになります。

ブロガー界で有名な人も、最初はオピニオン記事を書かずに、キーワードに基づいた記事を書いています。この辺は、芸人の下積み時代に似ていて、下積みが終わったら一気にブレイクするイメージです。

まずは読者に役に立つ情報を届けるのが始まりです。

お役立ち情報とは、検索ニーズのある記事でして、そういった記事を書くには「キーワード狙いで記事を書くこと」が大切になりますよって話です。

「キーワード狙いで価値のある記事を書く→ブログアクセスやブログ収益が伸びる→あなたに信頼が貯まる→オピニオン記事を書いても読まれるようになる」という順番です。

 

アクセスが増える記事を書く方法

アクセスが増える記事を書くには、検索数が多いキーワードを選んで記事を書いていけばOKです。

検索数が多いキーワードを選ぶには、基本的にキーワードプランナーを使っていきます。キーワードプランナーでキーワードを選ぶ方法は、「キーワードの基本的な選び方」で紹介しています。

さらに細かいキーワードまで拾おうと思ったら、「related-keywords」というツールを使いましょう。

キーワードがたくさん出てきますので、「お、これなら書けそうだな」と思えるキーワードをピックアップすればOKです。

じゃあ、そのキーワードからどういった記事を書けばアクセスと売上が増えるのか?これは検索意図を考える必要が出てきます。

このサイトの具体例から見ていきましょう。

「コインチェック  ビットフライヤー」で検索1位の記事

下の記事は、[コインチェック ビットフライヤー]で検索すると、長い間1位に表示されていました。記事執筆時点でも2位に表示されています。

コインチェックとビットフライヤーのどっちがいいかを検索する人は、取引所の登録を考えているけど、どっちにしたらいいか迷っている人です。

そういった人に向けて、この目的の方はこっち、この目的の方はこっちという具合に、状況ごとにどっちを選択すべきかを書いた記事です。これは仮想通貨が盛り上がった2017年後半〜2018年前半にはかなりの成果を発生させました。

このキーワードでググる人は、「どっちの取引所にするか迷っている or 比較している人」ですよね。

そういった人に大して、どっちがオススメか紹介することで登録を後押しして、収益をあげています。

基本的にはキーワードで上位表示を狙い、そこから商品紹介をすれば、ブログを放置していても、勝手に売れていきますので。

 

記事を書いたら、キーワード順位を測定してリライト

ブログでアクセスを増やすには、PDCAサイクルを回すことが大切です。

Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→ Act(改善)を繰り返すことで質を上げていくというものですが、この評価、改善をしない人が多いです。

学校のテストを受けた後に、返ってきた答案のテストだけを見ても、成長しません。答え合せをしなかったらどこが間違っていたのかわかりませんよね。

ブログでも答え合わせ(=キーワードの順位計測)が大切。

「ブログアクセスを伸ばしてやるぜ!」といいつつ、アクセス元となるキーワード順位を無視して、永遠と記事を書き続けていたら、それじゃあ遠回りですよね。

運良く正解する(=順位が上がって、アクセスが増える)かもですが、どこで正解したかも分かりませんし、自分の苦手分野も分かりません。

というわけで結論は、キーワード順位を測りましょう、ということです。

ブログの答え合わせには2〜3ヶ月程度の時間をかけて徐々に上がっていきます。これは記事を公開したあとに、Googleが記事を評価する際にかかる時間でして、この部分は仕方ないので、気長に待ちましょう。

なお、順位計測はGRCで行いましょう。もともとWindowsの人はこれを使っていましたが、Mac版がないためMacbook派の人は別のツールを使っていました。しかし、も出ているので。

 

ブログの勉強は超重要

当たり前ですが、ブログ運営では、知識のインプットも大切です。学び方は、以下のようなものがありますが、コスパでいえば、本とブログで十分です。

  • ブログ
  • 情報商材(noteとか)
  • セミナー
  • コンサル

 

もっとも情報がまとまっているのが本

 

ブログ|有名人の過去記事を読み漁るべし

ここからはちょっとしたオマケ的なコンテンツです。
ブログを始めた当初だと、アクセスや収益が全然伸びなくてシンドイと思います。

誰もが最初は、「有名ブロガーはズバズバと意見を言いつつ、SNSでバズっているのに、、、自分の記事は一切読まれない…」という感情を抱くはず。

でも、有名ブロガーも元から影響力があった訳じゃなく、日々の積み重ねがあったから、現在の姿があります。

情報商材

高額商品はある程度の基礎を身につけた人が買うべきです。

初心者が欲するような知識は、書籍で買えます。

ブログ/ アフィリエイト関連の有料noteを買いましたが、初心者向けnoteのコスパは悪いです。

初心者向けレベルなら確実に書籍の方がちゃんと書いてます。中級者向けのノウハウなどは買うのもありです。

セミナー

セミナー自体で得られる情報は限られています。

ただ、その場に来ている人とのつながりを得ることで、自分以外の実体験を得ることができます。

 

まとめ

以上、キーワードから記事を作るべき理由を紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください