投機で稼ぐ方法|Step31

投機で稼ぐとは、為替や株式といった資産の短期的な価格変動を利用して稼ぐ方法です。

投資と投機が区別されていないことが多いですが、大まかに言うと、
投資は数年単位での資産形成をして稼ぐ方法、
投機は数ヶ月から短い時は数日での稼ぎを狙う方法です。

投資の対象は投機の対象になり得ます。
特に人気なのが、為替・株式・先物取引です。

投資では、年ごとに資産の増減はあるものの、長期的に見て、年間5%前後の利益が安定して出ます。
それに対して、投機はギャンブル的要素が強く損が出るリスクもありますが、年間数十%〜数百%の利益も狙えます。

たまに耳にするヘッジファンドと呼ばれる資産運用会社は、投資ではなく投機の手法を主に使っています。
有名な外資系ヘッジファンドには、ルネッサンス・テクノロジーズやシタデルというところがあります。
日本国内でもヘッジファンドは一応存在していますが、存在感があるファンドは今の所皆無です。

ヘッジファンドのマネージャーは、海外の有名大学で金融工学などを学んだ優秀な人が多く、
その報酬は数十億円〜数千億円と、非常に高額な報酬を得ています。

そんな凄い人たちが運用しているヘッジファンドは凄いのかと言うと、一部のヘッジファンドを除き、
毎年安定してリターンを出しているところは少ないのが実情です。
さらに、リターンを出しているヘッジファンドも高額な報酬のせいもあり、
誰にでも簡単にできるインデックス投資と呼ばれる「ダウ指数への投資」の年平均損益の10%という利益にすら及ばないヘッジファンドが多くなっています。

ヘッジファンドは、高度な数学などに基づいた戦略を使うことが多く、
高頻度取引(High frequency trading:HFT)と呼ばれる方法もよく使われます。
参考までにヘッジファンドが使うストラテジーを紹介していますので、興味が湧いた方はぜひご覧下さい。
■ヘッジファンドの戦略8種

 

投機で稼ぐコツ

投機で稼ぐ際に使われる手法は非常に多岐に渡ります。
また、取り扱う投機対象によっても手法が違うため、ここでは基礎的な考え方のみを紹介します。
投機で稼ぐ上で重要なのは、基礎中の基礎となるのは、下記の三項目です。
・銘柄選び
・タイミング
・資金管理

銘柄選び

一般的に、投資での資産運用は、将来性や利回り、財務などを考慮して行われますが、
投機においてはこれらはあまり重視されません

タイミング

ポーカーなどと同様に、確率や理論が重視されます。
一般的にテクニカル分析と呼ばれますが、確率が高くなるところで金額を賭けて期待値を高めます。

ブラックジャックなどで、カウンティングをして確率が高いところだけで勝負していると、
カジノ側にカウンティングがバレて追い出されます。
投機ではそういったことがなく、確率が高いここぞという時だけ勝負できます。

資金管理

ただし、ブラックジャックなどでは失う額が小さいため、比較的冷静にプレイできますが、
投機では必要金額が多いことから、冷静にプレイするには心理面の訓練が必要です。

一般的に、人間の心理は金銭などを失う時は、同等の額を得る時の3倍のダメージを受けると言われています。
つまり、損失が出始めると、パニックになって冷静な判断ができなくなりやすいのです。
相場の世界では、90〜95%は負けていると言われる理由も、心理面の影響が非常に大きいのです。
投機を始める場合は、くれぐれも気をつけましょう。

株式の場合は、SBI証券
FXの場合は、SBI FX
を選びましょう。


<script>” title=”<script>


<script>
<script>


<script>

記事が参考になった方はフォローしてくださると励みになります!



主婦にも人気のポイントサイト
ポイントサイト人気No.1モッピー

600万人がお小遣い稼ぎしているサイト。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です