ドロップシッピングで稼ぐ方法|Step17

ドロップシッピングで稼ぐとは、自分のサイトで契約会社の商品を宣伝し、
売れた場合に販売手数料をもらって稼ぐ
方法です。

アフィリエイトと物販の中間に位置する商法です。

ドロップシッピングの報酬を得るまでの流れは、以下のようになります。
1.契約した会社の商品を自分のサイトで紹介
2.お客さんから注文が入ると、報酬をうけとる
3.報酬から卸値を会社に払い、残った差額が報酬になる

ドロップシッピングをやるには、大前提として、
ネットショップ形式の自分のサイトまたはブログが必要です。
さらに、DSP(ドロップシッピング・サービス・プロバイダ)への登録もほぼ必須です。

ドロップシッピングの特徴
・在庫や仕入れリスクなしでネットショップを運営できる
・商品の値段を自由に設定できる
・DSPを使えばアフィリエイトとほぼ同感覚
・アフィリエイトと比較して扱える商品が多い

現実世界の店では
商品仕入れ⇒在庫管理⇒販売⇒発送⇒決済という流れが必要ですが、
ドロップシッピングであれば、これらの手間がほとんどなくなります
商品の購入客にはメーカーの方から自動的に商品が送られます。

現実の店舗では、売れ残り損がありますが、
ドロップシッピングでは、在庫を持たないためリスクがありません
DSPを使うことで、自サイトのネットショップ構築も楽になります。
DSPはASP同様、登録が無料です。

ドロップシッピングで本当に稼げるのか?

ドロップシッピングで稼げると紹介しているサイトもありますが、
2017年現在ではあまりおすすめできない方法となっています。

主な理由は4つです。

1.売れる人気商品はすぐに品切れになる
2.送料が高い&配送が遅い
3.ECサイトの台頭
4.利益率が低い
5.集客するのが難しい

ドロップシッピングで扱える商品は多いのですが、「販売したい!」と思える商品は多くありません。
そういう商品ほど、他の方も同じように自分のネットショップで扱うので、すぐに売り切れになってしまいます。
これらの要因によるネットショップの在庫の入れ替え業務が非常に面倒です。

配送に関しては、amazonや楽天などの通販サイトの方が、送料・配送・在庫の豊富さ、カスタマーサポートの手厚さなどあらゆる面で優れています。
そのため、ドロップシッピングで購入した人は、配送の不便さに不満を感じやすく、便利なサイトで購入します。

ECサイトの利用者が増えています。その人たちは、普段から使うサイトでショッピングをするため、あなたのサイトに訪れて買い物はしてくれません。
サイトの信頼性の面でも大手サイトに勝てる要素はありません。
グレーゾーンな方法として、大手のECサイトで架空出品をして、注文が入ったらその商品を他サイトから購入して発送するという方法もあります。
しかし、この方法は公式には認められておらず、おすすめはできません。

上でも書きましたが、最近ではメルカリなどの発達により、個人による転売出品が簡単になっています。
自分で商品を仕入れてメルカリ等で販売した方が利益率が高いため、利益率の低いドロップシッピングは下降気味の手法となっています。

ネットでの稼ぎ方全般に言えることですが、集客力がないとネットでは稼げません
そのためにはSEO対策などが必要ですが、ドロップシッピングではSEO対策が難しくなっています。
広告を出すことで集客は可能ですが、広告費に見合った利益を得るのは難しく、
効果も一時的ですので、売れないからといって安易に広告を出すのは避けましょう。

ただ、基本的にリスクなしでネットショップを運営できるので、
ネットショップをやってみたいという方は、販売の練習として試す価値はあると思います。

オススメできるDSPは、もしもドロップシッピング一択です。

日本一利用者数の多いDSPです。商品数も多く、使い勝手も良い、更には「個人情報、クレーム、問い合わせの対応もなし」の完璧なDSPです。衰退気味の分野ですので、ここ以外にまともなところはほぼ残っていません。


<script>” title=”<script>


<script>
<script>


<script>

記事が参考になった方はフォローしてくださると励みになります!



主婦にも人気のポイントサイト
ポイントサイト人気No.1モッピー

600万人がお小遣い稼ぎしているサイト。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です